どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はハプスブルク家の離宮シェーンブルン宮殿    文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

グッド・ネイバー (2016) ★
ふたりの学生が老人の家で偽の心霊現象を起こし、驚いたりおびえたりする映像を録画してネットにアップしようとする。きっと膨大な量のアクセスが殺到するはず。
 映画の最初から“陰惨な事件”の裁判シーンがはさみこまれるが被害者が誰で被告が誰なのかなかなか明かされない。DVDで観た。
 裁判長が言う「重罪謀殺化法則」というのがおもしろかった。
   重罪の過程で死者が出た場合、殺意の有無にかかわらず殺人罪として その責任を課すというもの。
   
□ 母親と二人暮らしのイーサンは隣に住む変人の老人ハロルド・グレイニーにいたずらを仕掛けて反応を記録しようとする。技術に強いショーンに手伝わせてグレイニーの家に隠しカメラや心霊現象を演出する機材をしかける。遠隔操作で停電を起こしたりドアをがたがた鳴らしたり夜中にプレイヤーがかってに音楽を流したりさせる。実験を始めてからグレイニーは真夜中に鍵のかかった地下室に降りて行き朝になってから上がってくるようになった。イーサンとショーンにとってふしぎなのはグレイニーにおびえた様子がなく警察も呼ばないことだった。ふたりはグレイニーが警察に見られたくないものを地下室に隠していると考える。妻の死体とか・・・・

・ 監督: カスラ・ファラハニ
・ 出演: ジェームズ・カーン、ローガン・ミラー、キーア・ギルクリスト、ローラ・イネス、エドウィン・ホッジ

■グッド・ネイバー THE GOOD NEIGHBOR (2016/---)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

マッド・ドライヴ (2015) ★
クレイジーな1997年の英国音楽業界を描いたニコラス・ホルト主演の犯罪コメディ。DVDで観た。
邦題はなぜか「マッド・ドライヴ」だが車の映画ではない。
A&R"Artists and Repertoire"というのは音楽出版会社でアーティストや楽曲の発掘や製作を担当する人。

□ 1996年UK音楽業界は初めて売り上げ10億ポンドを突破して活況。

 1997年、ロンドン。UNIGRAMのA&Rのスティーブンは同僚のロジャーを次の部長だとおだてながら、内心では次は自分だと思っている。A&Rに必要なのはいかにライバルを蹴落とし上司を失脚させるかという才能だと思っている。
 アーティストたちは脅しや嘘で契約金を釣り上げようとする。A&Rにとって多額の契約金の曲は大ヒットしなければ回収できない。
 アーティストが自分の才能に溺れ誰にも理解されない独創的な楽曲を作り上げればたいていは失敗する。そんなアーティストの巻き添えになったA&Rは責任をとらされてクビになる。
 アーティストもA&Rも、プレッシャーや恐怖心をごまかすためにドラッグや酒に溺れている。

 A&R部長のデビッドが失敗して退職する。
 自分が部長に昇進すると思っていたスティーブンが大金で契約したダンスソングが大ズッコケ。ロジャーが次期部長に内定する。

 スティーブンは、ロジャーを殺す。
 ロジャーの死体が発見され、スティーブンが暫定的に部長代理となる。
 刑事がスティーブンに会いに来てロジャーが死んだ夜のことについて尋ねる。ついでに自分の曲のCDを置いていく。
 スティーブンは人気急上昇中のザ・レージーズに注目しCEOのデレクからも必ず契約するように命令される。しかしすでにEMIのトニー・ホールが接近しメンバーの信頼を得ていた。レージーズはトニーと契約したがっている。
 どうしてもレージーズがほしいデレクは奇策を打つ。
 ・・・・・


・ 監督: オーウェン・ハリス
・ 原作: ジョン・ニヴン "KILL YOUR FRIENDS (2008)"
・ 出演: ニコラス・ホルト、トム・ライリー、ジョージア・キング、クレイグ・ロバーツ、ジョゼフ・マウル、ジェームズ・コーデン、ジム・ピドック      with ロザンナ・アークエット、 モーリッツ・ブライブトロイ

■マッド・ドライヴ KILL YOUR FRIENDS (2015/2016、英国) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

今週末公開される映画  2017/03/31,04/01
【今週末から日本で公開されるおもしろそうな映画】  

 ムーンライト (字幕版)  金曜日公開

2016年度オスカーで最優秀作品賞他を受賞。貧困地帯で生まれた黒人少年の少年期、青年期、成人期を描く。

 ジャッキー ファーストレディ 最後の使命 (字幕版)  金曜日公開

 1963年11月22日、ジョン・F・ケネディ大統領がテキサス州ダラスで暗殺される。ジャッキーの愛称で国民に愛されてきたジャクリーン・ケネディ元大統領夫人は毅然として夫の国葬を取り仕切った。
     ナタリー・ポートマンがオスカー主演女優賞にノミネートされた。

 はじまりへの旅  (字幕版) 

 米国北西部の山奥で暮すベン・キャッシュと6人の子どもたち。入院していた母親が亡くなり、ベンと子供たちはニューメキシコに向かう。山奥から初めて出た子供たちとベンの目的は、葬儀が行われるキリスト教会から仏教徒の母親を救い出すこと。
     ヴィゴ・モーテンセン

 ハードコア   (字幕版) (ロシア/米国)

サイボーグがさらわれた妻を救出するために武装集団と戦う。サイボーグの見る物がそのままスクリーンに映し出されるシューティングゲームをしているようなアクション映画。     ヘイリー・ベネット


【今週末から米国で公開されるおもしろそうな映画】

 The Zookeeper's Wife

ポーランドに侵攻したドイツ軍から、ユダヤ人家族や動物たちを守ったワルシャワ動物園の夫妻の実話を元にした映画
ダイヤン・アッカーマン著の原作は日本では翻訳本「ユダヤ人を救った動物園―ヤンとアントニーナの物語」として出版されている。
   ジェシカ・チャステイン ヨハン・ヘルデンベルグ、ダニエル・ブリュール 


(掲載しているのは私が興味を持った映画のみ。未見の映画についての記載内容は予告編や公式サイトなどから得た情報を基にした“推測”で、間違っている可能性があります。)



テーマ:気になる映画 - ジャンル:映画

どんくら映画関連記事一覧更新
2017年3月27日までに本BLOGに書き込んだ「映画館」「映画人」「映画感想」の記事の一覧を更新しました。題名をクリックすればその記事を見られます。映画については概ねあいうえお順に並べてあります。

==> どんくら映画関連記事一覧  (外部サイトにリンク。)

(注) 記事からリンクしている公式サイトは時間がたつと別のものに置き換わることがしばしばあります。気がつけばリンクを消していますが、とても消しきれません。中には悪質なものの可能性もあるのでご注意ください。
(注) この「どんくら映画関連記事一覧更新」の記事にはコメント/トラックバックはできません。
 

テーマ:映画 - ジャンル:映画

僕と世界の方程式 (2014、英国) ★
数学にしか興味のない自閉症の少年が新しい体験を通して心を開いていく。
母親は夫に先立たれ息子にも愛してもらえない。その母親に愛情を感じ始めた数学教師は自分の病気故に前に進めない。

主演のエイサ・バターフィールドは、10歳ころの「リトル・ランボーズ (2007)」から見ている。最近では「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016)」に主演していた。ミス・ペレグリン~でもコミュニケーションは苦手だけれど特別な能力を持つ少年を演じていた。

□ 母親とさえも満足に会話もできない自閉症のネイサンは数字と図形に対してだけは興味を示した。ネイサンに数字のおもしろさを教えてくれた父親が事故で死ぬ。ネイサンは数学に疎い母親ジュリーとは手も握らせようとしない。
 9歳のネイサンは国際数学オリンピックに出場したこともあるハンフリーズ先生の個別授業を受け始める。ハンフリーズは多発性硬化症が発症してオリンピックをあきらめた。
 高校生になったネイサンは国際数学オリンピックの選抜チーム16人のひとりに選ばれ台北での研修に参加する。みんな変人ばかりだがネイサンと違い押しの強い変人が多い。研修で16人の中から6人が選ばれてケンブリッジで開催されるオリンピックに参加できる。
 台湾に着いたネイサンは母ジュリーからかかってきた電話を拒否する。
 英国チームは金メダルを独占する中国チームと共同で研修を始める。ネイサンは中国チーム監督の姪のチャン・メイとペアとなる。チャン・メイは握手もできないネイサンに無理強いもせず怒りもしないでつきあってくれる。チャン・メイと台北の町を歩くうちにネイサンに変化が現れ始める。
 ・・・・・


・ 監督: モーガン・マシューズ
・ 出演: エイサ・バターフィールド、レイフ・スポール、サリー・ホーキンス、エディ・マーサン、ジョー・ヤン
【映画の中の映画】 「ハリーポッター」:父親が“マグル”という言葉を使っている。

■僕と世界の方程式 X+Y (2014/2017、英国、英語/北京語) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ブルーに生まれついて (2015) ★
ジャズは「ラ・ラ・ランド」でも取り上げられていた。私自身、ジャズのファンというわけではないがマイルス・デイヴィスはもちろん、本映画のチェット・ベイカーも名前くらいは知っている。正直、黒人か白人かさえも知らなかった。

イーサン・ホークが伝説のジャズ・トランペッター、チェット・ベイカーを演じている。黒人中心のジャズの世界で白人ながら50年代に絶大な人気があった。しかしドラッグで身を持ち崩して一線から消えた。

□ 1966年、イタリアのルッカの警察署の留置所にいたチェットは米国に呼び戻される。チェットが本人役の主演映画の撮影が始まり、妻役のジェーンと親しくなる。ドラッグがらみの恨みを持った男たちに襲われ頬骨を砕かれ前歯をすべて折られトランペットを吹くことは不可能となった。しかしかっての友人も知人も見舞いに来るものはなく、長年チェッドを支えてくれた友人のディックも愛想を尽かせて去っていく。
 それでもトランペットをあきらめきれないチェットを支えてくれたのはジェーンだった。チェットはドラッグの誘惑と戦いながら、復帰を目指して口から血を流しながらトランペットを吹き続ける。
 ・・・・・


・ 監督: ロバート・バドロー
・ 出演: イーサン・ホーク、 カーメン・イジョゴ、 カラム・キース・レニー

【関連映画】  「レッツ・ゲット・ロスト(1988)」:チェット・ベイカー自身を追ったドキュメンタリー。

■ブルーに生まれついて BORN TO BE BLUE (2015/2016、カナダ/英国) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

パッセンジャー (2016)(2D字幕) ★★ 
巨大宇宙船の危機にたった二人で5000人を救おうとする。
宇宙船の内外のデザインが美しい。船内の空間が広くてとても豪華。5000人が起きたらそうでもないのかも。システムの故障で船内が突然無重力になるなど見どころも盛りだくさんで飽きさせない。

□ 258人のクルー(乗組員)と5000人のパッセンジャー(乗客)が搭乗した宇宙船アヴァロンは植民惑星ホームステッドⅡに向けて120年かけて航行している。その間アヴァロンは自動操縦され乗組員乗客全員は冬眠状態で過ごす。到着の4ヶ月前にまず乗組員が目覚め、ついで乗客が目覚めるはずだった。
 乗客で技術者のジムが目覚める。ジムは自分一人だけ到着の90年前に目覚めたことを知る。ジムは船内で余生をたった一人で生きなければならない。話し相手はアンドロイドのバーテンダーのアーサーだけ。
 1年後、作家のオーロラが目覚める。船内で様々な故障が起き始める。
・・・・・・


・ 監督: モルテン・ティルドゥム
・ 出演: ジェニファー・ローレンス、クリス・プラット、マイケル・シーン、ローレンス・フィッシュバーン、アンディ・ガルシア

■パッセンジャー PASSENGERS (2016/2017)(2D字幕)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

スリープ・ウィズ・ヴァンパイア  (2016) ★
若い女性がレズの恋人から自分はナイトウォーカー(ヴァンパイア)だと打ち明けられ仲間にされそうになるスリラー。いきなり女性同士の怪しいシーンがある。出演しているジェームズ・フランコのストーリーで製作にも加わっている。DVDで観た。
 教授がモンスターとは同性愛の関連性についてやたら蘊蓄を語り生徒たちが熱心に聴講している場面などよくわからない。元々TV放映用で時間に制限があるせいなのか話が短絡的な感じがする。
 パール役のエミリー・ミードは「ナーヴ 世界で一番危険なゲーム (2016)」ではエマ・ロバーツと張り合っていた。

□ パールは同性の恋人から自分はナイトウォーカーだと告げられる。 3年後・・・

 女子大生のリアはシェークスピアの舞台でマクベス役でオーディションを受ける。
 リアは母親のジュリーに特別な人を紹介したいと言う。てっきりボーイフレンドのボブの事だと思ったジュリーの前に現れたのはパールという女の子だった。リアはパールが自分にとっての特別な人で恋人だと打ち明ける。ジュリーは平静を装うがショックを隠せない。
 夜、パールと仲間たちを尾行していたボブは、ジュリーに電話してリアがつきあっているのは不良だと伝える。パールたちが危険だと知ったジュリーはリアを止めようとするが、同性愛に偏見があるからだと思い込んでいるリアは聞こうとしない。
 夜、パールはリアに自分がナイトウォーカーだと告白し、リアは逃げ出す。
 リアを仲間にするのはパールの役割だったが、パールにはできないと判断したナイトウォーカーの仲間たちはリアを追う。
 舞台の初日、リアは知らないが、リアと共に舞台に立っているのはナイトウォーカーたちだった。
 ・・・・・


・ 監督: メラニー・エイトケンヘッド
・ ストーリー: ジェームズ・フランコ
・ 出演: エミリー・ミード、レイラ・ジョージ、ニック・エヴァスマン、トーリ・スペリング、ジェームズ・フランコ

■スリープ・ウィズ・ヴァンパイア MOTHER, MAY I SLEEP WITH DANGER? (2016)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

相棒 劇場版IV 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断 (2017、日本) ★
長寿TVシリーズ「相棒」の映画版。TV版は観たことがない。特に好きというわけではないが映画版は全部みているようだ。
警視庁の中でたったふたりの特命係は他の捜査部門からはじゃまもの扱いされながら推理と知力と体力とコネを使って独自の捜査をして事件の真相に迫っていく。

 「湾生回家 (2015)」でも描かれていたが戦前日本は台湾、朝鮮、満州や太平洋の島々を支配し多くの日本人が移住して暮らしていた。彼らは敗戦と共に帰国したがたくさんの日本人が戻れなかった。1959年、日本政府は7年以上生死不明の未帰還者を死亡扱いにできる特別処置法を成立させた。

□ 英国の日本領事館で大量毒殺事件が起き参事官の娘でただひとりの生き残りの10歳の鷺沢瑛里佳が行方不明となる。国際犯罪組織バーズから身代金の要求があったが日本政府は身代金を支払わず少女は消息を絶った。
 7年後、特命係の杉下と冠城は社課長の指示でバーズを率いるレイヴンを追う国連犯罪情報事務局の元理事マーク・リュウに協力していた。「天谷克則」という名前が浮かび上がるが該当者は見つからない。右京は“1959年に死亡した天谷克則”を調べさせる。
 バーズは成長した鷺沢瑛里佳の姿を映し日本政府に身代金の支払いを改めて要求する。
 マーク・リュウも巻き込まれた集団中毒事件から一味が50万人を殺せる毒物を所有していることがわかる。
 日本では国際平和会議の開催が迫っていた。
 世界スポーツ大会から帰国した日本選手団の歓迎パレードが銀座で始まり沿道が人で埋まる。
 ・・・・・


・ 監督: 橋本一
・ 出演: 水谷豊、 反町隆史、鹿賀丈史、北村一輝、山口まゆ、 仲間由紀恵、 及川光博、 石坂浩二

■相棒 劇場版IV 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断 (2017、日本)


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

父を探して (2013、ブラジル) ★
2015年度オスカーの長編アニメ賞にノミネートされたブラジル映画。DVDで観た。
 受賞した『インサイド・ヘッド』や同じくノミネートされた『思い出のマーニー』と比べると絵は素朴。一部記録映像も使われている。
 貧しい労働者たちが必死に働き年を取れば簡単にクビにされる。作業の近代化により働き口は減っていく。森林伐採で自然が失われていく。失業者達はゴミ山を漁っている。一方で高級車に乗った金持ちがぜいたくざんまいの暮らしをしている。
 1960年代にブラジルで約20年間続いた軍事独裁政権下の高度経済成長とそのひずみを中心に描いているらしいがその時代に限っているのではないのだろう。

□ ネクタイをして帽子をかぶった父親は縦笛を吹いてから大きなトランクを持って列車で去っていった。
 父親がいなくてさびしくてたまらない少年は父親に会いに行くことにする。
 近代化が進みきれいな服やごちそうの派手な宣伝に満ちた町で、貧乏な人たちがくたくたになるまで働き貧しい暮らしをしている。
 ・・・・・・


・ 監督: アレ・アブレウ
・ アニメーション: アレ・アブレウ
> 原題"O MENINO E O MUNDO"の英語直訳"THE BOY AND THE WORLD"

■ 父を探して O MENINO E O MUNDO (2013/2016、ブラジル)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

今週末公開される映画  2017/03/24,25
【今週末から日本で公開されるおもしろそうな映画】  

 パッセンジャー(字幕版)  金曜日公開

冬眠状態の5000人を乗せ120年かけて移住目的地の惑星に到達する宇宙船アヴァロン。なぜか1人の男だけが90年早く目覚めてしまった。彼はアヴァロンの中でひとりぼっちで生涯を終えなければならない。そしてもう一人。
予告編の字幕で「死ぬときは一緒」が英語では"You die, I die"。なるほどそう言うんだと感心した。使うときはないだろうけれど。
        ジェニファー・ローレンス、クリス・プラット

 キングコング:髑髏島の巨神 (字幕版)

キングコング(1933)ノ3度目?のリメイク。 南太平洋の未知の孤島に入った調査隊は巨大な猿と遭遇する。
今回のヒロインは「ルーム(2015)」でオスカー主演女優賞を獲得したブリー・ラーソン
     トム・ヒドルストン、 サミュエル・L・ジャクソン、 ジョン・グッドマン

【最近気になる米国で公開されている映画】

 Hidden Figure

2016年12月に公開されたときは圏外だったのに3週目に週末売り上げトップとなり、公開12週目になってもトップ10内にいる映画。米国がソ連と激しい宇宙開発競争を繰り広げていた時代、3人のアフリカ系米国人女性の数学者がNASAで重要な役割を果たしていたという実話を元にした映画。  タライ・P・ヘンソン、オクタヴィア・スペンサー

【今週末から米国で公開されるおもしろそうな映画】

 パワーレンジャー "Power Rangers"  日本では7月公開

日本の戦隊ヒーローものの米国版。以前、TV放映版の映像を見た時には日本で放映されたものの素顔が出てくる場面だけを米国人を使って撮影したのかと思った。米国製作のシリーズの特撮部分を日本に発注した物だったらしい。
もちろん今回の映画版はVFXを使っているのだろう。

 ライフ "Life"  日本では7月公開

宇宙船の乗組員が火星で生命を発見する。SFホラー
    ジェイク・ギレンホール、 レベッカ・ファーガソン、 ライアン・レイノルズ、 真田広之


(掲載しているのは私が興味を持った映画のみ。未見の映画についての記載内容は予告編や公式サイトなどから得た情報を基にした“推測”で、間違っている可能性があります。)


テーマ:気になる映画 - ジャンル:映画

5時から7時の恋人カンケイ  (2014) ★
若い男が年上の既婚女性と夫公認で恋愛関係となる。ただし平日の夕方5時から7時までと決められている。DVDで観た。
 セントラルパークに寄付するとベンチに好きな言葉を刻んだ金属製の銘板をつけることができるらしく映画の中でたくさん紹介されている。
 2016年1月に不幸な事故で27歳の若さで亡くなったアントン・イェルチン主演の恋愛映画。

□ ニューヨークに住む24歳の売れない作家ブライアンは金曜日の夕方、セントレジス・ホテル(2East 55th Street)の前でタバコを吸っている美人に声をかけた。アリエルは33歳のフランス人でふたりの幼い子供もいる既婚者だが、外交官の夫との間に平日の5時から7時までは恋愛自由という同意があった。不倫は嫌だと思ったブライアンだけど、3週間後の金曜日の夕方、アリエルと再会する。アリエルはブライアンにホテルのルームキーを渡す。
 ブライアンとアリエルは平日の5時に同じホテルの部屋で会うようになる。
 ブライアンは通りで高級車に乗った男に声をかけられる。アリエルの夫ヴァレリーはブライアンを自宅でのディナーに招待する。ブライアンはそこで子供たちやヴァレリーの恋人ジェーンにも紹介された。
 ブライアンがニューヨーカー誌の新人賞を受賞する。ブライアンは賞金全部をつぎ込んで指輪を買い、アリエルに結婚を申し込む。
 ・・・・・・


・ 監督: ヴィクター・レヴィン
・ 出演: アントン・イェルチン、ベレニス・マルロー、オリヴィア・サールビー、ランベール・ウィルソン、フランク・ランジェラ、グレン・クローズ
【気になった台詞】 アリエル:「フランス語で『5時から7時の関係』は『不倫』を意味する。」...真偽は不明
【映画の中の映画】 「突然炎のごとく(1962)」....ブライアンが自室で観る。

■5時から7時の恋人カンケイ 5 TO 7 (2014/---)


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

スウィート・エンジェル (2013) ★
夫を殺された女が派手な紫のドレスを着て、夫の死に責任のある一味を次々に殺していく西部劇。
DVDで観たけれど、それほどおもしろくなかった。
ジャニュアリー・ジョーンズが胸を見せる。

□ 自らを預言者と称するジョサイアが支配する西部の地域でミゲルとサラ夫婦は小さな農場を営んでいた。ジョサイアとのもめごとが絶えないが、町の保安官も有力者たちもジョサイアの言いなり。
 ある日、ミゲルが仕事から戻ってこずそのまま姿を消す。
 ジョサイアにレイプされたサラは、夫ミゲルはジョサイアに殺されたと確信する。

 知事に任命されたジャクソン保安官がやってきて前の保安官を追い出す。ジャクソンは行方不明になった2人の旅人を探していて、2人はジョサイアの土地を通ったはずだと思っていた。
 ・・・・・


・ 監督: ローガン・ミラー
・ 出演: ジャニュアリー・ジョーンズ、 ジェイソン・アイザックス、 エド・ハリス、

■ スウィート・エンジェル SWEETWATER (2013/---) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

インサイド (2016、スペイン) ★
一人暮らしの作家の家に助手として出版社から送り込まれた若い女性が作家に監禁されるスリラー。DVDで観た。
 スペイン映画だが私が観たDVDではタイトルが英語だった。クレジットはスペイン語。スペイン語タイトルの"La madriguera"は「巣穴、巣窟」等の意味で映画の最後に出てくる。

□ 作家のカルロスは妻の死後スランプで書けなくなった。いつまで待っても新作ができあがらず業を煮やした出版社は助手としてカトリーナを派遣してくる。カルロスはカトリーナをベッドに縛り付け口にテープを貼って監禁する。カルロスの妻は暴行されて殺された。カルロスはカトリーナの髪を妻と同じに染めさせる。
 失踪したカトリーナを探して刑事がやってくる。カルロスは彼らを部屋に入れて応対する。部屋の中にはカトリーナはいない。
 ・・・・・


・ 監督: クーロ・ゴンサレス
・ 出演: フランシスコ・コンデ、アデリアナ・トレベハーノ、クリスティーナ・カスターニョ、カルロス・サントス、ハビエル・モラ

■インサイド THE WRITER'S BURROW (2016/---、スペイン) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画