どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

X-MEN:フューチャー&パスト (2014) ★★
2023年、人類もミュータントも絶滅の危機にある。ウルヴァリンは50年前に跳び絶滅の歴史をリセットしようとする。とすると過去の映画の内容もなかったことになる。この際、新しいプロフェッサーX(ジェームズ・マカヴォイ)とマグニートー(マイケル・ファスベンダー)でシリーズを続けるのだろう。
 エンド・クレジット後に映像あり。

□ ベトナム戦争が終結した1973年、ミュータントの脅威を訴えミュータントを自動的に検知して殺戮する「センチネル」の開発を提唱していたトラスク博士をミスティークが殺害したことが、かえってミュータントの脅威を知らせる結果となりセンチネル計画が推進される。
 50年後、センチネルはミュータントだけでなく将来ミュータントを産む可能性のある人類まで殺戮し、ミュータントも人類も滅亡の危機にあった。プロフェッサーXとマグニートはキティの力を使ってウルヴァリンの「意識」を50年前のウルヴァリンの身体に送りミスティークを止めようとする。
 ミスティークを見つけるには50年前の若いプロフェッサーXとマグニートの協力が必須だ。ウルヴァリンは「学校」を訪れるが、生徒のいない閑散とした「学校」ではチャールズ・エグゼビア(後のプロフェッサーX)が車椅子なしで歩いていた。チャールズはビーストの薬で歩ける一方で超能力を失っていた。マグニートはJFK殺害に関わったとして地下深くの独房に入れられていた。
 50年後の世界では、残されたウルヴァリンの身体を守るプロフェッサーX、マグニート、キティたちにセンチネルが迫っていた。


・ 監督: ブライアン・シンガー
・ 出演: ヒュー・ジャックマンジェームズ・マカヴォイマイケル・ファスベンダージェニファー・ローレンス、 ニコラス・ホルト、 ピーター・ディンクレイジ、 ジョシュ・ヘルマン
    ハル・ベリーエレン・ペイジ、 ショーン・アシュモア、 オマール・シー、 エヴァン・ピーターズ、 ダニエル・クドモア、 ファン・ビンビン、 アンナ・パキン、 エイダン・カント、ブーブー・スチュワート、 イアン・マッケランパトリック・スチュワート
   ファムケ・ヤンセン、ジェームズ・マースデン

■ X-MEN:フューチャー&パスト  X-MEN: DAYS OF FUTURE PAST   (2014/2014)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/3921-d2d75aad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)