どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

今週末公開される映画  2017/06/23,24
【今週末から日本で公開されるおもしろそうな映画】  

 ハクソー・リッジ (字幕版)

日本軍との沖縄戦で、銃を持つことを拒否した米軍衛生兵が戦場から75人もの負傷兵を救い出した実話を基にした映画。

    メル・ギブソン監督。アンドリュー・ガーフィールド、 テリーサ・パーマー

   オスカーの編集賞、音響賞(調整) “Sound Mixing”を受賞、作品賞、監督賞、主演男優賞、音響編集賞 “Sound Editing”にノミネートされた。


 ジーサンズ はじめての強盗

まじめに生きてきた3人の老人が年金打ち切りに怒り銀行強盗をするコメディ

  モーガン・フリーマン、マイケル・ケイン、アラン・アーキン、アン=マーグレット、ジョーイ・キング、マット・ディロン、クリストファー・ロイド


 フィフティ・シェイズ・ダーカー  金曜日公開

恋愛経験のない女子大生が青年実業家と恋に落ちる。しかし青年は少々変わった性癖の持ち主だったという「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ (2015) 」の続編。   ダコタ・ジョンソン、ジェイミー・ドーナン

【今週末から米国で公開されるおもしろそうな映画】

 Baby Driver  (2017)

テキーラ♪に合わせてやたら銃をぶっ放すクライム・コメディ。
知っているのはリリー・ジェームズ(「シンデレラ (2015)」)くらいだけどおもしろいかも。
タイトルから子供が運転するのかと思ったら、やたら運転のうまい青年が BABY と呼ばれているらしい。


(掲載しているのは私が興味を持った映画の原語版のみ。未見の映画についての記載内容は予告編や公式サイトなどから得た情報を基にした“推測”で、間違っている可能性があります。)

テーマ:気になる映画 - ジャンル:映画

キング・アーサー (2017) ★
アーサー王伝説から、キャメロット、岩から剣を抜く、魔術師マーリン、円卓の騎士などのキーワードを借りてCGをふんだんに盛り込んだ娯楽映画。王妃グィネヴィアもランスロットも登場しない。若干眠気を感じた。

村の名前ロンディニウムとは、後にロンドンとなる場所の地名らしい。

メイズ役のアストリッド・ベルジュ=フリスベはスペイン出身。「パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉(2011)」「バスティーユ、聖女の恍惚、愛の牢獄 (2009)」「バルセロナ、天使のセックス (2012)」ではヌードを見せていた。

□ ユーサー・ペンドラゴン国王は聖剣エクスカリバーで魔術師モルドレッドと戦い打ち負かす。弟ヴォーティガンの反乱でユーサー王と王妃が殺される。小舟に乗せられた幼い王子は消息を絶った。

 ロンディニウムの売春宿で育てられたアーサーはたくましく育つ。ヴォーティガン王は高い塔を建設させていた。水が引き岩に刺さった剣が現れる。民衆の間には剣を引き抜いたものが〝真の王”だといううわさが流れる。王の兵士が村の男たちに剣を抜かせようとさせるが誰も抜くことができない。しかしアーサーが剣を抜いてしまいアーサーは気を失う。
 ヴォーティガン王は民衆の前でアーサーの首を跳ねて〝真の王”の夢を消そうとする。 魔術師マーリンの遣いのメイジ(魔術師)とユーサー王の元部下たちがアーサーを助ける。
 彼らはアーサーを王にしようとするがアーサーにその気はない。それにアーサーが聖剣エクスカリバーを両手で持つと恐ろしい幻覚が現れ戦うどころではない。
 ・・・・・・


・ 監督: ガイ・リッチー
・ 出演: チャーリー・ハナム、ジュード・ロウ、アストリッド・ベルジュ=フリスベ、ジャイモン・フンスー、エイダン・ギレン、ミカエル・パーシュブラント、エリック・バナ

■キング・アーサー KING ARTHUR: LEGEND OF THE SWORD (2017/2017) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画