どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

今週末公開される映画  2018/04/20,21
【今週末から日本で公開されるおもしろそうな映画】  

 レディ・プレイヤー1 (字幕版)  金曜日

 2045年、荒廃した実社会を忘れ若者たちはオアシスという仮想世界にはまっている。オアシス創設者のハーディが亡くなりオアシス内に隠された3つのイースターエッグ(宝物)を見つけた者にオアシスを譲ると遺言する。
      スティーヴン・スピルバーグ監督    タイ・シェリダン、 オリヴィア・クック

 アンロック 陰謀のコード  (字幕版)  金曜日

 CIA尋問官のアリスは英国でのバイオテロの計画を知るラティーフの尋問をまかされる。
           ノオミ・ラパス、  オーランド・ブルーム

 いぬやしき (日本)      金曜日公開

 コミックの映画版
 定年間近で末期癌のサラリーマン犬屋敷壱郎は謎の墜落事故に巻き込まれ身体が機械化されたサイボーグとなる。同じくサイボーグになった高校生獅子神皓はすさまじいパワーで人々を殺し始め、じじいの犬屋敷壱郎は人々を守るために高校生に立ち向かう。        木梨憲武、   佐藤健

【米国で始まったおもしろそうなTVシリーズ】

 LOST IN SPACE

 一家5人が宇宙を漂流する。 60年代の人気TVシリーズ「宇宙家族ロビンソン」及び映画「ロスト・イン・スペース(1998)」のリメイク


(掲載しているのは私が興味を持った映画の原語版のみ。未見の映画についての記載内容は予告編や公式サイトなどから得た情報を基にした“推測”で、間違っている可能性があります。公式サイトは早ければ1年後にはまったく別のサイトに置き換わることがあるのでリンクさせていません。)

テーマ:気になる映画 - ジャンル:映画

ファイナル・デッドサイン 死の刻印 (2015) ★
ウクライナのファンタジー。DVDで観た。

 ウクライナの大学生たちが魔物との戦いに巻き込まれる。危険な護符がすぐに割れるケースに入れられて学校内に無造作に置かれているのが疑問。何かというと異なる時空を持ち出すのはずるい。
 字幕では「悪魔」となっているがキリスト教の悪魔ではなく「魔物」といった意味合いらしい。


□ 母親と二人暮らしの大学生のヴォランにはボハという友人がいる。ヴォランは同級生の美人のアンジェラに片思いしている。ポーランドからザハールという転入生がやってくる。
 ザハールにマリファナを吸わされたヴォランは授業中に騒ぎを起こし展示ケースを壊してしまい、中に飾られていた古代の護符が無くなる。教授は騒ぎに加わった生徒たちに護符を探させるが見つからなかった。
 その夜、盲目の教授がヴォランを自宅に訪ね魔物と護符の話をした。
 気がつくとヴォランは病院にいた。ヴォランのレントゲン写真に護符が映る。護符はヴォランの体内にあった。騒ぎを起こした生徒たちの身体に同じようなアザ(刻印)が現れる。
 生徒のひとりルタが死ぬ。胸にこぶし大の穴が開いていた。ヴォランは騒ぎにかかわった生徒たちを大学にいる盲目の教授の元に集める。
 200年前、カルパチア山脈で魔物たちが暴れまわり9人のモルファ(魔導士)が結成した“力の輪”が悪魔たちを影の書に封印し、護符で封印した。しかし、一人だけつかまらなかった
 盲目の教授はタラドゥーダというモルファに会えと言い残して殺された。
 7人の生徒たちは一台の車でタラドゥーダの住む山地に向かった。
 ・・・・・


・ 監督: ルボミール・レヴィトスキー
・ 出演: ディミトリー・ストゥプカ、アローナ・ムシエンコ、 ヴラド・ニキチュク、 ボグダン・ユシプチュク、 パヴロ・リー、 ロクソラーナ・クラヴチュク、 マリアナ・シャコ

■ ファイナル・デッドサイン 死の刻印 ТІНІ НЕЗАБУТИХ ПРЕДКІВ (2015、ウクライナ)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画