どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

小さな恋のメロディ (1971) ▲▲
50年近く昔の初恋映画。カップルを演じた2人は公開当時13歳頃。
どの場面も絵が美しい。流れるビー・ジーズの曲も美しい。

メロディがリコーダーを吹き始めるとダニーがチェロで合わせる。ふたりで手をつないでいて人が来るとぱっと離す。お墓でデートする。など心に残るエピソードがたくさん出てくる。

それに対して大人たちは汚い。

歴史の教師がトムの「なぜウエリントンはスペインにいたのか?」という質問に「くだらない質問はできる生徒のじゃま」だと答えないが、教師にその程度の知識もないのをごまかしている。逆にトムは育った環境が違えば成績優秀な生徒になれたのではないだろうか。

校長が生徒たちの前で露骨に金持ちのダニーにえこひいきしている。ダニーのママはトムを値踏みするような目で見る。しかしダニーのママが乗っている車はかなり中古でガタガタ。自宅だって金持ちには見えない。この地域に限れば金持ちなのだろう。

昔、映画館で観た。DVDで再び観た。
改めて見ると、少女たちのスカートの短さに驚く。

□ 何でも“ママ”のダニーは学校でダンスの授業を受けていたメロディにみとれてしまう。それ以来ダニーがメロディのことばかり見ているのに気付いた友人のトムはおもしろがってそのことをメロディに伝える。メロディもダニーを意識するようになる。

ダニーはメロディに話しかけようとしてメロディもその気はあるけれどいつも邪魔が入る。友達をとられそうになったトムもふたりの邪魔をする。

 ふたりは学校をさぼって遊びに行ってしまう。
 校長に呼ばれたふたりは「結婚したい」と言いだして学校中大騒ぎ。
 生徒たちは教室を抜け出してふたりの結婚式をあげることにする。あわてた校長は先生たちを集めて止めに行く。


・ 監督: ワリス・フセイン
・ 音楽: ザ・ビー・ジーズ
・ 出演: マーク・レスター(ダニエル)、ジャック・ワイルド(トム)、トレイシー・ハイド(メロディ)
・ ロケ:ロンドンの Hammersmith, Lambeth
> ダニーのセリフ「50年間愛し続ける。」「もう一週間、愛してる。」
・ ダニエルを演じたマーク・レスターは当時13歳頃。可愛らしい顔で日本でも大人気になり、日本映画「卒業旅行」(1973)にも出演した。マイケル・ジャクソンの死後、遺児の父親(精子提供?)として名乗りをあげた。
 1977年を最後に映画には出演していなかったが、2015年に公開予定の"1066"に出演する予定。この映画には「ロミオとジュリエット (1968)」のオリビア・ハッセーも出演している。
  トム役のジャック・ワイルドは「オリバー!(1968)」でもマーク・レスターと共演していた。2006年に死去した。

■小さな恋のメロディ MELODY (1971/1971、英国)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4035-618dc6f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)