どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

アポロ13 (1995) ★★★
1970年4月、月に向けて航行中のアポロ13で爆発が起き、月面着陸どころか3人の乗員の生還さえ非常に困難な状況となる。電気も酸素も刻々と消費されていく。実際に起きた事故の映画化。
 絶望的な状況で乗組員を生還させるためにたくさんの人たちが不眠不休の努力を続けみごとに生還させた輝かしい成功物語。
 実話なので他国の宇宙船も現れないし救助艇が打ち上げられることもない。綿密に計画された月着陸と違い、予測できなかった突発事故に対処しなければならない。残り少ない電気でどう帰還させるか、パソコンもマイコンも電卓もなかった時代に、地上で緊急を要するけれど地道な手作業での努力が続けられていく。
 感動を押し付けるような余分な芝居を極力省いた映画の作り方に好感を感じる。月着陸計画の放棄という重大な決断が偉い人の了解なしに現場でできるのはすばらしい。
 1969年7月20日、アームストロング船長が人類として初めて月面に降り立った瞬間の記録映像も使われている。最後に人類が月面に立ったのは1972年のアポロ17号で、40年以上も昔のことだった。
 空母でジム・ラヴェル(トム・ハンクス)が握手しているのはジム・ラヴェル本人。

 昔、映画館で観た。今回DVDで再び観た。
 特典映像に納められている記録映像には、本物の管制室の様子が納められていてトラブル発生後の緊迫した状況も映されている。
 実写、ミニチュア、マット画、当時としては最新のCGを組み合わせた発射映像の製作手法についても解説している。他に監督や出演者、ラヴェル夫妻と子供たち、フレッド、主席管制官ジーン・クランツやスタッフのインタビューなど。
 映画の中でマリアン・ラヴェル夫人が結婚指輪を落としてしまう場面があるが実話だそうだ。船内でジャックとフレッドが激し言い争うシーンは映画的な創作だそうだ。

> 老人ホームのTVのチャネル切り替えは回転式
> 管制センターの机上には「計算尺」が置かれている。ジンバルの補正計算の検算の場面で大写しになる。(1:01:33)

□ アポロ13での月面着陸を目指すラヴェル・チームは訓練を続けていた。発射2日前に“はしか”の疑いで乗組員のケン・マッティングレイがジャック・スワイガートに交代させられる。

 1970年4月11日、アポロ13が打ち上げられる。3日後の13日、酸素タンクの攪拌ボタンを押したとたんに爆発音がして船体がゆれる。様々なランプが異常を示し船体が揺れ続ける。窓から何かのガスが漏れているのが見える。
 管制センターは月着陸を断念、乗組員生還のために必要な電力を残すため司令船をシャットダウンし、乗組員を月着陸船に移す。
 自宅にいたケン・マッティングレイが呼び出され、残っているバッテリーで帰還を可能にする手順を探る。
 アポロ13の発射や生放送に無関心だったTV局がラヴェルの自宅にまで押し寄せる。

 定員2人に3人が乗り込んだ着陸船の炭酸ガスの増加が問題となる。
 さらに突入角度が浅くコース修正が必要とわかるが、電力を節約するためにコンピュータの支援なしで手動によるコース修正をしなくてはならなくなる。

 地球が迫りやっとケンの手順がまとまる。船内のジャックに伝えるが疲れ切ったジャックはまともに書き写せない。
 凍っている司令船オデッセイが再起動される。
 4月17日、オデッセイは太平洋に無事着水。揚陸艦イオージマによって回収された。


・ 監督: ロン・ハワード
・ 原作: ジム・ラヴェル, ジェフリー・クルーガー
・ 出演: トム・ハンクス、ケヴィン・ベーコン、ビル・パクストン、ゲイリー・シニーズ、エド・ハリス、キャスリーン・クインラン 
> EECOM: Electrical, Environmental and Consumables Manager

■ アポロ13 APOLLO 13 (1995/1995)

テーマ:昔の映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4084-bf1f1239
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)