どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

スパイダーマン:ホームカミング (2017) ★★
すでに「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016)」でアベンジャーズとベルリンで顔合わせをしているスパイダーマンのリブート第一作。
タイトルシーンで昔のスパイダーマンのテーマ曲が流れる。
「ホームカミング」というのは卒業生を招いて在校生と共に楽しむ学校の行事らしい。

 「ナイスガイズ! (2016)」に出演していたアンガーリー・ライスが演じている生徒、ベティ・ブラントは本作ではあまり目立たないが、原作コミックでは将来スパイダーマンとかかわるキャラクターで、「スパイダーマン(2002)」ではエリザベス・バンクスが演じた。
 ピーターを無関心を装って見ているミシェル・ジョーンズ(ゼンデイヤ)は原作コミックにはいないようだが、最後に自分の事をMJと言っている。スパイダーマンのMJと言えばメリー・ジェーン・ワトソンで、ピーター・パーカーの恋人。「スパイダーマン(2002)」ではキルステン・ダンストが演じた。
 何かとピーターに対抗するフラッシュ・トンプソンは将来地球外生命体ヴェノム・シンビオートに寄生される。

 バルチャー役のマイケル・キートンは「バットマン (1989)」ではバットマンだった。
 町で窓から顔を出して「痛めつけるぞ。小僧!」とどなっているゲイリーはマーベル・コミックのスタン・リー
 エンド・クレジットの途中と最後に映像

 今後のスパイダーマン出演予定は「アベンジャーズ インフィニティウォー(原題)(2018)」「スパイダーマン続編(2019)」。


□ ピーター・パーカー(スパイダーマン)はトニー・スタークにアベンジャーズに入りたいと言うがスタークはそのうち部下のハッピーを通じて連絡するからそれまではご近所を守っているようにと言われる。しかたなくスタークにもらったスーツを着て自転車泥棒を捕まえたりお年寄りに道案内したりして地道に活動している。

 ニューヨークのクイーンズに住む15歳の高校生のピーターはミッドタウン高校ではスターク社の研修生ということになっている。成績優秀で学校の頭脳チームの一員だがしばしば重要な時に研修を理由に姿を消してしまう。美人で頭が良くて頭脳チームのリーダーのリズにあこがれているけれど好きだと打ち明けられない。
 同級生で親友でオタクのネッドにスパイダーマンだとばれてしまう。ネッドの解析でスーツの全機能を使えるようになるが機能が豊富すぎて使いこなせない。

 ある夜、ATM強盗を見つけたピーターは一味を捕らえようとするが、一味はとんでもないハイテク武器を持っていて戦ったあげくピーターがなじみのデルマー食料品店が巻き込まれて全壊してしまう。元解体業者のエイドリアン・トゥームス率いる一味がアベンジャーズがエイリアンと戦った残骸を盗んで武器に加工して売っていた。トゥームスはアベンジャーズに見つからないようにしていたが、子分が武器を使って荒稼ぎをし始めた。
 ピーターはハッピーに緊急事態だと伝えるが、アベンジャーズ本部の北部移転で忙しいハッピーは相手にしてくれない。
 ピーターはスタークの手を借りずに事件を解決して実力を示そうとする。
 トゥームスはスパイダーマンの口を封じようとする。
 学校ではホームカミングが近づいていた。ピーターはリズを誘いたいが話しかけることができない。
 ・・・・・


・ 監督: ジョン・ワッツ
・ 原作: スタン・リー/スティーヴ・ディッコ
・ 出演: トム・ホランド、マイケル・キートン、ジョン・ファヴロー
   ゼンデイヤ、 ジェイコブ・バタロン、 ローラ・ハリアー、 トニー・レヴォロリ、 アンガーリー・ライス、 ドナルド・グローヴァー、 ボキーム・ウッドバイン
   タイン・デイリー、 マリサ・トメイ、 ロバート・ダウニー・Jr、 グウィネス・パルトロー、ジェニファー・コネリー(スーツレディの声)

■スパイダーマン:ホームカミング(字幕) SPIDER-MAN: HOMECOMING (2017/2017) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

王様のためのホログラム (2016) ★
トム・ハンクス主演のドラマ。DVDで観た。
 かって大企業の取締役だった中年男がクビになり、再就職したⅰT企業からまったくなじみのないサウジアラビア王国の王様への売り込みを命じられる。
 失敗すれば当然クビ。しかし文化のまったく違う国では、約束は守られず時間はあってないようなもの。平気で本当ではないことを言うが悪意はないらしい。酒が厳禁の国で気を休めることもできない。
 本社からは責められる。離婚した妻からは娘の学費を出せと責められる。娘は唯一の味方だけど大学に行けずウエイトレスをして働いている。
 なぜかやたら〝中国”が出てくる。米国内の橋の建設を中国企業が落札したり、アランの背中のこぶの手術に中国人医師が現れたり・・・


□ 老舗自転車メーカー、シュウィン社の取締役だったアラン・クレイは失職した。
 アランはIT企業のレリアンド社に採用される。採用理由はアランがサウジアラビア国王の甥と知り合いだったため。
 アランは国王に画期的なテレビ会議システム“3Dホログラム”を売り込むためサウジアラビアに派遣される。

 アランは国王と会うことになっているKMET(国王の経済・貿易・新都市)行のバスに乗り遅れたため運転手つきの車を頼む。やってきたのは米国に留学していたというやたら冗談好きで、騒がしい米国音楽大好きなユセフ。約束の時間を大幅に遅れて到着するが、出迎えたサイードは国王は今日はいないが担当のカリーム氏が午後3時に会うとアランに伝えた。
 アランの3人の部下たちは外の汚い殺風景なテントの中でプレゼンテーションの準備をしていた。必須なWiFiもなく食べ物もない。
 午後3時に建物に戻ると受付の女性は『カリーム氏は今日は戻らない。明日ならいつでも会える。』と言った。
 ホテルに戻ったアランは背中に大きなこぶがあるのに気づいた。

 翌日、病院に行くとこの国には珍しい女性のハキム医師がただの脂肪腫と思われるが念のため組織を採取して検査すると言った。
 KMETに行くが相変わらずカリーム氏はいない。
 本社の上司からは盛んに催促の電話がかかってくる。
 準備のために働いている部下たちは食事も出されず空調まで切られてぐったりしていた。業を煮やしたアランはとんでもない行動に出る。
 ・・・・・・



・ 監督: トム・ティクヴァ
・ 原作: デイヴ・エガーズ
・ 出演: トム・ハンクス、 アレクサンダー・ブラック、 サリタ・チョウドリー、 シセ・バベット・クヌッセン、 ベン・ウィショー、 トム・スケリット

■王様のためのホログラム A HOLOGRAM FOR THE KING (2016/2017)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

東京喰種 トーキョーグール(2017、日本)★
食べ物として人間の肉しか受け付けないのに人間を殺さずにひっそり生きているグールたちに、グール狩りのCCGが迫ってくる。
かなり暗め。弩Sのトーカと、カネキのトレーニングの場面がおもしろかった。
CCG亜門の武器の有効性がわからなかった。真戸にしても人間の体力でグールの武器を操ってグールと同等以上のの力を発揮できそうになく、対決シーンに迫力を感じられなかった。

□ 外見は人間そのものだが通常の食べ物は受け付けず人間のみを食料とする喰種(グール)が発見されCCG(グール対策局)によって多くのグールが駆除された。生き残ったグールたちは息をひそめて隠れている。
 大学生のカネキは以前からあこがれていたリゼとやっとのことでデートにこぎつける。夜の公園でリゼはグールの正体を現しカネキに襲いかかった直後に死ぬ。医師は死んだリゼの内臓をカネキに移植しカネキは一命をとりとめる。ところがカネキは食べ物を受け付けなくなり無理に食べると吐いてしまうようになる。カネキは自分が半グール半人間になったことを悟る。
 飢えたカネキは喫茶店「あんていく」にたどりつく。グールはコーヒーだけは飲んでおいしいと感じられる。あんていくの店主芳村もトーカたち店員も実はグールで、彼らは人間を殺さずに隠れて暮らしていた。客の多くもグールだった。
 夫をCCGに殺された妻と娘があんていくに匿われる。
 CCG本部からやってきたふたりの捜査官、真戸と亜門は殺したグールに妻がいたと考え捜査を始める。
 ・・・・・・


・ 監督: 萩原健太郎
・ 原作: 石田スイ
・ 出演: 窪田正孝、 清水富美加、 鈴木伸之、 大泉洋、 小笠原海、 村井國夫、 相田翔子、 桜田ひより、 柳俊太郎、 白石隼也、 蒼井優

■東京喰種 トーキョーグール(2017、日本)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

バーフバリ 伝説誕生 (2015、インド) ★
インドの伝説の戦士バーフバリを描くVFXを駆使したアクション・ファンタジー大作2部作の1作目。DVDで観た。

□ マヒシュマティ王国の下流の巨大な滝の下に住んでいる村人たちが河の中で泣いている赤ん坊を見つける。河の中から突き出した腕で赤ん坊を支えていた高貴な婦人は滝の上を指さし、流されていった。 村の女、サンガは、滝の上に続く洞穴の入り口をふさがせて赤ん坊をシヴドゥと名付け自分の子として育てた。

 シヴドゥは子供のころから滝の上にのぼりたがった。青年になってもシヴドゥは、なんど滑り落ちても滝登りに挑戦した。
 サンガは、シヴドゥに滝登りをやめさせるため河で汲んだ水を坂の上まで運びあげてシヴァ神のご神体に1016回注ぐ願掛けを始める。見かねたシヴドゥは重いご神体をかつぎあげて運び滝の下に置いて水を注ぐ手間をなくした。村人はシヴァ神がサンガの願いをかなえるのか、それともご神体を運んだシヴドゥの願いをかなえるのだろうかとささやきあった。

 滝の下で仮面を拾ったシヴドゥは滝への興味を失い仮面に執着するようになる。仮面の主の女性に会いたくなったシヴドゥは仮面が落ちてきた滝に挑戦し、ついに滝の上に達する。
 シヴドゥは仮面の持ち主の女戦士アヴァンティカと出会う。ふたりは恋人同士となるが、アヴァンティカにはデーヴァセーナ妃を救出する使命があった。シヴドゥはその使命を引き受ける。

 残虐な暴君バラーラデーヴァ国王が支配するマヒシュマティ王国の武器工場長のカッタッパは優れた剣士でもあるが、身分は王家に仕える奴隷。王宮の中庭には前王の王妃デーヴァセーナ妃が25年間も鎖につながれていた。カッタッパの剣の腕ならば鎖を断ち切るのは容易だがデーヴァセーナ妃は許さなかった。デーヴァセーナは25年前、赤ちゃんの時に消えた息子が生きていて自分を助けに来ると信じていた。

 バラーラデーヴァ国王の誕生日を祝う式典が開かれる。巨大な黄金像をたてるために人夫たちが綱を引くが像が倒れて人夫達が下敷きになりそうになったとき、怪力の男が綱を引いて彼らを助けた。男を見た老人が「バーフバリ!」とささやき、「バーフバリ」の声が広場中に広がった。立てられた黄金像はまるでバーフバリをたたえているように見えた。
 シヴドゥは宮殿に忍びこんで火をつけ混乱の中でデーヴァセーナ妃を馬車で救出する。

 王子と共にシヴドゥを追いかけたカッタッパはシヴドゥに切りかかるがその顔を見たとたん武器を捨て「バーフバリ」と叫んでひれ伏した。カッタッパと共に追いかけてきた兵士たちも、アヴァンティカの仲間の戦士たちも、滝の下から来たシヴドゥの母親と村人たちもひれ伏した。シヴドゥは、デーヴァセーナ妃と前国王バーフバリの王子だったのだ。

 50年前、シヴドゥの祖父ヴィクラマデーヴァがマヒシュマティ王国を建国した。国王の兄ビッジャラデーヴァは身体が不自由だった。ヴィクラマデーヴァ国王が急死し、国政はビッジャラデーヴァの妻シヴァガミ妃が代行する。王妃が王子バーフバリを産み死去する。 バーフバリと、ビッジャラデーヴァの息子バラーラデーヴァは共に文武に優れた青年に成長する。
 隣国カーラケーヤが10万の軍で攻めてくる。マヒシュマティ王国軍はわずか2万5千。バーフバリとバラーラデーヴァの活躍でマヒシュマティ王国軍はカーラケーヤを撃退した。
 シヴァガミ妃はバーフバリを国王とした。
 しかしバーフバリ国王は家臣の裏切りで殺された。

 "bãhubali THE CONCLUSION"に続く。



・ 監督: S・S・ラージャマウリ
・ 出演: 
   プラバース         .... シヴドゥ/バーフバリ
   ラーナー・ダッグバーティ  .... バラーラデーヴァ
   アヌシュカ・シェッティ   .... デーヴァセーナ妃
   タマンナー         .... 女戦士アヴァンティカ
   SATHYARAJ        .... カッタッパ
   ナーセル           .... バラーラデーヴァ
   RAMYA KRISHNA       .... シヴァガミ

> タイトルやクレジットは英語。言語はテルグ語/タミル語?

■バーフバリ 伝説誕生 bãhubali THE BEGINNING (2015/2017、インド) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

アラビアの女王 愛と宿命の日々 (2015) ★
19世紀末~20世紀初頭、欧米人がほとんど立ち入らない中東の砂漠地帯を現地人の案内で何度も旅した英国人女性ガートルード・ベルの伝記映画。DVDで観た。原題は「砂漠の女王」

 当時は先進国でさえ男性優位主義の時代で女性が蔑視されていた。ガートルードが生まれ育った英国の上流社会でも女性はパーティの飾りとしか見られていなかった。しかしガートルードは女性の大学進学が珍しかった時代に、オクスフォード大学を最優秀の成績で卒業した。映画には出てこないが世界一周旅行をして日本にも立ち寄っている。登山家としても知られモンブランにも登頂、スイスのベルナー・オーバーラントには"Gertrudspitze"という峰がある(注)。
 アラビア語を学び多くの部族がひしめく中東の砂漠を現地人の従者と共に何度も旅行し、1907年には著書“Syria: The Desert and the Sown”を出版した。

 かって広大な領土を支配したオスマン帝国は勢力を弱めていた。第一次世界大戦ではドイツ側となるが敗戦。オスマン帝国は崩壊した。オスマン帝国が支配していた中東地域を列強各国が奪い合った。中東についてもっとも詳しいガートルードはどのように分割するか意見を求められた。現在のイラクやシリアの国境線にはガートルードの意見が反映されている。
 ガートルード・ベル役はニコール・キッドマン。義母役に「2300年未来への旅 (1976)」等のジェニー・アガターが出演している。

□ 英国の上流階級出身のガートルード・ベルは、堅苦しい生活にうんざりして英国を飛び出し、ペルシャ公使としてテヘランに赴任していた伯父の元に身を寄せる。公使館員のヘンリー・ガドガンと知り合い恋に落ちる。身分の低いガドガンとの結婚に反対する父親を説得するため帰国している間にガドガンが死亡する。

 3年後、ガートルードはアンマン(現ヨルダン)から砂漠を旅行し若い考古学者のT.E.ロレンス(アラビアのロレンス)とも出会う。
 ダマスカス(現シリア)の英国領事館に立ち寄ったガートルードは領事のワイリーに『ドルーズ派のいる危険な地域に行く。消息を絶ったとしても探さないでほしい』と伝える。ガートルードはドルーズの首長に歓待された。
 ダマスカスに戻ったガートルードは、1850年代に旅行者の記録があるのみで現状は全く不明のアラビア半島中央部のハーイルに向けて1915年元日に出発する。
 ガートルードがダマスカスに戻った時、第一次世界大戦の戦火は欧州全土に広がっていた。

 第一次世界大戦によって5世紀にわたり中東を支配していたオスマン帝国の崩壊が始まり、列強各国は新たな植民地の獲得をねらう。
 英国はフランスとの間で、中東をどのように分割しどのように国境線を引きだれを国王にするべきか、部族について詳しくすべてを統括でき彼らを理解できるガートルード・ベルに意見を求めた。
 ・・・・・


・ 監督: ヴェルナー・ヘルツォーク
・ 出演: 
  ニコール・キッドマン    ................... ガートルード・ベル
  ジェームズ・フランコ    ................... ヘンリー・カドガン
  ダミアン・ルイス       ................... リチャード・ダウティ=ワイリー、ダマスカスの英国領事
  ジェイ・アブド        ................... ファトゥーフ、ガートルードの現地人従者
  ロバート・パティンソン    ................... T.E.ロレンス
  ジェニー・アガター      ................... フローレンス・ベル、ガートルードの義母、作家
  ホリー・アール         ................... Florence Lascelles

(注)日本語で書かれたガートルード・ベルWIKIPEDIA20170806にはエッドゥルーズ山地(シリア)の第5峰がガートルード峰と書かれているがスイスの間違いではないか。エッドゥルーズ山地"Jabal al-Druze"WIKIPEDIA20170806によればもっとも高い山Tell Qeniは1803m。

■アラビアの女王 愛と宿命の日々 QUEEN OF THE DESERT (2015/2017、モロッコ/米国、英語/アラビア語)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章 (2017、日本) ★
原作はまったく知らないがおもしかった。アメコミのスーパーヒーローとはまったく違うそれぞれのスタンドが突拍子もなくて笑った。戦うためには不利なスタンドを如何に工夫して戦うかがキーとなる。時には相手の手を予見して裏の裏の手を用意しておく知的なゲームでもある。
ちなみに原作は漫画雑誌に連載されているものだが、単行本は優に100巻を超えているそうで原作ファンはまったく違う見方をするのだろう。

□ 広瀬康一は異国風の街並みの人口6万人ほどの杜王町のぶどうケ丘高校に転校してくる。康一の世話係となった同級生の山岸由花子はかなりのドSで康一に山ほどの宿題を命じる。康一は不思議な力を持つ同級生東方仗助(ジョジョ)と出会う。ジョジョはばっちりキメタ髪形をけなされるとモーレツに怒り手を触れずに相手をぶちのめすことができる。ジョジョは“スタンド”と呼ばれる超能力を持っていて壊れたものをなんでも修復することができる。
 ジョジョは母朋子、警察官の祖父良平と暮らしている。町では変死体が次々と見つかり良平は頭を悩ましていた。
 ジョジョの前に空条承太郎と名乗る男が現れる。承太郎はジョジョより年上だがジョジョの父方の甥でやはりスタンド使いだった。
 一連の殺人事件の犯人片桐安十郎(アンジェロ)はじゃまをしたジョジョに仕返ししようとスタンドをジョジョの家に侵入させる。
 アンジェロのスタンドを目覚めさせた男がいた。
 ・・・・・・


・ 監督: 三池崇史
・ 原作: 荒木飛呂彦
・ 出演: 山崎賢人、 神木隆之介、 小松菜奈、 岡田将生、 新田真剣佑、 観月ありさ、 國村隼、 山田孝之、 伊勢谷友介
・ ロケ: スペイン

■ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(2017、日本)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

トランスフォーマー最後の騎士王 (2017) ★★
トランスフォーマーシリーズ第5作。
 アーサー王伝説の起源は中央アジアという説もあるようでローマ帝国の拡大と共にあちこちのお話が融合してイングランドあたりでまとめられヨーロッパに広まった架空の物語というのが定説らしいが、実はこれは間違いでアーサー王もマリーンもランスロットも実在した人物。ただし彼らと共に戦ったトランスフォーマーたちの事は秘密にされた。
 相変わらず中身はないけれどすさまじい映像が続く娯楽大作。こんなすごい映像をどうやって作ったのだろうという以前に、どうやって思いついたんだろうと感心する。
 邦題の「王」の起源は不明。
 最後に次作の前振り。2018年にスピンオフの「バンブルビー(原題)」、さらに2作がアナウンスされている。


□ エイリアンが次々に地球に襲来。人類はトランスフォーマーを敵とみなしTRFがトランスフォーマーを見つけ次第殺していた。
 孤児で14歳のイザベラはシカゴのがれきの中に隠れているトランスフォーマーたちを助けている。ケイド・イェーガーがイザベラたちを助けた時、死ぬ間際のトランスフォーマーからメダルみたいなタリスマンを渡された。イザベルは小型ロボットのスクィークスと共にかってにケイドについていった。指名手配されているケイド・イェーガーは娘とも会えない。
 英国オックスフォード大学教授でアーサー王伝説は作り話と教えているヴィヴィアンは突然車に拉致される。ケイドとイェーガーが連れてこられたのはバートン伯爵の城。バートン伯爵はアーサー王物語は真実でだと話し始める。
 地球上の6カ所に巨大な角のような物体が現れて成長している。サイバトロン星が地球に接近し人類絶滅まで3日。
 地球を救うカギとなるのはオプティマス・プライムたちの協力、マーリンの杖、そして最後の騎士。
 ・・・・・


・ 監督: マイケル・ベイ
・ 出演: マーク・ウォールバーグ、 ローラ・ハドック、 ジョシュ・デュアメル、 イザベラ・モナー、 アンソニー・ホプキンス、 スタンリー・トゥッチ
・ 声の出演: ピーター・カレン、 エリク・アーダール、 ジョン・グッドマン、 渡辺謙、 ジム・カーター、 オマール・シー

■トランスフォーマー最後の騎士王 TRANSFORMERS: THE LAST KNIGHT (2017/2017)(字幕版)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ザ・マミー 呪われた砂漠の王女 (2017) ★
ユニバーサル映画が昔の一連のモンスター映画を甦らせるダークユニバース(シリーズ)の第一弾。
「ミイラ再生(1932)」「ハムナプトラ/失われた砂漠の都(1999)」のリメイク。
ジキル博士は以降の作品にも登場するらしいが、この終わり方だとニック・モートンもいつか再登場?

古代エジプトで自らが次期王座につくはずだった王女の夢が弟の誕生で崩れ去る。王女は国王である父親、その妻、まだ赤子の弟を殺し王座につこうとするが、捕らえられ生きながらミイラにされエジプトからはるかに離れた地底に埋められた。王女の存在は歴史から抹消された。

輸送機が墜落中に機内が無重力状態になるところやロンドンの街が砂嵐に襲われるところなど見どころも多くおもしろかったけれど、ジキル博士が登場して“悪”と戦うという設定が強引すぎると感じた。当然ハイド氏も出てくる。

ニックとジェニーが行ったパブでバーテンダーがビールを注いでいるのが映る。英国ではビールを冷やさず泡が出ないようにコップの縁ギリギリまで注ぐ。

□ イラク駐留米軍兵のニックは任務の隙に遺跡を盗掘して売っている。ニックは偶然巨大遺跡を発見する。居合わせた考古学者のジェニーが驚いたことに、その地は文明発祥の地メソポタミアで古代ペルシャの地域なのに遺跡は古代エジプトのものだった。
 遺跡には悪を封じ込める力のある水銀で満たされた石棺があった。ジェニーはその石棺が父王を殺したアマネット王女のもので埋葬されたのではなく閉じ込められたものだと知る。
 見つかった石棺は輸送機に乗せられるが英国で墜落する。墜落する機内でニックにパラシュートをつけられて輸送機から放り出されたジェニー以外は全員死んだと思われたが、なぜか残骸から見つかったニックが無傷で生きていた。
 アマネット王女が甦りニックを追い始める。アマネット王女は自分を発掘したニックをセテパイ(選ばれしもの)として利用し王座につこうとしていた。ニックとジェニーがアマネットに追い詰められたとき謎の集団プロディジアムが現れアマネットを拘束する。
 プロディジアムを率いているのはヘンリー・ジキル博士だった。
 ・・・・・・


・ 監督: アレックス・カーツマン
・ 出演: トム・クルーズ、 ラッセル・クロウ、 アナベル・ウォーリス、 ソフィア・ブテラ、 ジェイク・ジョンソン、 コートニー・B・ヴァンス、 マーワン・ケンザリ

■ ザ・マミー 呪われた砂漠の王女 THE MUMMY (2017/2017) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ターシャ・テューダー静かな水の物語 (2017) ★
80冊以上もの絵本を出版したターシャ・テューダーの暮らしを描いた日本映画。上映前の説明によれば監督は米国でガーデニングの取材をしていてたくさんのガーデナーからターシャ・テューダーの名前が出たため取材を申し込んだのが始まりだそうだ。

ターシャは1915年にボストンの名家に生まれた。9歳の時に両親が離婚。ターシャはボストンの社交界よりも田舎暮らしがしたくてコネチカット州の母親の親友に預けられた。23歳の時に「パンプキン・ムーンシャイン」を出版。
 30年前(1972年、57歳頃)にバーモント州に越した。長男のセスがターシャの希望通りの古風な家コーギーコテージを建てた。コーギー犬のメギーやニワトリやハトたちと暮らしている。バーモントの良いところは四季がはっきりしているところ。
 ターシャは広大な敷地を庭にした。庭の木も自分で植えたもの。一見かってに生えているように見える花々もターシャが育てたもの。新しい花の種をまくときは三カ所に巻いてもっとも花が好む場所を探す。
 チューリップの球根を植えたあとで雪が積もることを願う。雪が積もれば地面が凍らない。春になれば水を与えてくれる。
 リンゴジュースを手作りし、ろうそくを自分たちで作る。ローストチキンを暖炉の火でつくる。
 季節ごとの行事を大切にする。クリスマスツリーにはジンジャークッキーを吊るす。てっぺんにカラス(レイブン)を飾る。

ターシャの言葉
 昔ながらの暮らし方を楽しみ、家族との生活を大切にする。
 91歳。こんなに長生きしてずっと幸せだった。
 庭先でお茶を飲みながら「なんてすばらしい日"What a beautiful day."」
 地に足のついた生活。
 流されず自分の速さで生きる。

 2008年6月18日 死去(92歳)

・ 監督: 松谷光絵

■ ターシャ・テューダー静かな水の物語 (2017、日本、英語)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

怪盗グルーのミニオン大脱走 (2017)  ■
字幕版を観たかったがやむなく吹替え版を観た。見た目のおもしろさ中心の幼児向けアニメ。
 初めのほうで日本語吹替えの声優たちが英字で映された。映像の一部が日本字になっていた。エンドクレジットは英語版のまま。
 「ミニオンズ(2015)」で描かれているようにミニオンたちは最強最悪のボスに従うことを無上の喜びとしている。正義の味方になってしまったグルーを見限って家出する。(ミニオン"minion"の意味は”手下、部下”など)


□ 3人の娘と妻ルーシーとしあわせに暮らすグルー。ルーシーと共に反悪党同盟AVLのエージェントとして犯罪者バルタザール・ブラットが世界最大のデュモンダイヤを盗むのを阻止するがブラットを取り逃がしたため夫婦共AVLをクビになってしまう。ミニオンたちはグルーが悪人に戻ると期待するがグルーにその気はなく怒ったミニオンたちは出ていってしまう。
 パリにあったデュモンダイヤがブラットに盗まれる。
 グルーが存在を知らなかった双子のドルーにグルー一家が招待される。ドルーは養豚業で大金持ち。実はドルーは、悪人グルーにあこがれていてグルーに悪いことを教えてほしいとせがんだ。
グルーは、ブラットからデュモンダイヤを盗もうとドルーに提案する。
刑務所に入れられていたミニオンたちが脱走する。
・・・・・・


・ 監督: ピエール・コフィン、カイル・バルダ
・ 声の出演(日本語吹替版):
    笑福亭鶴瓶、 芦田愛菜、 中島美嘉、 松山ケンイチ、 いとうあさこ、 山寺宏一、宮野真守、福山潤、生瀬勝久

■怪盗グルーのミニオン大脱走 DESPICABLE ME 3 (2017/2017)(吹替版)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

銀魂 (2017、日本) ★
原作をしらないのでとっても甘やかしているかもしれないけれどおもしろかった。
かなり低レベルで下品のギャグも多かったし、恐ろしくなつかしいギャグもあったけれどそれなりに楽しめた。

□ あまんと(宇宙人)によって支配された江戸。廃刀令により失職した侍は剣術しか知らずまったくの役立たず。
 かって反あまんとの攘夷派の“白夜叉”として恐れられた坂田銀時は、今は“万事屋の銀ちゃん”として志村新八や千年に一度の神楽と暮らしている。
 江戸に辻斬りが出没し桂小太郎が行方不明となる。
 銀ちゃんは鍛冶屋の村田哲夫から盗まれた名刀紅桜を探してほしいと依頼される。
 ・・・・・


・ 監督: 福田雄一
・ 原作: 空知英秋
・ 出演: 小栗旬、 菅田将暉、 橋本環奈、 柳楽優弥、 新井浩文、 吉沢亮、 早見あかり、 ムロツヨシ、 長澤まさみ、 岡田将生、 佐藤二朗、 菜々緒、 安田顕、 中村勘九郎、 堂本剛

■ 銀魂(2017、日本)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

パワーレンジャー  (2017) ★
日本のスーパー戦隊ものの米国版の映画化。高校の落ちこぼれ生徒の補修クラスの5人が5色のパワーレンジャーとなって地球を救う。5人が変身するまではそこそこおもしろかった。
 高い建物のない小さな町で巨大な人形の怪物が戦うのはCGなのに着ぐるみみたいで迫力を感じられない。
 地球を救うと言っているけれどせいぜい町を救う程度にしか見えなかった。
 TVのファンならば特撮とCGの違いを比べられておもしろいかもしれない。
 エンド・クレジット中に映像。
 続編があったら? ピンクとイエローがかわいいので見るかもしれない。

> ピンク・レンジャーのオオミ・スコットはディズニーアニメ「アラジン(1992)」の実写版(公開年不明)でウィル・スミスと共演

□ エンジェルグローブの町の高校生のスコットはいたずらが過ぎて警察に足首に追跡装置をつけられ補修クラスに入れられる。
いじめられているところをスコットに助けられた自閉症のビリーは人との会話は不得意だが技術に強く見たものをすべて覚えられる。ビリーはスコットの追跡装置を操作してスコットが自宅にいるように見せかける。スコットとビリーは金鉱山でキンバリー、ザック、トリニーと出会う。5人は5つの色に輝くコインを見つける。

翌日、5人は自分がとんでもなく強くなっていることに気づく。
金鉱山で再会した5人は水底で宇宙船を見つける。中ではアンドロイドのアルファ5が6500万年、5人を待っていた。
5人はパワーレンジャーになるための訓練を受けるが変身することがができない。

漁船が女性の死体を引き上げる。甦ったリタ・パルサは町のどこかに隠されているクリスタルを使って地球を滅ぼそうとする。


・ 監督: ディーン・イズラライト
・ 原作シリーズ: 東映 「スーパー戦隊」
・ 原作: ハイム・サバン
・ 出演:  デイカー・モンゴメリー、 ナオミ・スコット、 RJ・サイラー、 ベッキー・G、 ルディ・リン
   デヴィッド・デンマン、 ブライアン・クランストン、 エリザベス・バンクス、 ビル・ヘイダー(声)

■パワーレンジャー(字幕) POWER RANGERS (2017/2017)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

午後8時の訪問者 (2016) ★
死体で発見された若い娘の身元を調べようと奔走する若い女医。気持ちはわかるけれど他人の秘密を暴く行動はあまりにも危険。カンヌ映画祭のパルム・ドールにノミネートされた。

女医が働くのは一応町の中だけど医師が一人だけで看護士もいないような診療所。医師は往診までやる。
ジェニーは比較的無表情で患者に「いつも偉そうだ」と言われる場面がある。本人にそのつもりは多分なく、患者のために細かい気遣いをしている。
ひとりぐらしのジェニーの部屋の冷蔵庫が大きかった。

□ リエージュ(ベルギー)の小さな診療所で、療養中の医師の代理として働くジェニーは若いが優秀で大病院の正規医師として迎えられることが決まっている。
 ある晩の8時過ぎ、ジェニーが研修医のジュリアンを叱っていると入り口のブザーが押されるが閉院時刻を1時間も過ぎていたためジュリアンが開けようとするのを止めた。
 翌朝川岸で若い女性の死体が発見される。頭に大きな傷があり、そばにコンクリートの破片が落ちていた。警察が診療所玄関の監視カメラの映像を確認すると死んだのは昨夜診療所のブザーを押した女性だった。ジェニーが開けていれば女性は死ななかったかもしれない。
 女性は身分証など名前のわかるものを持っていなかった。身元がわからなければ氏名不詳のまま市の無縁墓地に葬られ親類にも知らされない。
 責任を感じたジェニーはせめて女性の名前と出身を調べようと監視カメラの映像をスマホに写して、診察する患者や付き添いの人たちに聞いて回る。
 しかしジェニーの行動を快く思わない者たちもいた。
 ・・・・・


・ 監督: ジャン=ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ
・ 出演: アデル・エネル、 オリヴィエ・ボノー、 ジェレミー・レニエ、 ルカ・ミネラ
> 原題"LA FILLE INCONNUE"の英語直訳 = "UNKNOWN GIRL"

■午後8時の訪問者 LA FILLE INCONNUE (2016/2017、ベルギー/フランス、フランス語)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

われらが背きし者 (2016) ★
ジョン・ル・カレ原作小説の映画化。DVDで観た。
ジョン・ル・カレの小説は数多く映画化されていて本ブログではほかに「ナイロビの蜂(2005)」「裏切りのサーカス(ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ)(2011)」「誰よりも狙われた男 (2013)」がある。

 英国の大学教授ペリーがモロッコで出会ったロシアの犯罪組織の大物からMI6宛のUSBメモリーを託される。家族を殺されると説得されロンドンの空港でUSBメモリーを担当者に渡して終わりのはずが、ロシア人家族の危険な亡命ミッションに妻と共に巻き込まれる。ペリーはMI6がバックにいると思って協力するが実は上司の協力を得られないMI6担当者の単独行動。


□ 弁護士の妻ゲイルと共にモロッコを訪れた大学教授のペリーは、ロシア人の大金持ちディマと知り合い家族とも仲良くなる。ディマの娘の誕生パーティで、ディマはアーサーに秘密を打ち明ける。
 ディマはロシアの巨大犯罪組織ヴォーリーの大物幹部。ヴォーリーの新しいトップは組織の秘密を知るディマを家族もろとも消そうとしている。ディマは家族と共に英国への亡命を希望していて、ペリーにMI6宛てのUSBメモリーを渡す。

 MI6のヘクターはUSBメモリーの情報からヴォーリーが英国に進出しようとしていることをつかむ。MI6元トップで下院議員のロングリックがヴォーリーから賄賂をもらっている。しかし肝心の情報が抜けている。
 ヘクターの上司はそれ以上の関与を止めるようにヘクターに忠告する。
 ・・・・・・


・ 監督: スザンナ・ホワイト
・ 原作: ジョン・ル・カレ "Our Kind of Traitor"
・ 出演: ユアン・マクレガー、 ステラン・スカルスガルド、 ダミアン・ルイス、 ナオミ・ハリス

■われらが背きし者 OUR KIND OF TRAITOR (2016/2016、英国/フランス)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画