どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

DEFIANCEディファイアンス Vol.1-1 (TV2013) ■
人間と複数の異星人が共存する未来の地球。かってセントルイスと呼ばれた地にある街ディファイアンスでは異種族が共存して生活していた。
異種族間の考え方や習慣の違いがトラブルを生み、各種族の中にも考え方の違うものもいう。

TVシリーズ第一シーズンの第1、2話をDVDで観た。
第1、2話に登場する異星人はいずれも2本の手と2本の足を持つ人間類似型。これからもっとおもしろくなるのかも知れないけれど、第1、2話を見た限りではこれ以降も観たいとは思わなかった。

□ ある日突然天空にたくさんのヴォータンの宇宙船が現れる。
 33年後、テラフォーム(惑星改造)後の地球。15年前に人間や異星人8種族の停戦が実現し、人間とヴォータンの各種族が共存する世界が実現した。

【1】 ノーラン(人間)と娘イリサ(アイラシエント人)は墜落したヴォータンの宇宙船の残骸から無傷のテラスフィア(惑星球)を回収する。
 スピリット・ライダーたちに追われたふたりは森の中を歩いてディファイアンス(かってのセントルイス)にたどり着く。
 街では就任したばかりの市長アマンダの主催で戦争を終結させたきっかけとなったペール大戦の勇者たち(ディファイアンス)の像の完成式典が行われていた。
 街では鉱山を所有するレイフ・マコーリーと新興のデイタク・ターが張り合っていたが両家の娘クリスティ・マコーリーと息子アラク・ターは愛し合っていた。
 マコーリー家の長男ルーク・マコーリーが殺される。
 街を出るために金が必要なノーランは犯人捜しを有料で引き受ける。

 街にはヴォルジ人の軍隊が迫っていた。

【2】 デイタク・ターたちキャスティサン人はヴォルジ人との戦いで逃亡した男の浄化の儀式を行う。ロー・キーパー(法の番人)となったノーランは止めようとするが市長は種族の伝統的価値観を尊重するという議会の決定を尊重する。

 何者かがルーク・マコーリーを殺したベンを脱走させる。ベンは鉱山のシャフトで地下に入り、シャフトを爆破する。そのシャフトはかってのセントルイスに通じていた。
 ノーランもレイフ・マコーリーも昔セントルイスに住んでいた。


・ 出演: グラント・バウラー、ジュリー・ベンツ、ステファニー・レオニダス、トニー・カラン、ジェイミー・マーレイ、ジェシー・ラス、グレアム・グリーン、ウェスリー・フレンチ、ジャスティン・レイン、ニコール・ムニョス、ミア・カーシュナートレンナ・キーティング、ピーター・マクニール、フィオヌラ・フラナガン、ダグラス・ナイバック、スティーヴン・マッカーシー

■ DEFIANCEディファイアンス   "DEFIANCE"  Vol.1-1 (TV2013)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4196-c2b41c9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)