どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

三度目の殺人 (2017、日本) ★★★
殺人を自白しながらころころ変わる供述。容疑者の真意はどこにあるのか。真実よりも裁判で有利となる事件の背景を作り上げようとする弁護士。裁判官も検察も弁護士も正しく裁くことよりも、早くノルマを片付けることが優先され、互いの協力が暗黙に求められる。
 焦点は重盛と三隅の対決。三隅に翻弄される重盛だが、三隅のとんでもない証言のひっくり返しに、重盛は三隅の本意を突き止めようとする。
 「あめちゃん」を含めて無駄な台詞も無駄な動きもなく最初から最後まで緊張感が続き、なぞに対する興味が引きずり回される。裁判で咲江が何かを言うのか言わないのか。言ってしまったらどういう展開になるのか。出ていく三隅は咲江を見るのか見ないのか。細かいところまで考え抜かれた映画だと感じた。


□ 多摩川の河川敷で近くの食品工場の工場長が殺され死体が燃やされた。容疑者として首になったばかりの元従業員三隅高司が逮捕され殺害を認める。摂津弁護士が担当となるが三隅はころころ証言を変え手に負えなくなった摂津は、重盛弁護士に助けを求める。三隅は重盛に対しも明確に殺害を認めた。
 三隅は以前にも北海道で殺人を犯し30年間服役していた。32歳になる娘がどこかにいるはずだった。
 週刊誌が三隅の話として工場長の妻に殺人を依頼されて殺したと報じる。
 前科があり殺害を自供していることから死刑判決は間違いないと思われたが、依頼殺人ならば死刑の可能性は低くなるため、重盛は真実はともかく、妻に依頼されたと主張してなんとか無期懲役に持ち込もうと考える。
 三隅の借家の大家は、工場長の妻は見たことがないが、娘は何度も遊びに来ていたと重盛に話した。
 ・・・・・


・ 監督: 是枝裕和
・ 出演: 福山雅治、 役所広司、 広瀬すず、 満島真之介、 市川実日子、 松岡依都美、 蒔田彩珠、 井上肇、 橋爪功、 斉藤由貴、 吉田鋼太郎

■ 三度目の殺人(2017、日本)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画