どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

死霊の棲む森 ▲
比較的オーソドックスなオカルト・ホラー映画だけど、筋立てがひねってあっておもしろかった。デンマーク/スウェーデン映画 "Midsommer" (2003)のリメイク。日本では劇場公開されずDVDで観た。
一卵性双生児の片方が突然自殺するが残った片割れにはその理由がまったくわからない。死者がやってくるという夏至と共に霊のようなものを感じるようになり、不思議な現象に遭遇する。現在の映像、半年前の映像、妄想などを織り交ぜ、さらにふたごの視点を変えながら緊迫感をだしている。
ただ、亡霊がクッキーマンみたいで、ちょっと笑えるのが難点。
友人のひとりとして「マンマ・ミーア!」のアマンダ・セイフライドが出演。

□ クリスマスイブにふたごのソフィーが自殺したミーガンは心当たりがまったくなくて落ち込む。半年後の6月19日、遊び仲間4人とルイジアナ州のノウェル湖のほとりにある別荘に行く。途中地元の不気味な老人と出会う。ミーガンがソフィーの荷物を片づけているときにクマの飾りのついたキーホルダーも箱にしまう。夜、車のライトが点いているので確認しに行くと座席にソフィーのキーホルダーが置いてある。別荘の近くの店に買い物に出かけると、店員のニックは夏至の日(6月21日)は死者があの世から訪れるという。帰り道、橋のたもとで車が突然止まってしまう。道端にはソフィーのキーホルダーが落ちていた。ソフィーが何かを伝えようとしていると感じたミーガンは、夕食会に招待したニックに頼んで死者をよみがえらせる儀式をしてもらう。そのとき、ミーガンはソフィーや老人の姿を見る。ニックの助言でキーホルダーを白い布に包み地面に埋める。
 翌朝(夏至の日の朝)、お風呂に入ろうとすると蛇口から泥が流れ出し再びキーホルダーが現れる。ソフィーがどうしても伝えたいものを探すために、ルイーズは仲間が止めるのも聞かずに老人の家に忍び込む。・・・


・ 監督: ダニエル・マイリック「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」
・ エリザベス・ハーノイス、ショーン・アシュモア、タイラー・ホークリン、アマンダ・セイフライド、Jenna Hildebrand(マリン)
・ 原題 SOLSTICE:夏至・冬至
> 聖ヨハネ祭:冬至のころに行われるクリスマスに対し、夏至のころの6月24日に行われる洗礼者ヨハネの誕生祭
> ロヨラ大学: カトリック系の私立大学。ニューオーリンズ他にある。

■ 死霊の棲む森 SOLSTICE (2008/未)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/1894-5658492c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)