どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

バーフバリ 伝説誕生 (2015、インド) ★
インドの伝説の戦士バーフバリを描くVFXを駆使したアクション・ファンタジー大作2部作の1作目。DVDで観た。

□ マヒシュマティ王国の下流の巨大な滝の下に住んでいる村人たちが河の中で泣いている赤ん坊を見つける。河の中から突き出した腕で赤ん坊を支えていた高貴な婦人は滝の上を指さし、流されていった。 村の女、サンガは、滝の上に続く洞穴の入り口をふさがせて赤ん坊をシヴドゥと名付け自分の子として育てた。

 シヴドゥは子供のころから滝の上にのぼりたがった。青年になってもシヴドゥは、なんど滑り落ちても滝登りに挑戦した。
 サンガは、シヴドゥに滝登りをやめさせるため河で汲んだ水を坂の上まで運びあげてシヴァ神のご神体に1016回注ぐ願掛けを始める。見かねたシヴドゥは重いご神体をかつぎあげて運び滝の下に置いて水を注ぐ手間をなくした。村人はシヴァ神がサンガの願いをかなえるのか、それともご神体を運んだシヴドゥの願いをかなえるのだろうかとささやきあった。

 滝の下で仮面を拾ったシヴドゥは滝への興味を失い仮面に執着するようになる。仮面の主の女性に会いたくなったシヴドゥは仮面が落ちてきた滝に挑戦し、ついに滝の上に達する。
 シヴドゥは仮面の持ち主の女戦士アヴァンティカと出会う。ふたりは恋人同士となるが、アヴァンティカにはデーヴァセーナ妃を救出する使命があった。シヴドゥはその使命を引き受ける。

 残虐な暴君バラーラデーヴァ国王が支配するマヒシュマティ王国の武器工場長のカッタッパは優れた剣士でもあるが、身分は王家に仕える奴隷。王宮の中庭には前王の王妃デーヴァセーナ妃が25年間も鎖につながれていた。カッタッパの剣の腕ならば鎖を断ち切るのは容易だがデーヴァセーナ妃は許さなかった。デーヴァセーナは25年前、赤ちゃんの時に消えた息子が生きていて自分を助けに来ると信じていた。

 バラーラデーヴァ国王の誕生日を祝う式典が開かれる。巨大な黄金像をたてるために人夫たちが綱を引くが像が倒れて人夫達が下敷きになりそうになったとき、怪力の男が綱を引いて彼らを助けた。男を見た老人が「バーフバリ!」とささやき、「バーフバリ」の声が広場中に広がった。立てられた黄金像はまるでバーフバリをたたえているように見えた。
 シヴドゥは宮殿に忍びこんで火をつけ混乱の中でデーヴァセーナ妃を馬車で救出する。

 王子と共にシヴドゥを追いかけたカッタッパはシヴドゥに切りかかるがその顔を見たとたん武器を捨て「バーフバリ」と叫んでひれ伏した。カッタッパと共に追いかけてきた兵士たちも、アヴァンティカの仲間の戦士たちも、滝の下から来たシヴドゥの母親と村人たちもひれ伏した。シヴドゥは、デーヴァセーナ妃と前国王バーフバリの王子だったのだ。

 50年前、シヴドゥの祖父ヴィクラマデーヴァがマヒシュマティ王国を建国した。国王の兄ビッジャラデーヴァは身体が不自由だった。ヴィクラマデーヴァ国王が急死し、国政はビッジャラデーヴァの妻シヴァガミ妃が代行する。王妃が王子バーフバリを産み死去する。 バーフバリと、ビッジャラデーヴァの息子バラーラデーヴァは共に文武に優れた青年に成長する。
 隣国カーラケーヤが10万の軍で攻めてくる。マヒシュマティ王国軍はわずか2万5千。バーフバリとバラーラデーヴァの活躍でマヒシュマティ王国軍はカーラケーヤを撃退した。
 シヴァガミ妃はバーフバリを国王とした。
 しかしバーフバリ国王は家臣の裏切りで殺された。

 "bãhubali THE CONCLUSION"に続く。



・ 監督: S・S・ラージャマウリ
・ 出演: 
   プラバース         .... シヴドゥ/バーフバリ
   ラーナー・ダッグバーティ  .... バラーラデーヴァ
   アヌシュカ・シェッティ   .... デーヴァセーナ妃
   タマンナー         .... 女戦士アヴァンティカ
   SATHYARAJ        .... カッタッパ
   ナーセル           .... バラーラデーヴァ
   RAMYA KRISHNA       .... シヴァガミ

> タイトルやクレジットは英語。言語はテルグ語/タミル語?

■バーフバリ 伝説誕生 bãhubali THE BEGINNING (2015/2017、インド) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画