どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

アナライザー I(2016) ★
貧困家庭で育ち、小さな店に強盗に入った父親が逮捕される姿を目の前で見た少年は、路上生活をしながら成長しFBI分析官となった。
 膨大な情報を記憶しわずかなヒントから相手の真意を探りだす。おまけに格闘技にもすぐれている。
 しかし自分から出頭した連続爆弾犯は分析官の裏の裏をかいていく。DVDで観た。

 “記憶の家”という考え方がおもしろかった。単にやみくもに覚えるのではなく、頭の中に描いた想像上の家の中に情報を置いていくことで思い出す時は家を歩き回って記憶を引っ張り出す。

 最後にどんでんがえし。

□ FBI分析官ルーカス・ノーランは聴取のプロ。頭の中に“記憶の家”を作り膨大な情報を蓄えている。

 ミネソタ州ミネアポリス連邦政府ビルに入ってきた男が爆発を予告。その瞬間、ビルの外で爆発が起きる。
 逮捕された中東系の男には指紋がなく、名前も爆破の理由も何も話そうとしない。
 ノーランとの会話で男は次の爆発の通りの名前を教える。
 ノーランは男を連れて現場に行く。ノーランは男との会話から推理して爆弾を見つけてタイマーを停止させる。しかし、近くで別の爆弾が爆発。男が逃走しノーランが後を追う。男は侵入したビルのコンピュータを操作して捕らえられる。

 ノーランは男の手の甲の刺青から男が偽名で使っている部屋をつきとめる。部屋には市内全域のインフラの施設図があった。
 自ら出頭しながら何も話そうとしない。男の目的は何なのか?

 ・・・・・・


・ 監督: スティーヴン・レイノルズ
・ 出演: アダム“エッジ”コープランド、 パトリック・サボンギ、 CJ“ラナ”ペリー、 マイケル・ロジャース、 ジュリア・ベンソン

■ アナライザー INTERROGATION (2016/---) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

怪盗グルーのミニオン大脱走 (2017)  ■
字幕版を観たかったがやむなく吹替え版を観た。見た目のおもしろさ中心の幼児向けアニメ。
 初めのほうで日本語吹替えの声優たちが英字で映された。映像の一部が日本字になっていた。エンドクレジットは英語版のまま。
 「ミニオンズ(2015)」で描かれているようにミニオンたちは最強最悪のボスに従うことを無上の喜びとしている。正義の味方になってしまったグルーを見限って家出する。(ミニオン"minion"の意味は”手下、部下”など)


□ 3人の娘と妻ルーシーとしあわせに暮らすグルー。ルーシーと共に反悪党同盟AVLのエージェントとして犯罪者バルタザール・ブラットが世界最大のデュモンダイヤを盗むのを阻止するがブラットを取り逃がしたため夫婦共AVLをクビになってしまう。ミニオンたちはグルーが悪人に戻ると期待するがグルーにその気はなく怒ったミニオンたちは出ていってしまう。
 パリにあったデュモンダイヤがブラットに盗まれる。
 グルーが存在を知らなかった双子のドルーにグルー一家が招待される。ドルーは養豚業で大金持ち。実はドルーは、悪人グルーにあこがれていてグルーに悪いことを教えてほしいとせがんだ。
グルーは、ブラットからデュモンダイヤを盗もうとドルーに提案する。
刑務所に入れられていたミニオンたちが脱走する。
・・・・・・


・ 監督: ピエール・コフィン、カイル・バルダ
・ 声の出演(日本語吹替版):
    笑福亭鶴瓶、 芦田愛菜、 中島美嘉、 松山ケンイチ、 いとうあさこ、 山寺宏一、宮野真守、福山潤、生瀬勝久

■怪盗グルーのミニオン大脱走 DESPICABLE ME 3 (2017/2017)(吹替版)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

セント・オブ・ウーマン 夢の香り (1992) ★
アル・パチーノがオスカー主演男優賞を獲得した30年近く昔の映画。作品賞、脚色賞、監督賞(マーティン・ブレスト)にノミネートされた。「午前十時の映画祭」で観た。

ウォルドルフアストリア 中佐は口汚く毒舌だけどユーモアにあふれていてなんども噴き出してしまった。ジャック・ダニエルとは深い付き合いなのでジョン・ダニエルと呼んでいる。好きなのはタンゴとフェラーリ。
 原題は「女性の香り」。中佐が出会った女性がつけている香水や石鹸の香りをかぎ分ける。
 アル・パチーノは2015年の「Dearダニー 君へのうた」で再びウォルドルフ・アストリアに泊まる。


□ ボストンの伝統ある名門の全寮制ベアード高校に奨学金で入学したチャーリーは、同級生3人が校長のジャガーにいたずらするのを目撃する。校長はチャーリーに犯人を白状させようとするがチャーリーは何も話さなかった。校長は感謝祭明けに全校生徒を集めた懲罰委員会で犯人の名前を言わなければ退学、言えばハーバード大学への推薦という条件を出す。
 クリスマス休暇にオレゴンに帰郷する旅費を稼ぐため、チャーリーは感謝祭の週末だけ全盲の退役軍人スレート中佐の世話を引き受ける。中佐はやたら大きな声で威張り毒舌でチャーリーをこき下ろし下ネタを吐き散らす。それほど裕福ではなさそうな姪の一家が旅行に行っている間万一に備えてそばにいるだけという話だった。
 しかし中佐には“計画”があった。姪の一家が出発すると中佐はタクシーを呼びチャーリーを連れて飛行機でニューヨークへ。最高級ホテルのウォルドルフ・アストリアのスイートに泊まり高級レストランで食事をする。中佐の兄の一家の感謝祭の食事に突然押しかける。中佐の“計画”の最後は拳銃で自分の頭を撃ち抜くというものだった。
 ・・・・・


・ 監督: マーティン・ブレスト
・ 原作: ジョヴァンニ・アルピーノ
・ 出演: アル・パチーノ、クリス・オドネル、ジェームズ・レブホーン、ガブリエル・アンウォー、フィリップ・シーモア・ホフマン

> 写真はウォルドルフ・アストリア。なぜか私みたいのが泊まったことがある。映画の部屋より若干狭かったけれど。

◆セント・オブ・ウーマン 夢の香り SCENT OF A WOMAN (1992) 

テーマ:昔の映画 - ジャンル:映画

今週末公開される映画  2017/07/28,29
【今週末から日本で公開されるおもしろそうな映画】  

 ザ・マミー 呪われた砂漠の王女  (字幕版)  金曜日公開

古代遺跡を盗掘して売っているニック・モートンは砂漠に埋もれていた王女アマネットの墓を偶然見つけ、閉じ込められていたアマネットの呪いを解き放ってしまう。  トム・クルーズ主演。   ソフィア・ブテラ
 「ミイラ再生(1932)「」ハムナプトラ/失われた砂漠の都(1999)」のリメイク
 昔のモンスター映画を復活させるユニバーサル映画の「ダーク・ユニバース」の第一弾で今後フランケンシュタイン、ドラキュラ、透明人間その他が続々登場予定。

 ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ

 マクドナルドを世界企業にしたのはマクドナルドさんではなかった。1954年、業務用のシェイクマシンの営業員レイ・クロック(マイケル・キートン)はマクドナルド兄弟のハンバーガー店の合理的なシステムに驚く。クロックは兄弟のハンバーガー店をフランチャイズ展開しようと提案するが、兄弟は自分ちの店の商売だけで満足していて、そんな大げさなビジネスには興味がなかった。
    
 東京喰種 トーキョーグール

 原作をまったく知らないし原作には興味もないけれど「銀魂」がおもしろかったので、多分見ると思う。


【今週末から米国で公開されるおもしろそうな映画】

  アトミック・ブロンド     日本では10月公開

  冷戦時代、MI6エージェントがベルリンで潜入捜査に入る。 
  シャーリーズ・セロンがすさまじいアクションを見せる。


(掲載しているのは私が興味を持った映画の原語版のみ。未見の映画についての記載内容は予告編や公式サイトなどから得た情報を基にした“推測”で、間違っている可能性があります。)


テーマ:気になる映画 - ジャンル:映画

どんくら映画関連記事一覧更新
2017年7月24日までに本BLOGに書き込んだ「映画館」「映画人」「映画感想」の記事の一覧を更新しました。題名をクリックすればその記事を見られます。映画については概ねあいうえお順に並べてあります。

==> どんくら映画関連記事一覧  (外部サイトにリンク。)

(注) 記事からリンクしている公式サイトは時間がたつと別のものに置き換わることがしばしばあります。気がつけばリンクを消していますが、とても消しきれません。中には悪質なものの可能性もあるのでご注意ください。
(注) この「どんくら映画関連記事一覧更新」の記事にはコメント/トラックバックはできません。
 

テーマ:映画 - ジャンル:映画

素敵なウソの恋まじない (2015) ★
チャーリーとチョコレート工場」のロアルド・ダール原作の大人のおとぎばなし。
同じ年代の女性に恋をした老人が女性が幸せになれるようにとんでもないことを始める。
恋敵となるプリングルス氏が傑作。
原題"ESIO TROT"はカメが大きくなる呪文の初めの部分。
DVDで観た。

□ ロンドンでひとりて暮らす老人、ホッピーさんは下の階の女性、シルバーさんに恋している。
 彼の恋は5年前にシルバーさんが越してきたときから始まった。でもホッピーさんはシャイなのでお茶にも誘えない。
 シルバーさんはカメのアルフィーと暮らしている。

 シルバーさんには悩みがあった。アルフィーがまったく成長しないのだ。
 シルバーさんを幸せにしたいホッピーさんは、シルバーさんにカメが大きくなる呪文を教えてあげた。
 "ESIO TROT, ESIO TROT ~~"(字幕では「ヨンサメカ ヨンサメカ~~」)

 シルバーさんは、朝昼晩にカメに呪文を聞かせている。ホッピーさんはペットショップをまわってカメを買いあさった。

 ある日、シルバーさんが外出中に、ホッピーさんはカメをちょっとだけ大きいカメに入れ替えた。
 シルバーさんはアルフィーの入れ替えには気づかず食欲が増したと大喜び。
 ホッピーさんは少しずつ大きいカメに入れ替えていった。
 ・・・・・・



・ 監督: ダーブラ・ウォルシュ
・ 原作: ロアルド・ダール
・ 出演: 
     ダスティン・ホフマン  ...... ホッピーさん
     ジュディ・デンチ     ...... シルバーさん
   リチャード・コーデリー、 ジェームズ・コーデン、 ピクシー・デイヴィーズ

> ダスティン・ホフマンの身長は165cm
> 物語を話す男性の、幼い娘役のピクシー・デイヴィーズは「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016)」の怪力の女の子。「メリー・ポピンズ・リターンズ(原題)(2018)」にも出演。

■素敵なウソの恋まじない ROALD DAHL'S ESIO TROT (2015/---、英国) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

チャーリーとチョコレート工場  (2005) ★
ロアルド・ダールの児童書の映画化。過去に「夢のチョコレート工場 (1971)」として映画化された。
10年以上昔のティム・バートン監督ジョニー・デップ出演作。昔映画館で観た。今回、DVDで観た。
主人公の少年チャーリーを演じているフレディ・ハイモアは「ネバーランド(2004)」で注目され、最近では5シーズン続いているTVシリーズ「ベイツ・モーテル」で主演。

□ 世界中で食べられているウォンカ・チョコレートの工場の近くに住むチャーリー・バケット少年は足の速さも頭の良さもごく普通の少年。家は食べるものにも困るほど貧しい。低賃金の父親、母親、4人の祖父母(計381歳)と暮らしている。

 ジョーじいちゃんは若いころ、ウォンカの工場で働いていた。しかし従業員の誰かがウォンカ・チョコレートの秘密のレシピを盗んで他社が真似するようになり、ついにウォンカ氏は工場を閉鎖した。
 やがて従業員が誰もいないはずなのに工場はチョコレートの生産を再開する。しかし工場に出入りする従業員を見た者は誰もいない。箱詰めされたチョコレートが工場から出てきて各地に出荷されている。

 ある雪の積もった朝、ウォンカ氏はチョコレートの包み紙の中に隠されているゴールデン・チケットを引き当てた5人の子供たちを工場に招待すると発表する。その中の1人には特別賞が与えられる。世界中で ウォンカ・チョコレートを買い求める人が殺到する。

 でもチャーリーがチョコレートをもらえるのは誕生日だけ。実は明日がその日で両親はチャーリーのためにチョコレートを買う。両親と4人の祖父母が見守る中でパッケージを開けると・・・・・・

 2月1日の朝、家族に付き添われた5人の当選者が工場の前に集まった。その中にはチャーリーとジョーじいちゃんがいた。
 朝、10時。門が開いた。
 現れたウィリー・ウォンカ氏はとんでもない変人だった。
 工場の中ではチョコレートの川が流れ、たくさんの小さなウンパ・ルンパが働いていた。
 ・・・・・・


・ 監督: ティム・バートン
・ 原作: ロアルド・ダール"Charlie and the Chocolate Factory (1964)"
・ 出演: ジョニー・デップ、 フレディ・ハイモア、 デヴィッド・ケリー、 ヘレナ・ボナム・カーター、 ノア・テイラー、 
     ミッシー・パイル、ジェームズ・フォックス、ディープ・ロイ、 クリストファー・リー、 アナソフィア・ロブ

【映画の中の日本】  ウォンカ・チョコレートは東京にも出荷されている。

> 遺失物等横領罪

■チャーリーとチョコレート工場 CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY (2005/2005) 


テーマ:昔の映画 - ジャンル:映画

銀魂 (2017、日本) ★
原作をしらないのでとっても甘やかしているかもしれないけれどおもしろかった。
かなり低レベルで下品のギャグも多かったし、恐ろしくなつかしいギャグもあったけれどそれなりに楽しめた。

□ あまんと(宇宙人)によって支配された江戸。廃刀令により失職した侍は剣術しか知らずまったくの役立たず。
 かって反あまんとの攘夷派の“白夜叉”として恐れられた坂田銀時は、今は“万事屋の銀ちゃん”として志村新八や千年に一度の神楽と暮らしている。
 江戸に辻斬りが出没し桂小太郎が行方不明となる。
 銀ちゃんは鍛冶屋の村田哲夫から盗まれた名刀紅桜を探してほしいと依頼される。
 ・・・・・


・ 監督: 福田雄一
・ 原作: 空知英秋
・ 出演: 小栗旬、 菅田将暉、 橋本環奈、 柳楽優弥、 新井浩文、 吉沢亮、 早見あかり、 ムロツヨシ、 長澤まさみ、 岡田将生、 佐藤二朗、 菜々緒、 安田顕、 中村勘九郎、 堂本剛

■ 銀魂(2017、日本)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

そして誰もいなくなった (TV2015) ★
アガサ・クリスティの長編推理小説の映像化。小説及び舞台にはいくつかの版がある。昔文庫本で原作翻訳を読んだことがあるがインディアン版だったと思う。今回DVDで観たのはTV放映用で兵隊版。ミニシリーズ3話をDVD2枚で観た。

大筋を知っていても引き込まれてしまうのは映画としてよくできているからだろう。

深皿を伏せたような島の真ん中に四角い邸宅がぽつんと立っている。大きい木がないのはよほど海風が強いのだろうか。遠景の邸宅はCGIらしい。

DVDにはキャストインタビュー、セットデザイン、1930年代に合わせた衣装などが収録されている。人形についても解説されている。男性の衣装が当時はかなりハイウエストでエイダン・ターナーはかなり着心地が悪かったそうだ。


□ 【1】
 1939年8月、ロンドン。元体育教師のヴェラ・クレイソーンは職業紹介所を通じてデヴォン海岸沖の兵隊島(ソルジャー・アイランド)のオーエン夫妻の秘書として雇われる。
舟着き場にヴェラを含め6人が集まる。船頭はすでに2人運んだという。彼らはエンジン付きのボートで島に渡る。スタッフのロジャーズ夫妻が一行を出迎えた。

 夜、8人の客でディナーが始まる。ロジャーズ夫人の料理は一級だった。テーブルの中央には10体の兵隊の人形が置かれている。結局、オーエン夫妻は姿を見せなかった。
 ディナーの後、男女に分かれて歓談していると突然室内に声が響き渡った。声はロジャーズ夫妻を含めた10人の過去の殺人を告発した。ロジャーズ夫人が倒れてアームストロング医師は鎮静剤を与える。声はレコードに吹き込まれたもので主人の指示でロジャーズが内容を知らずにかけたのだ。みんなは明朝の舟で島を離れることにする。
 罪を認めたロンバード以外が自分への告発を否定している最中に、酒を飲んでいた生意気な青年トニーが突然苦しみだし血を吐いて死んだ。
 朝、ベッドでロジャーズ夫人が死んでいた。
 ヴェラはテーブルの上の人形が8体しかないことに気がつく。
 ブロア巡査部長とロンバードは死んだトニーの口からアーモンドの香りがすることに気づく。トニーは毒殺されたのだ。
 舟は来なかった。

【2】
 ブロア巡査部長とロンバードはオーエンが島のどこかに隠れているのではないかと探し回ったが結局見つからなかった。
 そしてまた死体が発見され、兵隊は7人になった。
 ロンバードはヴェラと同じ職業紹介所を通じてオーエンから仕事を頼まれた。他の客たちはオーエン氏やオーエン夫人から招待された。夫妻の名前はどちらもU.N.OWENだった。
 ウォーグレイヴ元判事はオーエン夫妻が存在せず客たちの中に殺人者がいると推理する。
 そしてまた1人の死体。
 ヴェラは兵隊が5体になっているのを見つけた。

【3】
 残った5人は一緒にいることにする。
 ・・・・・・
 そして、誰もいなくなった。



・ 監督 クレイグ・ヴィヴェイロス
・ 原作 アガサ・クリスティ
・ 出演 ダグラス・ブース、 チャールズ・ダンス、 メイヴ・ダーモディ、 バーン・ゴーマン、 アンナ・マックスウェル・マーティン、 サム・ニール、 ミランダ・リチャードソン、 トビー・スティーヴンス、 ノア・テイラー、 エイダン・ターナー

■そして誰もいなくなった AND THEN THERE WERE NONE (TV2015、英国)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

グッド・ウィル・ハンティング旅立ち (1997)  ★
「特殊相対性理論」を発表した時アインシュタインはスイスの26歳の特許局員だった。
サウスボストンに住むウィルは掃除人や肉体労働者として働きながら好きな本を大量に読み豊富な知識を蓄えている。単に記憶力がいいだけでなく超難解な数学の問題をあっさり解くような才能も持っている。ウィルの才能を認めたランボー教授は、ウィルの才能を埋もれさせたくないと考える一方で、ウィルの能力が自分を超えていることに恐れを感じている。

20年前の映画。「午前十時の映画祭」で観た。

オスカーの 助演男優賞(ロビン・ウィリアムズ)/脚本賞(マット・デイモン)を受賞し、作品賞/監督賞(ガス・ヴァン・サント)/主演男優賞(マット・デイモン)/助演女優賞(ミニー・ドライヴァー)/主題歌賞/音楽賞/編集賞にノミネートされた。

マット・デイモンとベン・アフレックは10歳頃にMIT(マサチューセッツ工科大学)やハーバード大学があるマサチューセッツ州ケンブリッジで出会った幼馴染。ケンブリッジはボストン対岸。

□ サウスボストンでひとりで暮らすウィルはいつもチャッキーたち3人とつるんでポンコツ車を飛ばし喧嘩をし酒を飲んでいる。掃除夫をしていたMITで、廊下に掲示されていた数学の問題を解いてしまう。チャッキーたちと行ったハーバード大学生たちがたむろするバーで、からんできた頭の良さを自慢する学生をあっさりと言い負かしたウィルは女子学生のスカイラーに電話番号をもらう。

 MITの天才数学者ランボー教授が出した最高難易度の問題を説いたのが生徒ではなく掃除夫の少年とわかって教授は驚く。
 ウィルは何度も犯罪を犯し今度は警官を殴って裁判にかけられていた。ウィルは豊富な法学知識で検事を圧倒するがこれまでの裁判でのウィルの弁論を知る判事はウィルを刑務所に入れる。
 ランボー教授は判事を説得してウィルを釈放させる。条件は週に一度ランボー教授と会うことと、セラピーを受けること。教授は高名な精神分析医にウィルのセラピーを依頼するがウィルは圧倒的な知識で言い負かしてしまう。5人の先生を怒らせてしまったウィルを、ランボー教授は長年の確執のあるショーンの元に連れていく。
 いやがるショーンを、ラマヌジャン並の天才だと説得する。ショーンと会ったウィルはショーンが描いた絵を分析しショーンの内面をえぐりだす。しかしショーンはウィルとの面談を続けることにする。
 ウィルとスカイラーは付き合うようになる。
 ショーンはウィルの外面の強さに隠された内面の弱さを解きほぐそうとする。

 いくつもの先進企業やNSAからもウィルは勧誘される。しかしウィルは興味を示さずチャッキーと工事現場で働いている。
 ・・・・・


> MIT:マサチューセッツ工科大学

・ 監督: ガス・ヴァン・サント
・ 脚本: マット・デイモン、ベン・アフレック
・ 出演: ロビン・ウィリアムズ、マット・デイモン、ベン・アフレック、ステラン・スカルスガルド、ミニー・ドライヴァー、ケイシー・アフレック、コール・ハウザー、スコット・ウィリアム・ウィンタース

■グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち GOOD WILL HUNTING (1997/1998)

テーマ:昔の映画 - ジャンル:映画

パワーレンジャー  (2017) ★
日本のスーパー戦隊ものの米国版の映画化。高校の落ちこぼれ生徒の補修クラスの5人が5色のパワーレンジャーとなって地球を救う。5人が変身するまではそこそこおもしろかった。
 高い建物のない小さな町で巨大な人形の怪物が戦うのはCGなのに着ぐるみみたいで迫力を感じられない。
 地球を救うと言っているけれどせいぜい町を救う程度にしか見えなかった。
 TVのファンならば特撮とCGの違いを比べられておもしろいかもしれない。
 エンド・クレジット中に映像。
 続編があったら? ピンクとイエローがかわいいので見るかもしれない。

> ピンク・レンジャーのオオミ・スコットはディズニーアニメ「アラジン(1992)」の実写版(公開年不明)でウィル・スミスと共演

□ エンジェルグローブの町の高校生のスコットはいたずらが過ぎて警察に足首に追跡装置をつけられ補修クラスに入れられる。
いじめられているところをスコットに助けられた自閉症のビリーは人との会話は不得意だが技術に強く見たものをすべて覚えられる。ビリーはスコットの追跡装置を操作してスコットが自宅にいるように見せかける。スコットとビリーは金鉱山でキンバリー、ザック、トリニーと出会う。5人は5つの色に輝くコインを見つける。

翌日、5人は自分がとんでもなく強くなっていることに気づく。
金鉱山で再会した5人は水底で宇宙船を見つける。中ではアンドロイドのアルファ5が6500万年、5人を待っていた。
5人はパワーレンジャーになるための訓練を受けるが変身することがができない。

漁船が女性の死体を引き上げる。甦ったリタ・パルサは町のどこかに隠されているクリスタルを使って地球を滅ぼそうとする。


・ 監督: ディーン・イズラライト
・ 原作シリーズ: 東映 「スーパー戦隊」
・ 原作: ハイム・サバン
・ 出演:  デイカー・モンゴメリー、 ナオミ・スコット、 RJ・サイラー、 ベッキー・G、 ルディ・リン
   デヴィッド・デンマン、 ブライアン・クランストン、 エリザベス・バンクス、 ビル・ヘイダー(声)

■パワーレンジャー(字幕) POWER RANGERS (2017/2017)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

午後8時の訪問者 (2016) ★
死体で発見された若い娘の身元を調べようと奔走する若い女医。気持ちはわかるけれど他人の秘密を暴く行動はあまりにも危険。カンヌ映画祭のパルム・ドールにノミネートされた。

女医が働くのは一応町の中だけど医師が一人だけで看護士もいないような診療所。医師は往診までやる。
ジェニーは比較的無表情で患者に「いつも偉そうだ」と言われる場面がある。本人にそのつもりは多分なく、患者のために細かい気遣いをしている。
ひとりぐらしのジェニーの部屋の冷蔵庫が大きかった。

□ リエージュ(ベルギー)の小さな診療所で、療養中の医師の代理として働くジェニーは若いが優秀で大病院の正規医師として迎えられることが決まっている。
 ある晩の8時過ぎ、ジェニーが研修医のジュリアンを叱っていると入り口のブザーが押されるが閉院時刻を1時間も過ぎていたためジュリアンが開けようとするのを止めた。
 翌朝川岸で若い女性の死体が発見される。頭に大きな傷があり、そばにコンクリートの破片が落ちていた。警察が診療所玄関の監視カメラの映像を確認すると死んだのは昨夜診療所のブザーを押した女性だった。ジェニーが開けていれば女性は死ななかったかもしれない。
 女性は身分証など名前のわかるものを持っていなかった。身元がわからなければ氏名不詳のまま市の無縁墓地に葬られ親類にも知らされない。
 責任を感じたジェニーはせめて女性の名前と出身を調べようと監視カメラの映像をスマホに写して、診察する患者や付き添いの人たちに聞いて回る。
 しかしジェニーの行動を快く思わない者たちもいた。
 ・・・・・


・ 監督: ジャン=ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ
・ 出演: アデル・エネル、 オリヴィエ・ボノー、 ジェレミー・レニエ、 ルカ・ミネラ
> 原題"LA FILLE INCONNUE"の英語直訳 = "UNKNOWN GIRL"

■午後8時の訪問者 LA FILLE INCONNUE (2016/2017、ベルギー/フランス、フランス語)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

今週末公開される映画  2017/07/21,22
【今週末から日本で公開されるおもしろそうな映画】  

 ウィッチ

1630年、ニューイングランド。村を追い出された敬虔なキリスト教徒のウィリアムとキャサリンは5人の子供たちと共に荒地に住み始める。彼らの赤ちゃんが消える。父親は娘のトマシンがウィッチ(魔女)ではないかと疑い始める。
スプリット (2017)」「モーガン プロトタイプ L-9 (2016)」のアニヤ・テイラー=ジョイが娘役。

 ビニー 信じる男 金曜日公開

交通事故で首の骨を折り、歩けるようになるかさえもわからなかった世界ジュニアミドル級チャンピオンのビニー・パジェンサが、見事ボクサーとして復帰した実話を基にした映画。 マイルズ・テラー 、アーロン・エッカート

 怪盗グルーのミニオン大脱走 (字幕版)

まあ、ほとんどミニオン語なので吹き替えでも観るかもしれない。
"minion"を英和辞書で引くと 「手先」「子分」など。


【今週末から米国で公開されるおもしろそうな映画】

 Valerian and the City of a Thousand Planets (2017)

フィフス・エレメントから20年。リュック・ベッソンが再び宇宙へ。
フランスのSFコミック"Valérian et Laureline"の映画版。
かなりハデハデの映像で期待度大。リュック・ベッソン好みの強い女性が活躍する。


(掲載しているのは私が興味を持った映画の原語版のみ。未見の映画についての記載内容は予告編や公式サイトなどから得た情報を基にした“推測”で、間違っている可能性があります。)

テーマ:気になる映画 - ジャンル:映画

テキサス・ダウン (2012) ★
ローコストのパニック・ムービー。別の英題は「クリスマス・ツイスター"CHRISTMAS TWISTER"」。通常は春に発生するトルネードがクリスマス・シーズンにテキサスで発生。それもとびきり巨大なF6級が大都市フォートワースを襲う。DVDで観た。

 2012年のTV放映用の映画。DVDのパッケージの絵にだまされてあまり期待せずに、ローコスト映画を承知の上で見ればそれなりに楽しめる。
 娘役のヘイリー・ルー・リチャードソンは「スプリット (2017)」「スウィート17モンスター (2016)」などに出演。

□  12月22日深夜、テキサス州イーラス郡ダブリンでトルネードが発生しダイナーが全壊した。
 翌朝、ノースイースト・テキサス大学大気科学科のイーサンの研究室ではさらなるトルネードの発生を予知する。
 イーサンの妻アディソンはTV局のキャスターで、気象局の発表を元に天候は回復すると伝えた。局の気象予報士のローガンは気象局も警告していないトルネードを騒ぎ立てるイーサンを馬鹿にする。

 イーサンは中学校にいる息子マックスを連れ出す。中学校の校長はイーサンを信じて生徒を地下に避難させた。しかし、娘ケイトリンは高校をさぼって友達とモールにいた。
 気象局がやっとトルネード発生を警告する。
 トルネードが発生し中学やモールを襲った。

 研究室でさらに見つけたトルネードはアディソンがいるTV局のあるフォートワースに向かっている。イーサンと娘ケイトリンはアディソンの救出に向かう。
 F6の巨大トルネードが発生しレイクワース発電所に向かいさらにフォートワースを襲った。
 ・・・・・・


・ 監督: ピーター・サリヴァン
・ 出演: キャスパー・ヴァン・ディーン、 ヴィクトリア・プラット、 リチャード・バージ、 マデリン・ドゥイッチ、 ヘイリー・ルー・リチャードソン

■ テキサス・ダウン F6: TWISTER (TV2012)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画