どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

今週末公開される映画  2017/09/15.16
【今週末から日本で公開されるおもしろそうな映画】  

 エイリアン:コヴェナント (字幕版)   金曜日公開

惑星LV-223を目指した「プロメテウス(2012)」の11年後、アンドロイドのウォルターが管理するコヴェナントは2000人の移民を乗せ惑星 Origae-6 を目指していた。突然の事故によって船長が死亡、船長代理となったオラムは謎のメッセージを発信してきた別の惑星に進路を変更する。その惑星は当初の目的地より環境がはるかに地球に近かった。そしてなぜか小麦が栽培されていた。彼らは得体のしれない何かに襲われる。
    リドリー・スコット監督    マイケル・ファスベンダー、 キャサリン・ウォーターストン、 オラム: ビリー・クラダップ

・ プロメテウスはウェイランド社のプロジェクトなので、コヴェナントも同じだろう。
・ アンドロイドのウォルターはプロメテウスのデヴィッドと瓜二つ。
・ プロメテウスでは最後にこの星に近づくなというメッセージを発信した。


 50年後のボクたちは (ドイツ)

14歳のマイクは転校してきたチックと盗んだボロ車で地図にない“ワラキア”を目指す。ベストセラー小説の映画化。


【今週末から米国で公開されるおもしろそうな映画】

 マザー! "MOTHER!"    日本では2018年1月公開

  ジェニファー・ローレンス主演のホラー/スリラー


(掲載しているのは私が興味を持った映画の原語版のみ。未見の映画についての記載内容は予告編や公式サイトなどから得た情報を基にした“推測”で、間違っている可能性があります。)

テーマ:気になる映画 - ジャンル:映画

ダンケルク (2017) ★★ 
 状況説明はほとんどない。ダンケルクの撤退について知識のない人は戸惑うかもしれない。
 映画に出てくる英軍軍艦や英軍戦闘機がおそろしく少ない。ドイツ軍は戦闘機と爆撃機以外、戦車も潜水艦もドイツ兵も姿を現さない。民間船も圧倒されるほどには多く感じなかった(最近のCGによる水増し映像に慣れてしまっているせいかもしれない)。

 1940年5月24日~6月4日、ドイツ軍によってフランス最北部海岸のダンケルクに追い詰められた英仏軍40万人撤退の実話を基にした映画。実際には映画の印象よりもはるかに多くの軍艦や戦闘機が参加したらしい。
 TVムービーだが「ダンケルク 史上最大の撤退作戦・奇跡の10日間 (TV2004、英国) 」は当時の英国海軍の撤退作戦、チャーチル首相、ダンケルクへのドイツ軍の進行を食い止めていた兵士たちなどを描いている。

□ 唐突に人気のない街を歩く兵士たちが映る。ごみ箱をあさる兵士がいるので空腹なのだろう。必死で蛇口を回して水を飲む。突然の銃声。次々と倒れていく。ひとりだけ逃げ延びる。建物の間を抜けると海岸。たくさんの兵士が海に向かっていくつもの列を作っている。船の気配はない。
 対岸の英国では軍が民間船の徴用を始めている。ドーソン氏は自分所有のプレジャーボートに救命胴衣を積み込むと息子と共に軍を待たずにダンケルクに向けて出航させた。近所のジョージ少年が勝手に乗り込んでくる。
 3機のスピットファイアがダンケルクに向かっている。帰路を考えると戦闘で使える燃料は充分ではない。
 ダンケルクの桟橋では英軍将校が『チャーチルや上層部は40万の兵士のうち救えるのは3万~4万5千と予想している』と話していた。
 ・・・・・


> 1939年9月、ドイツはポーランドに侵攻、フランス・英国はドイツに宣戦布告した。しかしフランス・ドイツ国境での大規模な衝突はいつまでたっても起きなかった。
 1940年5月、ドイツはオランダ・ベルギー・ルクセンブルクに侵攻する。英仏軍は北フランスのベルギー国境に集結した。
 フランス・ドイツ国境の防衛線と北フランスの英仏軍の間のアルデンヌは深い森と湿地が広がり大規模な軍隊の行軍はないと考えられていた。しかしドイツ軍の戦車部隊がアルデンヌを突破してフランスに侵攻し瞬く間にドーバー海峡に達し北フランスに展開していた英国・フランス軍を包囲した。チャーチル首相はダンケルクの海岸に追い詰められた英仏軍兵士の救出を命じた。救出には軍の船だけでなく、英国海岸からやってきたまったく戦闘能力を持たない数百隻の民間の船も協力して多くの兵士の救出に成功した。英仏軍は大量の兵器を失ったものの訓練された兵士の温存に成功した。わずか1か月でフランスはドイツに降伏した。
> WIKIPEDIA20170910によれば、ダンケルクの撤退(ダイナモ作戦)には駆逐艦・巡洋艦40隻他が参加、駆逐艦は一度に900人を輸送した。映画では民間の小さな船たちが英国まで兵士を運んでいるが、海岸から大型船に兵士を運ぶ役割にも活躍した。
> 英国に最も近いカレーにいた英軍兵士の救出は行われなかった。

・ 監督: クリストファー・ノーラン
・ 出演: フィオン・ホワイトヘッド、 トム・グリン=カーニー、 ジャック・ロウデン、 ハリー・スタイルズ、 アナイリン・バーナード
    ジェームズ・ダーシー、バリー・コーガン、ケネス・ブラナー、キリアン・マーフィ、マーク・ライランス、トム・ハーディ

> エンドクレジットによればフィルムで撮影されたらしい。
> 「ダンケルク」はフランス語読み? 英語音声では「ダンカー(ク)」と聞こえた。

【関連する映画】 「ダンケルク"Week-end à Zuydcoote"(1964)」
     「ダンケルク 史上最大の撤退作戦・奇跡の10日間 (TV2004、英国) 」
     「つぐない (2007)」

■ダンケルク DUNKIRK (2017/2017、英国/米国/フランス)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画