どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

300スリーハンドレッド 帝国の進撃 (2014) ▲
腕や脚や首や血しぶきが画面いっぱいに飛びまわる「300スリー・ハンドレッド (2006)」の第二弾。
ストーリー的には続編ではなく、前作が描いたテルモピュライの戦いを包括する時期に行われた海戦を描いている。
残虐非道な女戦士アルテミシア(エヴァ・グリーン)がすさまじい。

□ マラトンの戦い(紀元前490年)でギリシャ連合軍は圧倒的な勢力のペルシア軍に勝利する。
 10年後(紀元前480年)、神王クセルクセスに率いられたペルシア軍が再びギリシャに来襲する。
 クセルクセス王は陸路を進撃、海路で大艦隊を指揮するのはギリシャに深い恨みを持つギリシャ生まれの女傑アルテミシア。
 マラトンの戦いの英雄、アテナイのテミストクレスはギリシャ各国が協力してペルシアに立ち向かおうと主張する。しかし、スパルタは独自にペルシアと戦う道を選ぶ。レオニダス王は親衛隊300人を率いてペルシア軍に立ち向かう。
 テミストクレスはギリシャ連合軍を率いて海で戦う。ペルシア軍の艦船に比べて貧弱なうえに数も100分の1しかないギリシャ軍はアルテミシアが差し向けたペルシア軍を2度も打ち負かす。(アルテミシオンの海戦)
 レオニダス王率いるギリシャ軍はテルモピュライの戦いで善戦するも全滅。進軍したペルシア軍はアテナイを灰にする。
 海戦で2度も勝利したとはいえ損傷の大きいギリシャ軍はサラミス海に後退してペルシア海軍との決戦に備える。アルテミシアは依然圧倒的な勢力を持つペルシア海軍に総力でギリシャ軍を攻撃させる。


・ 監督: ノーム・ムーロ
・ 原作: フランク・ミラー
・ 出演: サリヴァン・ステイプルトン、 エヴァ・グリーン、 レナ・ヘディ、 ハンス・マシソン、 ロドリゴ・サントロ 、 カラン・マルヴェイ 、 デヴィッド・ウェンハム、 ジャック・オコンネル 、 アンドリュー・ティアナン、 イガル・ノール 、 ピーター・メンサー、Jade Chynoweth (アルテミシア13歳)、ケイトリン・カーマイケル (アルテミシア8歳)
・ RED
> 「民主主義のため」という台詞があるが当時のスパルタは市民階級が奴隷階級を押さえつけていた。

300スリーハンドレッド 帝国の進撃(2D字幕) 300: RISE OF AN EMPIRE (2014/2014) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/3946-b7fa58d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)