どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

タイヨウのうた(映画版) ロケ地
11月22日に「タイヨウのうた」(映画版)のDVDが発売されました。映画館で16回観た映画です。
私が行ってきたロケ地を紹介します。以前ちょっとだけ紹介したのですがもう少し詳しく書き直します。

七里ガ浜バス停薫が自分の部屋の窓から孝治を見て恋してしまう江ノ電バスの七里ガ浜バス停です。
江ノ電七里ヶ浜駅すぐそば。実際の七里ヶ浜バス停は写真右端の電信柱のところです。そして写真左の人がいるところの小屋の中にベンチがあります。
映画では写真中央の空いているところにバス停とベンチがありました。そしてスポンサーの自動販売機も置かれていました。

バス停から見た薫の家バス停から薫の家の方を見上げたところです。形から見て丸で囲んだ家がそうだと思います。でも実際の室内の撮影はセットで行われていますのでまわりをうろつくのはやめましょう。


小町通り夜、薫が歌を歌いに行くときに通る小町通りです。美咲と薫が自転車で二人乗りして走るシーンでも使われていました。

JR鎌倉駅から歩いてすぐのところです。昼間は観光客などかなり混雑する場所です。

江ノ電鎌倉駅同じく、江ノ電鎌倉駅前です。写真手前が広場になります。

映画の冒頭で人力車が映りますが、この写真右下にも人力車の屋根が写っています。

鎌倉駅西口広場薫が夜ストリートをしていた広場です。中央の時計台の前で歌っていました。

写真右が江ノ電鎌倉駅。孝治を見つけた薫は左の方に走り出て、すぐに右折し広場の背後を通って、次の写真の地下道に入ります。

地下道の出口薫が孝治を追いかけて出てくる地下道です。

JR横須賀線の下をくぐっています。写真上に写っているのは横須賀線鎌倉駅のホームです。

旧安保小児科医院さらにおいかける薫。写真右から飛び出してきて左に消え、また引き返してきます。そして中央で立ち止まり踏切で待つ孝治を見つけます。
映画では写真の家は、一階部分しか映っていません。孝治が大写しになり後方から薫がかけてくる場面でも映っていますが、遠方のためよく見えません。鎌倉市景観重要建築物の旧安保小児科医院です。次の写真の踏切から見えるところにあります。

踏み切り薫が孝治に激突する踏切です。

江ノ電鎌倉駅から江ノ島方向に歩いて五分程度のところです。写真左奥に旧安保小児科医院があります。

観覧車とランドマークタワー薫と孝治が夜横浜に行った時に夜景として出てくる観覧車ランドマークタワーです。

桜木町駅(JR・東急東横線・市営地下鉄)から歩いて五分程度です。


日本丸横浜のシーンに出てくる帆船は日本丸です。

ランドマークタワーの脇にあります。日本丸は元々商船学校の練習帆船です。現在はミュージムとして利用されています。

横浜ビブレ横横浜でストリートライブをするところです。

横浜駅西口のビブレの脇です。映画では正面の看板がひまわりになっていました。


前にも書いたけれどこの映画にはちょっとしたミスがあります。映画館で十回以上観た後で初めて気がついてうれしくなりました。
それは孝治が初めて薫の家を訪ねたときのシーンです。おどろいた薫がだまって下を向いたまま自分の部屋に戻ります。映画では食堂から薫が手前に消えて階段を登る足音がするのですが、実際にはYUIが画面から消えた後すぐに立ち止まり振りかえってそのまま立っているのが画面左のガラスに写っています。
今回DVDのメイキングでは部屋を出てすぐに振り返るYUIが確認できました。

江ノ電藤沢駅おまけ
   
映画の中でたびたび登場する電車は江ノ電(えのでん)です。藤沢-江ノ島-鎌倉を結ぶ単線電車です。写真は藤沢駅です。


テーマ:DVD - ジャンル:映画

この記事に対するコメント
好きな映画
好きな映画のひとつのロケ現場がこんなに身近にあると思いませんでした!

逗子に住んでいるので今度の休日はタイヨウのうた巡りでもしようかな?

貴重な情報ありがとーございました(=゚ω゚)ノ
【2013/09/12 23:28】 URL | ゆーた #- [ 編集]


僕はタイヨウのうた大好きで今度ロケ地巡りに行こうとおもってます
【2011/08/06 22:42】 URL | yui #- [ 編集]


たまたまグーグルマップで実家の周りを見ていたら、「タイヨウのうた」のロケ地というのを知りました。なので、映画は見たことありません。
ちなみに実家は2番目の写真の撮った場所から徒歩2分ぐらいのところです。
この家も同級生の家だし・・。
懐かしい気分に浸りたいので、見てみようと思います。
【2011/05/26 20:14】 URL | えのきち #- [ 編集]


これ見て、映画と同じで感動しました

私も、いつか行きます

ありがとうございました
【2011/02/20 18:26】 URL | かーこ #- [ 編集]


映画公開から4年も経ってしまいましたが、今度ロケ地へ行こうと思っています。
こちらのブログ大変助かりました。ありがとうございました。
僕は横浜に住んでいるので、みなとみらい辺りはすぐに行けそうです。
【2010/05/20 20:44】 URL | YUI大好き #- [ 編集]

突然こんにちは
横西のビブレか、、行った事あります。
他のところも、行ってみたいと思います。
【2007/03/20 14:54】 URL | 猫姫少佐現品限り #SFo5/nok [ 編集]

江ノ電
ふくさん、こんにちわ
江ノ電に乗るなら一日乗車券があります。確か三回乗るならお得だと思います。

【2006/12/19 06:44】 URL | どんくら #- [ 編集]


初めまして。
僕もタイヨウのうたが大好きで、今度ロケ地巡りをしようと思って
色々探してたらこのブログにたどり着きました。
初めて鎌倉に行くのでいろいろと参考になります。
【2006/12/18 21:46】 URL | ふく #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/225-bacd042f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

タイヨウのうた 07069

タイヨウのうた2006年   小泉徳宏 監督  板東賢治 原作、脚本YUI  塚本高史  麻木久仁子  岸谷五朗  通山愛里  田中聡元  小柳友  ふせえり  小林隆  マギー(ジョビジョバ)  山崎一うわぁ~、、、これはダ... 猫姫じゃ【2007/03/20 14:57】