どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

リトル・ゴースト オバケの時計とフクロウ城の秘密  (2013) ▲
古いお城に住む小さなオバケは本来夜中にだけ現れるはずだったのが、なぜか昼間に現れるようになって町は大混乱。
家族向けファンタジー。ドイツ映画。DVDで観た。

□ ドイツの町フクロウヤマ"EULENBERG"のお城には昔から真っ白な小さいオバケが住んでいて真夜中の0時から1時間だけ目覚めてお城の中やまわりを飛び回っていた。
 オバケは昔から昼間目覚めて日光に照らされたお城を見たいと思っていた。親友のフクロウのシューフーは、オバケの目覚める時間はある時計が決めているのでその時計の時刻を変えれば昼間目覚められるという。どの時計かわからないお化けは城中の時計の針を狂わせ、さらにお城の宝物の“将軍の時計”を持ち出してしまう。

 オバケの存在を信じている町に住むカールは、学校の夜の遠足でお城に入った時に、みんなから離れてオバケを探してオバケと出会う。でも誰も信じてくれないばかりか“将軍の時計”を盗んだと疑われてしまう。

 なぜか昼間に目覚めたオバケは日の光で黒く変色してしまう。
 375年前、町はトルステンソン将軍率いるスウェーデン軍に包囲されたが、なぜかスウェーデン軍は撤退した。町では毎年それを祝ってお祭りをしている。しかし泥棒と思われているカールはお祭りに参加させてもらえない。
 お祭りの日、トルステンソン将軍に扮した町長がスウェーデン軍を率いて町に行進してくる。実は昔スウェーデン軍を撤退させたのはオバケだった。それなのにトルステンソン将軍がまたやってきたと勘違いしたオバケはトルステンソン将軍やスウェーデン軍を襲ってお祭りはめちゃくちゃになってしまう。

 カールと、友達のマリーとハネスは黒いオバケと出会う。大人に話しても信じてくれないので3人でオバケを夜に戻してあげようとする。


・ 監督: アラン・グスポーナー
・ 出演: ヨナス・ホルデンリーダー、エミリー・クーシェ、ウーヴェ・オクセンクネヒト 

> トルステンソン将軍:17世紀、スウェーデンの軍人。実在の人物で30年戦争でドイツに侵攻した。

■リトル・ゴースト オバケの時計とフクロウ城の秘密 DAS KLEINE GESPENST (2013/未、ドイツ/スイス)


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4125-a8bf4b7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)