どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

嘆きの王冠 ホロウ・クラウン ヘンリー六世 第2部 ★  (ばら戦争)
シェイクスピア舞台劇の映画化。2部構成のヘンリー六世の第2部。DVDで観た。

 ヘンリー6世王は子供のころは叔父で摂政のグロスター公の言いなりで、結婚してからは后マーガレットの言いなりになっている。 マーガレット妃はサマセット公の愛人。ヘンリー6世は穏やかな性格で父のヘンリー5世が獲得したフランスの領土やフランス王権にあまり興味を持っておらず、イングランドはフランスの領土をほとんど失い百年戦争が終わる。史実でもマーガレット王妃はランカスター軍を率いて戦い戦時の国王にふさわしい活躍をしたようだ。

 第1部の最後、自分こそ正当な王位継承者とするヨーク公とウォリック卿はヘンリー6世王に対し公然と反旗を翻した。ヨーク公は白薔薇を、国王のランカスター派は赤薔薇をシンボルとしたばら戦争が始まった。


□ 5年後、ヨーク公とウォリック公の軍は国王を擁するランカスター軍を破りサフォーク公、サマセット公が戦死する。ヘンリー王とヨーク公は、ヨーク公を王位継承者とすることで和解する。
 息子エドワードが国王になれないことに腹を立てたマーガレット王妃が軍を率いてヨーク公の城を襲った。不意を突かれたヨークは敗れヨーク公リチャード・プランタジネットは殺された。
 ヨーク公の息子エドワードが王であると宣言、ウォリック卿に支援され弟のジョージとリチャードと共に攻めてくる。ヨーク軍が勝利する。
 裸同然の姿で原野をさまよっていたヘンリー6世が捕らえられる。
 ヨーク公の息子エドワードがエドワード4世として即位した。

 10年後、ウォリック卿はフランス王ルイ11世と会い、ルイの義妹とエドワード4世の縁談交渉を進めていた。
 ところがエドワード4世はランカスター派騎士の未亡人エリザベス・ウッドヴィルに一目ぼれして結婚してしまう。
 面子をつぶされたウォリック卿は激怒。ルイ11世に庇護されていたマーガレットと和解、幽閉されていたヘンリー6世を解放して挙兵する。(注)

 戦闘の結果、ヨーク側が勝利する。ウォリック卿とエドワード王子は戦死、ヘンリー6世は獄死、マーガレットは投獄された。
 エドワード4世国王とエリザベスの間にエドワード王子が生まれた。


(注)ヘンリー6世とマーガレット妃の息子エドワード・オブ・ウェストミンスターは、ウォリック卿の末娘アン・ネヴィルと結婚した。後にアン・ネヴィルはエドワード4世国王の弟グロスター公リチャード(後のリチャード3世)と結婚する。
> 一瞬登場するブルターニュに避難した少年、リッチモンド伯ヘンリーは後のテューダー朝ヘンリー7世。 

・ 監督: Dominic Cooke
・ 原作: ウィリアム・シェイクスピア
・ 出演: 
   トム・スターリッジ       ... Henry VI
   エイドリアン・ダンバー    ... リチャード・プランタジネット、ヨーク公
   Geoffrey Streatfeild      ... エドワード四世(プランタジネット)
   ベネディクト・カンバーバッチ ... リチャード(プランタジネット)(後のリチャード三世)
   サム・トラウトン        ... クラレンス公ジョージ(プランタジネット)、エドワードの弟
   キーリー・ホーズ       ... エリザベス王妃
   スタンリー・タウンゼント   ... ウォリック卿、ヨーク派
   ソフィー・オコネドー      ... マーガレット妃

■嘆きの王冠 ホロウ・クラウン ヘンリー六世 第2部 THE HOLLOW CROWN: The Wars of the Roses Henry Ⅵ Part 2

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

メイズ・ランナー:最期の迷宮 (2018) ★★
メイズ・ランナー (2014)」「メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮 (2015)」に続く3作目で完結編。
 
以前仲間を殺して死んだはずのギャリーが現れて行動を共にする。テレサはなぜ裏切ったのか、信用できるのか。塀の周りの感染者たちは何をたくらんでいるのか。誰が生き残るのか。あるいはみんな死んでしまうのか。

□ トーマスやニュートたちはミンホを取り返すために移送列車を襲う。救い出した子供たちの中にエリスがいたがミンホはいなかった。
 エリスによれば、ミンホはWCKDがラストシティと呼んでいる都市にいるらしい。
 ラストシティは高い壁に囲まれていて周りにはフレア・ウイルス感染者たちがひしめいていた。壁の中に住む人たちは清潔で文化的な生活を楽しんでいる。
 WCKDはウイルスに感染しない子供たちの血液からワクチンを開発しようとしていた。テレサはミンホの血液が有望とみている。成功すれば全人類を救うことができる。
 トーマスたちは再会したギャリーの手引きで壁の中に侵入する。強固なセキュリティに守られたWCKDのビル内でミンホを探すには裏切り者のテレサを利用するしかない。
 ・・・・・・


・ 監督: ウェス・ボール
・ 原作: ジェイムズ・ダシュナー
・ 出演: 
   ディラン・オブライエン         ... トーマス
   カヤ・スコデラーリオ          ... テレサ
   トーマス・ブロディ=サングスター  ... ニュート
   キー・ホン・リー             ... ミンホ
   ウィル・ポールター           ... ギャリー
   ローサ・サラザール           ... ブレンダ
   デクスター・ダーデン          ... フライパン
     バリー・ペッパー、ジャンカルロ・エスポジート、ナタリー・エマニュエル、ウォルトン・ゴギンズ、
     ジェイコブ・ロフランド、キャサリン・マクナマラ
   エイダン・ギレン             ... ジャンソン
   パトリシア・クラークソン        ... エヴァ・ペイジ

■メイズ・ランナー:最期の迷宮 MAZE RUNNER: THE DEATH CURE (2018/2018)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

嘆きの王冠 ホロウ・クラウン ヘンリー五世 (2012、英国)
 シェイクスピア舞台劇の映画化。DVDで観た。
 同じホロウ・クラウンの他の作品と比べてやたら芝居がかった言葉遣いでしかもやたら台詞が長ったらしい。

 ヘンリー五世は父ヘンリー四世の後を継ぎ1413年に即位した。休戦状態にあったフランスとの間の百年戦争を再開しフランスに勝利した。

 百年戦争とはフランスとイングランドの間でフランスの王位を争い100年近く続いた戦争。ただしイングランドがなんの根拠もなく他国の王位を欲しがったわけではない。発端となったのは1328年のフランス王シャルル4世の死だった。息子がいなかったため、シャルル4世の従兄弟と甥の間で後継者争いが起きた。甥というのがたまたまイングランド王エドワード3世だった。この時は従兄弟のヴァロワ伯フィリップがフランス王フィリップ6世となっていったんは収まった。
 しかし両国はその後も断続的に衝突を続けた。
 1392年にイングランド王リチャード2世とフランス王シャルル6世が会い1426年までの休戦協定が結ばれた。
 1413年に即位したヘンリー5世イングランド国王はフランスの内紛に乗じて百年戦争を再開した。


□ ヘンリー五世国王はフランスへの攻撃を決める。たくさんの男達が勇んで軍に志願した。
 イングランド艦隊はアルフルール"Harfleur"を目指す。
 フランス王シャルル4世は防衛の準備をさせる一方で、キャサリン王女をわずかな公爵領を添えてヘンリー王と結婚させて事を収めようとする。
 ヘンリー王はアルフルール城壁への攻撃を開始させる(注)。ヘンリー王は兵士たちに交じり先頭に立って兵士たちを鼓舞した。
 フランス国王軍の支援を得られなかったアルフルールは降伏する。ヘンリー王は兵士たちに略奪行為を禁じた。
 キャサリン王女はお付きのアリスに英語を習い始める。

 疲労や疫病で兵士たちが弱ったためヘンリー王はいったんカレー(イングランド領)に撤退することにする。
 フランス軍は数の上でも士気の面でも圧倒的にイングランド軍に勝っていた。
 両軍はアジャンクールで対決する。疲れ切ったイングランド軍に対しフランス軍は元気にあふれた5倍の戦力だった。
 結果はイングランド軍の圧倒的勝利となり、フランス軍は大敗し数多くの貴族たちが死んだ。

 シャルル4世は娘キャサリンとヘンリー王の結婚を許可した。ヘンリー5世をシャルルの次のフランス王とするトロワ条約が結ばれた。
 ヘンリー5世、シャルル4世が相次いで死去し、1歳に満たない王子がヘンリー6世となりイングランドとフランスの王となった。


(注) ヘンリーの"Once more unto the breach, dear friends. Once more.(もう一度、あの裂け目に)"という台詞は有名らしい。

> WIKIPEDIA2180616によればヘンリー王はアジャンクールの戦いで3倍のフランス軍に対し奇策で対抗させた。映像にちらりと出てくるが両端をとがらせた木の棒を持たせてフランス軍の騎馬兵に備えさせた。
> 「キャサリン」はフランスでは「カトリーヌ」。英国王室は元々フランス出身なので実際にはヘンリー五世はフランス語を話せたのではないだろうか。

・ 監督: テア・シャーロック
・ 原作: ウィリアム・シェイクスピア
・ 出演: 
   トム・ヒドルストン         ... Henry V
   メラニー・ティエリー        ... キャサリン/カトリーヌ
   ランバート・ウィルソン       ... シャルル4世
   ジュリー・ウォルターズ       ... クィックリー夫人、ピストルの妻
   ジョン・ハート             ... 最後に 少年の老いた姿
   ジェラルディン・チャップリン    ... アリス
   リチャード・グリフィス        ... ブルゴーニュ公

■嘆きの王冠 ホロウ・クラウン ヘンリー五世 THE HOLLOW CROWN: Henry V (2012/2017、英国)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

30年後の同窓会 (2017) ★
ベトナム戦争以来30年間も音信不通だった戦友が突然訪ねてくる。イラク戦争で戦死した息子の葬儀に付き添ってほしいと言う。
しかし確認すると息子の死に方について軍が嘘をついていたことがわかる。ベトナム戦争も嘘。イラク戦争もうそ。
自分たちも戦友の死んだ状況について隠していることがある。

同じダリル・ポニックサン原作の「さらば冬のかもめ(1973)」とは物語に直接のつながりはないが続編的な位置づけ。


□ 2003年12月。バージニアのサルのバーに30年間音信不通だったドクが突然現れる。サルとドクはベトナム戦争で仲間だった。TVには穴蔵から引きずり出されたフセイン大統領のみじめな姿が映っている。ドクはサルを教会に連れていく。戦友のミューラーはなんと牧師になっていた。3人と死んだジミーはベトナムでいつも一緒にたくさん殺したりとんでもない無茶を散々した。サルは相変わらず飲んだくれていてバーも流行っていない。ミューラーは悔い改めて結婚し牧師になった。
 ドクは軍刑務所に2年間服役し降格除隊(BCD)させられ軍刑務所のあるポーツマスに住んでいる。結婚して子供もできた。1月に妻が死んだ。
 2日前、志願して入隊しイラクに行っていた息子ラリーJr.が勇敢に戦って戦死したという知らせが届いた。30年ぶりにドクが現れたのはふたりにアーリントン墓地での軍葬に立ち会ってほしいと頼むためだった。

 3人はラリーの遺体のある空軍基地に行く。そこには他にもいくつもの棺桶が並んでいた。
 ラリーの死に方に疑問を持ったサルは、ラリーの親友でラリーが死んだときにその場にいたと言う兵士のワシントンに状況を聞く。ラリーは軍が言っているように勇敢に戦って死んだわけではなかった。ドクはアーリントン墓地での軍葬を断り自分で息子を葬ることにする。それも軍服ではなく背広を着させたかった。

 ワシントンが付き添って遺体は列車でポーツマスに運ばれていく。3人は自分たちがなぜベトナムで闘わなければならなかったのか今でもよくわからなかった。ワシントンもなぜイラクで自分が戦っているのかよくわかっていなかった。
 ドクたち3人はジミーの遺族を訪ねジミーの死の真相を打ち明けて謝罪しようと考えた。
 ・・・・・

・ 監督: リチャード・リンクレイター
・ 原作・脚本: ダリル・ポニックサン
・ 出演: 
   スティーヴ・カレル        ... ラリー・“ドク”・シェパード
   ブライアン・クランストン     ... サル・ニーロン
   ローレンス・フィッシュバーン  ... リチャード・ミューラー牧師
   J・クィントン・ジョンソン     ... ワシントン

■ 30年後の同窓会 LAST FLAG FLYING (2017/2018) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

犬ヶ島 (2018)(字幕版)★★
ヒッチコック/トリュフォー (2015)」などのウェス・アンダーソン監督による近未来の日本のどこかを舞台にしたアドベンチャー/アニメ。犬嫌いを隠している市長が市内の犬に疫病を流行らせ市内のすべての犬を「ゴミ島」に捨てさせる。おもしろかった。今の時代、小林市長がトランプ大統領に見えてくる。

 ナツメグの声はスカーレット・ヨハンソン。渡辺博士の助手の名前はオノ・ヨーコで声はもちろんあのオノ・ヨーコ。その他アンジェリカ・ヒューストンなどとんでもない人たちが小さな役で声優出演している。
 原則として、人は日本語、犬は英語を話す。


□ 今から20年後、メガ﨑市の小林市長は市内に蔓延する犬の疫病から市民を守るためにすべての犬を「ゴミ島」に移送することを決める。小林市長は自ら率先して12歳の養子アタリの警護犬スポッツを「ゴミ島」に送る。「ゴミ島」は名前の通りゴミを捨てるための島で水も食べ物もない。
 6カ月後、島に軽飛行機が墜落する。乗っていたのはアタリで、アタリは友達のスポッツを救い出すためにやってきた。
 黒いノラ犬チーフなど5匹の犬たちがアタリと一緒にスポッツを探す旅に出る。
 一方、小林市長は犬たちに誘拐されたアタリの救出のために武装部隊を島に送る。
 小林市長の政敵で科学者の渡辺博士が犬の疫病の治療薬を開発する。しかし市長は博士を監禁してしまう。
 かわいそうな犬たちを救うために学生たちが立ち上がる。
 ・・・・・



・ 監督: ウェス・アンダーソン
・ 声の出演: エドワード・ノートン、ビル・マーレイ、野村訓市、ブライアン・クランストン、コーユー・ランキン、ジェフ・ゴールドブラム、ボブ・バラバン、スカーレット・ヨハンソン、グレタ・ガーウィグ、フランシス・マクドーマンド、渡辺謙、ハーヴェイ・カイテル、フィッシャー・スティーヴンス、伊藤晃、リーヴ・シュレイバー、ティルダ・スウィントン、F・マーレイ・エイブラハム、オノ・ヨーコ、高山明、フランク・ウッド、村上虹郎、野田洋次郎、夏木マリ、松田翔太、松田龍平、アンジェリカ・ヒューストン

■犬ヶ島 ISLE OF DOGS (2018/2018、ドイツ/米国、英語/日本語、アニメ)(字幕版)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ウェズリー・スナイプス コンタクト (2017) ■
森の中にいた人たちが異星人と遭遇する。よくあるパターンだけど、町で撮影して関係者以外の人が写ってしまうと面倒だからではないだろうか、と勝手に思っている。

DVDで観た

昔の火星人はタコの形をしていた。進化論にあてはめにくいタコは元々地球外生命体という説があるらしい。


□ ロブやカラなど男女5人の若者たちが湖畔の別荘に行く。付近には敵意むき出しの狩人の小屋があった。
 世界各地で奇妙な雲が観測される。別荘から見える空にも現れた。
 TVでは過去に異星人に捕らわれて手術されたと言う男が熱く語っている。
 別荘近くの雲が拡大していく。

 夜、空中に浮かぶタコのような生物が別荘に入ってくる。ロブが拳銃で撃つとカラに当りカラが死ぬ。
 空中に浮かぶ巨大な飛行物体がロブを空中に浮かばせて取り込んだ。
 逃げ回る若者たちを狩人が木の上から見ている。
 狩人は元宇宙飛行士だった。1995年、宇宙にいた彼が気がつくと宇宙服のまま砂漠にいた。彼は宇宙人に拉致されたと報告したが正気を失ったとされて軍を追い出された。

 TVでは訪問者が去ったと伝えていた。
 5人は別荘を出発した。


・ 監督 マウロ・ボレッリ
・ 出演 ウェズリー・スナイプス、 RJ・ミッテ、ジェディダイア・グッドエイカー、ローラ・ビルゲリ、ニコ・ペパイ

■ ウェズリー・スナイプス コンタクト THE RECALL (2017/2017)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

万引き家族 (2018) ★
みんな家族が欲しかった。
 万引きや窃盗で暮らしているとんでもない家族のお話だけど、働ける大人3人がろくな仕事につけていないなどいろんな問題を含んでいる。なんにも解決しないけれど深刻に描いてはいない。悪いことばかりしているけれど微笑ましく思えてしまう。
 おばあちゃんは寂しい独り暮らしを何年も続ける代わりにわいわいがやがや過ごせてうれしかったと思う。
 カンヌ映画祭パルムドール(グランプリ)受賞作。
 前回日本映画がパルムドールを受賞したのは21年前の今村昌平監督「うなぎ」。柄本明はどちらにも出演している。

□ 荒川区(東京)の古びた家に住む5人。中年男の治は日雇い、信代はランドリーのパート、若い亜紀はJK見学店で働いている。祥太は学校とは家で勉強できない子供が行くところと教えられている。おばあちゃんの年金は月6万円。足りない部分は家族の万引きで補っている。
 2月の寒い夜、治と祥太は万引きの帰りアパートの廊下にひとりでいた幼い女の子を連れ帰る。ゆりという女の子はそのままいついてしまう。ゆりは体中傷だらけで腕にはやけどの痕もあった。
 治はゆりにも万引きを教える。治は祥太に「自分も何か手伝ったほうが家にいやすくなる」と説明した。
 2か月後、TVで5歳の「じゅり」という女の子が行方不明と報道される。両親はその間捜索願を出していなかった。
 ゆりの髪を短くして名前を「りん」に変えた。みんなで海水浴に行った。
 祥太がりんを連れて駄菓子屋に万引きに入った時、主人はふたりにキャンデーをくれて翔太に「妹にはさせるなよ」と言った。
 祥太は自分がしているのは悪いことではないかと思い始める。
 ・・・・・


・ 原案・脚本・監督・編集: 是枝裕和
・ 出演:  リリー・フランキー、 安藤サクラ、 松岡茉優、 城桧吏、 佐々木みゆ、 樹木希林、 柄本明、 池脇千鶴

■万引き家族 (英題: SHOPLIFTERS ) (2018、日本)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ゲティ家の身代金 (2017) ★
16歳の孫を誘拐された大金持ちが身代金の支払い拒否する。払うことになると今度は値下げ交渉をする。思いがけない展開に誘拐犯たちも大慌て。1973年にローマで実際に起きた事件を基にした小説の映画化。
 朝の3時にタバコを吸いながら町をぶらついて女を買おうとしている16歳なんてひどい目にあっても自業自得。
 未成年なんだからハシシくらいやっていると言う母親もどうしようもない。

 映画だとポールの救出と同じころにジャン・ゲティが死んだように見えるが実際には3年後の1976年に亡くなった。ただしこの映画はドキュメンタリーではないので許容範囲内。
 映画の最後、アビゲイルが遺産を相続したようにみえる。ジャン・ゲティとアビゲイルに血縁関係はないのでおかしい。もしポール救出と同じころに死んだのならポールは成人(18歳)未満なので後見人の立場かもしれない。しかし孫は14人いると言っているのでこれも不自然。

 報道によれば、映画製作もとんでもない展開となった、本作は当初ジャン・ゲティ役をケヴィン・スペイシーが演じて2017年5月末に撮影が終了した。公開まで1カ月あまりとなった10月末にケヴィン・スペイシーがスキャンダルで降板、代役としてクリストファー・プラマーが起用されて急きょジャン・ゲティのシーンの再撮影が行われた。クリストファー・プラマーはゴールデン・グローブ賞助演男優賞とアカデミー賞助演男優賞にノミネートされた。
 後になって追加撮影のギャラとしてミシェル・ウィリアムズは1000ドルだったのに対し、マーク・ウォールバーグは値上げを要求して150万ドルをせしめたことがわかりマーク・ウォールバーグは非難を浴びた。


□ 1973年7月10日未明のローマ、16歳の米国人ジャン・ポール・ゲティ3世(以下ポール)が誘拐され1700万ドルの身代金が要求される。英国に住む祖父のジャン・ポール・ゲティ(以下ジャン・ゲティ)は石油で財をなした世界一の大金持ち。ポールの母親のアビゲイルは離婚して家賃を滞納するほどお金に困っているが孫のために義父(ジャン・ゲティ)がなんとかしてくれると信じていた。
 しかしジャン・ゲティはホテルに泊まってもクリーニング代がもったいないと自分で洗濯する吝嗇家。マスコミに対し「一銭も払う気はない」と言い放った。世界中から「自分が犯人。金を寄こせ。」という手紙がアビゲイル宛に届く。
 ジャン・ゲティは警備と交渉担当のチェイスに金をかけないでポールを取り返すように命じる。
 ローマに入ったチェイスが探るとポールが偽装誘拐で祖父から金をせしめようと考えていたことがわかり、警察もチェイスも偽装誘拐と判断した。
 警察から黒焦げで海水に漬かったポールの死体が見つかったと連絡がある。アビゲイルとチェイスが警察に行くと死体は大人のものだった。
 死体の身元からわかった一味のアジトに警官隊が踏み込みポールの服が見つかる。犯人側の生存者から一味が別の投資家にポールを売ったことがわかる。
 新聞社に、ポールの写真と切り取られた耳が送られてくる。
 ・・・・・


> 救出されたジョン・ポール・ゲティ3世は1981年(25歳)の時に薬物とアルコールにより脳梗塞で倒れ、重度の障害を負ったまま2011年(54歳)になくなった。その間、母アビゲイルは介護を続けた。

・ 監督: リドリー・スコット
・ 原作: ジョン・ピアソン"Painfully Rich: The Outrageous Fortunes and Misfortunes of the Heirs of J. Paul Getty"
・ 出演: 
   ミシェル・ウィリアムズ     ,,, アビゲイル・ハリス
   クリストファー・プラマー    ,,, ジャン・ポール・ゲティ
   マーク・ウォールバーグ    ,,, フレッチャー・チェイス

   ロマン・デュリス         ,,, チンクアンタ
   ティモシー・ハットン       ,,, オズワルド・ヒンジ
   チャーリー・プラマー      ,,, ジャン・ポール・ゲティ三世

【英語】 hair of the dog  迎え酒

■ ゲティ家の身代金 ALL THE MONEY IN THE WORLD (2017/2018、、米国/イタリア) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

シンクロナイズドモンスター (2016) ★
ソウルに現れた怪獣がなぜか米国東海岸にいる女性と同じ動作をするコメディ。
なぜそうなるのか説明はテキトーだけど軽い娯楽映画。DVDで観た。

> 米国映画では一戸建ての家の鍵は玄関マットの下か植木鉢の底に決まっている。集合住宅の場合はドアの枠の上。

□ ニューヨーク。アル中なうえにだらしのないグロリアは1年間失業の末とうとう彼氏のティムに追い出され故郷に戻る。
 空き家になっていた生家に住み始めたグロリアは、今はバーを経営している幼馴染のオスカーと再会しオスカーのバーで飲んだ。明け方グロリアは歩いて自宅に帰る。
 夕方目覚めるとネットやTVではソウルに出現した巨大な(原題)怪獣で大騒ぎ。怪獣は街を破壊しこつぜんと消えた。
 グロリアはオスカーのバーで働くことになる。怪獣の話題のおかげでオスカーの店は客が入るようになる。

 怪獣はなぜかグロリアのいる東部時間の朝8時5分に現れる。25年前にもソウルに出現したと騒いだ人がいたがいたずらだと思われた。
 グロリアには頭頂部を触るくせがあったが、映像を見ると怪獣も同じ仕草をしていたことに気がつく。
 なんと怪獣はグロリアと同じ動作をしていた。グロリアが朝の登校時間に公園ですることをソウルで怪獣がしていた。

 グロリアは朝オスカーと2人の飲み仲間を連れて公園に行く。
 オスカーたちがソウルのライブ映像を見ている前でグロリアが踊るとソウルの怪獣も踊った。怪獣がミサイル攻撃されるとグロリアも痛かった。思わずグロリアが手を振り回すと、ヘリコプターに当たり爆発して墜落した。

 ソウルでは怪獣と共に巨大ロボットが現れた。どうもオスカーらしい。グロリアは自分がたくさんの人たちを殺してしまったと悩む。

 グロリアは町の韓国人にハングルで謝罪文を書いてもらう。ソウルでは怪獣が地面にハングルを書いたのでびっくり。グロリアはもう公園には行かないつもりだった。

 ところが・・・・・・



・ 監督: ナチョ・ビガロンド
・ 出演: 
   アン・ハサウェイ        ,,, グロリア
   ジェイソン・サダイキス     ,,, オスカー
   ダン・スティーヴンス      ,,, ティム
   オースティン・ストウェル    ,,, ジョエル
   ティム・ブレイク・ネルソン   ,,, ガース

■ シンクロナイズドモンスター COLOSSAL (2016/2017)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

デッドプール2 (2018) ★
身体の一部を失っても再生可能な不死身の身体を持つ一応ヒーローのデッドプール。「デッドプール (2016)」の続編。
 エグゼビアの学校にも出入りはするがXメンとしては見習い(trainee)の扱い。Xメンたちがちらりと映るが無視される。
 続編として「デッドプール3(原題)」「Xフォース(原題)」がアナウンスされている。

 TVでバーブラ・ストライサンドが"Papa Can You Hear Me."と歌っているのは「愛のイエントル(1983)」
 デッドプールがコロッサスをブリキ男"Tin-Man"と呼ぶ。「オズの魔法使 (1939)」
 デッドプールがケーブルを“ジョン・コナー”と呼ぶ。「ターミネーター(1984)」
 デッドプールがケーブルを“片目のウィリー”と呼ぶ。「グーニーズ(1985)」
 ウェイドが足を組み替える。「氷の微笑 (1992)」
 組み分け帽 : 「ハリーポッター」
 デッドプールがケーブルを「サノス」と呼ぶ場面がある。「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー(2018)」でジョシュ・ブローリンはサノスを演じている。
 エンドクレジット中に出てくる「グリーン・ランタン (2011)」はライアン・レイノルズ主演。
 他にも映画のタイトルがたくさん出てくるけれど省略
 ミュータントの孤児たちが虐待されていた孤児院の看板はエセックス・ハウスと読める。ニューヨークの高級ホテルの名前。
 台詞に出てくる「ユナボマー」は1978~95年に大学や航空関連企業等に爆弾を送ったテロリスト

□ 愛するヴァネッサを失い自暴自棄になっているウェイドは、ミュータント孤児院で炎を操って暴れていたラッセル少年を救おうとしてふたりともミュータント刑務所に入れられてしまう。
 孤児たちを虐待する孤児院の院長を殺したいラッセルは最強の囚人に近づく。
 まだ子供のラッセルを殺そうと未来からケーブルがやってくる。
 ウェイドはラッセルを守るため特殊能力を持つメンバーを募集する。Xメンでは性差別なのでXフォースと名付ける。
 Xフォースはラッセルのいる囚人護送車目掛けて空から降下する。
 ケーブルが護送車を襲う。
 ラッセルは最強の囚人ジャガーノートを解放する。
 ・・・・・・


> ジャガーノート (Juggernaut)はプロフェッサーXの義兄。

・ 監督: デヴィッド・リーチ
・ 出演: 
   ライアン・レイノルズ    ... ウェイド・ウィルソン/デッドプール
   ジョシュ・ブローリン    ... ケーブル
   モリーナ・バッカリン    ... ヴァネッサ
   ジュリアン・デニソン    ... ラッセル/ファイヤーフィスト
   ザジー・ビーツ       ... ドミノ
   カラン・ソーニ       ... ドーピンダー、タクシードライバー
   レスリー・アガムズ    ... ブラインド・アル
   ブリアナ・ヒルデブランド ... ネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッド
   忽那汐里          ... ユキオ
   (ヒュー・ジャックマン)

> 忽那汐里が演じているユキオ(雪緒)というキャラクタは、「ウルヴァリン:SAMURAI (2013)」では福島リラが演じていた。

■ デッドプール2 DEADPOOL2 (2018/2019)(字幕)
(追記 ネタバレ)
[ >>>続きを読むにはクリック! ]

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ロダン カミーユと永遠のアトリエ (2017) ■
40過ぎの妻子のいる中年男が24歳も年下の若い女と恋愛関係になってしまい、かといって古女房も忘れられず。結局男は年寄りを選び若い女は心を病む。オーギュスト・ロダンと弟子で彫刻家のカミーユ・クローデルの映画。
 最後の方、やたら全裸の女性が出てくる。DVDで観た。

 全裸のバルザック像も実話なのだろうか。静岡県立美術館に「裸のバルザック」と名付けられた作品があるが映画に出てきたのはもっと生々しいものだった。

□ 1880年。 ロダンは40歳にもなってやっと才能を認められ初めて国から依頼を受けて「地獄の門」の制作に取り掛かる。
 デッサンに1年もかけ、粘土で造形を作ってみた。構想がまとまらず悩んだロダンは若い助手のカミーユの意見を聞くようになる。
 やがてふたりは恋仲となる。ロダンには長年連れ添った4歳年下の事実婚の妻ローズがいたが、ロダンはローズと別れようとはしなかった。
 サロンに出した「バルザック」が酷評される。モネ、セザンヌ、ロートレック、たくさんの芸術家たちがロダンを擁護した。
 別れたカミーユが、ロダンが自分の盗作したと激しく非難する。


> ロダンとカミーユは1898年に破局した。カミーユは心を病むようになり1943年に78歳で精神病院で亡くなった。
> 1917年、ロダンは死期の迫ったローズと結婚した。ローズはほどなく、ロダン(77)も9か月後に亡くなった。

・ 監督: ジャック・ドワイヨン
・ 出演: 
   ヴァンサン・ランドン   ... ロダン
   イジア・イジュラン     ... カミーユ
   セヴリーヌ・カネル     ... ローズ・ブーレ

【映画の中の日本】  着物を着た日本人女性がヌードモデルになる。
【映画の中の日本】  映画の最後に彫刻の森の「バルザック像」が映る。

■ ロダン カミーユと永遠のアトリエ RODIN (2017/2017、フランス) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

大英博物館プレゼンツ 北斎 (2017) ★★
2017年に世界中から作品を集めて大英博物館で開催された北斎展“Hokusai: Beyond the Great Wave”に合わせてNHKも協力して制作された北斎の伝記。
 北斎フリークの外国人たちが熱く熱く北斎を解説しているが感心させられることばかり。
 浮世絵は版画だから何枚でも刷ることができるが後になるほど品質が落ちていく。状態の良いものが集められた。
 北斎の絵については多少は知っているつもりだったが、色鮮やかな知らない作品がたくさんあった。
 年齢を重ねても衰えるどころかますます腕を上げ「富嶽三十六景」は60歳過ぎの仕事。
 北斎の幼いころから頂点を極めて亡くなった90歳の絵画『富士越龍図』まで、多彩な作品が紹介されている。

 最近観た「ゴーギャン タヒチ、楽園への旅 (2017)」のタヒチの仕事場にはグレートウェーブ(神奈川沖浪裏)があったが多くの西洋の芸術家たちに影響を与えた。

・ 監督: パトリシア・ウィートリー
・ ナレーション: アンディ・サーキス

■大英博物館プレゼンツ 北斎 HOKUSAI: OLD MAN CRAZY TO PACIENT (2017/2018、英国/日本、英語/日本語)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ロング,ロングバケーション (2017) ★
老いた夫婦が彼らを病院や施設に入れようとする子供たちから逃亡するコメディ。
 子供たちにしてみれば医師や看護師、見守ってくれる介護師のいる場所は安心できると思うかもしれないが、入れられた老人は人生の楽しみを奪われ死を待っているだけの生活が続く。
 比較的正気の時、ジョンはエラに自分が施設に入れられることになったら銃口を自分に向けてショットガンを持たせてくれと頼む。
 見込みがないと分かっているのに入院させて治療を受けさせるのは虐待。

 夫は長年文学教師だった。夫の頭はなんでもないかと思うと一瞬で自分の子供の名前さえわからなくなる。かと思うと昔の生徒の名前をはっきり覚えていたりする。ダイナーのウェイトレスに「老人と海」を延々と暗唱する。妻は夫のためにフロリダ キーウエストのヘミングウェイ・ハウスに連れていく。たまたま結婚式が行われていたせいかあまりの騒々しさに妻はがっかりするし私も行きたいとは思わない。夫はよくわからず浮かれている。

 夫婦は夜昔の家族のスライドをスクリーンに映している。まわりの家族キャンパーたちは自分たちもあんな老後を過ごしたいと思うだろう。
 ハッピーエンド


□ マサチューセッツ州に住むジョンとエラは若いころに結婚して50年間も連れ添ってきた。二人の子供に孫もいる。しかしジョンはアルツハイマーでエラは末期癌。エラが入院する日、子供たちが迎えに行くと二人ともいない。二人が長年使っていたキャンピングカーの「レジャーシーカー(原題)」も消えていた。エラは大きい車の運転はできないので運転しているのはアルツハイマーのジョンのはず。
 エラはヘミングウェイを崇拝するジョンのために最後に一度ヘミングウェイ・ハウスを見せたいと南に向かっていた。


> 字幕「トランクス」、英語音声は「ボクサー」と聞こえた。

・ 監督: パオロ・ヴィルズィ
・ 原作: マイケル・ザドゥリアン"The Leisure Seeker (2009)" (翻訳本『旅の終わりに』)
・ 出演: 
   ヘレン・ミレン           ... エラ
   ドナルド・サザーランド      ... ジョン
      クリスチャン・マッケイ、ジャネル・モロニー、ダナ・アイヴィ、ディック・グレゴリー

■ ロング,ロングバケーション THE LEISURE SEEKER (2017/2018、イタリア/フランス、英語)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

嘆きの王冠 ホロウ・クラウン ヘンリー四世 第二部 (TV2012)
「ヘンリー四世第一部」に続く「第二部」をDVDで観た。

 “ホットスパー”ハリー・パーシーを担ぎ上げた反乱軍は敗れたものの反乱の種は依然くすぶっていて再び反乱がおきる。その一方でヘンリー四世の病が悪化していく。
 シェイクスピアの舞台劇の映像化だけど一応史実をベースにしている。反乱軍の首謀者たちが騙されて捕らえられるのは実際に起きたことらしい。それに対して戦場でハル王子とハリー・パーシーが直接対決するなんてうそくさい。

□ 反乱軍のハリー・パーシーが倒れ国王軍が勝利する。
 ヨーク大司教が反乱軍をとりまとめて挙兵する。
 国王に命じられたランカスター公が軍をひきいて反乱軍討伐に向かう。
 酒場にいりびたっていたフォルスタッフは再び徴兵をしながら戦場に向かう。
 ランカスター公の使いがヨーク大司教の元にやってきて和睦について話し合いたいと伝える。しかしこれは罠で反乱軍の首謀者たちは逮捕され反乱は収束した。
 ハル王子か帰還するが、ヘンリー国王は病に伏せっている。
 ヘンリー国王はハル王子に王冠をかぶせて息絶えた。ハル王子をさんざん諫めてきた法院長は新国王に排斥されるものと覚悟する。
 ハル王子はこれまでの愚行を改めると約束してヘンリー五世国王となる。
 ハル王子の放蕩仲間だったフォルスタッフは新国王に厚遇されるものと信じ切って戴冠式に駆けつける。・・・



・ 監督: リチャード・エアー
・ 原作: ウィリアム・シェイクスピア
・ 出演: 
   ジェレミー・アイアンズ     ... ヘンリー四世
   トム・ヒドルストン         ... ハル王子/ヘンリー五世
   サイモン・ラッセル・ビール   ... フォルスタッフ
   イアン・グレン           ... ウォリック伯
   ジュリー・ウォルターズ      ... クィックリー夫人


■嘆きの王冠 ホロウ・クラウン ヘンリー四世 第二部 THE HOLLOW CROWN: Henry IV, Part 2 (TV2012)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画