どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

今週末公開される映画  2017/06/16,17
テリー・ギリアム監督の映画『ザ・マン・フー・キルド・ドン・キホーテ(原題)』の撮影が無事終了したそうだ。ギリアム監督悲願のこの映画は17年前にスペインで撮影を開始したものの相次ぐトラブルで撮影中止になりその顛末が「ロスト・イン・ラ・マンチャ (2001)」というドキュメンタリー映画にもなった公開は2018年の予定。
        ジョナサン・プライス、アダム・ドライヴァー、オルガ・キュリレンコ、ステラン・スカルスガルド 


【今週末から日本で公開されるおもしろそうな映画】  

 キング・アーサー  (字幕版)   06/17

貧民街で育ったアーサー少年。成長したアーサーが、誰も抜くことができなかった石に埋まった剣を引き抜いてしまった。実はアーサーは王家の血筋だった。  なんでもかんでも、アーサー王伝説まで魔法や怪物を登場させてVFX映画になってしまうのが少々気に入らない。
    ガイ・リッチー監督  チャーリー・ハナム、 ジュード・ロウ、 アストリッド・ベルジュ=フリスベ
 
 ハーフネルソン

 生徒にも慕われる中学教師のダン・デューン。実はドラッグ中毒で、兄は麻薬売買で服役中。
 ライアン・ゴズリングがオスカー主演男優賞にノミネートされた。


【今週末から米国で公開されるおもしろそうな映画】

 The Book of Henry (2017)

 郊外の街に住むスーザン・カーペンターはウェイトレスとして働いている。2人の息子、11歳のヘンリーと8歳のピーターがいる。ヘンリーの同級生のクリスティーナが隣に義父と住んでいる。スーザンは隣家の恐ろしい秘密に気づく。ヘンリーはクリスティーナの救出計画をたてる。スリラー
             ナオミ・ワッツ

(掲載しているのは私が興味を持った映画の原語版のみ。未見の映画についての記載内容は予告編や公式サイトなどから得た情報を基にした“推測”で、間違っている可能性があります。)

テーマ:気になる映画 - ジャンル:映画

EXO エクソ  (2016) ★
“何か”に侵略され人類が地底に隠れて住む未来。地表で監視任務に就いた若い兵士は、100日間の勤務期間中“何か”の存在に疑いを持つようになる低予算SF。DVDで観た。
 SUM-1を演じているイワ・リオンはゲーム・オブ・スローンズのラムジー・スノウ。ほとんど一人芝居。
 おもしろいかというと微妙。ユニークではある。
 邦題及び字幕ではEXO(エクソ)となっているが、英語クレジットや英語音声には""EXO"は存在せず、「ノンサッチ"THE NONSUCH"」となっている。

□ ノンサッチ"THE NONSUCH"攻撃の57年後。人類の95%は殺され、残りは地下で生活している。人類はUNU(国際連合国)として統一された。
 少数の無知な落伍者が地下に潜ることを拒否して地上で生活している。UNUは彼ら“はぐれ者”に地下に避難するように勧めている。
 地上に出てみたい一般人は兵士として100日間地上勤務に就く。SUM-1二等兵は監視塔ケルベロスに配属される。ただひとりで100日間監視塔で生活する。ケルベロスのエリア内ならガスマスクをして銃を持って塔の外に出ることができる。エリアから出ようとするとバリアによって止められる。

 残り87日。ライラプス付近でノンサッチの攻撃があったという緊急通報が届く。

 監視塔の中にネズミがいた。ドクと名づける。
 前任者のロッカーの中からウォーキートーキーとスケッチブックを見つける。ネズミも描かれている。ケルベロスのとなりはグラムと描かれている。

 停電が発生し15分間も続く。塔内に何かがいた
 報告するが『システムに異常はない。侵入の形跡もない。停電についてはMACを送る。』と言われる。

 残り39日。ウォーキートーキーがしゃべりだす。『こちらKER4。VAX7 応答してくれ』

 残り35日。まだ、MACが来ない

 残り34日。塔の外で、はぐれ者の女性と子供を見つける。保護しようとするが彼らはノンサッチよりもSUM-1を怖がって逃げてしまう。
 SUM-1はノンサッチは実在するのか疑問を持つようになる。

 残り14日。全カメラの映像が消える。雨の中、MACの7Q7が入ってくる。MACはライラプスの襲撃現場を見たそうだが死体は見なかった。
 SUM1はMACに銃を突きつけ以前の監視映像を再生させる。前任者VAX7が恐怖追い詰められていく様子が写っている。
 SUM1はMACにバリアの電源を落とす方法を白状させる。

 残り6日。SUM1はMACを解放しバリアの電源を落とす。SUM1はKER4がいるグラムに向かう。

・・・・・・


・ 監督: クリスティアン・パスクァリエロ
・ 出演: イワ・リオン(S.U.M.1)、アンドレ・M・ヘンニック(MAC)

■EXO エクソ "S.U.M.1" (2016/2017、ドイツ、英語)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画