どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

やさしい嘘と贈り物  ▲
種明かしを知らずに観たらもっと違った映画になっていたかも知れない。
年配の男女が出会い恋に落ちていく。でも実は・・・という種明かしが終わりの方にあるのだが、そのネタバレが、この映画の予告編、公式サイト、紹介記事であたりまえのように書かれている。あまりに大っぴらに書かれているのでネタバレとは知らずにこのブログの「今週末公開の映画」でも書いてしまった。
ネタバレを知ってて観たこの映画は老人を思いやる人々のやさしい心づかいを感じる映画だった。それはそれで美しい映画なんだけど、ネタバレを知らないで観たらもしかしたら驚きも味わえたかも知れないし、もっと感動もできたかもしれない。
住宅地の家々のクリスマス・イルミネーションが派手ではないが美しい。家の形も可愛い。雪の中のデートシーンが美しい。

□ スーパーで働く老人のロバートはずっとひとりで暮らしてきた。クリスマスが近づき自分宛のプレゼントをツリーの下に置く。向かいに引っ越してきた年配の美しい女性エミリーと親しくなる。デートを重ねる幸せな毎日に、ロバートは会って数日なのに結婚を考えるようになる。

・ マーティン・ランドー = TV「スパイ大作戦」
  エレン・バースティン、エリザベス・バンクス、アダム・スコット
・ ロケ: ルイジアナ州オマハ
> 「屋根の上のバイオリン弾き」:ブロードウェイ・ミュージカル。この映画の中でマイクが見に行ったのは1971年の映画版だと思う。映画の中で流れる「サンライズ・サンセット」もこのミュージカルの曲。
> 「雪の舞う丸いガラス玉(snow globe)」は、「コララインとボタンの魔女」「ラブリーボーン」「めぐり逢えたら」「トゥルーライズ」などに登場する。
【映画の中の日本】 マイクが"HAIKU"らしきものを作る。
■ やさしい嘘と贈り物 LOVELY STILL (2008/2010)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/1704-ff194db0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)