どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題   左の写真はドイツのクレクリンゲンにて撮影     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>(2D字幕) (2016) ★
老ネズミのセンセイに訓練されてニンジャとなった4人のカメが活躍する「ミュータント・タートルズ(2014)」に続くシリーズ第二作。
一見マスクの色以外同じように見える4人だけどそれぞれ個性があって感情も意見も違う。

□ 凶悪なフット軍団の首領シュレッダーを捕らえた真の英雄タートルズは人間の目に触れない下水道に隠れて暮らしている。
 シュレッダーを護送中の護送車がフット軍団に襲われる。タートルズがシュレッダーの脱走を阻止しようとするがシュレッダーは突如姿を消す。
 シュレッダーはエイリアンのクランゲと組んで地球を支配しようとしていた。
 エイプリルは高名な科学者ストックマン博士がシュレッダーと共に脱走した2人の悪人をサイとイノシシの戦士に変えるところを目撃する。
 サイとイノシシのはエイリアンの要塞を呼び寄せる3つの部品を集めようとしていて、タートルズは彼らを追う。
 ・・・・・・


・ 監督: デイヴ・グリーン
・ 出演: ミーガン・フォックス、ウィル・アーネット、スティーヴン・アメル、ローラ・リニー、タイラー・ペリー
・ タートルズ:  ノエル・フィッシャー、ジェレミー・ハワード、アラン・リッチソン、ピート・プロゼック

■ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>(2D字幕)TEENAGE MUTANT NINJA TURTLES: OUT OF THE SHADOWS (2016/2016)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ポセイドン・アドベンチャー (1972) ★★★
50年近く昔のパニック・アドベンチャー。昔映画館で観たはず。今回「午前十時の映画祭」で観た。

CGがなかった時代なのにすごい迫力。特に船がひっくりかえる時のホールで人々が墜落したり滑り落ちたりする押しつぶされたりシーンは今観てもはらはらする。

ポセイドンは豪華客船というイメージがあったが改めて観るとそれほどでもなかった。パーティ会場も案外狭いし、会場の飾りつけも豪華とは言えない。歌手やバンドは雇われたわけではなく船賃代わりに演奏している。乗客は引退した雑貨屋や金物屋、新婚旅行中の中年の警官夫妻などで大金持ちではない。ポセイドンはこの航海を終えたら解体される予定の老朽船だった。

牧師にあるまじき熱血のリーダー率いる十人ほどの人たちが次々に立ちはだかる困難を乗り越えていく。それでも犠牲者が出てリーダーも自信を失いそうになる。まだ子供のロビンがやたら船の隠れた部分に詳しかったり、それぞれの持ち味を生かして協力し合う。

ホールで "Morning After"というスローな曲が流れているとき、ダンスしている人たちはずっと早いテンポで踊っていた。


□ ニューヨークからアテネに向かっていた老朽客船ポセイドンが、新年を迎えた直後クレタ島沖で発生した海底地震で生じた巨大津波に直撃され転覆して上下さかさまとなる。年越しパーティが行われていたホールでもたくさんの人たちが墜落などで死ぬ。
 普段から祈るよりも戦えと説くスコット牧師は船底に登って救助を待とうと呼びかけた。しかし船のパーサーは、動かずにホールにいて助けを待つように言った。多くの乗客が船の専門家であるパーサーに従い、スコット牧師についてきたのは10人足らずの人たちだった。
 しかし船内はめちゃくちゃに壊れていたり、火災も起きていて船底にたどり着くのは容易ではなかった。
 ・・・・・・


・ 監督: ロナルド・ニーム
・ 原作: ポール・ギャリコ
・ 音楽: ジョン・ウィリアムズ
・ 出演: ジーン・ハックマン、アーネスト・ボーグナイン、ステラ・スティーヴンス、レッド・バトンズ ジェームズ・マーティン、キャロル・リンレー、ロディ・マクドウォール、シェリー・ウィンタース、ジャック・アルバートソン、パメラ・スー・マーティン、エリック・シェア、 レスリー・ニールセン(船長)

◆ポセイドン・アドベンチャー THE POSEIDON ADVENTURE (1972/1973)

テーマ:昔の映画 - ジャンル:映画

誘う処女  (2014、オランダ) ★
オランダの何もない田舎に住む少女メイスは毎日退屈を持て余している。
同じような毎日をすごしているメイスの一家に突然事件が起きる。DVDで観た。
原題は「スーパーノバ」。 裸も出てくるがそれほどエロティックな映画ではない。

□ メイスは川の近くの周りに何もない家に両親とおばあちゃんと住んでいる。おじいちゃんは風になった。鳥かもしれない。おばあちゃんはそれから口を利かなくなった。
 退屈な毎日。 メイスは屋根の上に寝たり、川べりでうろついて通り過ぎる貨物船を見たり、道路に寝転がったり、レズのスーと抱き合ったりする。
 パパは働きもせず家にいる。ママは始終いらいらしている。
 おばあちゃんは車いすで橋に行こうとするのをママが引き戻してくる。橋に行ってもおじいちゃんはいないのに。靴は残っているのだろうか。
 家の前の道路は昼間は車も通らない。道路は家の前で直角に曲がっている。直進すれば家に衝突する。
 ママが道路に曲がり道の標識を立てさせた。作業員と親しく話すママをパパがにらんでいる。パパが立てたばかりの標識を引き抜いた。
 ・・・・・・


・ 監督: タマル・ファン・デン・ドップ
・ 原作; Do Van Ranst "Mijn vader zegt dat wij levens redden(2004)"  (英語直訳"My father says we save lives")
・ 出演: ハイテ・ヤンセン、Bob Schwarze、 Tamar van den Dop、Helga Boettiger
・ シネスコサイズ
> ハイテ・ヤンセン"Gaite Jansen"は1991年ロッテルダム生まれ
> ママが、皮を剥いたジャガイモを芽元がついたまま鍋に入れていた。

■誘う処女(おとめ) SUPERNOVA (2014、オランダ)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

虹蛇と眠る女 (2015) ★
田舎町に引っ越してきた家族の子供ふたりが行方不明となったことがきっかけで家族の秘密が暴かれていく。
 米国で活躍するニコール・キッドマンが、ひさしぶりに母国オーストラリアで主演した映画。DVDで観た。
 娘リリー役のマディソン・ブラウンは華奢に見えるけれど身長178cmですでにモデルとして活躍している。2015年現在18歳らしい。
 ニコール・キッドマンがオールヌードを見せるけれど遠景だし本人かどうか不明。

□ パーカー夫妻(キャサリンとマシュー)はふたりの子供(15歳のリリーと弟のトミー)を連れてクーナバラから砂漠の町ナスガリ"Nathgari"に引っ越してくる。ある夜マシューは、トミーが家を抜け出しその後をリリーがついていくのを窓から見るが止めなかった。トミーは眠れないと夜に近所を歩き回ることがよくあった。
 翌日、子供たちがいないのに気づいたキャサリンが学校に電話するとしばらく登校していないと聞かされる。探し回っても見つからない。。
 マシューは反対するが、結局ふたりで警察に相談する。警官のレイが調べるとリリーは以前にもクーナバラで両親に言わないで外泊して警察が捜索したことがわかる。さらにパーカー家がリリーの問題でクーナバラから出たことがわかる。
 キャサリンはリリーの部屋で日記を見つける。日記にはキャサリンも知らないリリーの内面が描かれていた。
 町民も参加して大規模な捜索が行われる。キャサリンは、マシューに内緒にするという条件で日記をレイに渡す。
 パーカー家の大工仕事を手伝うこともあるバーティの姉コリーンがキャサリンを気遣って息子のジャラと共にサンドイッチを持ってくる。ジャラは「虹の蛇(ナチー)が飲み込んだ。歌えば戻ってくる。」という昔話をキャサリンに話す。
 町では家族の悪いうわさがささやかれるようになる。
 ・・・・・・


・ 監督: キム・ファラント
・ 出演: ニコール・キッドマン、ジョセフ・ファインズ、ヒューゴ・ウィーヴィング
  リサ・フラナガン、メイン・ワイアット、マディソン・ブラウン、ニコラス・ハミルトン

■ 虹蛇と眠る女 STRANGERLAND (2015/2016、オーストラリア/アイルランド) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

今週末公開される映画  2016/08/26,27
【今週末から日本で公開されるおもしろそうな映画】  

 ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ> (字幕版)   金曜日公開

武装した4匹の人間大のカメが正義のために活躍する「ミュータント・タートルズ(2014)」の続編。前作では邦題には無かった「ニンジャ」が邦題にもつくようになった。

 リトル・ボーイ 小さなボクと戦争 

第二次世界大戦中の米国の田舎町。8歳の小さな少年が戦地にいる父親を超能力で呼び戻そうとする。
   ジェイコブ・サルヴァッティ エミリー・ワトソン 

 ライト/オフ

 明かりを消すと何かが来る。弟の訴えにひとりぐらしをしていた姉はたくさんの照明器具を用意して実家に戻る。
     テリーサ・パーマー

【今週末から米国で公開されるおもしろそうな映画】

 Kraftidoten ( 英題 : In Order of Disappearance )    ノルウェー

息子を殺されたニルスは復讐と正義を望む。2組のギャング間の戦争を引き起こす。福祉国家で復讐をするのは容易ではない。しかしニルスはビギナーズ・ラックを持っている。ノルウェー製の犯罪コメディ


(掲載しているのは私が興味を持った映画のみ。未見の映画についての記載内容は予告編や公式サイトなどから得た情報を基にした“推測”で、間違っている可能性があります。公式サイトは時間がたつと別のものに置き換わることがしばしばあります。)

テーマ:気になる映画 - ジャンル:映画

どんくら映画関連記事一覧更新
2016年8月23日までに本BLOGに書き込んだ「映画館」「映画人」「映画感想」の記事の一覧を更新しました。題名をクリックすればその記事を見られます。映画については概ねあいうえお順に並べてあります。

==> どんくら映画関連記事一覧  (外部サイトにリンク。)

(注) 記事からリンクしている公式サイトは時間がたつと別のものに置き換わることがしばしばあります。気がつけばリンクを消していますが、とても消しきれません。中には悪質なものの可能性もあるのでご注意ください。
(注) この「どんくら映画関連記事一覧更新」の記事にはコメント/トラックバックはできません。
 

テーマ:映画 - ジャンル:映画

リーザと十二月の神々 (2015)  ★
大人ぶっているわがままな女の子が不思議な世界に迷い込み元の世界に戻れなくなるロシアの家族向けの映画。DVDで観た。

 原題は「12の月 新しいお話」で、スラブ民話「12の月」の現代版。映画の中で12月が「またか」と言うのは以前にも少女が来たことがあったから。
 映画の中でホテルの庭の木に飾りつけがされるが、クリスマスツリーではなく新年を祝う「ヨールカ」というものらしい。

> スラブ民話「12の月」:
 母親と2人の娘が暮らしていた。娘のひとりは実娘だったが、もうひとりは継娘だった。母親は実娘ばかりをかわいがった。
 ある冬の日、実娘がすみれを欲しがった。母親は継娘に採ってくるように言いつけた。雪の下にすみれが咲いているはずがない。継娘が泣きながら森を歩き山の頂上に着くと12人の人たちがたき火を囲んで座っていた。彼らは12の月で今は老人の1月が上座に座っていた。
 継娘が訳を話すと若い3月が上座に座りすみれが咲いた。
   ・・・・・・

□ もう子供ではないので妖精とかおとぎ話とかを信じないリーザは弟と共に両親に連れられて「魔法の城」ホテルで新年を迎えることになる。古臭くて部屋にはテレビもビデオもパソコンもなくてリーザはうんざり。新年まであと1日だというのに雪のかけらもない。
 夜中、部屋を出て歩き回っていたリーザは、昔のお城に入り込んでいた。

 お城では新年を迎えるパーティが開かれていて、国王不在のためアンナ王女が恒例のゲームを宣言する。お城のどこかに隠されているマツユキソウを見つけた者が新年の始まりを宣言することができる。マツユキソウが見つかるまでは新年を迎えることができない。ところが誰かが温室のマツユキソウを全部踏みつぶしてしまったたため王女は窮地に陥る。
 実は王女を補佐する役目の顧問官の陰謀だった。新年を迎えられない王女は牢屋に入れられ、マツユキソウを見つけた英雄の顧問官が王位につくつもり。
 偶然、陰謀を知ったリーザは王女に知らせようとするがだまされて雪の積もった恐ろしい森に迷い込んでしまう。
 ・・・・・・


・ 監督: デニス・エレオンスキー
・ 出演: オルガ・ナレトヴァ、イリヤ・ブツコフスキー
> 原題の英語直訳= 12 MONTHS. NEW TALE

■リーザと十二月の神々 12 месяцев. Новая сказка  (2015/---、ロシア) ★

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

アメリカン・コミック映画 <マーベル/DC 以外> 一覧
■これから公開

ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ> (2016)    2016年8月公開



■ 過去に公開され本ブログに掲載されている映画

ミュータント・タートルズ  (2014) 

300スリー・ハンドレッド    (2006)
300スリーハンドレッド 帝国の進撃 (2014) 

シン・シティ (2005)
シン・シティ 復讐の女神 (2014)


テーマ:映画情報 - ジャンル:映画

ゴーストバスターズ(2D字幕) (2016)  ★★
30年前に大ヒットした映画「ゴーストバスターズ (1984)」のリメイク。前作と同じ音楽が使われていてわくわくする。前作で見覚えのあるゴーストも出てくる。前作出演のビル・マーレイ、ダン・エイクロイド、シガーニー・ウィーヴァー等が顔を見せている。最後に献辞が映されるハロルド・ライミは前作のメンバーで脚本家。2014年に亡くなった。
 前作は男性チームだったが女性チームとなっている。
 エンドクレジット後に映像あり。「ズール」?

 彼らが借りようとして高くてあきらめる"Hook & Ladder 8"と書かれた3階建ての建物ははしご付消防自動車の消防署でニューヨークの 14 N Moore St にある。次作では本部となるのだろう。ニューヨークが舞台だがロケはほとんどボストン。

□ 大学の物理学教授のエリンは若いころにアビーと超常現象に関する本を出版したことがばれてクビになる。エリンもアビーも理論として研究していたがゴーストそのものを見たことはなかった。アビーは技術者のホルツと今もゴーストを研究していた。昔から幽霊の噂のあるオルドリッジ邸で3人は本物のゴーストを見る。
 本格的に活動を始めた3人は受付兼電話係として仕事はできないがイケメンムキムキのケヴィンを雇う。地下鉄で見つけたゴーストの撮影と捕獲に成功した彼らは映像を公開するが専門家に偽物だと一笑される。ニューヨークに詳しいパティがメンバーに加わる。TVで「ゴーストバスターズ」とからかわれた彼らはそのままゴーストバスターズと名乗る。彼らは誰かが意図的にゴーストを呼び出していると推理する。
 ・・・・・


・ 監督:  ール・フェイグ
・ 出演: メリッサ・マッカーシー、クリステン・ウィグ、ケイト・マッキノン、レスリー・ジョーンズ、クリス・ヘムズワース、ニール・ケイシー、 チャールズ・ダンス

【映画の中の映画(一部)】
   「ジョーズ(1975)」 : 市長に対して「ジョーズの市長みたいにならないで」と叫ぶ。主役の警察署長がサメを警告するが書き入れ時の海水浴場の閉鎖をしなかったため被害者が出る。
   「オズの魔法使(1939)」 : ホテルに入ったホルツがゴーストに"Come out, come out, wherever you are"と呼びかける。北の魔女グリンダの台詞。
【映画の中の中国】 ゴーストバスターズはお金がないため中国料理「老朱食堂」の2階を借りて本部にする。しかし中国での公開は認可されなかったらしい。

■ ゴーストバスターズ(2D字幕) GHOSTBUSTERS (2016/2016)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

SPYスパイ (2015) ★★
ゴーストバスターズ(2016)」のメリッサ・マッカーシー主演、ジェイソン・ステイサム、ローズ・バーン、ジュード・ロウ共演のアクション・コメディ。およそスパイのイメージには程遠いデスクワークのおばさんが核爆弾取引のからむ危険な任務につく。DVDで観た。
 このおばさん、みかけはどんくさいけれど知識もあるし頭もいいし運もあるし、運動能力も結構すごい。アクションもあるし意外な展開も盛りだくさんでおもしろかった。
 エンドクレジット後に映像あり。

□ CIA職員スーザン・クーパーはラングレーにいながら現場のエージェントにリアルタイムに情報を伝えたり支援をするサポート業務をしている。スーザンが10年間もサポートしてきたエージェントのブラッドリー・ファインが武器商人のレイナに射殺されてしまう。レイナは他のCIAエージェントの名前も知っていた。
 レイナは小型核爆弾を売ろうとしていた。至急の対策が必要だが、内部情報が洩れているため危険すぎて誰も対応できない。
 スーザンが志願する。現場にでたことのない事務職だが資格はエージェント。ただし40歳独身のおばさんでちょい太め。
 上司のエレインはエージェントには見えないスーザンを現場に出すことにする。ただし任務は武器売買の仲介人デ・ルーカの尾行と報告のみ。
 スーザンはパリに到着。ところが監視するはずのデ・ルーカのオフィスは前夜焼失。おまけにスーザンの起用に反対してCIAを辞めたはずのエージェント、リック・フォードが行く先々に現れてスーザンのじゃまをする。
 ・・・・・


> ラングレー"Langley, Virginia" : CIA(中央情報局)の所在地。映画の中で「ラングレー」という言葉が「CIA」の代わりに使われることもある。

・ 監督: ポール・フェイグ
・ 出演: メリッサ・マッカーシー、 ジェイソン・ステイサム、 ローズ・バーン、 ジュード・ロウ、 ミランダ・ハート、ボビー・カナヴェイル、アリソン・ジャネイ、 ピーター・セラフィノウィッツ、 モリーナ・バッカリン、カーティス・“50 Cent”・ジャクソン(本人役)

■ SPYスパイ "SPY"(2015/---、英語/フランス語) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

女子大生・恐怖のサイクリングバカンス (1970) ★
露出度過多の2人の若い英国人女性が言葉も通じにくいフランスの田舎を自転車で旅行している。ふたりでも見るからに危なっかしいのに喧嘩してばらばらになる。そんな恰好でまわりの木に下着を干して道端に寝ていたら上に乗ってくるのを期待していると思われても仕方がない。 DVDで観た。

出てくる人たちがみんな怪しげ。親切そうな英国人の夫人もジェーンを家に誘うのは親切だけではなさそう。
ポールの眼つきがうさんくさすぎる。あまりにわざとらしくものすごく下手な役者が演じてるみたいに感じた。なぜポールがフィルムをさらしたのか観終わった後でもわからない。

50年近く昔の映画で主演のパメラ・フランクリンは横浜生まれ。「ミスブロディの青春(1969)」で米国映画批評会議賞(NBR Award)の助演女優賞を受賞し英国アカデミー賞にもノミネートされた。

イン・ザ・ダークネス (2010) 」としてリメイクされた。


□ ノッティンガム(英国)のふたりの若い看護婦、ジェーンとキャシーがフランスを自転車旅行している。村で休憩しているときキャシーはハンサムなフランス人の男が気にかかる。男もふたりの方を見ている。出発したふたりを男がスクーターで追い抜いていった。
 途中、何もない道端でキャシーが昼寝をしたいと寝てしまい動こうとしない。怒ったジェーンは先に行くことにする。しばらく走ったもののジェーンは道端のカフェでキャシーを待つことにする。店の年配の女性がしきりにジェーンに話しかけるがフランス語なので意味が分からない。女性は知っている限りの英語で"bad road"と言うがジェーンには何を言いたいのかわからない。
 キャシーが来ないのでジェーンは引き返し別れた場所を探すがキャシーはいない。キャシーのカメラが落ちていた。スクーターの男が現れる。男は英語を話しポールと名乗った。ジェーンはポールのスクーターで村に引き返すがキャシーは戻っていない。
 ジェーンは3年前にこの村でひとり旅をしていた若い女性がレイプされ殺されたことを知る。ジェーンが拾ったキャシーのカメラにはフィルムが入っていなかった。ジェーンは警官の家を訪ねる。
 ・・・・・・



・ 監督: ロバート・フュースト
・ 出演: パメラ・フランクリン、サンダー・エルス、ミッシェル・ドートリス、ジョン・ネトルトン、クレア・ケリー

■ 女子大生・恐怖のサイクリングバカンス AND SOON THE DARKNESS (1970、英国、英語/フランス語)

テーマ:昔の映画 - ジャンル:映画

サバイバル・ランド  (2014) ★
北極圏の無人の島に子供三人が取り残される家族向けのノルウェー映画。両親も他の大人たちもだれも子供たちがそこにいることを知らない。木も生えていない島には飢えたシロクマの親子がいる。DVDで観た。

一番年長の長女でも12歳くらい。学校でいじめられていた弟をかばうことさえできなかった弱虫の女の子が妹や弟を守ろうと頭と勇気をふりしぼる。
感心したのは自分が不得意なところを自分より子供の妹にまかせたところ。

□ 10月末ころ、ボードーに越してきた3人の子供たちが父親が長期出張中のスタヴァンゲルに飛ぶというヘリコプターに無断で潜り込む。ところが遭難信号を受けたヘリコプターは暗くなったスヴァールバル諸島半月島(Halvmåneøya)に着陸。そうとは知らない子供たちはヘリコプターから降りる。重傷を負った島のただひとりの住人を乗せたヘリコプターが飛び立った後、子供たちは北極圏の小さな島に取り残される。
 子供たちは板で囲っただけの粗末な小屋を見つけて入りこむ。朝になって小屋を出た長女は人家どころか木も草も生えていない小さな島にいることを知る。小屋にはわずかな食べ物しかない。電気も電話もない。
 ボードーでは行方不明の子供たちの大捜索が行われるがまさか子供たちがボードーの外にいるとは誰も思わない。
 極夜と嵐の季節が近づいている。
 ・・・・・・


> ボードー:ノルウェー中北部の都市
> スタヴァンゲル:ノルウェー南端に近い都市
> スヴァールバル諸島:ノルウェー本土からはるか北方の北極圏の島々。
> ロングイェールビーン:スヴァールバル諸島にある町

・ 監督: グレーテ・ビュー・ヴァール
・ 原作: レイフ・ハムレ
・ 出演: カイサ・アントンセン、イダ・レオノラ・ヴァレストランド・エイケ、レオナルド・ヴァレストランド・エイケ、リーネ・ヴァルンダンル
> 原題: オペレーション北極

■サバイバル・ランド OPERASJON ARKTIS (2014/---、ノルウェー)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ジャングル・ブック (2016) ★★
英国の小説家ラドヤード・キップリングが1894年に出版した短編小説集の映画化。これまで何度も映像化されている。
 同じディズニーのアニメ映画「ジャングル・ブック(1967)」のリメイク。前作は観ていないが、映画の中で歌われる曲に聞き覚えがあった。
 動物たちの声をベン・キングズレー、スカーレット・ヨハンソンなどすごい俳優たちが演じている。

 最近の実写映画では一部がCGで描かれるのが普通になっているが、この映画では人間の子供モーグリ以外の動物も背景もすべてCGVFXによるもので、モーグリも一部はCGで描かれている。実写映画というよりCGアニメ映画とした方が妥当かもしれない。
 モーグリの右胸と左肩に傷跡がある。IMDb Tribia によれば右胸は“r”左肩は“k”で原作者の頭文字らしい。
 続編が予定されている。

□ インドのジャングル。幼い時にジャングルでひとりぼっちになった人間の子供、モーグリは黒豹のバギーラに救われオオカミのラクシャに育てられる。オオカミのリーダー、アキーラもモーグリを仲間として認める。
 干ばつが続き水場のピースロックが姿をあらわす。ピースロックが見えている間は他の動物を襲わないのがジャングルの掟。モーグリもラクシャに連れられて水場に行く。モーグリを知らない動物たちは人間がいることに驚いた、
 ジャングルで最も強くて狂暴なトラのシア・カーンが現れる。かって人間に顔を傷つけられたシア・カーンはモーグリを殺すと宣言、モーグリをかばうものも殺すと脅す。
 オオカミたちの結束は固いがこのままモーグリがいればオオカミたちも殺される。モーグリはジャングルを出て人間の村に行く決心をする。人間の村までバギーラが付き添うことになる。途中、シア・カーンが襲ってきてモーグリはバギーラとはぐれてしまう。
 熊のバルーとすごしていたモーグリは、アキーラがシア・カーンに殺されたことを知りシア・カーンと戦う決心をする。
 ・・・・・・


・ 監督: ジョン・ファヴロー
・ 原作: ラドヤード・キプリング
・ 出演:  ニール・セティ ......... モーグリ
・ 声の出演: ビル・マーレイ、ベン・キングズレー、イドリス・エルバ、ルピタ・ニョンゴ、スカーレット・ヨハンソン、ジャンカルロ・エスポジート、クリストファー・ウォーケン

■ ジャングル・ブック THE JUNGLE BOOK(2D字幕)(2016/2016) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ハングマン  (2015)   ★
まったくの他人が幸せな家族を四六時中覗き見をはじめる不気味なスリラー。DVDで観た。
 男は家族の外出先でも監視を始め、干渉をしてくる。
 車を盗まれたら自宅まで知られてしまうというのは怖い。カーナビに「自宅」を登録している人はご注意。
 姉弟を演じているライアン・シンプキンスとタイ・シンプキンスは実の姉弟。

□ 4人家族が旅行から帰宅すると家の中が荒らされていた。壁にケチャップでいたずら書きされているなどの被害はあったが何かが盗まれた形跡もなく警察も悪趣味ないたずらとして引き上げる。家の中を片づけた一家は元の生活に戻る。
 警官も家族も気がつかなかったが家中に監視カメラがつけられていた。
 家族は一日中、外出先でも監視される。
 ・・・・・・


・ 監督: アダム・メイソン
・ 出演: ジェレミー・シスト、ケイト・アシュフィールド、タイ・シンプキンス、ライアン・シンプキンス、エリック・マイケル・コール、エイミー・スマート

■ハングマン HANGMAN (2015/---、英国)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画