どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

MONSTERモンスター (2014) ★ リジー・ボーデン事件
1892年8月4日、マサチューセッツ州に住むボーデン夫妻が惨殺され娘のリジー・ボーデンが殺人犯として裁判にかけられた実話を基にした映画。DVDで観た。
 事件は歌にも歌われ、オペラ「リジー・ボーデン(1965)」、TV映画"The Legend of Lizzie Borden (1975)"にもなり、「87分署シリーズ」のエド・マクベインもエヴァン・ハンター名義で「LIZZIE(1984)」を執筆した。
 事件が起きたのは100年以上昔なので今の感覚からすると警察の操作がずさん。たとえば犯行現場にラッシュ並みの警官がひしめいている。
 裁判も今の感覚からするとかなりいいかげんで、検察側も弁護側もいっさい証拠がなくどちらも推論だけを並べ立てて、陪審員を納得させようとしている。凶器さえも特定できていない。
 法廷に入ってきたリジーを見た傍聴人の間から「美人だ」「犯人ではない」というささやきが聞こえる。
 ボーデン本人の写真(WIKIPEDIA20141212)のリジーを見ても、手斧で11回も父親に切りつけるような異常者には見えない。おまけに陪審員は中年以上の男ばかり。

 リジー・ボーデンと姉のエマが登場する全6話のTVミニシリーズ"Lizzie Borden: The Fall River Chronicles"が2015年に米国で放映された。リジー役のクリスティナ・リッチとエマ役のクレア・デュヴァルが同じ役で出演した。

□ 1892年、マサチューセッツ州フォールリバーに父、義母、姉と住むリジー・ボーデンは金持ちなのに倹約家で口やかましい父親に反発していた。
 姉のエマが出産する友人を手伝うために家を留守にしていたある朝、父親が散歩から帰ると玄関が開かず呼び鈴を鳴らして召使いのブリジットに開けさせる。出てきたリジーは母親は手紙を受け取って出かけたと伝えた。父親はソファに横になって休んだ。
 召使いが庭にいる時に家の中からリジーの悲鳴が聞こえた。ブリジットがかけつけると父親が顔から血を流して死んでいた。やってきた刑事が死体を調べている時、ブリジットが2階の客室で義母の死体を発見する。


> リジーは1860年生まれなので事件当時32歳で独身だった。

・ 監督: ニック・ゴメス
・ 出演: クリスティーナ・リッチ、クレア・デュヴァル、グレッグ・ヘンリー、スティーヴン・マクハティ、ショーン・ドイル、サラ・ボッツフォード、ビリー・キャンベル、ハンナ・アンダーセン

> クリスティーナ・リッチが共演したシャーリーズ・セロンの「モンスター(2003)」とはまったく関係のない映画。

■MONSTERモンスター "LIZZIE BORDEN TOOK AN AX" (2014) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4193-25094c39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)