どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

パパの木 (2010) ▲
突然父親を失った一家が再出発をするまでのドラマ。DVDで観た。
 8歳の女の子シモーンはパパがいる木を切るのに絶対反対。ママがパパ以外の男の人と仲良くし始めたのにも反対。パパ抜きでクリスマスをするのも反対。年齢にしては辛口で母親の心を突き刺すようなことを平気で言う。
 トラックで引っ張って移動できるトレーラーハウスというのは映画にも時々出てくるけれど、この映画の冒頭、父親ピーターたちが運んでいるのは荷台の幅の5倍以上の一軒家。道路の両側から大きくはみ出していた。

□ オーストラリア東部の田舎に住むピーターとドーン夫妻は4人の子供がいて裕福ではないけれど幸せに暮らしていた。数日間の運送の仕事から戻ってきたピーターは、途中で8歳の娘シモーンを拾いトラックの荷台に乗せる。ピーターは自宅の近くまで来て突然死んでしまう。トラックは道をはずれ斜面をゆるやかに下り自宅のわきの大木にぶつかって止まる。

 ひどく落ち込んだドーンは何も手がつかない。シモーンはパパが最後にいた大木に登ってすごすようになる。ある日シモーンはパパの声を聞く。それ以来シモーンは木に登ってはパパと話すようになる。やがてドーンも木のそばで過ごすようになる。長男のティムは父親の仕事仲間のところでアルバイトを始める。

 トイレからカエルが飛び出し洗面台から汚水が噴き出して、ドーンは町に配管工を探しに行く。配管工事をしたジョージは大木の根が張り出してきて下水管をふさいだせいだという。オーストラリアゴムの木は根を大きく広げて家を壊すので切ったほうがいいと言うがシモーンは断固反対する。
 ドーンとジョージは愛し合うようになる。
 サイクロンが迫っていた。
 ・・・


> 大木の枝が折れてママの部屋に落ちてきたのは、ママがジョージと親しくしたから、ではなくて干ばつで水が回らなくて枝が枯れたのだろう。
> 根が急に伸びだしたのは水を求めて伸びたのだろう。

・ 監督: ジュリー・ベルトゥチェリ
・ 原作: ジュディ・パスコー "Our Father Who Art In The Tree"
・ 出演: シャルロット・ゲンズブール、 モルガナ・デイヴィス/モーガナ・デイヴィーズ、 マートン・ソーカス、 クリスチャン・バイヤーズ
> シモーン役の"Morgana Davies"はウィレム・デフォーの「ハンター(2011)」にも出演している。カタカナ表記がまちまちなのでとりあえず2つ併記した。
> オーストラリア東部:ルーが Google Earth で見ていた自宅の場所は東海岸から200キロくらい内陸。

■パパの木 THE TREE (2010/2013、フランス/オーストラリア ) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4096-e9c736dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)