どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

マックス・スティール  (2016)  ■
高校生のマックスはシリコン製の生命体スティールと合体してスーパーヒーロー「マックス・スティール」に変身する。米国マテル社のキャラクター「マックス・スティール」の映画版。DVDで観た。
 
□ 高校生のマックスは母親モリーと共に故郷の生まれた家に引っ越してくる。マックスにとって8回目の引っ越しだが母親はこれで最後だと言う。
 マックスの父親ジム・マクグラスはこの町でNテック社を創業し今でも尊敬されている。研究中に爆発事故で死んだ。当時研究仲間だった母親は父親について話そうとしない。研究仲間だったマイルズ・エドワーズ博士がNテック社を再建し経営者となっている。

 マックスは身体に異常を感じるようになる。マックスの左手から光が出たり、周囲で電気製品がおかしくなったりする。
 浮遊するシリコン製の生命体スティールが出現してマックスに話しかけてくる。スティールによればマックスが作り出すタキオン・エネルギーがスティールの主食で、マックスがいなければスティールは飢え死にするし、スティールがいなければマックスは爆発してしまうという。
 2人が力を合わせればタキオン・エネルギーからターボ・エネルギーを作り出しとてつもない身体能力と戦闘能力を持つことができる。
 ・・・・・・


・ 監督: スチュワート・ヘンドラー
・ 出演: ベン・ウィンチェル、 マリア・ベロ、 アナ・ビジャファーニェ、 ジョシュ・ブレナー(声)、and  アンディ・ガルシア

■マックス・スティール MAX STEEL (2016/2016)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ジーサンズ はじめての強盗 (2017) ★
人生残り少ない三人の男がなんと銀行強盗をする軽いコメディ。
 「お達者コメディ/シルバー・ギャング"GOING IN STYLE"(1979/---)」のリメイク。
 三人の超ベテランオスカー男優共演のコメディで3人共80歳以上(2017)。共演のアン=マーグレットも2回オスカーノミネートされ80歳間近。少し認知症?の気があるミルトンを演じるクリストファー・ロイドは「バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985)」のドクでやはり80歳間近。

 コメディだけど、長い間まじめに働いてきたのにダイナーでデザートのパイも食べられない人生は笑えない。
 4ドル・バフェというのがあった(約440円)。ハンバーグ?のにおいをかいでいたけれど、スパゲティもまずそう。
 いくら洗濯したからといって帯封の付いた大金をばらまくのは目立ちすぎ。

 ニューヨークに住むウィリー、ジョー、アルの三人はウェクスラー社の工場に長年勤め今は企業年金でギリギリの生活をしている。ウェクスラー社が合併し国内工場を閉鎖し企業年金を打ち切ってしまう。
 ジョーは住宅ローンの支払いが焦げ付き追い出されそうになっている。ウィリーは腎臓がいかれていてすぐにでも移植が必要な状況だが誰にも言っていない。
 ジョーが住宅ローンの相談で行った銀行に銃を持った三人組のマスク強盗が押し入りあざやかな手口で大金を奪っていった。
 ジョーは、ウィリーとアルに自分たちも銀行強盗をやろうと提案する。捕まっても食事付きで寝床を与えられ医療も受けられる。
 予行演習としてとりあえずスーパーで万引きをするがあまりのドジぶりに店長もあきれて放免してくれる。
 三人は専門家のアドバイスを受けて強盗計画立案と身体の訓練、アリバイつくりの準備をする。
 強盗の真っ最中に、ウィリーの体調が悪化して座り込んでしまう。心配した客の少女が苦しそうだからとウィリーのマスクを取ろうとする。
 ・・・・・・


・ 監督: ザック・ブラフ
・ 出演: モーガン・フリーマン(80)、 マイケル・ケイン(84) 、 アラン・アーキン(83)、 アン=マーグレット(78)、
  ジョーイ・キング
、 ジョン・オーティス、 ピーター・セラフィノウィッツ、 キーナン・トンプソン、 
  and    マット・ディロン、 クリストファー・ロイド(79)

【映画の中の映画】 「狼たちの午後(1975)」...アル・パチーノ主演。3人がTVで観ている。


■ジーサンズ はじめての強盗 GOING IN STYLE (2017/2017)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ハクソー・リッジ  (2016) ★★
良心的兵役拒否者にもかかわらず志願して入隊し戦場で銃を持たずに衛生兵として75人もの命を救ったデズモンド・ドスの実話"A True Story"。

 戦闘シーンの迫力がとにかくすさまじい。そこら中にバラバラの死体が散らばる中で見えない相手と戦わなければならない。敵味方の銃弾が飛び交い爆発や火炎の中でひたすら自力で動けない負傷者の応急処置をして、担いであるいは引きずって後方に運んでいく。神の力、というより信仰の力なのだろう。
 オスカーで編集賞と音響賞(調整"Sound Mixing")を受賞し、作品賞、監督賞(メル・ギブソン)、主演男優賞(アンドリュー・ガーフィールド)、音響編集賞“Sound Editing”にノミネートされた。

> 土曜日を安息日とするデズモンド・ドスの宗教はセブンスデー・アドベンチスト教会。
> 映画では省略されているがデズモンドは沖縄以前のグアムとフィリピンでも負傷兵の救出でブロンズスターメダルを授与された。また、沖縄では4回負傷した。
> Desmond Doss (WIKIPEDIA20170625)に前田高地の崖の上に立つドスの写真があるが映画のハクソー・リッジは若干誇張があるようだ。


□ バージニア州ブルーリッジ山脈で育ったデズモンド・ドスは兵役免除の資格があるにもかかわらず志願して陸軍に入隊する。しかし訓練中“汝殺すなかれ”という神の言葉に従い銃を持つことを拒否する。上官を始め仲間たちから執拗ないじめを受けても信念を変えない一方で除隊も拒否する。軍法会議の結果、デズモンドの主張が認められ銃を持たない衛生兵として従軍する。

 1945年5月。デズモンドたちの隊は沖縄のハクソー・リッジ(前田高地)に派遣される。
 垂直に切り立った崖を縄梯子で登った高台が戦場だった。先行部隊がすでに6回攻撃して6回撃退されている。高台に激しい艦砲射撃が加えられたのちに、デズモンドたちの隊が昇り攻撃を開始する。
 激しい戦闘が行われた後に、日本軍の猛攻で米軍はがけ下に撤退する。再び艦砲射撃が行われている高台にひとり残ったデズモンドは取り残された負傷者を運んではがけ下に降ろし始めた。がけ下では誰が降ろしているのかわからない負傷者を受け取り次々に野戦病院に移送する。艦砲射撃が止み姿を現した日本兵たちが生存米兵を殺す中でデズモンドは負傷者の救出を続けた。


・ 監督: メル・ギブソン
・ 出演: アンドリュー・ガーフィールド、 サム・ワーシントン、 ルーク・ブレイシー、 テリーサ・パーマー、 ヒューゴ・ウィーヴィング、 レイチェル・グリフィス、 ヴィンス・ヴォーン

■ハクソー・リッジ HACKSAW RIDGE (2016/2017、オーストラリア/米国)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

マイ ビューティフル ガーデン (2016、英国) ★
 年代の違う3人のやたら個性的な人たちがふづかりあう心優しいコメディ。何度も声をあげて笑ってしまった。
 映画に出てくる庭はいわゆるイングリッシュ・ガーデンで雑然としているようで様々な花々が配置されていて映画によれば『美しい秩序を持った混沌(カオス)』らしい。

□ ベラ・ブラウンは池のそばに箱に入れられて捨てられていたのを水泳中の老人に見つけられた。鴨が温めていたと言う説もある。修道院の孤児院で育てられたがそのころから几帳面すぎる性格で修道女をあわてさせた。

 成長したベラ・ブラウンは極端に几帳面な性格で朝食の時間も秒単位で始め、歯ブラシは曜日ごとに決めている。玄関のドアは何重にも鍵をかけ何度も施錠を確認して出かける。やたら規則にうるさい図書館に勤めていて、各分野の書籍の位置を暗記しているが、なぜか出勤時間は毎朝ぎりぎりで遅れることもあってよく叱られている。建築に興味があるらしい若い男ビリーが図書館に来るようになるが飲食禁止なのに隠れて飲食しているビリーにベラは好感を持つ。

 ベラは几帳面な性格のため勝手に伸びる庭の植物は苦手で借家(注)の庭は放りっぱなしでめちゃめちゃになっている。あまりのひどさに隣家の老人、アルフィー・スティーヴンソンが文句を言ってくる。アルフィーに雇われているヴァーノンがアルフィーと口争いの末首になり、ベラの家で働き始める。クビにしてしまったものの実はアルフィーはヴァーノンの料理がなくては生きていけない。ベラに料理人を返せと要求するがベラもヴァーノンも拒否する。
 家の管理人がやってきて庭が汚いのは契約違反だとベラに退去を求めるが、ヴァーノンのおかげで1か月以内に元通りにする条件で猶予してもらう。ところがベラは庭作りの知識は皆無。おまけにヴァーノンは花粉アレルギーで手伝ってくれない。とにかくでたらめに植物を切り始めたベラにアルフィーはいろいろ文句をつける。実はアルフィーは庭造りに詳しい。そこでアルフィーがベラの庭作業を手伝う代わりにヴァーノンがアルフィーに料理を提供することになる。
 ビリーにデートにさそわれてベラは喜んで出かけていくけれど・・・・・


(注)ベラの住いは日本の感覚だと借家だけれど「アパート」というらしい。

・ 監督: サイモン・アバウド
・ 出演: ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ、トム・ウィルキンソン、アンドリュー・スコット、ジェレミー・アーヴァイン、アンナ・チャンセラー
【映画の中の日本】  最後に「イロハカエデ」が出てくる。英語音声では"Japanese Maple"と言っていた。

■マイ ビューティフル ガーデン THIS BEAUTIFUL FANTASTIC (2016/2017、英国、英語/スコットランド・ゲール語) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

エンド・オブ・トンネル (2016) ★
車椅子の中年男が若い銀行泥棒たちと戦う。思いがけずおもしろかった。DVDで観た。

自動車事故で妻子を失ったらしい下半身不随の男が大きな家にひとりで暮らしている。金に困っているが家は売りたくない。偶然隣の銀行の地下の貸金庫室に押し入ろうとしている男たちの計画を知った男は、動かない足を技術知識で補って彼らが盗む金の一部を横取りしようとする。

□ ブエノスアイレスの銀行の隣の大きな家にひとりで住むホアキンは車椅子で生活している。飼っている老犬のカシミーロは足が弱り寝てばかりで男は安楽死させようと考えている。
 ダンサーの女性ベルタと幼い娘ベティが部屋を借りる。ベティは話すことができない。人になつかないカシミーロはベティに対しては抱かれてもおとなしくしている。
 ホアキンは地下室で機械をいじっている。壁の中の物音に気づいたホアキンが壁に聴診器をあてて聞くと話し声が聞こえる。
 となりの家でガレリトという男が数人を指揮して地下にトンネルを掘り、ホアキンの家の床下を通り、銀行の貸金庫まで掘り進めていることがわかる。
 ホアキンはガレリトたちを出し抜いて金を横取りしようと考える。
 ・・・・・


・ 監督: ロドリゴ・グランデ
・ 出演: レオナルド・スバラーリャ、パブロ・エチャリ、 クララ・ラゴ

■エンド・オブ・トンネル AL FINAL DEL TUNEL (2016/2017、アルゼンチン/スペイン、スペイン語) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

追憶 (2017、日本) ★
子供時代の秘密を隠すために2度と会わない約束で別れた少年たちが、25年ぶりに再会しひとりが殺される。
犯人は誰か?というミステリーよりもそれぞれの人生が語られていくドラマ。「さびしい」という言葉が何度も出てくる。
四方篤刑事(岡田准一)が何かというと不必要な大声で怒鳴るのに違和感を感じた。
冒頭「25年前12月24日 日食」という言葉があるが、1992年12月24日の事。


□ 富山警察の四方篤刑事は夜、ラーメン屋で突然声をかけられる。

 25年前、親に見捨てられた3人の少年、四方篤、田所啓太、川端悟は夕陽の見える喫茶店ゆきわり草で仁科涼子の世話になっていて、常連客の山形にもやさしくしてもらっていた。ある事件がきっかけで離れ離れとなり2度と会わないはずだった。

 刑事になった四方篤は妻とは別居している。子供のころに自分を捨てた母親から金の無心の電話が始終かかってくる。
 篤に声をかけたのは川端悟で、東京で婿養子となりガラス店を継ぎ小学生の娘もいる。経営難で富山で建設業をしている田所啓太に金を借りに来た。篤と悟は酒を飲んで別れた。

 富山市内の小杉で悟の死体が発見される。銀行の袋があったが空だった。四方篤は自分が被害者の友人ということを報告しなかった。
 四方篤と2人の刑事が東京で妻と従業員から話を聞くが、悟は富山にいたころの話をしなかったため、悟が誰と会おうとしていたのか知らないと証言した。娘は父親が電話で「なつかしい人たちに会えた」と話したと言う。
 富山に戻った四方篤は田所啓太を探して訪ねる。田所啓太の妻は出産間近だった。啓太は悟と会ったことも、もちろん殺したことも否定する。

 悟が喫茶店で男と会い銀行の袋を受け取っていたという目撃者が現れる。四方篤はその男が田所啓太だと確信する。啓太はなぜ悟と会ったことを隠したのか。啓太はなにを守ろうとしているのか。
・・・・・・


・ 監督: 降旗康男
・ 出演: 岡田准一、 小栗旬、 柄本佑、 長澤まさみ、 木村文乃、 安藤サクラ、 吉岡秀隆、 りりィ

■ 追憶(2017、日本)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

キング・アーサー (2017) ★
アーサー王伝説から、キャメロット、岩から剣を抜く、魔術師マーリン、円卓の騎士などのキーワードを借りてCGをふんだんに盛り込んだ娯楽映画。王妃グィネヴィアもランスロットも登場しない。若干眠気を感じた。

村の名前ロンディニウムとは、後にロンドンとなる場所の地名らしい。

メイズ役のアストリッド・ベルジュ=フリスベはスペイン出身。「パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉(2011)」「バスティーユ、聖女の恍惚、愛の牢獄 (2009)」「バルセロナ、天使のセックス (2012)」ではヌードを見せていた。

□ ユーサー・ペンドラゴン国王は聖剣エクスカリバーで魔術師モルドレッドと戦い打ち負かす。弟ヴォーティガンの反乱でユーサー王と王妃が殺される。小舟に乗せられた幼い王子は消息を絶った。

 ロンディニウムの売春宿で育てられたアーサーはたくましく育つ。ヴォーティガン王は高い塔を建設させていた。水が引き岩に刺さった剣が現れる。民衆の間には剣を引き抜いたものが〝真の王”だといううわさが流れる。王の兵士が村の男たちに剣を抜かせようとさせるが誰も抜くことができない。しかしアーサーが剣を抜いてしまいアーサーは気を失う。
 ヴォーティガン王は民衆の前でアーサーの首を跳ねて〝真の王”の夢を消そうとする。 魔術師マーリンの遣いのメイジ(魔術師)とユーサー王の元部下たちがアーサーを助ける。
 彼らはアーサーを王にしようとするがアーサーにその気はない。それにアーサーが聖剣エクスカリバーを両手で持つと恐ろしい幻覚が現れ戦うどころではない。
 ・・・・・・


・ 監督: ガイ・リッチー
・ 出演: チャーリー・ハナム、ジュード・ロウ、アストリッド・ベルジュ=フリスベ、ジャイモン・フンスー、エイダン・ギレン、ミカエル・パーシュブラント、エリック・バナ

■キング・アーサー KING ARTHUR: LEGEND OF THE SWORD (2017/2017) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

キル・コマンド (2015) ■
近未来。兵士の戦闘訓練で、兵士の敵を演じる軍事ロボットSARが自身のプログラムを改造して戦闘能力を増し兵士を殺す。DVDで観た。
 技師のミルズ(女性)はチップを埋め込まれていて外部装置なしでも様々な情報の検索や分析ができる。実はミルズはSARが自分でプログラムを書き換える能力を持つことにかかわっているが、ミルズの予測を超えた進化を遂げている。

□ 訓練施設ハービンジャー1のモデルSARで膨大な数の再プログラミングが発生。技師のミルズはビュークス大尉の隊の訓練に同行する。隊員はミルズを機械人間と呼んで警戒する。
 隊はハービンジャー1に到着し実弾を使用する2日間の訓練を開始する。
 隊は林の中で監視ドローンに監視されている。戦闘ロボットを発見した隊は攻撃を仕掛けた。
 部隊は本来繋がるはずの外部との通信が遮断されている。ミルズもつながらないと言っている。

 夜、銃声がして見張りをしていた兵士ロフタスが消える。
 翌日、昨日の攻撃訓練地でロフタスの死体を発見する。戦闘ロボットの実弾攻撃を受けてさらに隊員が死んでいく。
 訓練では本来兵士が死んではならない。この状況はミルズにも理解不能。
 ・・・・・


・ 監督・脚本: スティーヴン・ゴメス
・ 出演: トゥーレ・リントハート、ヴァネッサ・カービー、デヴィッド・アヤラ

■キル・コマンドKILL COMMAND (2015/2016、英国)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

22年目の告白-私が殺人犯です-(2017、日本)★★
おもしろかった。韓国映画「殺人の告白(2012)」のリメイク。
最初のひとひねり程度は予想していたが次々に意外な展開が続き最後まで目が離せない。
エンドクレジット開始直後に映像あり。


□1995年1月、阪神淡路大震災が発生する。
 東京では近親者の目の前で被害者の首をロープで絞めて苦しむ様子を見せながら殺す残忍な手口の連続殺人が起きる。4件目の殺人で若い牧村刑事は犯人を追い詰め傷つきながら犯人の肩を撃ったが逃げられてしまった。犯人は牧村のアパートの部屋を爆破、牧村の先輩刑事が死亡する。

 22年後の2017年、時効が成立する。
 曾根崎雅人と名乗る男が自分が殺人犯だと名乗り出て告白本を出版する。告白本はベストセラーとなる。サイン会には大勢の若い女性が殺到する。
 人気TVキャスターの仙堂が曾根崎を番組に呼ぼうとする。仙堂は事件当時フリーのジャーナリストとして事件を追い著書も出版していた。曾根崎は生放送で、牧村刑事も同席するという条件で出演を受諾する。生放送中、仙堂キャスターは曾根崎は犯人ではなく自分が真犯人だという男がいることを紹介する。男が動画サイトに投稿した5件目の事件当日の動画には事件後消息不明となった牧村刑事の妹が映っていた。
 ・・・・・・・・・


・ 監督: 入江悠
・ 出演: 藤原竜也、 伊藤英明、 仲村トオル、 夏帆、 野村周平、 石橋杏奈、 竜星涼、 早乙女太一、 平田満、 岩松了、 岩城滉一
・ 企画制作:・ ROBOT

■22年目の告白-私が殺人犯です-(2017、日本)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

EXO エクソ  (2016) ★
“何か”に侵略され人類が地底に隠れて住む未来。地表で監視任務に就いた若い兵士は、100日間の勤務期間中“何か”の存在に疑いを持つようになる低予算SF。DVDで観た。
 SUM-1を演じているイワ・リオンはゲーム・オブ・スローンズのラムジー・スノウ。ほとんど一人芝居。
 おもしろいかというと微妙。ユニークではある。
 邦題及び字幕ではEXO(エクソ)となっているが、英語クレジットや英語音声には""EXO"は存在せず、「ノンサッチ"THE NONSUCH"」となっている。

□ ノンサッチ"THE NONSUCH"攻撃の57年後。人類の95%は殺され、残りは地下で生活している。人類はUNU(国際連合国)として統一された。
 少数の無知な落伍者が地下に潜ることを拒否して地上で生活している。UNUは彼ら“はぐれ者”に地下に避難するように勧めている。
 地上に出てみたい一般人は兵士として100日間地上勤務に就く。SUM-1二等兵は監視塔ケルベロスに配属される。ただひとりで100日間監視塔で生活する。ケルベロスのエリア内ならガスマスクをして銃を持って塔の外に出ることができる。エリアから出ようとするとバリアによって止められる。

 残り87日。ライラプス付近でノンサッチの攻撃があったという緊急通報が届く。

 監視塔の中にネズミがいた。ドクと名づける。
 前任者のロッカーの中からウォーキートーキーとスケッチブックを見つける。ネズミも描かれている。ケルベロスのとなりはグラムと描かれている。

 停電が発生し15分間も続く。塔内に何かがいた
 報告するが『システムに異常はない。侵入の形跡もない。停電についてはMACを送る。』と言われる。

 残り39日。ウォーキートーキーがしゃべりだす。『こちらKER4。VAX7 応答してくれ』

 残り35日。まだ、MACが来ない

 残り34日。塔の外で、はぐれ者の女性と子供を見つける。保護しようとするが彼らはノンサッチよりもSUM-1を怖がって逃げてしまう。
 SUM-1はノンサッチは実在するのか疑問を持つようになる。

 残り14日。全カメラの映像が消える。雨の中、MACの7Q7が入ってくる。MACはライラプスの襲撃現場を見たそうだが死体は見なかった。
 SUM1はMACに銃を突きつけ以前の監視映像を再生させる。前任者VAX7が恐怖追い詰められていく様子が写っている。
 SUM1はMACにバリアの電源を落とす方法を白状させる。

 残り6日。SUM1はMACを解放しバリアの電源を落とす。SUM1はKER4がいるグラムに向かう。

・・・・・・


・ 監督: クリスティアン・パスクァリエロ
・ 出演: イワ・リオン(S.U.M.1)、アンドレ・M・ヘンニック(MAC)

■EXO エクソ "S.U.M.1" (2016/2017、ドイツ、英語)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

パトリオット・デイ (2016) ★★
2013年のパトリオッツ・デイ(愛国者の日)に開催されたボストン・マラソンで起きた爆弾テロ事件を描いている。大観衆が集まる市民マラソンの映像もすごいけれど、爆発後の現場の映像も悲惨。実際に現場に居合わせた警官たちは何から手をつければ良いか呆然としたことだろう。
 マーク・ウォールバーグ演じるトミーは現場で活躍した多くの警察官の反映なのだろう。事件現場では負傷者の救護にあたり、周辺の警察官に連絡して救急車の道を開けさせ行き先を指示し、病院をまわり負傷者のひとりひとりに話を聞いていく。市街地の銃撃戦では犯人が爆弾を投げてくる中で勇敢に戦った。

 強烈な爆弾が2発も爆発して多数の死傷者が出ているのにFBIは「テロ」と断定することをためらう。理由の一つはテロと発表すると経済にまで影響を与えイスラム教徒の迫害を引き起こすかもしれない。映画ではよく地元警察が捜査しているところにFBIが割り込んで指揮権を強引に奪うけれどそう簡単ではないらしい。

 負傷者はすぐに病院に送られるが、死体はFBIが調べるまでその場に置いておかれる。理由はわかるけれど家族はたまらないだろう。8歳の少年の死体のそばで番をしている警官が何度も映る。

 なお、「愛国者の日"Patriots' Day"」はマサチューセッツ州の祝日で4月の第3月曜日。
 同じ事件を題材にしたジェイク・ギレンホール主演の映画「Stronger」が2017年9月に米国公開される。

> 映画に登場するMITの CHEETER ROBOT は現在も進化し続けている。

□ 2013年4月15日月曜日。毎年恒例のボストン・マラソンが開催される。ランナーが次々とゴールする中で、ゴール付近で大爆発が起きる。ついでもう一発大爆発が起き、現場は大混乱に陥る。一面血だらけでちぎれた足が転がる中、救急車が負傷者を複数の病院に運び、8歳の少年を含む3人の死亡が確認される。
 1時間もたたないうちにFBIの車列が到着する。現場を確認したデローリエ捜査官はテロと断定、FBIが捜査の指揮をすることになる。

 ブラックファルコン・ターミナルの大きな倉庫が本部となり、室内に現場の通りが再現され証拠品が集められた。周辺の監視カメラの記録映像を調べていた捜査員のひとりが爆発直後の観衆と違う動きをする白い帽子を発見する。しかし顔などはわからない。
 付近を良く知る地元警察官のトミーが呼ばれ、白い帽子の行動を想像する。トミーの働きで別の監視カメラの映像が再チェックされ、白い帽子と一緒にいる黒い帽子の男が浮かび上がる。明瞭ではないものの顔も判別できる。映像を公開すべきか否かで意見が別れるが、映像がTV局にリークされたことがわかり、FBIは18日夕方の記者会見で写真を公開した。
 しかし期待した市民からの有力な情報は得られなかった。
 MIT(マサチューセッツ工科大学)の学生3人はTVの白い帽子が学友のジョハルに似ていると思う。ジョハルの荷物を開けると爆弾の材料が見つかった。3人は荷物を戻しゲームを続けた。
 ・・・・・


・ 監督: ピーター・バーグ
・ 出演: マーク・ウォールバーグ、ケヴィン・ベーコン、ジョン・グッドマン、J・K・シモンズ、ミシェル・モナハン、ヴィンセント・カラトーラ、アレックス・ウォルフ

■パトリオット・デイ PATRIOTS DAY (2016/2017)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

シチズンフォー スノーデンの暴露 (2014) ★
2012年の公聴会でNSA長官のアレグザンダーは 国民の監視を全面否定したが、それは嘘。米国政府諜報機関(NSA/CIA)はテロや犯罪容疑者だけでなくすべての一般市民を対象に通話やインターネットを監視している。9年間CIAやNSAで勤務していたエドワード・スノーデンが2013年6月に香港で行った暴露は、NSAから持ち出した膨大なデジタルデータという証拠を伴っていた。

スノーデンの暴露は映画「スノーデン (2016)」として公開された。この映画ではスノーデンが軍に入隊・除隊し、CIA、NSAで働き香港で暴露するまで描かれている。今回DVDで観たのは香港で約1週間にわたりスノーデン本人を撮影した映像を中心とするドキュメンタリー。第87回アカデミー賞(オスカー)長編ドキュメンタリー賞受賞。


□ ドキュメンタリー作家ローラ・ポイトラスに届いたシチズンフォーからのメールはまずセキュリティソフトの導入を要求した。
 2012年12月 匿名の情報提供者が英国ガーディアン紙記者のグレン・グリーンウォルドに接触してくるが安全な通信方法を確立できなかった。
 1か月後、匿名の暗号メールがローラに届くようになる。シチズンフォーがローラを選んだのはローラがNSAの監視対象者リストに載ったからで、ローラの行動のすべてがNSAによって監視されていた。
 2013年4月、シチズンフォーはローラに情報が膨大なのでグリーンウォルド記者と協力するように要請した。

 2013年6月3日月曜日、香港のザ・ミラでローラとグレンはルービックキューブを持ったシチズンフォーと会う。
 彼は、ノースカロライナ州出身のエドワード・ジョセフ・スノーデンと名乗った。
 その時点では、防衛分野の請負企業からNSAに派遣され、NSAの指示で業務をしている。最高機密までアクセス可能な権限を持ち、仕事に必要か否かに関係なくどんな情報でも見られる。スノーデンは膨大な量の最高機密データを持ち出していた。
 米国諜報機関は世界中の通信網であらゆるデータを無作為に収集している。過去までさかのぼって分析ソフトで解析することにより個人の行動や習慣を知ることができる。

 水曜日に、グリーンウォルド記者の最初の記事がガーディアン紙に載り、CNNニュースが大きく取り上げた。内容は、裁判所命令によりNSAが電気通信事業者のベライゾン社の全顧客記録を収集していて、米国の安全を理由にプライバシー侵害が行われているというもの。
 金曜日にはワシントン・ポストとガーディアン紙が2本目の記事を発表。CNNニュースはNSAとFBIがインターネット企業9社のサーバーに直接侵入してあらゆるデータを収集していると報道した。

 スノーデンと記者たちはスノーデンの正体を明かすべきか否か話し合う。スノーデンは最初から自分の正体を明かすつもりだった。刑務所に入れられるか、あるいはもっと悪い事態も覚悟している。スノーデンは自分がどうなろうと記者たちが報道を続けるように望んでいる。
 月曜日(2013年6月10日)
 ガーディアン紙が告発者の正体を公表し、スノーデン本人の映像が世界中で公開された。

 スノーデンは国連を通じて亡命申請をして地下に潜った。
 米国政府はスノーデンを告訴し、香港に引き渡しを要求する。
 ウィキリークスの支援でスノーデンは香港を脱出。しかし米国が彼のパスポートを無効にしたため乗り継ぎ空港のモスクワで身動きが取れなくなる。
 スノーデンはモスクワの空港ターミナルで40日間を過ごしたのち、政治亡命者として1年のロシア滞在が認められた。


・ 監督: ローラ・ポイトラス
・ 出演: エドワード・スノーデン、グレン・グリーンウォルド、ウイリアム・ビニー、ローラ・ポイトラス

■シチズンフォー スノーデンの暴露 CITIZENFOUR (2014/2016、米国/ドイツ)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

20センチュリー・ウーマン (2016) ★
20世紀後半、15歳の少年と10代、20代、50代の女性たち。反抗期の息子に手を焼き、今の時代の考え方を理解できない母親は若い二人の女性に子育てを助けてもらおうとする。でも子育てに正解なんてないからそれぞれいろんなことを少年に吹き込んでくる。考えてみるとこの少年、やたらかっこいい。自分にはさせてくれない女の子のために薬局に妊娠検査セットを買いに行ったり、病院にがんの検査結果を聞きにいく女性についていってあげたりする。ドラマ/コメディ。オスカーの脚本賞にノミネートされた。

> 当時の薬局で買える妊娠検査セットがやたら手間がかかる。
> {2000年問題(Y2K)}という言葉を久しぶりに聞いた。ドロシアは前年に現金から金に換えて準備した。

□ 1979年、サンタバーバラ。15歳のジェイミーは離婚した母ドロシアと暮らしている。
 1924年生まれのドロシアは戦時中飛行機の操縦士を目指し、戦後当時女性には珍しい製図士となった。そこでクリスと知り合い結婚した。40歳でジェイミーを産んだ。彼女が若いころたばこを吸うのはカッコいいことだったので今でも始終たばこを吸っている(後に肺がんで死ぬ)。
 スーパーの駐車場でクリスが置いていったフォードが突然燃え上がる。ドロシアは世話になった消防士たちを食事に招いた。
 自宅ではアビーとウィリアムに部屋を貸している。1955生まれのアビーは女性カメラマン、元ヒッピーのウィリアムは家の改修をしている。
 夜になると幼馴染で2歳年上のジュリーがジェイミーの部屋に忍び込んできて同じベッドで眠る。ジュリーは他の男たちとはやっているのにジェイミーにはやらせてくれない。
 新しい時代についていけずジェイミーの子育てに自信を持てないドロシアは、アビーとジュリーにジェイミーを親代わりに見守ってあげてと頼む。
 ・・・・・・


・ 監督: マイク・ミルズ
・ 出演: アネット・ベニング、 エル・ファニング、 グレタ・ガーウィグ、 ルーカス・ジェイド・ズマン(ジェイミー)、 ビリー・クラダップ

【映画の中の映画】
     「カサブランカ (1942)」 .................... ドロシアは今でもハンフリー・ボガードが好き。
     「カッコーの巣の上で (1975)」 .... ジュリーはこの映画を観ていて初めての生理になった。
     「地球に落ちて来た男(1976)」 ........ アビーが髪を染めるきっかけとなった。

■20センチュリー・ウーマン 20TH CENTURY WOMEN (2016/2017)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ゴールド金塊の行方 (2016) ★
祖父の代から鉱山ビジネスに捧げてきた男。どん底からてっぺんに昇りまたどん底に墜落する。

 「驚愕の実話」と宣伝しているが"inspired by true story"、つまり実話から発想したフィクション
 その割にはスハルト大統領まで持ち出しての逆転また逆転のストーリーがわざとらしい。顔と手(指紋)のつぶれた偽装を宣伝するような死体をFBIが問題にしないのも不思議。ついでに書くと「170億ドルの金塊が一晩で消えた」わけではない。予告編の「すべてが逆転するラスト10秒」も後味が悪い。
 実話などと思わずに単純にコメディとして観たほうがおもしろい。

 モデルとなった実話とはカナダのBre-X社らしい。1995年にBre-Xはインドネシアで世界有数の金鉱を発見し株価は急騰したが1997年に詐欺と判明した。「混ぜる」「丸みを帯びている」「ヘリコプターから落ちる」などは実話から借りたらしい。

 事件が発覚してケニー・ウェルスの顔が雑誌の表紙となり"FOOL'S GOLD"と書かれる。
 "FOOL'S GOLD" = フールズ・ゴールド = バカの金 = 黄鉄鉱  だが、マシュー・マコノヒーは「フールズ・ゴールド カリブ海に沈んだ恋の宝石(2008)」に主演していた。


□ 1981年、ネバダ州リノ。ケニー・ウェルスは祖父が起業し父親が成長させた採掘会社ワショ―"WASHOE"社を引き継ぐ。
 7年後、景気低迷で投資をする人が減り、ワショ―社は業績が地を這い、ケニーは自宅を手放し恋人ケイの家に居候している。
 ある日泥酔したケニーはインドネシアで金鉱山を掘り当てる夢を見る。これを正夢と確信したケニーは、昔ケイにあげた金時計を旅費に換えてインドネシアに行く。
 ケニーはインドネシアでマイク・アコスタと会う。マイクは以前独自の理論で銅鉱山を見つけた専門家だった。ケニーはマイクに連れられてダヤ・ケンサナ(金の流れ)川を遡ったジャングルの中のくぼ地に行く。マイクはそこに金があると考えていた。
 ケニーはナプキンに50/50の契約証を書いてふたりが署名しマイクに預ける。

 ケニーと部下たちはマイク・アコスタの名前を使って資金を集めインドネシア政府の採掘許可を取りとりあえず作業を開始する。
 住民を集め木を伐り払い試掘が始まる。採集されたサンプルは分析場に送られる。しかし結果は思わしくない。雨季が始まり重労働に耐えられなくなった作業員たちは家に帰ってしまう。ケニーがマラリアに感染して倒れる。
 マイクはケニーに託されたクレジットカードで子供たちがきれいな水を飲める浄水器を各家に配り作業員が戻ってくる。ケニーがマラリアで寝込んでいる間もマイクは作業を続けた。
 数週間後、ケニーが回復するとマイクは良質の金鉱を見つけたと知らせた。

 米国に戻ったケニーはワショ―社に興味を持つ投資銀行と会う。マイクの発案で投資銀行の担当者がジャングルの採掘場にやってきた。採掘現場の厳重な管理体制を見て、さらに自分たちがさらった川砂の中に金の粒があるのを見た担当者は投資を決める。
 上場したワショー社の株価はうなぎのぼりとなる。
 ある日、ワショ―社のインドネシアの金鉱は偽物だというニュースが報道される。
 ・・・・・・


・ 監督: スティーヴン・ギャガン
・ 出演: マシュー・マコノヒー、エドガー・ラミレス、ブライス・ダラス・ハワード、コリー・ストール、トビー・ケベル、ステイシー・キーチ、ブルース・グリーンウッド

■ゴールド金塊の行方 GOLD (2016/2017) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画