どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

ウエストワールド WESTWORLD VOL.1-2 (TV2016) ★
ウエストワールド Vol.1-1 」の続き、シーズン1第3、4話をDVDで観た。

 西部開拓時代を再現した大人のための遊園地で客の相手をしているロボットたちは“ホスト”と呼ばれている。
 来場者(ゲスト)は撃たれても死なない。慣れたリピーターは拳銃を向けられても逃げようともしない。


【1-3】
 朝、ドロレスが目覚める。

 ホストは死ねば記憶がリセットされるはずだが過去の出来事の影響がみられる。ホストのひとりがシナリオを離れて荒野を走っている。エルシーが回収に行く。

 テディは町でドロレスと再会する。暗くなったころ、馬に乗ったテディとドロレスがドロレスの家に近づくと銃声が聞こえる。

 フォード博士は新しいシナリオにテディを配役しようとする。悪党の名前はワイアット。
 テディとドロレスがいるところに、ワイアットを追跡する保安官たちがやってくる。テディは保安官たちに加わりワイアット一味を負う。
 ドロレスが家に近づくと銃声がする。

 エルシーはシナリオを逸脱したホストを見つけるが襲われる。倒れたエルシーにホストは大きな石をふりかざした。 


【1-4】

 酒場のメイヴは頭に浮かんだおかしなものを頭にかぶった白い服の男の絵を描いて床下に隠そうとする。床下には何枚も同じ絵があった。

 テレサは自身の頭を砕いたホストの解析をバーナードではなく品質部にさせる。創業者のフォード博士はシナリオを大幅に書き換えていて現場が混乱している。テレサはフォード博士と話し合う。

 黒服の男は体に大きなヘビの刺青のある女に刺青のいわれを尋ねる。
 ドロレスはお尋ね者のを追っているウィリアムたちに加わっている。


・ 出演: 
   エヴァン・レイチェル・ウッド  ... ドロレス・アバナシー、ホスト
   タンディ・ニュートン      ... メイヴ・ミレイ、酒場の女、ホスト
   ジェームズ・マースデン     ... テディ・フラッド、拳銃使い、ホスト
   イングリッド・ボルゾ・ベルダル ... アーミスティス、ホスト、ヘクター一味
   アンジェラ・サラフィアン    ... クレメンタイン、酒場の女、ホスト

   エド・ハリス          ... 黒服の男、ベテラン客、ウエストワールドの秘密を探っている
   ベン・バーンズ         ... ローガン・デロス、リピート客
   ジミ・シンプソン        ... ウィリアム、ローガンに誘われてやってきた新規の客

   アンソニー・ホプキンス     ... ロバート・フォード博士、ウエストワールドの共同創業者
   シセ・バベット・クヌッセン   ... テレサ・カレン、品質管理の責任者
   ジェフリー・ライト       ... バーナード・ロウ、プログラム部門の責任者
   シャノン・ウッドワード     ... エルシー・ヒューズ、プログラム部門の新人
   ルーク・ヘムズワース      ... アシュリー・スタッブス、セキュリティ部門の責任者

■ウエストワールド WESTWORLD VOL.1-2 (TV2016) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

SS-GB ナチスが戦争に勝利した世界 (TV2017) VOL.1 ★
全5話のTVミニシリーズの1、2話をDVDで観た。

 ヨーロッパを占領したドイツ軍は英国占領の足がかりとして航空機による猛攻撃を行い英軍機が迎え撃った。英軍は「バトル・オブ・ブリテン」と呼ばれるこの戦いを守り抜きドイツ軍は攻撃を中止した。やがて参戦した米国はブリテン島を拠点に大陸への攻撃を準備することができた。というのが史実だが、今回観たTVミニシリーズでは、ドイツ軍がバトル・オブ・ブリテンに勝利して英国を占領した。
 ドイツ占領下のロンドンで、スコットランドヤード(ロンドン警視庁)のアーチャー警視はドイツ将校の指揮下で変死事件を捜査することになる。アーチャーは多くの英国人にドイツの犬と見られている。ドイツ軍内部でも軍部と親衛隊の間で権力争いが起きている。


【1】 1941年11月14日、ロンドン。
 バトル・オブ・ブリテンをドイツが制し英国を占領してから14か月後、レジスタンスは抵抗を続けている。

 スコットランドヤードのダグラス・アーチャー警視は、闇商人のピーター・トーマスが撃たれて死んだ事件を捜査している。部屋にはブリングル・サンズまでの往復券があった。米国人記者のバーバラ・バーガがピーターを訪ねてきて警官を見て去った。アーチャーはビーターの家がレジスタンスの基地だったと考える。

 アーチャー警視はベルリンから来た親衛隊保安部フート大佐の指揮下に入る。フート大佐はピーター・トーマス事件のためにロンドンにやって来た。
 アーチャーの秘書だったシルヴィアが治安警察の通行許可証を束で持ち去り指名手配される。
 レジスタンスの活動が活発化している。シルヴィアはドイツの手先のアーチャーはレジスタンスの標的となっていると警告する。

【2】
 アーチャー警視はレジスタンスのジョン・スポードの部屋でジョンも写っている古い科学者たちの写真を見つける。そこにはピーター・トーマスも写っていて名前はウィリアム・スポードだった。
 部屋にはアーチャーの息子ダギーが通っている学校の補助教員採用通知があった。親衛隊が学校を捜索、子供たちを怖がらせる。
 ピーターの部屋で見つかった書類の燃えカスには化学式が書かれていた。
 シルヴィアの隠れ家がわかりドイツ兵が捜索する。アーチャーはシルヴィアを逃がす。
 レジスタンスの車からヨーロッパの様子を伝える米国のニュースフィルムが見つかる。バーバラ・バーガが英国に持ち込んだ可能性がある。
 画商のガリン伯爵のパーティでアーチャーはバーバラ・バーガと再会する。




・ 監督: フィリップ・カデルバッハ
・ 原作: レン・デイトン 『SS-GB』
・ 出演: 
   サム・ライリー     ... ダグラス・アーチャー警視
   ケイト・ボスワース   ... バーバラ・バーガ、記者
   ジェームズ・コスモ   ... ハリー、刑事
         ライナー・ボック、アナイリン・バーナード、クリスティーナ・コール、メイヴ・ダーモディ、ラース・アイディンガー、ニコラス・ファレル

■SS-GBナチスが戦争に勝利した世界 "SS-GB" (YV2017、英語/ドイツ語) VOL.1

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

女王ヴィクトリア 愛に生きる VOL.1 (TV2016、英国) ★
19世紀後半英国女王として60年以上君臨したヴィクトリア女王を描くTVシリーズ。シーズン1の1~2話をDVDで観た。ヴィクトリア女王の時代、大英帝国は世界中に植民地を有して繁栄を極めた。1~2話では女王即位と寝室女官事件を描いている。

映画「グレイテスト・ショーマン(2017)」に親指トム将軍がヴィクトリア女王に対して背の低さを話題にするシーンがある。

 
◇ヴィクトリア女王誕生(1837)までの歴史

 アン女王死去(1714)によりステュアート朝が断絶する。英国内に正当な継承者がいないためステュアート朝初代ジェームズ1世の曾孫に当たる神聖ローマ帝国ハノーファー選帝侯ゲオルク・ルートヴィヒが国王ジョージ1世として迎えられてハノーヴァー朝が始まった。歴代のハノーヴァー朝国王はハノーファー選帝侯を兼務していた。ヴィクトリアが英国女王となったとき、ハノーファーは女帝を認めていないためハノーファー王には叔父のカンバーランド公がなった。

 ヴィクトリア女王の母ケント公妃も名前はヴィクトリアでドイツ貴族の出身。未亡人だったが英国王ジョージ3世の四男ケント公エドワードと1818年に再婚。翌年5月に娘ヴィクトリアをロンドンで出産。8か月後に夫が死去する。英語がまったく話せなかったが、ケンジントン宮殿の数室を住居にして英国にとどまった。秘書となったジョン・コンロイの指導で英語を覚え政治にも口出しするようになった。ウィリアム4世国王は王位継承者のヴィクトリアを可愛がったが、その母をあからさまに嫌悪していたらしい。ウィリアム王はヴィクトリアが摂政なしに君主となれる成人(18歳)になるまでは生きたいと言っていたが18歳の誕生日5月24日の1か月後に亡くなった。

 ヴィクトリア女王の死後、長男アルバートがエドワード7世国王(1901)となり母の希望によりサクス=コバーグ・アンド・ゴータ朝と改称された。これはヴィクトリアの夫アルバートの家名。第一次世界大戦中に敵国ドイツの名前では良くないとさらにウィンザー朝と改称され現在に至る。

(注) "Hannover"はドイツ語読みだとハノーファー、英語読みだとハノーヴァー。ドイツのゲオルク"Georg"は英国ではジョージ"George"となる。ついでにフランス語ではジョルジュ"Georges"。



【1-1】 Doll 123

 1837年6月20日、ウィリアム4世国王が死去。姪の18歳のアレクサンドリナ・ヴィクトリアはひとりで国王崩御と新女王即位の報告を受けた。
 母のケント公妃と家令のコンロイは新女王の後ろ盾として実権を握るつもりだったがアレクサンドリナは二人の口出しを止めさせる。
 新女王は家庭教師だったレーゼンに宮中を仕切るように命じる。今まで母親と同室だった寝室も別室にする。
 新女王は母親の同席を断りひとりでメルバーン首相を引見する。
 翌日、最初の枢密院会議にもひとりで挑んだ。メルバーン首相が口添えをしてくれた。新女王は“ヴィクトリア”と名乗ると首相に伝える。
 ヴィクトリアはバッキンガムハウスへの転居を決める。母親の部屋を自分の部屋から遠ざけさせた。ヴィクトリアはメルバーン首相をますます頼りにするようになる。
 1838年6月28日、ウェストミンスター寺院で戴冠式が行われた。

> 題名の"Doll 123"は11歳の時に母親からもらった人形123号。女王になっても側に置いていた。
> ヴィクトリアの身長は145センチほどだった。


【1-2】 Ladies in Waiting

 ヴィクトリアの叔父カンバーランド公爵は姪の弱さを宣伝して摂政として実権を握ろうと画策している。ケント公妃やジョン・コンロイは新女王が重責に絶えられなくなるだろうと期待している。
 メルバーン首相(ホイッグ党)の求心力が落ちジャマイカ法案は成立したもののわずか5票差だった(1839/05)。メルバーンは女王に辞意を伝える。
 女王はウェリントン公爵(トーリー党)に組閣させようとするが老齢を理由に断られ。公爵はロバート・ピールを推挙する。女王に拝謁したロバート・ピールは、ホイッグ党の閣僚夫人が勤めている4人の女官の一部をトーリー党に変えるよう提案するが女王は拒絶した。
 メルバーンもピールの提案は正当なことだと進言するが女王は承知しない。女王はメルバーンに再度首相になるよう提案するがメルバーンは君主であっても侵してはならないことがあると断る。ウェリントン公爵も女王を説得に訪れるが女王に言い負かされる。
 ロバート・ピールはこれでは組閣を引き受けられないと大命を辞した。
 カンバーランド公爵やジョン・コンロイは結託して女王が正気を失っていて摂政が必要だと言ううわさを流す。
 しかしウェリントン公爵は女王は正気を失っているわけではないと思っていた。メルバーンは組閣を引き受ける。


> この事件は"Bedchamber crisis"(寝室女官事件)と呼ばれている。
> ウェリントン公爵:ワーテルローの戦い(1815)でナポレオンに勝利した英国の英雄。
> ヴィクトリアの頭が小さすぎて大きな王冠に苦労し母親からも馬鹿にされる。現在の流行なら頭が小さいほうがうらやましがられる。
> 使用人たちのゴタゴタも描かれているが省略した。


・ 監督: トム・ボーン
・ 出演: 
    ジェナ・コールマン       ... ヴィクトリア
    ダニエル・ホルツ        ... レーゼン
    ルーファス・シーウェル     ... メルバーン卿、首相
    キャサリン・フレミング      ... ケント公妃、母親
    ポール・リス            ... サー・ジョン・コンロイ

   ネル・ハドソン、フェルディナンド・キングズレー、トミー・ナイト、イヴ・マイルズ、エイドリアン・シラー
   ピーター・ファース、ピーター・ボウルズ、ナイジェル・リンゼイ


■女王ヴィクトリア 愛に生きる VICTORIA VOL.1 (2016、英国)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

嘆きの王冠 ホロウ・クラウン ヘンリー六世 第1部 (2012) (ばら戦争) ★
シェイクスピア舞台劇の映画化。DVDで観た。

1422年、ヘンリー6世は父ヘンリー5世の死去により生後9カ月でイングランド国王となった。2ヶ月後に母方の祖父フランス国王シャルル6世が亡くなりトロワ条約に従ってフランス王位も継いだ。しかしシャルル王太子がフランス王権を主張して挙兵した。

 原作戯曲は3部構成だが映画は2部に組み替えられている。
 この舞台劇はイングランド人のシェイクスピアがイングランド人の観客が喜ぶように書いたもの。フランスの英雄ジャンヌ・ダルクがひどく残忍な悪女として描かれている。またイングランド軍の内部対立でフランス軍に負けたように描かれている。

□ 1422年、1歳に満たない幼児がヘンリー6世イングランド国王となり、叔父のグロスター公が摂政となる。
 フランスからパリなどの主要拠点を失ったという知らせが届く。オルレアンの苦戦も伝えられる。

 17年後、リチャード・プランタジネットはロンドン塔に幽閉されていた叔父のエドモンド・モーティマーから、叔父がリチャード2世王の王位継承者だったがヘンリー4世が王位を奪ったと聞いた。リチャードは自分こそ正当な王位継承者だと賛同者を集め白いバラを、反対するサマセット伯は赤いバラを目印にした。
 ヘンリー6世はリチャード・プランタジネットをヨーク公に任ずる。
 ヘンリー6世はフランスに渡り、パリのノートルダム寺院でフランス王即位の戴冠式を行う。(注)

 イングランド軍はフランス軍に苦戦を強いられる。ヨーク公はジャンヌ・ダルクを捕らえた。
 ヘンリー6世はグロスター公の反対を押し切って、サマセット伯に勧められたフランスのアンジュー公の娘マーガレットと結婚する。ところがフランス国王シャルルとイングランド大使サマセット公との合意は、マーガレットの持参金は無し。アンジュー公領、ルーアン、パリ、メーヌ公爵領をフランス王に引き渡すことという屈辱的な内容だった。

 ヘンリー王の叔父グロスター公の妻エリナーが魔術を使い逮捕される。グロスター公は反逆罪で逮捕される。
 ロンドン塔でヘンリー王も出席してグロスター公の裁判が行われる。ところがグロスター公は牢の中で死んでいた。
 ヘンリー王はグロスター公と敵対していたサマセットとサフォークを追放する。しかしマーガレット妃に説得されて追放を撤回する。
 怒ったヨーク公リチャードはヘンリーは国王にふさわしくない。自分こそ王であるべきだと叫んだ。ウォリック卿も賛同する。


(注) 史実ではヘンリーより前にシャルル王太子がランスでフランス王即位の戴冠式を行った。

・ 監督: Dominic Cooke
・ 原作: ウィリアム・シェイクスピア
・ 出演: 
   トム・スターリッジ    ... Henry VI
   ヒュー・ボネヴィル    ... グロスター公ハンフリー
   エイドリアン・ダンバー  ... リチャード・プランタジネット、ヨーク公
   ベン・マイルズ       ... サマセット伯エドムンド・ボーフォート、赤
   ソフィー・オコネドー    ... マーガレット妃

■嘆きの王冠 ホロウ・クラウン ヘンリー六世 第1部 THE HOLLOW CROWN: The Wars of the Roses Henry Ⅵ Part 1 (2012/2017、英国)


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

スター・ウォーズ 反乱者たち シーズン3-4 (TV2016) ★
シーズン3全22話中18~22話をDVDで観た。
ローグ・ワン」で同盟軍評議会をまとめようとするモン・モスマが登場する。


【3-18】 Secret Cargo (極秘輸送)

 ゴーストはゴールド中隊と協力して帝国元老院で公然と皇帝を批判して反逆者として追われるモン・モスマ議員の移送任務に就く。
 スローン大提督はヘラ・シンドゥーラならば危険なアーキオン星雲を選択するだろうと推測して、新型試作機タイ・ディフェンダーを投入する。
 メインエンジンを損傷したゴーストはアーキオンを抜けるが、2基のスター・デストロイヤーが立ちはだかる

【3-19】 Double Agent Droid (二重スパイ・ドロイド)

 AP-5とチョッパーはロザル攻略に必要な帝国コード入手のため保安局基地に侵入する。
 AP-5が侵入コードを入手する。しかしチョッパーは反乱軍の潜入ドロイドとバレ、再ブログラムされて解放される。
 ゴーストに戻ったチョッパーはデータをダウンロードして反乱軍基地の座標を探す。

【3-20】 Twin Suns (双子の太陽)

 ふたつの太陽があるタトゥイーンでモールはオビ=ワン・ケノービを探し続けている。
 ホロクロンの導きでエズラはケノービを助けるためタトゥイーンに行く。しかしケノービを探すためにエズラを導いたのはモールだった。
 オビ=ワン・ケノービとモールが対決する。
 オビ=ワン・ケノービは誰かを守るためにこの星にいた。


> 最後にエピソードⅣで観たような映像が映り「ルーク!」という呼び声が聞こえる。
> 特典映像によればケノービの剣法は、ユアン・マクレガーとアレック・ギネスを合わせたもの。

【3-21】 Zero Hour: Part 1 (攻撃開始時刻)

 反乱軍はフェニツクス中隊にドドンナ将軍の艦隊も加わりロザルの帝国工場に大規模な攻撃をしかけようとしている。
 その情報をつかんだスローン大提督は反乱軍を一網打尽にしようと待ち伏せする。
 計画が漏れていることを警告しようとしたエージェント・カラス(フルクラム)はスローンに捕らえられた。

 反乱軍基地のあるアトロン星系に帝国の大艦隊が出現する。ハイパースペースへの退避が妨害されて反乱軍は逃げられない。
 エズラが脱出して救援を呼ぶことにする。反乱軍の全機は地上に降りてシールドに隠れる。


> スローン直属として、ローグ・ワンでクレニック長官付きで登場した黒づくめのデス・トルーパーが現れる。

【3-22】 Zero Hour: Part 2 (攻撃開始時刻)

 ケイナンはベンドゥに支援を頼む。
 エズラはサビーヌに支援を頼むがマンダロアは内戦状態。サビーヌと志願者たちがエズラと共に戻る。
 スローン大提督は艦隊に基地を攻撃させる。シールドが張られるが長く持ちそうにない。
 地上からはスローンが指揮する地上部隊が基地に迫る。
 反乱軍は絶体絶命。

 地表では不気味な嵐が巻き起こる。
 エズラ、サビーヌたちは帝国艦インターディクターを集中攻撃する。

 脱走したカラスはゴーストに収容される。
 残った反乱軍はハイパースペースへ脱出し、惑星ヤヴィンに向かった。



【反乱軍】
・ヘラ・シンドゥーラ、トワイレック、中隊長
・エズラ・ブリッジャー:人間
・ガラゼブ(ゼブ)・オレリオス:ラサット
・サビーヌ・レン:マンダロリアン
・レックス:クローン
・チョッパー:C1-10P
・ケイナン・ジャラス:人間、ジェダイ


【帝国】
・プライス総督
・エージェント・カラス
・スローン大提督
・コンスタンチン提督
・ターキン グランドモフ(政治家)

■スター・ウォーズ 反乱者たち シーズン3-4 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

スター・ウォーズ 反乱者たち シーズン3-3 (TV2016) ★
シーズン3全22話中12~17話をDVDで観た。

シーズン3は映画「ローグ・ワン」と同時期に制作されローグ・ワンの登場人物も出演している。エピソード12は「ローグ・ワン」の2年ほど前という設定。


【3-12】 Ghosts of Geonosis: Part 1 (ジオノーシスの亡霊)

 ゴーストはジオノーシスで消息を絶った調査隊の捜索を行う。調査隊の隊長はソウ・ゲレラ。かってレックスはソウを訓練した。
 原住民のジオノーシアンは帝国により皆殺しにされた。ジオノーシアンは兵器を作る才能がある。
 寺院に入ったケイナンやエズラはソウ・ゲレラと出会う。ジオノーシアンは絶滅したがバトル・ドロイドがいてソウの部下たちは全員死んだ。
 ジオノーシアンの生き残りがいたが言葉が通ぜずエズラはクリック=クラックと呼ぶことにする。


> ソウ・ゲレラの声は映画「ローグ・ワン」と同じフォレスト・ウィテカー 

【3-13】 Ghosts of Geonosis: Part 2   (ジオノーシスの亡霊)

 ジオノーシスで帝国は何かを建造していた。その秘密を守るために住民は皆殺しにされた。クリック=クラックはしきりに二重の丸を描いた。クリック=クラックが卵を大切に抱えていたのでエズラたちはたまごの絵だと思った。
 偵察をしていた帝国の軽クルーザーが無人のはずのジオノーシスで生命反応を感知し、ゴーストが見つかってしまう。


> 帝国はこの星で二重の丸(デス・スター)を建造していた。

【3-14】 Warhead  (ゼブの名案)

 仲間が訓練で出払いゼブはアトロン基地で留守番をする。基地の外で故障したドロイドを見つけて調べるために基地に持ち帰る。再起動したドロイドはAP-5の倉庫整理の助手として使うことにする。
 フルクラムからの情報でそのドロイドは帝国が反乱者基地を探すための潜入ドロイドとわかる。
 戦闘モードにトランスフォームしたドロイドEXD-9はゼブと戦い始める。
 取り押さえて電源を切ると自爆装置のカウントダウンが始まる。

【3-15】 Trials of the Darksaber  (ダークセーバーの試練)

 サビーヌがダソミアで手に入れたダークセーバーは、伝説では1000年以上前 ジェダイに味方した初のマンダロリアン ター・ヴィズラが作ったとされていてヴィズラ家の統率者の象徴。
 サビーヌがダークセーバーを使いこなしマンダロリアンを統率すれば反乱軍にとって大きな戦力となる。
 しかしサビーヌの家族は帝国を選び、反乱側に着いたサビーヌは家族に嫌われている。
 サビーヌは説得されて訓練を始めるが一族に嫌われていると思っていて成果が上がらない。

【3-16】 Legacy of Mandalore S3, Ep15  (マンダロアを継ぐ者たち)

 サビーヌは、ケイナンやエズラと共に故郷に帰る。
 サビーヌの母親はレン一族の統率者だが帝国側。母親を説得できれば一族はサビーヌに従う。
 しかしファントム2はいきなり攻撃され墜落する。
 サビーヌたちは砦に連れていかれ、サビーヌの母親の尋問を受ける。
 帝国を支持するマンダロリアンで帝国領マンダロアの総督ガル・サクソンが現れる。

【3-17】 Through Imperial Eyes S3, Ep16  (追及の目)

 フルクラムを脱走させるためエズラはシャトル泥棒としてわざと帝国側に捕らえられる。しかしスローン大提督の艦に移送されてしまう。
 スローン大提督は“フルクラム”というスパイを見つけるため保安局のユラーレン大佐を呼ぶ。
 エージェント・カラスはリステ大尉にプライス総督があやしいと囁いた。
 ユラーレン大佐はリステ大尉がスパイだと結論付けた。
 しかしスローン大提督は“フルクラム”の正体を見抜いたうえで泳がせることにする。


【反乱軍】
・ヘラ・シンドゥーラ、トワイレック、中隊長
・エズラ・ブリッジャー:人間
・ガラゼブ(ゼブ)・オレリオス:ラサット
・サビーヌ・レン:マンダロリアン
・レックス:クローン
・チョッパー:C1-10P
・ケイナン・ジャラス:人間、ジェダイ

【帝国】
・プライス総督
・エージェント・カラス
・スローン大提督
・コンスタンチン提督
・ターキン グランドモフ(政治家)

■スター・ウォーズ 反乱者たち シーズン3-3 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

スター・ウォーズ 反乱者たち シーズン3-2 (TV2016) ★
シーズン3全22話中7~11話をDVDで観た。


【3-7】 Imperial Supercommandos (マンダロリアンの誇り)

 サビーヌと同じマンダロリアンのフェン・ラウは帝国側にもつかず反乱側にもつかずマンダロリアンのために戦っていて、反乱側の サビーヌをマンダロリアンの誇りを捨てたと軽蔑していた。一方帝国側につくことこそマンダロリアンのためだと信じるガル・サクソンもいる。
 フェン・ラウは部族でもないエズラのために危険を冒すサビーヌに敬意を感じ仲間に加わる。

【3-8】 Iron Squadron (アイアン中隊)

 ゴーストはマイカポで、YT2400貨物船で帝国軍と戦っているアイアン中隊と自称する若者たちと出会う。その実態はかなりサイケな3人の子供たち。船長のマートはサトー司令官が死んだと思っていた甥。帝国の輸送船をスター・デストロイヤーだと思っているほど帝国軍について知らない。ヘラは彼らを退避させようとするが3人とも聞こうとしない。
 帝国軍の軽クルーザーが出現する。ヘラやエズラが説得しファントム2で脱出しようとする。しかしマートはひとり残り軽クルーザーに突っ込んでいった。


> ミレニアム・ファルコンはYT1300。

【3-9】 The Wynkahthu Job (ウィンカースーのお宝)

 海賊ホンドーとアズモリガンが惑星ウィンカースーに漂っている帝国軍に遺棄された輸送船の情報を持ち込んでくる。積み荷は大量のプロトン爆弾。ホンドーたちの目的は他の積み荷。輸送船はほどなく大気の嵐に沈んでしまう。
 ゼブたちが輸送船に乗り込むと確かにたくさんの積み荷がそのまま残されている。嵐の中で積み荷の移し替えを始める。
 しかし電源を復旧させたため警備ドロイドが起動してしまう。

【3-10】 An Inside Man (内通者)

 内通者からロザルの帝国工場で新兵器を開発中という情報がありエズラ、ケイナン、チョッパーが潜入する。
 工場にはプライス総督やエージェント・カラスがいて、さらにスローン大提督が現れる。
 作業員として雇われた地元民の中には破壊工作を行う者がいることを見抜いたスローンは工場を閉鎖して外部との通信を遮断する。
 さらにスローンは2人の侵入者の目的が情報入手と見抜き開発区域を封鎖させる。
 逃走経路を絶たれたエズラたちの前にエージェント・カラスが現れる。


> 新型機=タイ・ディフェンダー

【3-11】 Visions and Voices (ヴィジョンと声)

 作戦会議中 エズラはモールを見て声を聞いた。
 モールとエズラはモールの故郷、惑星ダソミアに行く。モールの一族ナイトシスターは一種のフォースを使う魔女の一族で帝国に滅ぼされた。モールとエズラはナイトシスターの儀式を行う。
 救援にかけつけたケイナンとサビーヌがナイトシスターの霊に取りつかれる。
 シスを滅ぼすための鍵はオビ=ワン・ケノービ。



【反乱軍】
・ヘラ・シンドゥーラ、トワイレック
・エズラ・ブリッジャー:人間
・ガラゼブ(ゼブ)・オレリオス:ラサット
・サビーヌ・レン:マンダロリアン
・レックス:クローン
・チョッパー:C1-10P
・ケイナン・ジャラス:人間、ジェダイ


【帝国】
・プライス総督
・エージェント・カラス
・スローン大提督
・コンスタンチン提督
・ターキン グランドモフ(政治家)


■スター・ウォーズ 反乱者たち シーズン3-2

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

スター・ウォーズ 反乱者たち シーズン3-1 (TV2016) ★
クローン戦争後帝国が宇宙を支配していた時代、惑星ロザルを拠点に帝国軍と戦う反乱者たちシーズン3全22話中1~6話をDVDで観た。以下 7~1112~1718~22話

このシーズンで、帝国がジオーノスで何かを建造後、秘密を守るため原住民のジオーノシアンを皆殺しにした。
実は”何か”というのはデススター。映画『ローグ・ワン』につながるストーリーになっている。ソウ・ゲレラも登場する。

エズラが短髪になっている。


【3-1】 Steps Into Shadow Part,1 (影の中へ)

 エズラたちは帝国軍刑務所を襲撃して海賊ホンドーを救出する。
 エズラがシスのホロクロンを使っていることを知ったケイナンはエズラから取り上げる。目の見えないケイナンはジェダイでもシスでもないフォースの使い手、ベンドゥと出会う。
 ホンドーの情報で惑星ヤルマに帝国廃船処理場があって旧式だがまだ使えるYウイングが大量にあることがわかる。偵察のためエズラたちはヤルマに向かう。帝国軍のスローン大提督とプライス総督は反乱者たちがヤルマに向かっていると推測する。


> 帝国軍刑務所のトンネルの形は「禁断の惑星」の古代人の通路に似ている。

【3-2】 Steps Into Shadow Part,2 (影の中へ)

 Yウイングは十数機しかなくしかも次々に廃棄処理されている。エズラの判断で任務を偵察からYウイング奪取に変え廃船処理場に突入する。処理場を守るドロイドたちが攻撃してくる。サビーヌたちが飛行可能なYウイングを起動させるが帝国戦艦が立ちふさがる。
 崩れ落ちる処理場に取り残されたエズラにケイナンが手を差し伸べた。

【3-3】 The Holocrons of Fate (運命のホロクロン)

 モールがゴーストを占拠しヘラたちが人質となる。モールはシスのホロクロンとジェダイのホロクロンを要求する。
 モールはゴースト船内でジェダイのホロクロンを見つける。
 エズラとケイナンはシスのホロクロンを返してもらいにベンドゥに会いに行く。
 モールとエズラは2つのホロクロンを開けた。

【3-4】 The Antilles Extraction (アンティリーズ引き抜き工作)

 帝国軍のパイロット養成校で転身を望む学生たちがいる。脱走を助けるためサビーヌが訓練生として紛れ込む。
 脱走の情報をつかんだプライス総督が養成校にやってくる。
 サビーヌは3人の学生と共に脱走するがプライスの罠にかかりひとりが死にサビーヌは捕らえられる。
 サビーヌと学生2人を意外な人物が助けた。


> ウェッジ・アンティリーズは「エピソードⅣ~Ⅵ」に、ホビーは「エピソードⅤ」にパイロットとして登場。

【3-5】 Hera's Heroes  (ヘラの英雄)

 ヘラの故郷の星でヘラの実家が帝国軍スレイヴィン大佐の本部として使われている。
 ヘラとエズラは、ヘラの家に伝わる宝物カリコリを取り戻すため本部に忍びこんだ。
 スローン大提督が現れる。


【3-6】 The Last Battle  (クローン戦争の名残)

 過去の戦争で墜落した輸送船に武器を探すために乗り込んだレックスたちはバトル・ドロイドに拘束される。
 クローン戦争時にすべて機能停止されたはずの分離主義同盟のバトル・ドロイドたちが戦争を続けていた。
 彼らを指揮する高度戦術ドロイドのカラニはレックスたちを敵に見立てて戦術の研究をしている。
 チョッパーが発信した救助要請信号を受信した帝国軍がやってくる。
 レックスたちも、ドロイドたちも帝国軍の兵力に対し勝てる見込みはない。

> 脱出に使ったシャトルは「ファントム2」として使われる。
> バトル・ドロイド:「スター・ウォーズ エピソードⅠ ファントム・メナス (1999)」でラジャラジャ出てきた。



【反乱軍】
・ヘラ・シンドゥーラ、トワイレック
・エズラ・ブリッジャー:人間
・ガラゼブ(ゼブ)・オレリオス:ラサット
・サビーヌ・レン:マンダロリアン
・レックス:クローン
・チョッパー:C1-10P
・ケイナン・ジャラス:人間、ジェダイ


【帝国】
・ プライス総督
・ エージェント・カラス
・ スローン大提督


■スター・ウォーズ 反乱者たち シーズン3 -1

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

リーサル・ウェポン Vol.1-1(TV2016) ★
死にたいと思っていて危険を顧みない若手刑事と家族思いのベテラン刑事のコンビが町をぶっ壊しながら事件を解決する映画「リーサル・ウェポン(1987)(シリーズ)」のTV版リメイク
 映画版にも登場したリッグスをつけまわす警察の女性精神医をジョーダナ・ブリュースターが演じている。

 シーズン1の第1、2話をDVDで観た。

 映画版ではヌードシーンもあったが、TV版では子供が見られるように考慮しているようでリッグスが海岸を全裸で歩み去っていくシーンでは“偶然”サーフボードが尻を隠している。
 派手な見せ場が多いけれど、自殺とみられる死体が左利き用のグローブを持っているなどストーリーはわかりやすいのも子供を意識しているのか。
 1話の最後に法務官が言う「娘は君がいればどこでも幸せだった」なんて日本のお涙頂戴感動映画みたい。
 “スタスキー&ハッチ”とか、夫婦の会話で“ベッドに手錠”なんて大人にも媚を売っている。


【1-1】 Pilot

 LAPDに復帰した50歳のベテラン刑事ロジャー・マータフは法務官命令でテキサスから異動してきた元ネイビー・シールズのマーティン・リッグス刑事と組まされることになる。リッグスは半年前に身重の妻を交通事故で亡くしていた。

 3人の武装強盗が銀行を襲い20人が人質となる。警官隊が銀行を包囲しマータフも駆けつける。
 現場にいたリッグスがピザ3枚を抱えて丸腰で銀行に入っていった。リッグスは誰か人質を殺したほうが良いと強盗にアドバイスして自分の額に銃口を向けさせた。外のマータフや警察メンタル医のケイヒル医師がそれを聞いている。銀行内で銃声が鳴り響いた。

 グリフィス・パークで死体が発見される。現場の状況から自殺のようだったがリッグスは他殺を疑う。
 死んだアルバレスの勤務先だった倉庫で、リッグスは麻薬カルテルのメンバーだった男を見つける。男は逃げ出しマータフとリッグスが追いかけた。
 ・・・・・

> キモサベ:「ローン・レンジャー (2013)」


【1-2】Surf N Turf S1, Ep2

 感謝祭にマータフはリッグスを自宅に招くがリッグスは現れなかった。翌日リッグスは目の周りを真っ黒にして署に現れた。
 警部はふたりが市に与えた莫大な損害について注意をしてふたりを騒音苦情の処理に行かせる。ふたりの目の前で、騒音を出していたボクサーのパーティが自動小銃で銃撃され犯人はガソリン輸送車を奪って逃げた。
 銃撃でボクサーが死んだが狙われたのは雇われたカクテル・ウェイトレスのナターシャだった。ナターシャはサンディエゴで付き合っていた男に命を狙われていた。
 捜査にはATFのハーシュ特別捜査官も加わる。使われた銃はサンディエゴで製造される最新型で国外の軍用専用で国内に出回るはずのないものだった。
 ・・・・・

> エイヴリー警部がふたりを呼び入れる時字幕では「でこぼこコンビ」。英語音声では"Crockett and Tubbs"。TVマイアミ・バイスの潜入捜査官クロケットとタブス
> マータフの台詞は字幕では「肉&魚コンボ」。英語音声"Surf and turf"はシーフードと肉料理を含むメインコース
> TV「刑事スタスキー&ハッチ (1970年代)」
> ATF: アルコール・タバコ・火器及び爆発物取締局
> 映画「フライングハイ(1980)」 コメディ


・ 出演: 
デイモン・ウェイアンズ    ... ロジャー・マータフ刑事
クレイン・クロフォード     ... マーティン・リッグス刑事
ジョーダナ・ブリュースター  ... モーリーン・ケイヒル医師
キーシャ・シャープ       ... トリッシュ・マータフ
ケヴィン・ラーム        ... ブルックス・エイヴリー警部

■リーサル・ウェポン Vol.1-1 (TV2016) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ヒーローズ・リボーン (TV2015) Vol.1 ★
2000年代の人気TVシリーズ「HEROES/ヒーローズ」の続編。前シリーズはシーズン5まであった。
全13話の第1、2話をDVDで観た。この段階だと主な出演者の顔見世程度で派手な展開はない。
多分続きは観ないと思う。


□ (クレア・ベネットが能力者(イヴォ"EVOS")の存在を公表してから5年後....)

【1】 Brave New World

 6月13日。能力者・非能力者の共存を訴える大会が開かれていたテキサス州オデッサのプリマテック製紙本社が爆発し町全体が壊滅した。
 能力者を擁護していたスレシュが犯行声明を発表。人々の非難は能力者に向けられた。

 1年後の6月13日  能力者たちは自分の力がバレないようにこっそりと暮らしている。
 能力者たちが密かに集まった教会の集会が襲われ皆殺しにされ火がつけられる。ただひとり母親からのメールで集会を抜けたトミー・クラーク少年は命が助かる。
 トミーは行きつけのアイスクリーム店で同級生のエミリーにバイトの面接を受ける。トミーは客席に集会にいた男女を見つけて話しかけた。
 ホセは戦争の英雄の叔父カルロス・ギテレスとマスクのヒーロー、ベンガドールにあこがれている。ホセの父親オスカーが死ぬ。
 東京ではミコが父親の刀を抜いた。
 惨劇の大会でノア・ベネットは生き残ったが娘のクレアは死んだ。ベネットはダラスのルミエール眼科でルネと再会する。ルネはベネットを殺そうとする。
 異変が迫っている。

【2】 ODESSA

 能力者たちを殺しているルーク&ジョアン・コリンズはトミーに飛ばされどこかわからない密室に閉じ込められていた。
 トミーの後をつけて、トミーの能力を見た人たちの記憶を消している男がいる。
 ベネットは千里眼のモリー・ウォーカーの居場所を探すためプリマテック製紙の廃虚の中の隠し部屋に入る。ベネットは娘のクレアが大会を欠席していたことを知る。ベネットは大会と惨劇の記憶を失っていた。ベネットは惨劇で妹フィービーを失ったクエンティン・フレイディと協力し合うことにする。
 密室を脱出したルーク&ジョアン・コリンズが能力者の名簿を手に入れた。
 ニューヨークでモリーが捕まる。



・ 出演: 
   ジャック・コールマン    ,,, ノア・ベネット
   ザカリー・リーヴァイ    ,,, ルーク・コリンズ、追跡者
   ロビー・A・ケイ       ,,, トミー・クラーク、少年
   キキ・スケザネ       ,,, ミコ・オオトモ
   ライアン・グスマン     ,,, カルロス・ギテレス
   リア・キルステッド      ,,, エリカ・クラヴィッド(クレジットのみ)
   ガトリン・グリーン      ,,, エミリー・デュバル、トミーの同級生
   ヘンリー・ジェブロフスキー ,,, クエンティン・フレイディ
   ジュディス・シェコーニ    ,,, ジョアン・コリンズ、追跡者
   ダニカ・ヤロシュ        ,,, マリナ・ベネット

<ゲスト出演>:
   ジミー・ジャン=ルイ       ,,, ルネ。ハイチ人、記憶を奪う
   プルイット・テイラー・ヴィンス  ,,, トミーを助けている男
   カルロス・ラカマラ         ,,, 神父
   フランチェスカ・イーストウッド   ,,, モリー・ウォーカー、千里眼

■ ヒーローズ・リボーン (TV2015) Vol.1 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ウエストワールド Vol.1-1 (TV2016) ★
19世紀後半の西部開拓時代を再現した大人のための遊園地で客の相手をしていたロボットたちが反乱を起こす。50年近く昔の映画「ウエストワールド(1973)」のTVシリーズ版。
 外からやってくる客の相手をする住民(ホスト、ロボット)は自分たちの存在に疑問を持ち始める。

 シーズン1第1、2話をDVDで観た。
 30年間重大な事故が発生してこなかったウエストワールドで小さな異常が頻発し始める。
 冒頭、てっきり本物の人間だと思っていたのがホストだった。

> 続き 「Vol,1-2

【1-1】 The Original

 朝、ドロレスが目覚める。父親に声をかけて出かける。テディは汽車で町にやってきた。
 保安官殺しの悪党ヘクターの追手に加わらないかと声をかけられるがテディは断った。
 テディは町でドロレスと再会する。
 暗くなったころ、馬に乗ったテディとドロレスがドロレスの家に近づくと銃声が聞こえる。
 テディはドロレスの父親を殺した2人の男を射殺した。
 父親の遺体に駆け寄ったドロレスに黒服の男が近づいた。

 朝、ドロレスが目覚める。父親に声をかけて出かける。テディは汽車で町にやってきた。
 保安官殺しの悪党ヘクターの追手に加わらないかと声をかけられた夫婦が参加することにする。
 テディはドロレスに声をかけようとする前にテディを知っているらしい客に声をかけられる。
 黒服の男が酒場でカードを始めた。

 製作者のフォード博士はリアルさを求めてアップデート“レヴェリー”を続けている。

 夕刻、ドロレスが帰宅すると父親が見慣れぬ街にいるドロレスの写真を眺めていた。
 悪人役のホストのヘクターが撃たれたのに死なずにシナリオを外れて殺しを続けている。

 朝、ドロレスが目覚める。父親に声をかけるが返事がない。父親はドロレスのまだ写真を見ていた。父親はドロレスに何かをささやいた。
 町に悪党ヘクターの強盗団がやってくる。
 ・・・・・

【1-2】 Chestnut

 客のウィリアムが町にやってくる。
 町ではユニオン軍(北軍)が兵士を勧誘している。
 ドロレスが娼婦のメイヴに「激しい喜びは激しい破滅を伴う」と囁いた
 保安官がローレンスを首吊りにしようとしているところに黒服の男が現れ保安官たちを皆殺しにする。黒服の男は首吊りの縄を引いてローレンスを連れ去った。

 機能が低下しているメイヴが検査される。メイヴの腹部を開けて原因を調べている最中にメイヴが目覚める。腹に穴が開いたまま逃げ出したメイヴは恐ろしい光景を見てしまう。

 夜、ドロレスが目覚める。ドロレスは庭から拳銃を掘り出した。
 ・・・・・


・ 出演: 
   エヴァン・レイチェル・ウッド    ... ドロレス・アバナシー、ホスト
   タンディ・ニュートン         ... メイヴ・ミレイ、酒場の女、ホスト
   ジェフリー・ライト           ... バーナード・ロウ、技師
   ジェームズ・マースデン       ... テディ・フラッド、、ホスト

   エド・ハリス             ... 黒服の男、客
   アンソニー・ホプキンス      ... ロバート・フォード博士

   サイモン・クォーターマン     ... リー・サイズモア、シナリオ作家
   アンジェラ・サラフィアン     ... クレメンタイン、酒場の女、ホスト
   ロドリゴ・サントロ         ... ヘクター、、ホスト
   シャノン・ウッドワード      ... エルシー・ヒューズ、技師
    ベン・バーンズ、 クリフトン・コリンズ・Jr、 ルーク・ヘムズワース、 シセ・バベット・クヌッセン、 ジミ・シンプソン
    ルイス・ハーサム、 タルラ・ライリー

■ウエストワールド WESTWORLD Vol.1-1 (TV2016) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

フーディーニ&ドイルの怪事件ファイル 謎解きの作法  VOL.1 (TV2016) ★
20世紀になったばかりのロンドン、シャーロック・ホームズのコナン・ドイルと米国の奇術師ハリー・フーディーニが、スコットランド・ヤードに協力して怪奇事件に取り組む全10話のTVミニシリーズ。第1、2話をDVDで観た。

 ハリー・フーディーニ(Harry Houdini、1874 - 1926)は水中脱出などの脱出パフォーマンスで人気のあった実在の奇術師。
 フーディーニとドイルは実際に親交がありどちらも心霊術や死後の世界に強い関心を持った。しかし奇術師として多くの霊能力者のトリックを見破ったフーディーニは心霊現象に否定的な見解を持つようになる。一方ドイルは心霊主義に傾倒していた。「フェアリーテイル (1997)」ではコティングリー村のふたりの少女が撮影した妖精の写真を調査したドイルは「写真は本物。妖精は実在する。」と雑誌に発表した(実話)。
 このドラマでは怪事件を心霊現象にしようとするドイルと、心霊現象を否定するフーディーニと、当時としては珍しい女性警官の3人がロンドンの怪事件を追う。
 女性差別の時代、形だけ巡査の肩書を与えられたアデレード・ストラットン女性巡査は自分が頑張ることで女性の地位を少しでも向上させようとしている。


【1】 The Maggie's Redress

 ロンドンの修道院の洗濯所で修道女ファビアンが殺された。遺体を発見した若い修道女はルーシーが殺したと言った。修道女は現場で半年前に死んだルーシーの霊を見たと証言した。
 スコットランドヤードの警部はストラットン巡査(女性)の同行を条件にフーディーニとドイルの捜査参加を認めた。
 フーディーニは洗濯の売上金がなくなっているのを見つけ(人間による)強盗殺人と結論づけた。
 ドイルが相談した霊媒師は連続殺人の始まりだと言った。
 院内の帳簿に不正を見つけたフーディーニはファビアンの後任のマチルダを疑う。
 しかしその修道女マチルダが殺される。
 ファビアンの部屋を調べていた3人は霊のようなものを見た。
 ・・・・・


【2】 A Dish of Adharma

 婦人参政権を訴えていたリディア・ベルワース夫人が見知らぬ少年に撃たれた。額に古い傷跡のある少年は自分はリディアに殺されたオールゲート出身のマーティン・アプトンと名乗った。しかし、マーティン・アプトンは12年前29歳で失踪していた。
 3人は少年を連れてオールゲートに行く。少年が示した地面から額に穴の開いた白骨が見つかる。少年はマーティンの飼い犬の名前、自宅、妻の愛称も知っていた。若いころリディア・ベルワースは絵描きだったマーティンのヌードモデルだった。
 リディアによれば他にもモデルがいて、マーティンは大柄の金髪女性を恨んでいた。
 少年が留置場から手錠を外して逃亡する。
 ・・・・・


・ 出演: 
  マイケル・ウェストン     ,,, ハリー・フーディーニ
  スティーヴン・マンガン    ,,, コナン・ドイル
  レベッカ・リディアード     ,,, アデレード・ストラットン巡査
      アダム・ナガイティス、  ティム・マキナニー、  エミリー・ケアリー
> ドイルの娘役のエミリー・ケアリーは「ワンダーウーマン (2017)」ではダイアナの子供時代、「トゥームレイダー ファースト・ミッション  (2017)」ではララの子供時代。

■フーディーニ&ドイルの怪事件ファイル ~謎解きの作法~ HOUDINI AND DOYLE VOL.1 (TV2016)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

エメラルドシティ Vol.1 (TV2017) ★
オズの魔法使(1939)」と同じ原作のTVミニシリーズ全10話の1、2話をDVDで観た。

 原作のドロシーは小屋ごと竜巻で飛ばされるが、本作では20歳過ぎのドロシーがパトカーごと飛ばされる。
 原作では東の魔女を殺して喜ばれるが本作では拷問されるなど、原作と比べるといろいろおもしろい。
 少々大人向きになっている。


【1】 The Beast Forever

 カンザス州の小さな町ルーカス。嵐の日、カレン・チャップマンは赤ちゃんのドロシーをゲール家に預ける。
 20年後、ドロシーは病院で働いている。カレンが突然ドロシーに連絡をしてくる。嵐の日、育ての親のエムおばさんに言われてドロシーはカレンを訪ねる。カレンの家では男が死んでいて地下室にはカレンが倒れていた。ドロシーに拳銃を向けた警官は竜巻に飛ばされ、ドロシーはパトカーに逃げ込むがパトカーごと空に舞い上げられた。

 パトカーは雪の積もった森に落ちて赤い服の女性にぶつかって殺してしまう。赤い服の女性は慈悲深く厳格な東の森の魔女で、魔女を殺せるのは魔女か永遠の獣だけ。マンチキン村に着いたドロシーは拷問されて魔女だと告白させられるがドロシーは必死に無実を訴えた。
 ドロシーは村を追放される。ドロシーを案内する部族のオジョは警察犬を彼らの言葉で犬を意味とする“トト”と呼んだ。オジョの妻は永遠の監獄に捕らわれていて解放できるのは東の魔女だけだった。20年前、永遠の獣が暴れた時ウィザードがエメラルドの都を守った。オジョはドロシーにエメラルドシティに行ってウィザードに謝罪するように黄色い道を示した。黄色いのはケシの花粉の色だった。
 エメラルドシティのウィザードは東方で空から何かが落ちてきた事を知りエイモンに発見し処理するように命じた。エイモンがマンチキン村に着くが東の魔女の死体はなくなっていた。
 ドロシーは「ニンベ」という道標に傷だらけで縛り付けられていた男を助けた。男は頭にも傷を負い記憶を失っていて自分の名前さえ思い出せない。ドロシーは男をルーカスと呼ぶことにする。ドロシーとルーカスの前に東の魔女が現れふたりを苦しめる。東の魔女はドロシーに騙されて死ぬ。


> 字幕には無いが英語音声では「マンチキン・ビレッジ」と聞こえる。ドロシーが落ちた村の名前。

【2】 Prison of the Abject

 東の魔女の遺体が都に運ばれる。北の魔女と西の魔女が20年ぶりに再会する。ウィザードは東の魔女を葬る魔女たちの儀式を民衆に公開させる。
 ウィザードに頼んでカンザスに帰りたいドロシーはエメラルドの都を目指している。
 マーカスの腹部の傷が出血し、ドロシーは教えてもらったモンビという女性の家を訪ねる。最初はそっけなかったモンビはマーカスの剣を見て家に招き入れた。
 ドロシーの薬草でマーカスが回復に向かう。モンビによればマーカスの剣はニンボの人たちを虐殺した魔法使いの兵士のものだという。
 モンビはチップという男の子を監禁していて近所のジャックが助けようとしていた。モンビによればチップはモンビが与える薬なしでは生きられない身体だった。
 モンビがマーカスを殺そうとしたため、ドロシーはチップを逃がす。ドロシーはモンビに殺されそうになるがマーカスがモンビを殺した。
 チップはジャックと逃げる。朝、チップの身体に異変が起きる。


・ 監督: ターセム・シン
・ 原作: L・フランク・ボーム
・ 出演: 
  アドリア・アルホナ           ... ドロシー・ゲール
  オリヴァー・ジャクソン=コーエン  ... ルーカス、カカシ
  アナ・ウラル               ... 西の魔女
  ミド・ハマダ                ... エイモン、ウィザードの手下
  ゲラン・ハウエル             ... ジャック
  ジョーダン・ロックラン          ... チップ
  ジョエリー・リチャードソン        ... グリンダ(北の魔女)
  ヴィンセント・ドノフリオ          ... オズの魔法使い

■エメラルドシティ EMERALD CITY (TV2017)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

タイムレス Vol.1-1(TV2016) ★
タイムマシンを盗んだ男フリンを、過去を変えさせないよう歴史や文化に詳しい女性大学教授ルーシーが追いかける。フリンが変えた過去はルーシー自身の身辺に影響を与える。

2016年から始まった米国TVシリーズ シーズン1第1、2話をDVDで観た。


【1-1】 Pilot

 大学の歴史学人類学教授のルーシー・プレストンは突然DHS(国家安全保障局)の訪問を受ける。
 メイソン工業が極秘開発したタイムマシンが元NSAエージェントのフリンに奪われて消えた。
 フリンが行ったのは1937年5月6日のニュージャージー。着陸準備中のヒンデンブルクが爆発する4時間前。
 フリンが歴史を変えるのをふせぐためルーシーは特殊部隊員のワイアット、パイロットのルーファスとともに試作品のタイムマシンでフリンを追いかける。

 フリンがヒンデンブルク係留員となったことをつきとめた3人は飛行場に行く。
 ヒンデンブルクは無事着陸した。フリンが歴史を変えてしまったのだ。
 ・・・・・

【1-2】 The Assassination of Abraham Lincoln

 自宅に戻ったルーシーは病気だった母親が元気なのて喜ぶ。しかし母親を看病していた妹エイミーは生まれてさえいなかった。

 フリンが1865年4月14日のワシントンDCに行った。その夜、フォード劇場で舞台俳優のブースがリンカーン大統領を暗殺した。同時にブースの仲間が国務長官や副大統領の暗殺を企てていたが失敗した。フリンの目的は暗殺を完遂して合衆国政府を転覆させることなのか?
 ・・・・・
 ルーシーが帰宅すると自分の婚約バーティが開かれていた。



・ 出演: アビゲイル・スペンサー、 マット・ランター、 マルコム・バレット、 パターソン・ジョセフ、 サキナ・ジャフリー、 クローディア・ドゥーミット、 ゴラン・ヴィシュニック

■タイムレス TIMELESS Vol.1-1(TV2016) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画