どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

今週末公開される映画  2014/11/14,15
【今週末からロードショウ公開される予定のおもしろそうな映画】

 デビルズ・ノット   金曜日公開

 1993年、米国アーカンソー州で3人の8歳の少年が殺される(実話)。現場近くのレストランで泥と血にまみれた男が目撃されたが、警察は3人の10代の少年を犯人として捕える。裁判の結果3少年とも有罪を宣告された。捜査も裁判もかなりおざなりと批判され、被告の三人は「ウェスト・メンフィス3」と呼ばれるようになり、冤罪だったという意見も多い。この映画は事件を元にしたマーラ・レヴァリットの著書 『Devil's Knot 』の映画化。“ノット”は否定の "not" ではなく結び目"knot"
  コリン・ファース、リース・ウィザースプーン

 天才スピヴェット   3D

ライフ・ラーセンの小説「T.S.スピヴェット君 傑作集」の映画化。 弟の代わりに自分が死ねばよかったと思っている10歳の天才少年スピヴェットがスミソニアン学術協会での授賞式に出席するため、たったひとりでモンタナからワシントンに旅立つ。   カイル・キャトレット、ヘレナ・ボナム=カーター

 パワー・ゲーム

 ワイアット社に勤めるアダムは、競争相手のアイコン社に産業スパイとして送り込まれる。
 リアム・ヘムズワース、ハリソン・フォード、ゲイリー・オールドマン、アンバー・ハード

 6才のボクが、大人になるまで。 金曜日公開

 6歳の少年が18歳になるまでの家族の物語を12年かけて撮影した映画

 神さまの言うとおり  (日本)

 人気漫画の映画化。高校で、負けたら死ぬというゲームが勝手に始められる。 :福士蒼汰 
 山崎紘菜はTOHOシネマズの映画紹介で見るよりもこの映画の予告編の方がかわいく見える。
 漫画は見ないけれど、三池崇史監督なので映画は観るかもしれない。
 

【最近気になる予告編】

 チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密  2月公開

美術商のチャーリー・モルデカイは、ナチスの隠し財産の在処が隠されているという盗まれた絵画を探す。ロシア人やMI5やテロリストが右往左往するコメディ
  ジョニー・デップ、グウィネス・パルトロー、ユアン・マクレガー

【米国で今週末から公開されるおもしろそうな映画】

 The Homesman   西部劇

 老いたガンマンと女が、インディアンや悪者たちに追われながらネブラスカからアイオワまで3人の女性を送り届ける。
 トミー・リー・ジョーンズ、ヒラリー・スワンク・メリル・ストリープ、ヘイリー・スタインフェルド

 Saving Christmas

 早くも登場したクリスマス映画ということで一応載せたけれどあまりおもしろそうではない。一応コメディらしい。

(掲載しているのは私が興味を持った映画のみ。未見の映画についての記載内容は予告編や公式サイトなどから得た情報を基にした“推測”で、間違っている可能性があります。公式サイトは時間がたつと別のものに置き換わることがしばしばあります。気がつけばリンクを消していますが、とても消しきれません。中には悪質なものの可能性もあるのでご注意ください。)

テーマ:気になる映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4137-ce8a035d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)