どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

ゴースト・オブ・ガールフレンズ・パスト ▲
弟の結婚式の前日、真実の愛や結婚の幸せを信じない男の元に3人のゴーストが現れ男を改心させる、というディッケンズの「クリスマス・キャロル」をベースにした軽いコメディ。これまでいろいろなバージョンの「クリスマス・キャロル」を観てきたのでその一環としてDVDで観た。
パロディとして観るには肝心の「クラチェットとティミー」がいないのが不満。コメディとしても今ひとつ物足りない感じがする。ただコナーがサンディを説得する場面はちょっとほろりとさせられる。
関連記事 ⇒ 「クリスマス・キャロル 原作と映画化

□ 売れっ子のファッション・カメラマン、コナー・ミードは真実の愛や結婚を信じない男。女と見れば片っ端から口説いて、寝て、別れる。
 コナーは弟に結婚を思いとどまらせるために結婚式前日のリハーサルにでかける。そこには花嫁の両親を始め列席する友人たちが大勢来ていた。コナーは、花嫁の友人でもある幼馴染のジェニーにも再会する。
夕食の席で「結婚は古臭い慣習」「愛は絵空事」だと持論を展開したコナーが男子トイレに入ると死んだはずのウェインおじさんが小便をしていた。おじさんこそ生きているころは遊び人として鳴らし、まだ子供だったコナーに女の扱い方を教えた男だった。
 おじさんのゴーストはコナーに「俺のような人生を送るな」と警告し「今夜これから3人のゴーストが現れる」と言って消える。
 トイレを出たコナーは花嫁の母親を口説き、花嫁の付添い人のひとりとセックスの約束をして寝室に行くと、そこには学生時代にセックスしたエマ(のゴースト)がいた。・・・・・・


・ 監督 : マーク・ウォーターズ「スパイダーウィックの謎
・ マシュー・マコノヒー、ジェニファー・ガーナー、マイケル・ダグラス、ロバート・フォスター、
  エマ・ストーン(過去の亡霊)は映画では歯列矯正金具をつけたブス役だけど実物は映画より可愛い。「ゾンビランド」に出演。
> DVDに収録されている未公開シーンによれば”クリスマスが終わった直後”の設定らしい。
> 花嫁の父親のスピーチが笑える。
> ケイコのニホンゴ、オカシイ
> この映画のジェニファー・ガーナーは痩せすぎで頬がこけている感じがする。
■ ゴースト・オブ・ガールフレンズ・パスト GHOSTS OF GIRLFRIENDS PAST (2009/未)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/1646-e63342b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)