どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

シチズンフォー スノーデンの暴露 (2014) ★
2012年の公聴会でNSA長官のアレグザンダーは 国民の監視を全面否定したが、それは嘘。米国政府諜報機関(NSA/CIA)はテロや犯罪容疑者だけでなくすべての一般市民を対象に通話やインターネットを監視している。9年間CIAやNSAで勤務していたエドワード・スノーデンが2013年6月に香港で行った暴露は、NSAから持ち出した膨大なデジタルデータという証拠を伴っていた。

スノーデンの暴露は映画「スノーデン (2016)」として公開された。この映画ではスノーデンが軍に入隊・除隊し、CIA、NSAで働き香港で暴露するまで描かれている。今回DVDで観たのは香港で約1週間にわたりスノーデン本人を撮影した映像を中心とするドキュメンタリー。第87回アカデミー賞(オスカー)長編ドキュメンタリー賞受賞。


□ ドキュメンタリー作家ローラ・ポイトラスに届いたシチズンフォーからのメールはまずセキュリティソフトの導入を要求した。
 2012年12月 匿名の情報提供者が英国ガーディアン紙記者のグレン・グリーンウォルドに接触してくるが安全な通信方法を確立できなかった。
 1か月後、匿名の暗号メールがローラに届くようになる。シチズンフォーがローラを選んだのはローラがNSAの監視対象者リストに載ったからで、ローラの行動のすべてがNSAによって監視されていた。
 2013年4月、シチズンフォーはローラに情報が膨大なのでグリーンウォルド記者と協力するように要請した。

 2013年6月3日月曜日、香港のザ・ミラでローラとグレンはルービックキューブを持ったシチズンフォーと会う。
 彼は、ノースカロライナ州出身のエドワード・ジョセフ・スノーデンと名乗った。
 その時点では、防衛分野の請負企業からNSAに派遣され、NSAの指示で業務をしている。最高機密までアクセス可能な権限を持ち、仕事に必要か否かに関係なくどんな情報でも見られる。スノーデンは膨大な量の最高機密データを持ち出していた。
 米国諜報機関は世界中の通信網であらゆるデータを無作為に収集している。過去までさかのぼって分析ソフトで解析することにより個人の行動や習慣を知ることができる。

 水曜日に、グリーンウォルド記者の最初の記事がガーディアン紙に載り、CNNニュースが大きく取り上げた。内容は、裁判所命令によりNSAが電気通信事業者のベライゾン社の全顧客記録を収集していて、米国の安全を理由にプライバシー侵害が行われているというもの。
 金曜日にはワシントン・ポストとガーディアン紙が2本目の記事を発表。CNNニュースはNSAとFBIがインターネット企業9社のサーバーに直接侵入してあらゆるデータを収集していると報道した。

 スノーデンと記者たちはスノーデンの正体を明かすべきか否か話し合う。スノーデンは最初から自分の正体を明かすつもりだった。刑務所に入れられるか、あるいはもっと悪い事態も覚悟している。スノーデンは自分がどうなろうと記者たちが報道を続けるように望んでいる。
 月曜日(2013年6月10日)
 ガーディアン紙が告発者の正体を公表し、スノーデン本人の映像が世界中で公開された。

 スノーデンは国連を通じて亡命申請をして地下に潜った。
 米国政府はスノーデンを告訴し、香港に引き渡しを要求する。
 ウィキリークスの支援でスノーデンは香港を脱出。しかし米国が彼のパスポートを無効にしたため乗り継ぎ空港のモスクワで身動きが取れなくなる。
 スノーデンはモスクワの空港ターミナルで40日間を過ごしたのち、政治亡命者として1年のロシア滞在が認められた。


・ 監督: ローラ・ポイトラス
・ 出演: エドワード・スノーデン、グレン・グリーンウォルド、ウイリアム・ビニー、ローラ・ポイトラス

■シチズンフォー スノーデンの暴露 CITIZENFOUR (2014/2016、米国/ドイツ)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画