どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

カサブランカ (1942) ▲
タイトルは知っていたし部分的な映像は見たことがあるが通して観たのは初めて。TOHOシネマズの“午前十時の映画祭”で観た。
別れの場面、キザな台詞、甘いメロディ等々からロマンチックな映画だと思っていたら、結構はらはらしてスリリングでおもしろかった。米国が参戦した1942年の映画で露骨な反ドイツのプロパガンダ映画だった。
キザな台詞の数々も外国語だからまだ聞いていられるけれど日本語だったら恥ずかしくて聞いていられない。
女を説得してその気にさせて瀬戸際になってやっぱりこうした方が君のためだ、なんてずいぶん身勝手。女の気持ちを弄んでいると感じた。

□ ドイツ占領下のヨーロッパ人がアメリカに逃げるためにはヴィシー政権フランス領モロッコのカサブランカにいったん渡り飛行機でポルトガルのリスボンに行きアメリカに渡るしか方法が無かった。しかしリスボンへの渡航許可証はなかなか出ずたくさんの人たちが長期間にわたりカサブランカに足止めされていた。
「カフェ・アメリカン」というクラブを経営するリックの店に、チェコスロバキア人のラズロと共にリックのかっての恋人イルザが現れる。彼女はパリでリックが真剣に愛しドイツ軍のパリ入城直前に消えリックの心に深い傷を負わせた女だった。ドイツに目をつけられているラズロに渡航許可証が出るわけもなく、イルザはリックの持つ2枚の通行証を欲しがる。くりかえし会ううちにイルザの心が揺れる。リックはフランス警察のルノー署長に拳銃をつきつけラズロ、イルザと共に飛行場に向かう。


・ 監督:マイケル・カーティス
・ 出演:ハンフリー・ボガート、イングリッド・バーグマン
・ スタンダード/モノクロ
> 君の瞳に乾杯"Here's looking at you, kid." の名セリフもああ何度も言われるとシラけそう。
> 「カサブランカ」はモロッコ最大の都市。カサブランカとは「白い家」の意味。(ポルトガル語/スペイン語)
> ヴィシー政権:ドイツに占領されたフランスに誕生したフランス政府。フランス中央部の温泉保養地ヴィシーに首都が置かれたので通称"ヴィシー政権"と呼ばれる。映画の中ではヴィシー政権首席のフィリップ・ペタンの大きなポスターの前でレジスタンスが撃たれる。ヴィシーはミネラル・ウォーターが有名で、映画の最後に「ヴィシー水」が登場する。
◆ カサブランカ Casablanca (1942/1946)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/1888-e9bc1e97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)