どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

アレックス (2002) ▼
約15年前の映画だけどかなり変わった作り方の映画。
 女がレイプされ恋人が犯人を探して仇を討つという流れを、起きた物事を後に起きたことから遡る形で映し出す。賛否あるようだけど私は否定派。

 物語自体それほどおもしろいものでなく、それを逆にさかのぼることで変わった感じにしているだけ。映像が始終大きくゆれてぐるぐるまわってたりして非常に見づらい。無意味に残虐な暴力シーンも好きではない。

 モニカ・ベルッチも出演して胸も見せる。

 DVDで観た。

・ 監督: ギャスパー・ノエ
・ 出演: ヴァンサン・カッセル、  アルベール・デュポンテル、  モニカ・ベルッチ、  フィリップ・ナオン、  ジョー・プレスティア

■ アレックス IRREVERSIBLE (2002/2003、フランス) 

テーマ:昔の映画 - ジャンル:映画

スター・ウォーズ 最後のジェダイのBD特典映像
「最後のジェダイ」のBDセットに収録されている特典映像の概略
 ---------------------------------
パインウッド・スタジオの普通の家の居間のようなところや庭でトレーナー姿のレイとルークが読み合わせをしている。
セットの紹介
助監督の役割なども説明される。
撮影日数100日間で120のセットが使われ、その間にはアイルランドでのロケも含まれる。
アイルランドでレイがルークにライトセーバーを渡す。ルークの右手は義手だけどマーク・ハミルは違う。
大作とは言え予算には限りがある。コスト削減のための会議も開かれる。
アニマトロニクスなどの特殊効果とCGのどちらを選択するか検討される。
ローズ役のオーディション
今までのスターウォーズとはかなり異質のカジノシーン
マーク・ハミルは監督の描くルーク・スカイウォーカーには反対だった。
今となっては貴重なキャリー・フィッシャーの撮影シーンやキャリーと監督が親密そうに話しているシーンもある。
64歳のマーク・ハミルはスタントの起用を進言した。監督はマークが演じるのは若く無鉄砲なルークではなくマスター・ルークだと話した。
ルークの島の原住民の建物は島まで運んで組み立てられたセット。
金色のダイスはハン・ソロがファルコンを勝ち取った時に使ったもの。
カイロ・レンの傷には半年が費やされた。
クロアチア ドゥブロヴニクでのロケ。カジノの外の町の追跡シーン。
カジノではジョン・ボイエガとケリー・マリー・トラン(ローズ)がカジノの客のひとりを特殊メイクかクリーチャーか議論している。
本作のヨーダはCGではなくパペットでフランク・オズが操作した。ヨーダはオリジナルの型から再現された。
爆発シーンではロープにつながれた人たちが空中高く飛ばされる。
スノークがレイを宙に浮かせるシーンではレイは本当にかなり高い空中につりあげられた。
スノーク自身の姿も撮影時はかなり笑える姿。
撮影が終盤に近付きみんな疲労困憊している。デイジー・リドリーの大きなあくびも映されている。
島は厳重な環境保護地域
危険な崖での撮影のため、簡単に見えるシーンでもデイジーは命綱をつけて撮影している。
ルークがミルクをもらうクリーチャーはヘリコプターで島に運ばれて撮影された。
監督がマーク・ハミルにまだ数人しか知らない映画のタイトルを耳打ちする。
デイジー・リドリーの最後の撮影シーン
ルークとレイアの再会と別れのシーン

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル (2017) ★
元米国フィギュアスケーター、トーニャ・ハーディングの半生記。女性として世界で二番目、米国で初めて公式の場でトリプルアクセルを成功させた。ライバルのナンシーケリガン選手が襲われた事件でスケート界から追放された。

母親ラヴォナ役のアリソン・ジャネイがオスカー助演女優賞を受賞。主演女優賞(マーゴット・ロビー)と編集賞にノミネートされた。

 フィギュアスケートは競技会に出るようになると非常にお金がかかるスポーツだと聞いたことがある。コーチの費用もそうだしドレスも高価なものが必要になる。競技中にトーニャか審査員たちにお金がないからドレスを自分で縫っていると訴える場面がある。審査員としてはそんなこと言われても困るだろうし、中には貧乏人はフィギュアスケートなんかするなと内心思っている審査員もいるのかもしれない。オフレコで良い点数には「完璧なアメリカの家族」のイメージが必要だとささやく審査員がいる。これにも「裕福な」という言葉が隠されている気がする。

 トーニャは母親に怒鳴られ殴られて育てられた。トーニャも母親も下品だし乱暴だしお友達にはなりたくない。
 しかし母親は貧乏なのに必死に働いたお金をトーニャの夢につぎ込んで実現させた。トーニャは2度のオリンピックに出場した。


□ トーニャは3歳でアイススケートを始めた。娘の才能に気づいた母ラヴォナは4歳でコーチをつける。
 スケートのために高校も退学させられた。ジェフと出会いやがて結婚する。ジェフはトーニャをなぐった。
 1991年の全米選手権でトリプルアクセルを成功させて優勝し一躍注目されるようになる。
 1992年のアルベールビルオリンピックではトリプルアクセルを失敗、4位となった。
 1996年のリレハンメルオリンピックの選考会を兼ねる全米選手権の会場でナンシー・ケリガン選手が何者かに膝を殴打された。元夫のジェフが逮捕されトーニャにも嫌疑がかかる。
 ・・・・・


・ 監督: クレイグ・ギレスピー
・ 編集: タティアナ・S・リーゲル 
・ 出演: 
   マーゴット・ロビー       ... トーニャ・ハーディング
   アリソン・ジャネイ        ... ラヴォナ・ハーディング、母親
   セバスチャン・スタン       ... ジェフ・ギルーリー、夫
   ジュリアンヌ・ニコルソン     ... ダイアン・ローリンソン、コーチ
   ポール・ウォルター・ハウザー   ... ショーン、ボディガード
   ボビー・カナヴェイル         ... マーティン・マドックス
   マッケナ・グレイス          ... トーニャ(少女)

【映画の中の映画】 
  「オズの魔法使 (1939)」    トーニャとジェフの会話
  「ロッキー4炎の友情(1985)」   トーニャはロッキーと同じトレーニングをする。
> 世界で初めて公式の場でトリプルアクセルを成功させた女性選手は伊藤 みどり

■アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル I, TONYA (2017/2018)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

禁断の惑星 (1956)
約60年前のSF映画の古典。DVDで観た。
 冒頭“21世紀末人類はロケットで月に到達した”というナレーションがあるが、実際にはこの映画のわずか10数年後の1969年にアポロ11号が月に到達した。


□ 人類が他の太陽系に進出した23世紀。宇宙連邦の宇宙船C-57-Dは惑星アルテア4に接近する。任務は20年前に着陸したベララホンの生存者を探すこと。無線に応じたベララホン乗員のモービウス博士は「救出は不要、着陸したら安全は保障できない」と警告した。
 着陸地点にロボットのロビーが迎えに来てアダムス船長たち3人は博士の住居に案内された。
 博士の住む安全で快適な住居は住居を守る鋼鉄の防護扉が装備されていた。博士によればベララホンの他の乗員は着いた年に次々に何かに引き裂かれたようになって死んだいった。アルテア4に住むことを望んだ博士と夫人だけ生き残ったが夫人も翌年亡くなリ娘のアルタが博士と共に住んでいた。

 アダムス船長が地球の指示を仰ぐのに10日間以上かかる。モービウス博士はベララホンの悲劇の再現を恐れていた。
 アルテアには古代、人類より遥に進化した生物“クレル”がいた。20万年前、クレルは一夜にして滅亡してしまった。クレルの地上の施設は土になったが地中には研究室が残されていた。モービウス博士は長年クレルの知識を学びロビーはその初歩的な成果物だった。

 船のまわりに配置したバリアがショートするが何もいなかった。船内に何かが侵入し作業していた隊員がばらばらにされる。深くめり込んだ奇妙な怪物の足跡があったが姿を見た者はいなかった。
 船長は戦闘態勢を取らせる。
 バリアがショートし一斉射撃に巨大な怪物の姿が浮かび上がった。激しい攻撃に突然怪物は消えるが3人が殺された。
 船長はモービウス博士とアルタを連れてアルテア4を脱出しようとする。
 ・・・・・


・ 監督: フレッド・マクロード・ウィルコックス
・ 出演: 
   ウォルター・ピジョン    ,,, エドワード・モービウス博士、言語学者
   アン・フランシス       ,,, アルタ(アルテア)
   レスリー・ニールセン    ,,, J・J・アダムス船長

◆禁断の惑星 FORBIDDEN PLANET (1956/1956)

テーマ:昔の映画 - ジャンル:映画

クリミナル 2人の記憶を持つ男 (2016、英国) ★
死体(善人)の脳から記憶を取り出し生きている人間(悪人)に移す。
悪人の中身が善人に置き換わるはずだったが、善人の記憶を合わせ持った悪人ができがってしまう。

ケヴィン・コスナー、ゲイリー・オールドマン、トミー・リー・ジョーンズと3人のオスカー受賞者が出演している。ガル・ガドットはワンダー・ウーマン。    DVDで観た。


□ 通称「ダッチマン(オランダ人)」と交渉していて居所の情報を持つCIAロンドン支局のビル・ポープが殺された。ダッチマンは米軍の緊急コマンド・システムに侵入して操作できる知識を持ちミサイルを発射させてしまうことさえできる。政府転覆を狙うハイムダールがダッチマンを追っている。
 CIAロンドン支局長のクウェイカー・ウェルズは、死者の記憶を生きている人間に移す研究をしているフランクス博士にビル・ポープの記憶を凶悪犯罪者のジェリコ・スチュワートに移させる。しかし成果はおもわしくなかった。移送中、ジェリコが脱走する。

 ビル・ポープが死んだことを知ったダッチマンはロシアと接触する。
 ビル・ポープの自宅にジェリコが侵入、金目の物を盗んで逃走する。ジェリコはビルの家のセキュリティ・コードや妻の名前も知っていた。
 ハイムダールもジェリコがビル・ポープの記憶を持っていてダッチマンの居所を知っていることに気がつく。
 ・・・・・



・ 監督: アリエル・ヴロメン
・ 出演: 
   ケヴィン・コスナー     ... ジェリコ・スチュワート
   ゲイリー・オールドマン    ... クウェイカー・ウェルズ、CIAロンドン支局長
   トミー・リー・ジョーンズ    ... フランクス博士
      アリス・イヴ、 ガル・ガドット、 マイケル・ピット、 ジョルディ・モリャ、 アンチュ・トラウェ、 スコット・アドキンス、 アマウリー・ノラスコ、 ライアン・レイノルズ、ララ・デカロ(子役)

■クリミナル 2人の記憶を持つ男 CRIMINAL (2016/2017、英国)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

今週末公開される映画  2018/05/25,26
【最近気になる公開予定の映画】

 Detective Pikachu (2019)  2019年5月米国公開

 ビデオゲーム「名探偵ピカチュウ」の米国映画版。ライアン・レイノルズがピカチュウの声を担当。


【今週末から日本で公開されるおもしろそうな映画】  

 ゲティ家の身代金 (字幕版)  金曜日公開

 石油王で世界一の大富豪ポール・ゲティの孫が誘拐される。身代金は1700万ドル。しかしポール・ゲティは支払いを拒否する。
 1973年7月、ローマで起きたジョン・ポール・ゲティ3世誘拐事件を基にした映画。
 ポール・ゲティ役のクリストファー・プラマーがオスカー助演男優賞にノミネートされた。
             リドリー・スコット監督   ミシェル・ウィリアムズ、 マーク・ウォールバーグ

 ルイ14世の死

 フランス国王として70年以上も君臨した太陽王ルイ14世の死までの数週間

 いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち 05/26

 前作で刑務所に入れられた理系の教授たちが、罪を帳消しにする代わりに新型ドラッグに手を焼く警察に協力する。
 「いつだってやめられる 7人の危ない教授たち (2014)」の続編。次作は「いつだってやめられる-名誉学位 (2017)」


(掲載しているのは私が興味を持った映画の原語版のみ。未見の映画についての記載内容は予告編や公式サイトなどから得た情報を基にした“推測”で、間違っている可能性があります。公式サイトは早ければ1年後にはまったく別のサイトに置き換わることがあるのでリンクさせていません。)



テーマ:気になる映画 - ジャンル:映画

どんくら映画関連記事一覧更新
2018年5月20日までに本BLOGに書き込んだ「映画館」「映画人」「映画感想」の記事の一覧を更新しました。題名をクリックすればその記事を見られます。映画については概ねあいうえお順に並べてあります。

==> どんくら映画関連記事一覧  (外部サイトにリンク。)

(注) 記事からリンクしている公式サイトは時間がたつと別のものに置き換わることがしばしばあります。気がつけばリンクを消していますが、とても消しきれません。中には悪質なものの可能性もあるのでご注意ください。
(注) この「どんくら映画関連記事一覧更新」の記事にはコメント/トラックバックはできません。
 

テーマ:映画 - ジャンル:映画

シークレット・デイ (2014) ★
ふたりの小学生の少女が赤ちゃんを死なせてしまう。ふたりは殺人で少年院に入れられた。7年後、ふたりが釈放された直後に3歳の女の子が行方不明となる。いなくなった少女を探すのは7年前に赤ちゃんの遺体を発見した女性刑事。
 日本でも米国でもダイアン・レイン、エリザベス・バンクス、ダコタ・ファニングが大きく扱われているが、映画で大きなウエイトを占めているのは若干太り気味の少女アリス・マニング。演じているダニエル・マクドナルドはオーストラリア出身。
 でもこれって殺人?実際に何が起きたのか?な部分はあるけれど、ふたりとも殺意はなかったと思う。いいとこ過失致死だけど小学生に過失を責められるのだろうか。
 DVDで観た。


□ 初めての黒人判事の孫でまだ乳児のオリビアが行方不明となりやがて遺体で発見された。2人の少女アリスとロニーが殺人の罪で少年院に入れられた。

 7年後、ふたりは釈放される。ロニーはベーグル店で働き始める。過体重のアリスはドリンクのカップを片手に町をぶらついている。
 家具店でカップルがソファを選んでいる最中に3歳の娘ブリタニーが消える。
 ナンシー・ポーター刑事が話を聞こうとロニーを勤務先に訪ねるとロニーは姿を消した。アリスは留守だったが翌日警察に出向いてきてブリタニーについては何も知らないと言った。
 ナンシーはロニーを見つける。ロニーはナンシーが7年前に赤ちゃんの遺体を発見した刑事だと気づいて逃げた。ブリタニーについては何も知らないと言った。
 ナンシーは少年院からロニーとアリスの記録を取り寄せる。
 ロニーは少年院で喧嘩ばかりしていた。
 アリスは少年院で妊娠し出産していた。
 ・・・・・・


・ 監督: エイミー・バーグ
・ 原作: ローラ・リップマン 翻訳本『あの日、少女たちは赤ん坊を殺した』
・ 出演: 
   エリザベス・バンクス   ... ナンシー・ポーター刑事
   ダニエル・マクドナルド  ... アリス・マニング
   ダイアン・レイン      ... ヘレン・マニング
   ダコタ・ファニング     ... ロニー・フラー
   ネイト・パーカー      ... ケヴィン・ジョーンズ刑事
   コモン            ... デヴリン

> ロニーのエプロンには"CINO'S"と書かれている。ベーグル店チェーン
> 7年前のロニーを演じている Eva Grace Kellner はダコタ・ファニングによく似ている。最初出てきたときダコタかと思ったが体が小さい。成長したロニーのアイメイクが濃いのは大人っぽく見せるためだろうか。

■シークレット・デイ EVERY SECRET THING (2014/2018) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ランペイジ 巨獣大乱闘 (2018)(字幕) ★
巨大化したゴリラ、オオカミ、ワニがシカゴの街を襲う。歯が立たない軍は最終兵器でシカゴを爆撃しようとする。
CHICAGOビデオゲーム"RAMPAGE"から着想した娯楽映画。
ちなみにゲーム版のオリジナルのキャラクタはゴリラ、オオカミ、と、ゴジラみたいな恐竜だった。(WIKIPEDIA20180518)

映画の初め、宇宙ステーションから逃げ出した女性隊員はサンプルを3個だけ持ち出した。ケースにはまだ5個残っていた。続編が作られるのかも...   宇宙研究所にはアテナ1と書かれていた。2、3があるのかも。

□ エナジン社の宇宙研究所アテナ1で事故が発生し違法に行っていた遺伝子操作の研究サンプル3個が地上に落下する。

 サンディエゴの動物園の霊長類学者デイビス・オコイエはホワイトゴリラのジョージとは手話で会話できるほどの仲。ある夜、ジョージの体が大きくなりグリズリーを殺してしまう。敷地内には焼け焦げて壊れた容器が落ちていた。やってきたエナジン社の元研究員のケイト・コールドウェル博士によればジョージの変化はエナジン社の違法研究によるもの。
 政府秘密機関OGAのラッセル捜査官がジョージを眠らせて軍の輸送機で輸送することにする。拘束されたデイビスとケイトも輸送機に乗せられる。
 飛行中、ジョージが暴れだして輸送機が墜落。ジョージは現れた巨大なオオカミと共にシカゴに向かう。ケイトによれば彼らが向かっているのはシカゴのエナジン社。
 軍は最強の軍隊でシカゴの前で2頭を殺そうとする。しかしあっさり壊滅させられ2頭はシカゴに入る。さらに川から巨大なワニが出現しビルが次々と破壊される。軍は最終兵器でシカゴを爆撃しようとする。
 デイビスとケイトはエナジン社に侵入して解毒剤を手に入れようとする。
 ・・・・・・


・ 監督: ブラッド・ペイトン
・ 出演: ドウェイン・ジョンソン、ナオミ・ハリス、マリン・アッカーマン、ジェイク・レイシー、ジョー・マンガニエロ、ジェフリー・ディーン・モーガン
> 写真はシカゴ(1989)

■ランペイジ 巨獣大乱闘 RAMPAGE (2018/2018)(字幕)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

セリーナ 炎の女 (2014) ★
20世紀初めの東部山岳地帯の製材所が舞台の男女のドラマ。DVDで観た。

初対面でたちまちお互い恋に落ちた男女が結婚し、男が所有する製材所に移り住む。父親が製材業だった女は業務に詳しくいろいろ口を出してくる。いっそのこと女性をトップにしたほうがうまくいったのかもしれない。


□ 1929年 グレート・スモーキー山脈
 製材所を経営するジョージ・ペンバートンは銀行と融資の交渉するために行ったボストンで出会ったセリーナ・ショウと結婚して製材所に戻る。駅には右腕のブキャナンが迎えに来ていた。お腹の大きい娘と父親がジョージを見つめていたがジョージは目をそらした。言い訳しようとするジョージにセリーナは「恋に落ちた瞬間私たちの過去は消えた」と言った。
 父親が製材業者だったセリーナは製材業に詳しかった。ジョージはセリーナを共同経営者にする。セリーナは自ら斧をふるって作業者たちに手本を示す。また作業者たちの恐怖の的だったガラガラヘビを自ら訓練したワシで駆除してみせて喝采を浴びる。
 存在感を強めていくセリーナにブキャナンはいらだっていく。
 国は原生林保護のために国立公園化を進めている。ブキャナンはジョージに無断で土地の売却交渉を進める。
 土地の売却をしぶるジョージに、ブキャナンは議員への賄賂をばらすと脅した。
 熊狩りの最中にジョージが熊を狙って撃った銃弾がブキャナンに当たりブキャナンが死ぬ。
 ・・・・・・


・ 監督: スサンネ・ビア
・ 原作: ロン・ラッシュ
・ 出演:
   ブラッドリー・クーパー   ... ジョージ・ペンバートン
   ジェニファー・ローレンス   ... セリーナ
     リス・エヴァンス、トビー・ジョーンズ、ダーヴィッド・デンシック、ショーン・ハリス、アナ・ウラル、サム・リード

■セリーナ 炎の女 SERENA (2014/2018、米国/フランス)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ホース・ソルジャー (2017) ★
9.11同時多発テロ直後にアフガニスタンのタリバンに反撃して大打撃を与えた12人の特殊部隊員の実話を基にした"based on a true story"映画。
 ニューヨークワールドトレードセンター跡地には彼らを記念した馬に乗る軍服の兵士の像"America's Response Monument(Horse Soldier Statue)"がある。


□ 2001年9月11日、米国同時多発テロ。
 家族のために内勤に転属していたネルソン大尉は現場復帰を希望。大尉は実戦経験はなかったが大尉を信頼するスペンサー准尉など12人のチームが編成される。
 任務はアフガニスタンの反タリバン派ドスタム将軍によるタリバン最重要拠点マザーリシャリーフ奪還の支援でネルソンのチームが選ばれる。期限は雪が降るまでの3週間。タリバンは重火器を備えているのに対し反タリバンは自動小銃程度。さらに反タリバンには3つの派閥があって互いに反目しあっている。
 ネルソンたちの役割はドスタムの作戦に合わせて敵の座標を爆撃機に知らせて爆撃させること。正確な座標を得るには敵に接近しないといけない。現地の移動手段は馬だけだが、乗馬経験があるのはネルソンだけだった。
 最初はぎくしゃくしていたネルソンとドスタムだったが失敗を重ねるうちにわだかまりも解けていく。
 しかしマザーリが見えてきて大作戦を決行する寸前に米国が別の派閥の支援もしていることを知ったドスタムは大半の兵士と共に手を引いてしまう。
 やむなく12人だけで大勢力と対峙しなければならなくなる。
 ・・・・・


・ 監督: ニコライ・フルシー
・ 原作: ダグ・スタントン "Horse Soldiers"  翻訳本題名『ホース・ソルジャー 米特殊騎馬隊、アフガンの死闘』
・ 出演: クリス・ヘムズワース、マイケル・シャノン、マイケル・ペーニャ、ナヴィド・ネガーバン、トレヴァンテ・ローズ、ウィリアム・フィクトナー 、ジェフ・スタルツ、サッド・ラッキンビル

■ホース・ソルジャー 12 STRONG (2017/2018)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ガントレット (1977)
約40年前のクリント・イーストウッド監督・主演作。共演はソンドラ・ロック。DVDで観た。
 アリゾナ州フェニックスの酔いどれ刑事のベンがとなりのネバダ州ラスベガス警察からくだらない裁判の証人を連れてくるように命じられる。ところがその証人はとんでもない情報を持っているため殺される運命にあり、フェニックスの市庁舎にたどりつけるかどうかで賭けが行われていた。
 証人が殺されるときはそばにいる刑事も殺される。そのため酔っぱらいで死んでも悲しむ人のいないベンが選ばれた。
 難点はベン(クリント・イーストウッド)が勤務中に酒は飲んでいるがそれほどどうしようもない酔いどれには見えないこと。


□ 勤務中も酒を手放せないアリゾナ州フェニックス警察のベン・ショックリー刑事は新任のブレークロック市警察長官からネバダ州ラスベガス警察に行ってくだらない裁判の証人、ガス・マレーを連れ帰るように命じられる。飛行機を使って往復2時間程度の簡単な任務のはずだった。
 男だと思ったガス・マレーは実は若い娼婦オーガスタで「ここ(留置場)を出たら私もあなたも殺される。自分の命が賭けの対象になっていてオッズは50倍」と騒ぎ立てた。警察の手続きを待っていたショックリーは町の馬券場に「マレーが現れない賭けのオッズ50倍」と掲示されているのに気づいた。
 ショックリーは念のため飛行場への途中にレンタカーを用意させ救急車で警察署を出る。レンタカーは目の前で爆発した。
 ショックリーとマレーはマレーの売春宿に隠れる。ショックリーはブレークロック長官に電話してラスベガス警察からパトカー1台を迎えに寄こすように依頼した。警官隊が現れ家を包囲しいきなり乱射し始め家はたちまちハチの巣となり崩れ落ちた。
 抜け出したショックリーはパトカーの警官に銃を突き付け運転させ、電話でブレークロック長官にアリゾナとネバダの州境まで護衛を迎えに来させるように依頼した。
 ガスはショックリーに、ショックリーが選ばれたのは酔っぱらいで死んでも誰も困らないからだと言った。
 州境に着いたパトカーは一斉射撃を受ける。

 ショックリーは、自分たちが市庁舎に行く道順をブレークロックに伝える。
 ブレークロックは警官を総動員して道路の両側にぎっしりと配置した。
 ガスは全財産5000ドルをオッズ100倍となったマレーが現れる方に賭けた。
 ・・・・・


・ 監督: クリント・イーストウッド
・ 出演: 
   クリント・イーストウッド    ... ベン・ショックリー
   ソンドラ・ロック         ... ガス(オーガスタ)・マリー
        パット・ヒングル、ウィリアム・プリンス、ビル・マッキーニー、マイケル・キャヴァノー

◆ガントレット THE GAUNTLET (1977/1977) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

エル ELLE (2016) ★
一人暮らしの女性がレイプされる。昔父親が起こした事件のせいか女性は警察とかかわろうとしないでこれまで通りの生活を続ける。しかし実は犯人に罠をしかけていく。
 イザベル・ユベールが2016年度オスカー主演女優賞にノミネートされた 
 DVDで観た。

□ ゲームソフト会社社長のミシェル・ルブランは一人暮らしの自宅に押し入ってきたスキー・マスクの男に乱暴されレイプされた。警察には知らせなかった。訪ねてきた息子が顔の傷について尋ねるが自転車で転んだと言った。
 息子は妊娠しているガールフレンドのジョジーと部屋を借りるつもり。ミシェルはジョジーが気に入らない。
 ミシェルの母イレーヌは若い男を自宅に連れ込んでいる。
 父親は39年前、残虐な大量殺人を犯し終身刑となった。事件は風化したがいまだにミシェルやイレーヌは知らない人から嫌がらせをされることがある。
 ミシェルは防犯用に催涙スプレーと斧を買う。
 ミシェルは友人で仕事のパートナーのアンナの夫ロベールと浮気する。
 ミシェルは訪ねてきた友人のリシャールを不審者と勘違いして催涙スプレーをかけてしまう。
 強風の日、向かいに住む既婚者のパトリックが雨戸を閉めるのを手伝ってくれる。
 父親が仮釈放を申請しTVが昔の事件をむしかえす。ミシェルは父親と二度と会いたくないと思っている。ネットに当時10歳だった頃と今のミシェルの写真が流される。
 ミシェルは再び黒マスクの男に襲われる。
 ・・・・・・


・ 監督: ポール・ヴァーホーヴェン
・ 原作: フィリップ・ディジャン
・ 出演: イザベル・ユペール   ... ミシェル・ルブラン
    ロラン・ラフィット、アンヌ・コンシニ、シャルル・ベルリング、ヴィルジニー・エフィラ、クリスチャン・ベルケル、ジョナ・ブロケ、ジュディット・マーレ

■エル ELLE "ELLE" 2016/2017、フランス/ドイツ/ベルギー、フランス語)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ゲット・アウト (2017)  ★
白人の恋人の家族に会いに行った黒人写真家が恐怖の目に合うホラー/スリラー。
 というと白人たちに差別されて怖い思いをしたのかというと、ある意味逆。
 2017年度オスカーの脚本賞(ジョーダン・ピール)を受賞したほか、作品賞、主演男優賞(ダニエル・カルーヤ)、監督賞(ジョーダン・ピール)にノミネートされた。
 DVDで観た。


□ 夜、郊外の不案内の住宅地を歩いていた黒人男性が連れ去られる。

 黒人写真家のクリス・ワシントンは、白人の恋人ローズ・アーミテージの郊外に住む家族に会い行く。TSA(運輸保安庁)勤務の友人ロッド(黒人)は白人の恋人の実家には行くなと忠告した。隣家は湖の向こう側という広い敷地の邸宅ではロースの両親が大歓迎してくれる。ローズの父親ディーンは神経外科医、母親ミッシーは精神科医だった。クリスはミッシーから喫煙中毒を治す催眠療法を勧められるが断った。家には黒人メイドのジョージナと庭の手入れをしているやはり黒人のウォルターがいた。ローズの弟のジェレミーがやってくる。

 夜、クリスは眠れなくてたばこを吸いに外に出た。ウォルターが庭を走りまわりジョージナが家の中を徘徊していた。
 部屋に戻ろうとしたクリスはミッシーに呼び止められる。翌日、クリスはタバコ嫌いになっていた。

 週末、アーミテージ一族の親睦会が開かれ数十人の裕福な白人がやってくる。彼らはクリスの体格をほめたたえタイガー・ウッズなどの黒人を称賛した。親睦会にはひとりだけ黒人男性がいた。若いローガン・キングの妻ははるかに年上の白人女性だった。
 クリスがスマホのフラッシュを光らせたとたん、ローガンが「ゲットアウト(出ていけ)」と叫びながらクリスに飛びかかってきた。
 クリスのいないところでクリスはセリにかけられていた。競り落としたのは盲目の老人だった。

 クリスはアーミテージ家を出ていこうとするが一家に捕まり拘束される。
 ・・・・・


> ローズの祖父はベルリンオリンピック出場を黒人ジェシー・オーエンスと競って敗れた。ジェシー・オーエンスは最近観たばかりの「やさしい本泥棒(2013)」でも話題になっていた。

・ 監督・脚本: ジョーダン・ピール
・ 出演: ダニエル・カルーヤ、 アリソン・ウィリアムズ、 キャサリン・キーナー、 ブラッドリー・ウィットフォード、 ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、 スティーヴン・ルート、 レイキース・スタンフィールド

■ゲット・アウト GET OUT (2017/2017)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画