どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

ラスト・スペースシップ (2017、英国) ■
人類の生存をかけた宇宙船があと少しの所で災難に見舞われ乗組員が次々に死んでいく。
DVDで観た。
おもしろくなかった。


□ 2065年、わずか67分間の核戦争で世界は崩壊した。生き残ったわずかな人々が移住できる惑星を求めて何隻もの偵察船が飛び立った。

 ペガサスは7年間も探索を続けている。居住可能性のある惑星に接近したペガサスは他の宇宙船を発見する。
 その船はペガサスと同型の中国船だったが、呼びかけに応答せず停止していた。
 艦長は乗り込んで調査することにする。
 ・・・・・


・ 監督: サイモン・フィリップス
・ 出演: ブレイン・グレイ、サイモン・フィリップス、レベッカ・ファーディナンド、デイジー・ラレイ、リタ・ラムナニ、ポール・トーマス・アーノルド、ピーター・ウッドワード

■ラスト・スペースシップ THE LAST SCOUT (2017/---、英国)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

腐女子探偵★桂香  (2015)  ★
原題の「宅女」だが、字幕で「宅男」を「オタク」としているので同じような意味合いなのだろう。
警察にも受け入れられている探偵のグイは三か月前に一方的に別れを通告されたカレシを今だにあきらめきれず彼氏を探し続けている。

DVDで観た。

□ 女流漫画家のグイは探偵として警察に協力し多くの事件を解決している。グイは恋人ケインからの別れのメールを突然受け取り、ケインとは連絡できなくなった。3か月後、グイは依然ケインへの思いを引きずっている。
 地中深く埋められたトランクから切断死体が見つかる。推定死亡時期が3か月前と知ったグイは警察に駆け付けるが死体はケインではなかった。グイの見事な推理で、被害者はマギー英語学校の会計士ボーホンとわかった。
 英語学校のマギーの叔母ウェイがのぞき見をしている整形外科医のツァイ医師の妻が病死した。ウェイは夫が殺したのに間違いないと言う。ウェイは死ぬ10日前に夫人が部屋でランニングマシンを使っているのを覗き見た。夫人には多額の保険金がかけられていた。
 警察の調べでは夫人は長く患った末の自然死で遺体にも不審な所はなかった。
 ヤン刑事は死んだのは別人ではないかと疑いDNA鑑定をするが遺体のDNAと夫人のDNAは一致した。
 ・・・・・


・ 監督: オキサイド・パン
・ 出演: ワン・ルオダン、 ヴィック・チョウ、 サイモン・ヤム、パウ・ヘイチン、ティエン・シン、マギー・シュー

■腐女子探偵★桂香  宅女偵探桂香"Detective Gui"  (2015/---、中国)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

カリフォルニア・ブロウ (2017) ■
ロサンゼルス市内で噴火が起きる低予算ディザスター映画。DVDで観た。
偏見かもしれないけれど低予算映画はつまらない会話が多すぎる。この映画だと例えば冒頭の映画スタジオでのシーン。プロデューサーが脚本家に取材を指示するへらへらした会話はいらいらさせられるだけ。全部削除したほうが良い。

突然噴火が起きるロサンゼルス市内の公園の湖はマッカーサーパーク湖。大作映画「ボルケーノ(1997)」でもこの湖の水温の異常上昇が観測されたのちにほど近いラ・ブレア・タールピットで噴火が起きた。

アーウィン博士は周囲がきれいなリング状に崩れて逃げ場を失い死ぬ。ロブソン博士の部下もまったく同じ状態で死ぬ。低予算映画はアイデアが唯一の武器なのに手を抜きすぎ。

ミサイル攻撃は有人機で構わないと思うがなぜドローンにしたのだろうか。パイロットを描く必要がなくてCGが楽だから?


□ ロサンゼルスで小さな地震が頻発している。
 脚本家志望のジョシュはスタジオからディザスター映画のために地震学者のアーウィン博士を取材するように指示される。
 ジョシュは地震に興味がありアーウィン博士を尊敬していているが、世間的にはアーウィンは学者気取りの変人と評価されていた。

 アーウィン博士はヘリコプターを準備して待っていた。女優のカット・リヴァースが操縦する。
 ロサンゼルス市内を飛行中、マッカーサーパークの湖が突如噴火、飛び出した火山弾が市内各地に落ちる。
 市内各地で地震が起きダウンタウン全域でビルが倒壊する。

 さらに噴出したマグマが地下の空間を流れて天然ガス貯蔵所に向かう。爆発すれば水爆並みの破壊力を持つ。地質調査所のロブソン博士はドローンによるミサイル攻撃で岩盤を崩してマグマを食い止める提案を市長にする。しかし結果は事態をさらに悪化させてしまう。

 ジョシュとカットは亡くなったアーウィン博士の提案を市長に伝えるが、アーウィン博士に恨みを持つロブソン博士に反対されて却下される。
 ・・・・・・


・ 監督: ショーン・ケイン
・ 出演: マシュー・アトキンソン、レクシー・ジョンソン

> ニューポート・イングルウッド断層"Newport–Inglewood Fault(WIKIPEDIA)" 
> 字幕では「広島の原爆」となっているが音声では「独立記念日の花火」と聞こえる。だいぶ規模が違う。

■カリフォルニア・ブロウ ERUPTION: LA (2017/---)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ドラゴン・ウォリアーズ  (2015)  ▼
これはひどい。DVDで観ようとしたが開始4分で見るのをやめようと思った。結局一応は最後まで見た。

最初のほうで若い男の顔が延々と映るのが気持ち悪い。この監督は??
時代は一応はドラゴンのいる中世あたりらしいが、若い男の格好は露出度の多いローマ帝国時代風。
スピード感もまったくないし、ドラゴンもかっこよくないし怖さもない。
おもしろくないが、コメディのつもりなのかもしれない。
エンドクレジット中にNG集? 内輪受けにしか見えない。

□ ドーベンニューグ(Dolvarnög)とは愛する者を殺すように訓練されたドラゴン。

 賞金稼ぎのロラッシュは怪物ガーナックをあっさりと殺し、生贄にされかけた半裸の処女を救い賞金を受け取る。ロラッシュが処女にキスして女は恋に落ちる。そのとたんドーベンニューグが現れ処女を咥えて飛び去った。走って追いかけたロラッシュは降り立ったドラゴンに飛びかかり、ぱくりと飲み込まれた。

 ドーベンニューグを操っているのはテンズリー卿だった。テンズリー卿は捕らえているエノガルドが求婚を承知するまでドーベンニューグを飛ばして愛する人々を殺させるつもり。

 キャミランはドーベンニューグに傷つけられた婚約者のラレックを救うためドーベンニューグ退治に出発する。キャミランの兄で賞金稼ぎのラミカスはエノガルドの城と領地を期待して同行する。

 一行はドーベンニューグに襲われる
・・・・・・


・ 監督・脚本: スティーブン・シメック、マクレーン・ネルソン
・ 出演: アダム・ジョンソン、Maclain Nelson、ケイトリン・ダブルデイ、Jake Van Wagoner、Clare Niederpruem、Erik Denton、Shannon Engeman、    ルーク・ペリー、 ジェームズ・マースターズ

> 私が見たDVDで映されたタイトルは"Dudes & Dragons"ではなく"Dragon Warriors"

【映画の中の映画】  エノガルドがトンボの使者を使って助けを呼ぶシーンは「スターウォーズⅣ新たなる希望(1977)」のレイア姫そのもの。パクリではなく意識的に似せているのだろう。

■ドラゴン・ウォリアーズ Dragon Warriors (2015/---、米国)  

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ヴァンプス (2017、ロシア)  ★
19世紀のロシアで書かれたホラー小説の映画化。ヴァンパイアやグール(ゾンビ)が人間たちを襲う。舞台は帝政ロシアの国境近くの辺境の地で、小説が書かれた当時は現代劇だった。

 ロシアの名門貴族トルストイ伯爵家には、3人の有名作家がいる。もっとも有名なレフ・トルストイは『戦争と平和』『アンナ・カレーニナ』など。アレクセイ・ニコラエヴィッチ・トルストイは20世紀前半にSF小説や歴史小説を執筆した。今回DVDで観たのは19世紀の作家アレクセイ・コンスタンチノヴィッチ・トルストイ(1817-1875)のホラー小説の映画化。

□ ロシアの辺境の地、古城の主ビシュテフィが棺の中から甦る。150年に一度、月が太陽を覆い隠す日が3日後に迫っている。
 その昔、ヴァンパイア族が世界を支配していた。ヴァンパイアと人間の両方の血を引き光を恐れないモロイが現れ人間の味方をしたためヴァンパイアは封じ込められた。ビシュテフィはミリエーナの血によって光を恐れぬ能力を得ようとしている。

 子羊がマリアの墓に飲み込まれるのを見たミリエーナはラヴル神父に相談する。神父はグールが欲しがるのは人の血だと言った。モスクワから侍従武官のアンドレイが皇帝の使いとしてラヴル神父を迎えに来るが神父はモスクワ行を断った。アンドレイは村のミリエーナの家に泊まる。料理はにんにくをふんだんに使っていた。
 夜、大量のコウモリが村を襲い、あの世から少女マリアが帰ってくる。ミリエーナはマリアを銃で撃ち、ミリエーナの兄ゲオルギーが杭を打ち込んだ。マリアの母親以外の村人はふたりを責めなかった。三日前に死んだマリアはグールとなっていた。
 翌日、神父から皇帝宛ての書簡を受け取ったアンドレイはモスクワに向けて出立する。途中、ミリエーナの犬の死骸とミリエーナの靴を見つけたアンドレイは従者を村に知らせに戻らせ自分はミリエーナの救出に向かう。駆けつけたゲオルギーも加わってミリエーナは救出される。
 村に戻るとミリエーナやゲオルギーの父親が子供たちを助けようと後を追いかけたことがわかり、ゲオルギーは父親を助けるために父親を追いかけた。
 ・・・・・・


・ 監督: セルゲイ・ギンズバーグ
・ 原作: アレクセイ・コンスタンチノヴィッチ・トルストイ
・ 出演: ミハイル・ポレチェンコフ、 アグラヤ・シロフスカヤ、 コンスタンチン・クルコフ

> 原題(ロシア語)Вурдалаки = Ghouls(グール)

■ヴァンプス  Вурдалаки  (2017/---、ロシア)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ウィッチ・アンド・ドラゴン 秘密が見える少女 (2015、デンマーク) ★
デンマーク発のファンタジーアドベンチャー小説の映画化。不思議な力を持つ少女が国王の座を巡る権力争いに巻き込まれる。DVDで観た。

少女ディナの能力は相手が隠したいことを知ってしまう。また、声を出さずに相手に話しかけることができる。
この映画のドラゴンは(少なくとも今回は)空を飛ばず巨大でのろまなワニのような動きをする。
原作Skammerシリーズは4作で、映画としては続編'Skammerens Datter II: Slangens Gave (2018)'が予定されている。


□ 少女ディナは母マルシラと同じ不思議な力を持っている。人がディナと目を合わせるとその人が隠していることや恥ずかしいことを見せてしまうのだ。そのため村人はディナを「恥あかしの娘(原題)」と呼んで顔をそらすし友達もできない。
 司法長官の使いがマルシラを迎えに来る。国王一家が殺され王位継承権を持つニコディマスが容疑者として捕らえられたが罪を認めないので助けてほしいというのだ。母の帰りを待っていたディナを母の使いのドラカンという男が迎えに来る。ディナはドラカンの目を見たが恥はなかったので信用してついていった。

 マルシラはニコディマスを無実と判定した。ドラカンは同じ力を持つディナにも調べてほしいと言いマルシラも了承する。ディナはドラカンに連れられて、獄中のニコディマス(ニコ)と会った。
 ニコにはいろいろ恥があったがやはり国王を殺してはいなかった。ディナがドラカンにニコは無実だと言うと、ドラカンはディナを殺してニコに罪を着せようとする。ニコとディナはドラゴンの庭を抜けて城を逃げ出した。
 ディナとニコが隠れていた家を兵士を連れたドラカンが捜索し火をつけた。ディナは捕らえられたがニコは出てこない。家は爆発して海に落ちた。
 ドラカンは王位継承権を持つニコディマスが国王一家を殺したため継承権を剥奪して追放すると公布した。王家のレイブンス家が絶えたため、ドラカンが国王となりドラゴン公と名乗る。
 新国王即位式の日に、ニコディマスが無罪だと偽証した恥あかしのマルシラも処刑されることになる。
 ・・・・・


・ 監督: ケネス・カインツ
・ 原作: リーネ・コーバベル "Skammerens datter"
・ 出演: レベッカ・エミリー・サトラップ、マリア・ボネヴィー、ヤーコブ・オフテブロ、ソーレン・マリン

> 原題(デンマーク語)SKAMMERENS DATTER = 英題 Shamer's Daughter (恥明かしの娘)

■ウィッチ・アンド・ドラゴン 秘密が見える少女 SKAMMERENS DATTER (2015/---、デンマーク/ノルウェー/チェコ/アイスランド/スウェーデン) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ブラック・ビューティー (2016) ★
ふたりの女優が週末を過ごす。ひとりは引っ込み思案の性格だけど女優としてそこそこ売れている。もうひとりは勝気な性格で女優としての自信もあるけれど売れていない。
 ふたりだけで休暇を過ごすくらいだから親友同士、と思っていたけれど......へたな恐怖映画よりも女同士の嫉妬や妬みの方が怖いというスリラー。 DVDで観た。


□ どちらも女優のベスとアンナは週末をビッグサー(Big Sur)にあるアンナのおばさんの別荘ですごすことにする。
 ベスは売れていてTVに出演したこともある。ただしヌードを要求される役が多い。他人からは、おとなしい性格で自分に自信がないと思われている。
 アンナは売れずに焦っている。アンナは、ベスの写真が雑誌に掲載されたのをベスが黙っていたので不機嫌になる。アンナはかっとなりやすい性質でよくもめ事を起こしている。

 夕方、ふたりはバーに行く。年上の男が声をかけてきてアンナと会話する。ベスが席を立った後で、男は明日は早起きなのでと言って去る。その後、アンナは男がベスの番号を聞いているのを見た。夜、ベスはアンナが自分の部屋で泣いているのを聞く。

 翌日、ふたりで林の中を歩いていると知人のマットと出会う。マットは自分が作る短編映画にアンナに出てほしいと伝えるようにベスに頼んでいたが、ベスはアンナに伝えていなかった。ベスは、アンナが自分を嫌悪の表情で見ているのに気づきショックを受ける。

 ベスがアンナから逃げてひとりで歩いているところを親切な男の車に拾われ別荘に戻る。
 ベスがボーイフレンドのポールに電話してアンナについて愚痴を言っているところにアンナが現れる。
 ・・・・・


> ビッグサー(Big Sur);カリフォルニア州

・ 監督: ソフィア・タカール
・ 出演: マッケンジー・デイヴィス、 ケイトリン・フィッツジェラルド

■ブラック・ビューティー ALWAYS SHINE (2016/---) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

トマホーク ガンマンvs食人族 (2015) ★
邦題から、ふざけたコメディかと思ったがかなりまともな西部劇。DVDで観た。
人間を食う習慣のあるインディアンに女性がさらわれ、女性の夫や保安官たち4人が救出に向かう。
相手の人数は不明。4人のうち1人はかなりの老人で、1人は足の治療中で松葉杖が必要。
原題の"BONE TOMAHAWK"は人間の骨を削って作った斧のことらしい。


□ 2人の流れ者が旅人を殺して金品を奪った。ふたりはインディアンの墓地に踏み込みひとりが矢で殺されひとりは逃げた。

 ブライトホープの町のハント保安官は酒場でバディと名乗る不審な男の足を撃つ。バディの治療のためにオドワイヤー夫人が保安官事務所に呼ばれた。容態を見守るために夫人は事務所に泊まり助手が付き添った。

 翌朝、保安官が事務所に行くと夫人もバディも助手もおらず、矢が落ちていた。
 矢を調べたインディアンに詳しい教授は人を食う習性のある穴居人の仕業だと言った。居住地はおおまかにしかわからない。

 ハント保安官、夫人の夫アーサー、チコリー保安官補佐官(老人)、志願したジョン・ブローダーが夫人たちの救出に向かう。アーサーは足を怪我していて添え木をしているため一行から遅れる。
 途中アーサーが足を折り軍医経験のあるチコリーが手術をする。
 アーサーを置いて残り少ない3人で出発する。
 ・・・・・・


> 字幕では「ネイティブアメリカン」とか「原住民」になっていたが英語音声では「インディアン」。翻訳者がオリジナルの意図をかってに捻じ曲げるのは感心しない。


・ 監督: S・クレイグ・ザラー
・ 出演: カート・ラッセル、パトリック・ウィルソン、マシュー・フォックス、リリー・シモンズ、リチャード・ジェンキンス

■ トマホーク ガンマンvs食人族 BONE TOMAHAWK (2015/---)


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

エイリアン:ファイナルカウントダウン (2017) ▼
つまらない。DVDで観た。
もしかするとすごい深遠な映画なのかもしれないが多分独りよがり。

延々と台詞が続くシーンなどうんざりする。

□ 

 平地に男女。たくさんの球体が浮遊。隕石?4つに分かれて落下、炎上。激しい嵐が押し寄せてくる。

 宇宙船。DEMO(ディーモ)という星。ウィルスに対抗できる力を持っている。人類すべての運命はエターナル。

 水辺。若い女性ザン。エターナル4人が生存中。

 建物の中でティリーは何かと戦っていた。地下からの感染者だらけ。気圧が高いのに。進化している? ザンとは通信が途絶えた。

 宇宙船。かって皇帝はスパイアがこの惑星の生命を創造したと信じていた。大量の暗黒物質が生み出された。

 その昔、大地はエメラルドのように緑で海は空のように青かった。

 ザンは獣と対決する。




・ 監督: ジャスティン・プライス
・ 出演: KHU、 ディアンナ・グレース・コンゴ、 キャメロン・ホワイト、 ジャスティン・プライス、 トリー・ハート

■エイリアン:ファイナルカウントダウン ALIEN REIGN OF MAN (2017/---)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

皆殺しのレクイエム (2017) ★
地位も名誉もある医師が無残に殺された弟の復讐に立ち上がるデンマーク映画。DVDで観た。
 「狼よさらば (1974)」を思わせる設定だが、医師も犯罪者たちもイラク難民系。
 医師は成功しデンマークに溶け込もうとしているが、父親は働きもせずTVのイラクのニュースを見て息子には愛国心がないと非難する。

□ ザイド医師の両親は30年前にイラク難民としてデンマークに来た。ザイドは医師として成功し裕福になり妻は出産を控えている。しかし弟のヤシンはイラク系ギャングのチンピラになった。
 ザイドと友人たちとのホームパーティの最中にヤシンが訪ねてくる。ヤシンは至急10万クローネを貸してくれと懇願するがザイドは追い返す。ヤシンが重傷で病院に運ばれ死亡する。
 警察はヤシンは犯罪組織にかかわっていたと見ていた。しかし移民系というだけで立ち入り捜査することはできない。

 サイドはトレーニングをして体を鍛える。
 サイドは顔を黒く塗り防弾チョッキを着てアジトに乗り込んだ。
 ・・・・・


・ 監督: フェナル・アーマド
・ 出演: ダール・サリム、スティーネ・フィッシャー・クリステンセン、アリ・シヴァンディ、ドゥルフィ・アル=ヤブーリ、ローランド・ムーラー、ヤコブ・ウルリク・ローマン、B・ブランコ

> 原題デンマーク語"UNDERVERDEN" = 英語"IN THE WORLD"

■皆殺しのレクイエム UNDERVERDEN (2017/---、デンマーク) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ファンタスティック・ピーターパン (2015) ★
妙な邦題だけど原題はオーソドックスな「ピーターとウェンディ」。DVDで観た。
ケンジントン公園のピーターパン
 現代のロンドンの子供病院で患者の少女が「ピーターとウェンディ」の朗読を始め、患者の子供たちが集まってくる。病院の話とピーターパンの話が並行して進行する。ピーターパンの部分は(台詞は今風だけど)概ね原作に沿っている。
 ピーターパンの話にはアメリカ・インディアンのタイガー・リリーが登場するが、病院にもインディアン(インド人)の子供患者がいる。
 エンド・クレジットの後に映像。みんな、妖精を信じている。
 映画に出てくるグレート・オーモンド・ストリート病院はJ.M.バリーが「ピーター・パン」の著作権を寄付したピーター・パンゆかりの病院。

□ 現代のロンドン。心臓に問題を抱えるルーシー・ローズは再手術のため母親とグレート・オーモンド・ストリート(子供)病院に入院する。乳児の時に手術を受けて以来検査や投薬のために通院しているので医師や看護師たちとも顔なじみ。自分の病気についてもやたら詳しくて研修医がたじたじとなるほど。
 病室で読む本を探していて看護士のイェジーに案内された博物室にはネバーランドのジオラマがあった。イェジーに渡された「ピーターとウェンディ」の本を病室に持ち帰る。
 幼いローリーのために「ピーターとウェンディ」の朗読を始めるとジョンやマイケル、インド人の少年などが一緒になって聞く。


 両親がディナーに出かけたダーリング家にピーター・パンが自分の影を探して妖精のティンカーベルとやってくる。ウェンディ・モイラ・アンジェラ・ダーリングが目覚め、見つけた影がくっつかないピーターのために縫い付けてあげる。ウェンディと弟たちジョンとマイケルは、ピーターと一緒に空を飛んでネバーランドに行く。ふたつ目を右、朝までまっすぐ。

 就寝時間になったので朗読を中断して子供たちはそれぞれの病室に帰る。ベッドで寝ていたルーシーは犬のナナが病室を覗いているのを見る。
 ・・・・・・

・ 監督: ディアムイド・ローレンス
・ 原作: J・M・バリー
・ 出演: 
  ヘイゼル・ドゥープ        ..... ルーシー・ローズ/ウェンディ
  ザック・サトクリフ         ..... ピーター・パン
  ローラ・フレイザー        ..... ジュリー・ローズ(母親)
  ラスムス・ハーディカー      ..... スミー
  ビャールネ・ヘンリックセン    ..... イェジー(看護士)
with
  パロマ・フェイス           ..... ティンカー・ベル
  スタンリー・トゥッチ         ..... ルーシーたちの父親、ワイリー医師、フック船長

> 写真はケンジントン公園のピーターパンの像

■ファンタスティック・ピーターパン PETER AND WENDY (2015/---、英国)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ロック・ザ・カスバ!(2015) ★
女性が他人に顔を見せることも女性が歌を歌うことさえも嫌う人の多いイスラムの国アフガニスタンで、男性しか出場したことのないTVの人気オーディション番組「アフガン・スター」に米国人がアフガニスタン人の女性を出演させようとするとんでもない映画。
 いくら映画でもありえないと思ったが、実際に「アフガン・スター」に出演した女性"SETARA HUSSAINZADA"がいてドキュメンタリー映画「Afghan Star (2009)」にもなった。この映画はその実話をヒントにしたフィクション/コメディ。
 偶像(アイドル)崇拝を禁じるイスラム教の国で「アフガン・スター」のような番組が存在するのも昔なら考えられないことだっただろう。 DVDで観た。

□ かってはマドンナを始め何人もの大物歌手を育て上げたと自慢するリッチー・ランツは今はすっかり落ち目のマネージャー業。まったく才能のない歌手志望者をだまして契約し指導料をだましとっている。
 マネージしている売れない歌手ロニーに米軍慰問ツアーの話が持ち込まれる。客が軍隊なので金ががっぽりという話に乗せられて、リッチーがロニーと乗り込んだのはアフガニスタン。

 空港には銃を抱えた兵士が出迎えふたりは防弾チョッキを着せられる。ホテルに向かう途中爆発がある。
 ビビったロニーがホテルから姿を消し、リッキーのパスポート、航空券、現金もなくなる。
 リッキーは米国大使館に駆け込むがパスポートの再発行には2週間かかると言われる。

 村を守るための銃弾を届ければ金をもらえパスポート発行も早くなるというおいしい話でリッキーはパシュトゥン人の村に行く。夜、村から離れた場所で村の少女サリーマが英語で歌を歌っているのを発見する。
 イスラム国家のアフガニスタンだけどTVでは視聴者からの投票で優勝者が決まる「アフガンスター」というオーディション番組が超人気。
 しかしアフガニスタンで女性が歌を歌うというのはとんでもないこと。「アフガンスター」の出演者も男性ばかり
 リッキーは女性のサリーマを「アフガンスター」に出演させようとする。もちろん目的は優勝賞金の分け前。
 ・・・・・・


・ 監督: バリー・レヴィンソン
・ 出演: ビル・マーレイ(リッチー)、ケイト・ハドソン、ゾーイ・デシャネル、ブルース・ウィリス
・ ロケ: モロッコ

> リッキーの娘が言っているようにカスバは北アフリカのアルジェリアにある。

■ロック・ザ・カスバ! ROCK THE KASBAH (2015/---) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

キーピング・ルーム (2014) ★
南北戦争末期、優勢な北軍が進軍している。
北軍本隊の先遣隊の2人の男が、男達が戦争に行き女と老人しか残っていない南部で女を犯し殺している。
女3人の家を銃を扱いなれた2人の男が襲う。

DVDで観た。

当時の銃は先込め銃で、銃口から火薬を入れ弾を入れて、やっと一発撃てる。銃の扱いになれていない女性は圧倒的に不利。


□ 1865年 米国南部。3人の女性、オーガスタとルイーズの姉妹とマッドが暮している。
 ルイーズがアライグマに咬まれて毒が回る。
 オーガスタは馬で遠く離れた酒場に薬を分けてもらいに行く。酒場には犬を連れた見知らぬ2人の男がいた。
 襲われそうになったオーガスタは銃を突きつけ馬で逃げ帰った。

 徒歩でオーガスタの後を追った男たちが家をつきとめて襲ってくる。

 ・・・・・・


・ 監督: ダニエル・バーバー
・ 出演: ブリット・マーリング、 ヘイリー・スタインフェルド、 サム・ワーシントン

■キーピング・ルーム THE KEEPING ROOM (2014/---)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

バッドガール 最狂の女子高生 (2016) ★
グラフィックノベルの映画化。「Bad Kids Go to Hell(2012)」の続編。前作の事件の4年後、再び学校で惨劇が起きる。DVDで観た。
前作は日本ではDVDリリースもされていないらしい。


□ 1907年創立の伝統あるクレストビュー・アカデミーでは補修中の学生が同級生を殺害する事件が起きた。容疑者のマット・クラークは裁判で有罪となったが今でも無実だと主張している。

 4年後、再び惨劇が起きる。火だるまになった男が学校から飛び出してきた。燃えている女性が倒れている。
 ミニスカートの女学生が火炎放射器でSWATと対決する。

 その数時間前、負け組スージーは裸の魔術師"Naked Wizard"に頼んで学校の金持ち生徒対象の日曜の補修組リストに名前を登録してもらう。
 担当のナイト博士はリストでスージーの名前を確認する。4人の(本当の)補修生たちがやってくる。

 1週間前のパーティで、スージーの姉アリソンは屋上から落ちて死んだ。少し前スージーとアリソンは大喧嘩をしてスージーは「殺してやる!」と叫んでいた。

 補修生たちは一人ずつ死んでいく。
 ・・・・・


・ 監督: ベン・ブロウダー
・ 原作 Wernick and Matthew Spradlinのグラフィック・ノベル"Bad Kids Go 2 Hell"
・ 出演: サミー・ハンラティ、コービー・アルプス、ソフィア・テイラー・アリ、エリカ・デイリー、マシュー・フリアス、ベン・ブロウダー、スーフィ・ブラッドショウ、     ショーン・アスティン、 ドレイク・ベル、 ジーナ・ガーション

■バッドガール 最狂の女子高生 BAD KIDS OF CRESTVIEW ACADEMY (2016/---) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画