FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はポルトガルのポルトにて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

今週末公開される映画  2019/01/25,26
【今週末から日本で公開されるおもしろそうな映画】  


 天才作家の妻 40年目の真実  (字幕版)

米国コネチカット州に住む作家ジョゼフ・キャッスルマンがノーベル文学賞を受賞する。ジョゼフは40年間連れ添った妻ジョーン、息子デヴィッドと共にストックホルムに行く。ジョゼフの伝記を書きたい記者ナサニエルが夫婦の秘密を追及する。
          グレン・クローズ、ジョナサン・プライス、クリスチャン・スレイター


 ヴィクトリア女王 最期の秘密 (字幕版) 金曜日公開

 ヴィクトリア女王は19世紀後半英国君主として60年以上君臨した。ヴィクトリア女王の時代、大英帝国は世界中に植民地を有して繁栄を極めた。
 1887年、即位50周年記念式典でヴィクトリア女王(ジュディ・デンチ)は英領インドから来たアブドゥルを従僕として採用した。
       

 サスペリア (字幕版) 金曜日公開

 40年前のホラー 「サスペリア(1977)」のリメイク。
 1977年、米国人のスージーはベルリンのマルコス・ダンス・カンパニーへの入団を許される。主力ダンサーのパトリシアが失踪していた。       ダコタ・ジョンソン、ティルダ・スウィントン、 クロエ・グレース・モレッツ


 十二人の死にたい子どもたち (日本) 金曜日公開

 廃病院に集まった12人の子供たち。彼らの目的は集団安楽死。しかしそこにはすでに13人目の生温かい死体が。
 死にたいけれど殺されたくない。
       堤幸彦監督       杉咲花


 ナチス第三の男 (字幕版) 金曜日公開

 ラインハルト・ハイドリヒはナチス・ドイツの軍人で親衛隊大将、警察大将、ユダヤ人大量虐殺の実質的な推進者だった。
 1942年5月27日、ベーメン・メーレン保護領(チェコ)のプラハで実質的統治者だったハイドリッヒは英国およびチェコスロバキア亡命政府が送り込んだ暗殺者に襲撃され死亡した。
        ジェイソン・クラーク、ロザムンド・パイク、ジャック・オコンネル、ジャック・レイナー、ミア・ワシコウスカ
[関連映画]  「死刑執行人もまた死す (1943)」「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦 (2016)」


【今週末から米国で公開されるおもしろそうな映画】

 Serenity
  美しい島で釣りツアーを主催して静かに暮らしていたベイカーを元妻カレンが訪ねてくる。カレンはベイカーに現在の夫を殺害するように頼む。
           マシュー・マコノヒー、アン・ハサウェイ、ダイアン・レイン


 The Kid Who Would Be King

 ファミリー・アドベンチャー/ファンタジー  ロンドン。いじめられっ子に追いかけられていたアレックスは岩に刺さっていた剣を引き抜いた。アレックスはファーストフード店でバイトをしていたマーリンに会いに行く。
            パトリック・スチュワート、 レベッカ・ファーガソン 

 The Final Wish

 「インシディアス(シリーズ)」でエリーズを演じているリン・シェイと、「インシディアス 最後の鍵(2018)」に出演していたスペンサー・ロックが出演するホラー。撮影に使われた家は「アナベル 死霊人形の誕生 (2017)」と同じ。
 ほかの映画との関連性は不明。


(掲載しているのは私が興味を持った映画の原語版のみ。未見の映画についての記載内容は予告編や公式サイトなどから得た情報を基にした“推測”で、間違っている可能性があります。公式サイトは早ければ1年後にはまったく別のサイトに置き換わることがあるのでリンクさせていません。)

テーマ:気になる映画 - ジャンル:映画

どんくら映画関連記事一覧更新
2019年1月20日までに本BLOGに書き込んだ「映画館」「映画人」「映画感想」の記事の一覧を更新した。題名をクリックすればその記事を見られる。映画については概ねあいうえお順。

==> どんくら映画関連記事一覧  (外部サイトにリンク。)

(注) 記事からリンクしている公式サイトは時間がたつと別のものに置き換わることがしばしばある。
(注) この「どんくら映画関連記事一覧更新」の記事にはコメント/トラックバックはできない。
 

テーマ:映画 - ジャンル:映画

マイル22 (2018) ★
東南アジアの国の米国大使館から22マイル先の飛行場まで重要人物を届けようとするが、それを阻止しようとする武装集団が襲ってくる。
 米国としては政府がその人物を大ぴらに庇護することができないので、秘密組織オーバーウォッチが担当する。
 ところが彼らの動きはすべて監視されていて、作戦自体に大きな罠が仕掛けられていた。


□ 東南アジア某国インドカーシティ
 盗まれた4キロのセシウムの隠し場所を確実な情報に基づいて捜索するが何も見つからなかった。

 情報を提供した警官のリー・ノアが米国大使館に現れ、ディスクに入ったセシウムの情報を渡す代わりに亡命を求める。リー・ノアが持っていたディスクはロックされていて8時間で中身が消滅する。リー・ノアの望みは政府転覆。
 政府の高官がやってきてリー・ノアの引き渡しを求める。さらにリー・ノアを殺そうとする暗殺者が侵入する。リー・ノアがセシウムの情報を知っているという証拠を示したためリー・ノアを国外に出すことが決まる。

 オーバーウォッチが招集された。
 シルバが指揮する7人が2台の車でリー・ノアを22マイル先の飛行場まで送り届ける。輸送機はすでにこちらに向かっていて着陸時間は10分だけ。 マザーが指揮するバックアップチームが現場チームを支援する。

 出発すると周辺の警察車両が遠ざかり何台もの武装したオートバイが後を追ってきた。
 街の中で重火器を使った戦闘が始まった。
 チーム員が次々と死んでいく。
 ・・・・・・



・ 監督: ピーター・バーグ
・ 出演: マーク・ウォールバーグ(ジェームズ・シルバ)、ローレン・コーハン、イコ・ウワイス、ロンダ・ラウジー、ジョン・マルコヴィッチ
・ 舞台はアジアだが主なロケ地はコロンビア

■マイル22 MILE 22 (2018/2019)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ミスター・ガラス (2018) ★
M・ナイト・シャマラン監督の「アンブレイカブル(2000)」と「スプリット(2017)」の続編。

「アンブレイカブル(2000)」:
  並外れた頭脳を持つが先天的骨形成不全症のイライジャはちょっとしたことで骨折するので学校ではミスター・ガラスと呼ばれた。人生の3分の1を入院してきたイライジャはその時間をヒーローコミックの研究に費やした結果、簡単に壊れる自分と対極でどんな目にあっても怪我をしないヒーローの存在を信じるようになる。大規模な列車事故でただひとり無傷で生き残ったデヴィッド・ダンはイライジャに指摘されて初めて自分の能力を知った。犯罪を感知する能力も持つデヴィッドは列車事故を起こしたのがイライジャだと気づいた。デヴィッドの通報でイライジャは刑務所に入れられた。

「スプリット(2017)」:
  ケイシーは2人の同級生と共に誘拐される。誘拐したのはケヴイン他の24人格者。ビーストに代わると人格だけでなく身体も大きくなり怪力で四つ足で走り垂直の壁を這う能力を持つ。2人の同級生は殺されケイシーだけが助かった。ケヴイン達は姿を消した。
 
 映画の初め、デヴィッドのホームセキュリティ店の客となるのはシャマラン監督。「アンブレイカブル(2000)」ではドラッグの売人だったが心を入れ替え客となっている。
 デヴィッドの息子ジョセフ役のスペンサー・トリート・クラークは「アンブレイカブル(2000)」でも同じ役で当時13歳頃だった。
 イライジャの母親を演じるシャーレイン・ウッダードも「アンブレイカブル(2000)」で同じ役。


□ フィラデルフィアでは超高層ビルオオサカ・タワーのお披露目が迫っている。
 デヴィッド・ダンは街を歩きながら悪人を退治していて息子のジョセフが情報収集などを手伝っている。警察が私刑をしているレインポンチョの男を追っている。
 デヴィッドは女子学生たちを誘拐した"群れ"を追っていたがついに発見、女子学生たちを逃がしビースト(ケヴィン)と対決する。ケヴィンとデヴィッドは警官隊にとらえられる。ケヴインは光、デヴィッドは水が弱点だった。
 ふたりはレイヴンヒル記念病院に監禁される。そこにはイライジャも収容されていた。
 精神医学者のエリー・ステイプルは超能力を持つスーパーヒューマンなど存在せず、彼らの能力はなんらかの合理的な説明がつくはずだと彼らを尋問する。
 猶予は3日。それをすぎると3人は強制的に脳を手術される。
 薬漬けで動けなくされたイライジャは、ヒーロー・コミックの完結みたいにデヴィッドとビーストを対決させようとしていた。
 ・・・・・



・ 監督: M・ナイト・シャマラン
・ 出演: 
   ジェームズ・マカヴォイ       ... ケヴィン・ウェンデル・クラム
   ブルース・ウィリス          ... デヴィッド・ダン
   アニヤ・テイラー=ジョイ      ... ケイシー・クック
   サラ・ポールソン           ... エリー・ステイプル
   サミュエル・L・ジャクソン      ... イライジャ・プライス
   スペンサー・トリート・クラーク   ... ジョセフ・ダン
   シャーレイン・ウッダード      ... イライジャの母

■ミスター・ガラス GLASS (2018/2019)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

乙女たちの秘めごと (2017) ★
女だけの村に男がひとりやってくる。スタンダード・サイズで村の風景や生活が美しい。DVDで観た。

 ルイ・ナポレオンはナポレオン・ボナパルトの甥でナポレオン失脚後獄中生活を送っていたがフランスは「1848年革命」で王政から共和制となる。釈放されたルイ・ナポレオンは選挙で大統領となったが実権は議会が握っていた。1851年にクーデターを起こし、皇帝ナポレオン3世を名乗った。

□ 1851年12月、ルイナポレオンが第二共和制を解散し共和派を弾圧した。村に兵隊が押し寄せてきて男たちを全員連れ去った。
 女が村を出たらひどい目にあわされるだろう。ビオレットは男たちの消息を知ろうと思い切って村を出る。アヨウ夫人は首を吊っていた。ビオレットは村に戻る。

 翌年の秋、女たちだけで収穫をした。男たちの消息はまったく不明。生死さえもわからない。周辺の村がどうなったかもわからない。このままでは村は消滅してしまう。
 女たちは、もし男がひとりだけ村に来たら? みんなで共有しようと話し合った。

 翌年の収穫の時期、ひとりの男が村にやってくる。
 男はジャンという鍛冶師で、通行証を持っているので村々をまわって仕事をしていた。
 ジャンは村の収穫を手伝った。
 ・・・・・



・ 監督: マリーヌ・フランセン
・ 原作: ヴィオレット・アイロー
・ 出演: ポリーヌ・ビュルレ、ジェラルディーヌ・ペラス、アルバン・ルノワール
・ スタンダードサイズ(4:3)

■乙女たちの秘めごと LE SEMEUR (2017/---、フランス/ベルギー)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ア・ゴースト・ストーリー (2017) ★
目の部分に穴の空いた大きな白い布をかぶった姿のゴーストの物語。
突然死んだ男のゴーストは残された女を静かに見守る。
ゴーストは女が壁に埋め込んだ紙切れに何を書いたのか知りたい。そうしないと死にきれない。

スクリーンサイズは4:3で、昔1枚ずつセットしてスクリーンに映したスライド・フィルムのように角が丸められている。

□ 一軒家に男と女が住んでいる。
 夜中に家の中で大きな物音がするが、原因はわからない。
 男が突然自動車事故で死ぬ。
 女は病院で男の顔にシーツをかけて帰宅した。
 
 ゴーストが起き上がり白い布をかぶったまま病院内を歩くが、人からは姿が見えない。
 ゴーストは草原を歩いて家に帰り、女を静かに見守る。
 やがて女は荷物をまとめ始める。
 壁を塗る。小さな紙切れに何かを書いて壁の隙間に押し込んで上からペンキを塗った。
 女は出ていった。

 家に残ったゴーストは女が壁に埋めた紙切れを掘り出そうとする。
 母親と幼いふたりの子供たちが越してくる。

 パーティで尊大な男が延々と持論をまくしたて続けている。

 ゴーストは巨大なビルの中を歩いている。

 草原を一家を乗せた馬車がやってくる。父親はここに家を建てようと夢見る。

 一軒家に男と女が住んでいる。

 ・・・・・



・ 監督: デヴィッド・ロウリー
・ 出演: ケイシー・アフレック、  ルーニー・マーラ
・ スクリーン横縦比   4:3

> 立った状態で頭から体全体を覆いすそを引きずって歩くのでシーツの倍くらいのかなり大きな布が必要。

■ ア・ゴースト・ストーリー A GHOST STORY (2017/2018) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

チャンス (1979) ★
大統領のアドバイザーとして突如姿を現した男。彼の深遠な言葉は政界だけでなくマスコミをも感銘させる。しかし彼の正体はまったく不明、FBIやCIAでさえ素性がつかめない。実は彼には政治経済の知識がまったくないどころか読み書きさえできないまったくの無知。彼は自分があるままに話すだけなのだが、聞くほうがかってに深読みして彼を崇高な人物に仕立て上げていく。「午前10時の映画祭」で観た。

エンドクレジット中にNGシーン。


□ 一人暮らしのジェニングス氏が亡くなりメイドは出ていく。弁護士が後処理に家に入ると男がいた。男は庭師のチャンスだという。しかしジェニングス氏の書類に雇用記録はなく、男も身分を示す書類を持っていない。弁護士はチャンスに出ていくように言った。
 実はチャンスは子供の時からそこに住んでいて家と庭の外に出たことがない。食事はメイドが出してくれた。唯一の知識は庭いじりで、楽しみはTVだけ。

 家を追い出されたチャンスはジェニングス氏にもらったスーツを着て衣服を詰めたバッグとTVのリモコンを持ってワシントンの街を歩いているうちに高級車に接触して足を怪我した。
 ランド夫人は運転士に命じて医者に見せるためチャンスを自宅に連れていく。車の中で名前を尋ねられたチャンスは、「ガーデナー(庭師)のチャンス」だと答えたが、夫人はチャンシー・ガーディナーが名前だと勘違いした。
 着いたのは城のような邸宅で何人もの使用人たちが出迎えた。ランド氏は頻繁に輸血が必要な血液の病気のうえに老齢。邸宅内に医療設備があり医師と看護婦が常駐している。
 ランド氏は表舞台には出ないが政界に強い影響力のある人物。経済について質問されたチャンスは自分が唯一知っている植物の育て方について話したところ、ランド氏はチャンスが経済を植物にたとえたと深く感心し、チャンシーをすっかり気に入ってしまう。ランド氏の意見を聞くためにやってきた大統領とのふたりだけの席にもチャンシー・ガーディナー氏を同席させた。
 チャンシーに感銘した大統領は演説の中にチャンシー・ガーディナー氏の名前を出したためマスコミも騒然。ドタキャンした副大統領の代わりにガーディナー氏がTV出演する。
 大統領はチャンシー・ガーディナー氏について調べさせるがまったく何も出てこない。FBIもCIAもガーディナー氏の経歴を抹消したことを否定する。マスコミも必死に素性を調べるが皆無。
 死期が近いことを悟ったランド氏は妻のイヴにチャンシーとの関係を勧める。早速イヴはチャンシーに迫るが、チャンシーは男女間のことについて知識は皆無。チャンシーが「見たい」と言ったのでイヴは...
 ・・・・・・
 ランド氏の友人たちはランド氏の棺桶をかつぎながら先の見えた現職大統領の後継者について話し合っていた。
 ・・・・・・


・ 監督: ハル・アシュビー
・ 原作: イエジー・コジンスキー
・ 出演: 
   ピーター・セラーズ       ... チャンス
   シャーリー・マクレーン     ... イヴ・ランド
   ジャック・ウォーデン      ... 大統領
   メルヴィン・ダグラス      ... ベンジャミン・ランド

◆チャンス BEING THERE (1979/1981)

テーマ:昔の映画 - ジャンル:映画

マリア 尼僧の匂ひ  (1977) ★
裸の女性がたくさん出てくるSM映画。純真無垢な処女が修道院に入れられるが、そこは尼僧たちが愛し合い悪魔が崇拝されていた。DVDで観ていて「マルキ・ド・サドのジュスティーヌ(1968)」を思い浮かべたが同じ監督だった。
 ヒロインが素朴そうで良いけれど、30年以上前の映画のためかエロ映画としてもSM映画としても中途半端な感じがした。
 ドイツ映画でタイトルやクレジットもドイツ語で元の音声もドイツ語のはずだが、私が観たDVDは英語吹替え版だった。音声の切り替えはできなかった。

□ 森で男友達とはしゃいでいた15歳のマリアは神父に見とがめられる。神父は母親にマリアを修道院で修行させることを勧める。修道院に入ったマリアに司祭(女性)は服の裾をまくるように命じ、手を入れて処女であることを確認する。マリアは修行のために裸にされ体にいばらの弦を巻かれた。

・ 監督: ジェス・フランコ
・ 原作: マリアナ・アルコフォラード
・ 出演: スーザン・ヘミングウェイ

■ マリア 尼僧の匂ひ Die Liebesbriefe einer portugiesischen Nonne (1977、ドイツ/スイス、英語)

テーマ:昔の映画 - ジャンル:映画

蜘蛛の巣を払う女 (2018)  ★★   ドラゴンタトゥーの女リスベット
 スティーグ・ラーソンの著書『ミレニアム』3部作はスウェーデンで映画化され、一作目は米国でも「ドラゴンタトゥーの女(2011)」として映画化された。
 今回米国で映画化されたのはラーソンの死後、ラーソンが創造したキャラクターを活かしてダヴィド・ラーゲルクランツが続編として著した小説の映画化。
 前作に登場したミレニアム誌の記者ミカエルが再び登場する。

 天才ハッカーのリスベットはコンピューターだけでなくあらゆる情報を知り尽くしているようで、到底逃げられない絶体絶命の状況からとんでもない手段で脱出する。
 映画の最初のほうで、パトカーに追われたオートバイのリスベットは桟橋の先端に追い詰められる。前方には水面が広がる。・・・


□ 厳寒のストックホルムで資産家が襲われ口座を空にされた。リスベットはその金を彼に虐待された女性たちに配った。

 リスベットはコンピューター技術者のバルデルから米国NSAに騙し取られたソフトウェアを取り戻してほしいと依頼される。そのソフトを使えば世界中の防衛システムを制御できる。
 リスベットはNSAにハッキングしてソフトを移動させる。NSAのニーダムが阻止しようとするが間に合わなかった。しかしニーダムは犯人がストックホルム近郊にいることをつきとめる。

 その直後、リスベットの隠れ家が襲われリスベットは殺されそうになりソフトが盗まれる。リスベットに頼まれたミレニアム誌のミカエルが調べると襲った一味は「スパイダーズ」という組織だった。かってその組織を率いていたのはリスベットの死んだ父親だった。バルデルはリスベットに盗まれたと誤解して公安局のグラ―ネに打ち明けた。

 次にソフトの起動に必要なバルデルが襲われると考えたリスベットが助けに行くが、バルデルが殺され息子のアウグストが誘拐された。ニュースはリスベットがバルデルを殺しアウグストを誘拐したと報じた。
 現場に着いたNSAニーダムはリスベットは犯人ではないと判断する。

 リスベットはアウグストを取り返すがそこに現れたのはリスベットの姉妹(注)カミラだった。幼い頃父親が異常だと思ったリスベットは父親から逃げたが、カミラは父親を選んだ。

 リスベットは、スパイダーズからアウグストを守るにはニーダムに協力させるしかないと考えた。
 ・・・・・・

(注) 英語では"sister" 。双子だと言っていた。

・ 監督: フェデ・アルバレス
・ 原作: ダヴィド・ラーゲルクランツ
・ キャラクター創造:スティーグ・ラーソン
・ 出演: 
   クレア・フォイ              ... リスベット
   レイキース・スタンフィールド     ... ニーダム、NSA
   シルヴィア・フークス          ... カミラ
   スティーヴン・マーチャント      ... バルデル
   スヴェリル・グドナソン         ... ミカエル

【関連映画】
ミレニアム  ドラゴン・タトゥーの女 (2009)」「ミレニアム2 火と戯れる女 (2009)」「ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士 (2009)」「ドラゴン・タトゥーの女 (2011)」

■蜘蛛の巣を払う女 THE GIRL IN THE SPIDER'S WEB (2018/2019、英国/ドイツ/スウェーデン、英語)


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

今週末公開される映画  2019/01/18,19
【今週末から日本で公開されるおもしろそうな映画】  

 ミスター・ガラス (字幕版) 金曜日公開

 M・ナイト・シャマラン監督の「アンブレイカブル (2000)」と「スプリット(2017)」の続編。日米同時公開。
 24重人格者を追うミスター・グラスはデヴィッド・ダンが「ビースト」を追っていることに気がつく。ケイシーも巻き込まれる。   

     ジェームズ・マカヴォイ、ブルース・ウィリス、アニヤ・テイラー=ジョイ、サラ・ポールソン、サミュエル・L・ジャクソン

 マスカレード・ホテル (日本) 金曜日公開

 連続殺人が発生。次の犯行現場は東京の一流ホテルと判明するが犯人の名前・外見・年齢・性別一切不明。
 エリート刑事の新田がホテルのフロントとして潜入捜査を行うことになるが、お客様第一の本物のフロント山岸尚美とことごとく衝突。ホテルに客としてやってくるのはあやしげな連中ばかり。

       木村拓哉、長澤まさみ、、、、、、


 マイル22 (字幕版) 金曜日公開

 東南アジアのある国。CIAのシルバ率いる特殊部隊が重要な情報を持つ人物を亡命させるため、米国大使館から空港まで22マイルを護送する。
                              マーク・ウォールバーグ


(掲載しているのは私が興味を持った映画の原語版のみ。未見の映画についての記載内容は予告編や公式サイトなどから得た情報を基にした“推測”で、間違っている可能性があります。公式サイトは早ければ1年後にはまったく別のサイトに置き換わることがあるのでリンクさせていません。)

テーマ:気になる映画 - ジャンル:映画

アンブレイカブル (2000)
アメリカン・コミックでおなじみのスーパーヒーローは実在するのか? もしかすると実在しているのに自分の能力に気がついていないのかもしれない。ヒーローとは真逆の身体を持ってしまった男が、あらゆる手段を使ってヒーローを探そうとする。

昔、映画館で観た。DVDで再度観た。

2019年に続編「ミスター・ガラス(2018)」が公開される。


□ 1961年 フィラデルフィアのデパート内で客が出産し医師が呼ばれる。赤ちゃんを一目見た医師は救急車を呼ばせた。イライジャと名付けられた赤ちゃんはおそらく生まれる前から両腕・両脚を骨折していた。

 現在。フィラデルフィア近郊で大規模な列車脱線事故が発生し乗客乗員131名が死亡。唯一の生存者デヴィッド・ダンはかすり傷一つなかった。
 合同葬儀に出席したデヴィッドの車に「リミテッド・エディション」の封筒に入った「生涯で何日病気になった?」と書かれた紙が置かれていた。
 警備員をしている勤務先で過去の病欠について調べてもらうと5年で病欠ゼロ。妻にもデヴィッドの病気の記憶がなかった。

 1974年 西フィラデルフィア。13歳になったイライジャはちょっとしたことですぐ怪我をするため学校で”ミスター・ガラス”と呼ばれていた。コミックを知ったイライジャはスーパーヒーローに夢中になった。

 現在。イライジャ・プライスはコミックの原画を芸術として展示している画廊「リミテッド・エディション」を経営している。
 先天的な骨形成不全症で54回も骨折し人生の3分の1を入院しているイライジャはその時間をコミックの研究に費やした。イライジャは自分のような人間の対極にあって病気や怪我などを全くしない人間、つまりヒーローが実在するのではないかと考えた。列車事故で無傷だったデヴィッドはヒーローかもしれないと考えている。
 しかし、デヴィッドはフットボールのスター選手だった学生時代に妻のオードリーが同乗した車で事故にあい重傷を負って新聞にも載った。

 デヴィッドは犯罪を感知する能力も持っているのではないかと考えたイライジャは確認しようとしてまたしても大怪我をして入院する。
 リハビリを担当したのはデヴィッドの妻のオードリーだった。

 イライジャはデヴィッドが人を救うためのヒーローだと確信する。デヴィッドの弱点も見つけてデヴィッドに伝えた。

 朝刊に正体不明のヒーローが2人の子供を救ったと載っていた。

 イライジャの画廊を訪れたデヴィッドはイライジャの母親と会った。母親は「ヒーローと力で戦う悪者より恐ろしいのは、頭で戦う悪者だ」と言った。
 デヴィッドは恐ろしい犯罪を感知した。
 ・・・・・・



・ 監督:  M・ナイト・シャマラン
・ 出演: 
   ブルース・ウィリス         ... デヴィッド・ダン 白人
   サミュエル・L・ジャクソン     ... イライジャ・プライス、ミスター・ガラス 黒人
          ---
   ロビン・ライト・ペン         ... オードリー・ダン、妻
   シャーレイン・ウッダード      ... イライジャの母
   スペンサー・トリート・クラーク   ... ジョセフ・ダン、息子
          ---
   M・ナイト・シャマラン        ... ドラッグの売人

◆アンブレイカブル UNBREAKABLE (2000/2001)

テーマ:昔の映画 - ジャンル:映画

アンダー・ザ・シルバーレイク (2018) ★
好きか嫌いかと聞かれたら好きな映画。だけどとても説明しづらい。

 謎を探求した結果、サムが長年心酔してきた偶像が打ち砕かれる。ヒット曲に共感する人は多いと思うけれど曲を作ったのが歌手とは限らない。かわいい女の子たちが歌っている曲の詩を書いたのは太った中年のおっさんかもしれない。

 サラがプールから上がろうと片足をプールのふちにかけるシーンはマリリン・モンローが撮影中に亡くなった「Something's Got to Give (1962)」の一シーンの再現。“ヒッチコック”と彫られた石がある。双眼鏡で隣人を覗くのはヒッチコックの「裏窓 (1954)」、など映画のネタがいろいろ入っている。
 冒頭いきなりXXXシーンがある。(R-15)

□ ロサンゼルス東部にはスカンクが多い。この地域では飼い犬が消える事件が続発している。TVのニュースは大富豪セヴェンスの失踪を伝えている。

 プールを挟んでサムの向かいに住む鳥好きの婦人は常に上半身裸でベランダにも出てくる。サムは婦人の斜め下に住む白い帽子に白い犬コカコーラの若い娘サラと知り合う。翌日サラを訪ねると家具もなくサラは消えていた。サラの部屋の壁には奇妙な記号◇◇が書かれていた。
 セヴェンスの車が炎上し焼け跡からセヴェンスと3人の女性の死体が見つかった。TVに映った警官が持っていたのはサラの帽子だった。
 サムは何が起きたのか知りたいと思いサラの写真を持って聞きまわった。
 サムは以前から好きだった同人誌「アンダー・ザ・シルバーレイク」の作者を訪ねる。作者によればこの世の中にあるものには実は一部の人たちにしかわからない暗号が隠されているという。例えば話題のグループ「イエスとドラキュラの花嫁たち」の歌にも暗号が隠されている。サムは「イエス」のパーティでもらったレコードを様々な方法で解読した。謎を突き止めたサムの前に段ボールの王冠をかぶったホームレスの老人が現れる。
 ・・・・・


・ 監督: デヴィッド・ロバート・ミッチェル
・ 出演: アンドリュー・ガーフィールド、ライリー・キーオ、トファー・グレイス

【映画の中の映画】 サムの部屋にスパイダーマンのコミックがあった。アンドリュー・ガーフィールドは「アメイジング・スパイダーマン (2012)」でスパイダーマンを演じた。サムの部屋にはいろいろな映画のポスターが貼ってある。

【映画の中の日本】  「NPM1」

■アンダー・ザ・シルバーレイク UNDER THE SILVER LAKE (2018/2018)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

きみへの距離、1万キロ (2017) ★
米国内にいて北アフリカに施設された油送パイプラインを監視するロボットを操作しているゴードンが現地の少女に関心を持つ。ゴードンは少女の許されない恋の実現に手を貸そうとする。

 ロボットは一見クモのような六本足で歩く。カメラには望遠、暗視、赤外線感知などの機能がある。マイクとスピーカーを持ち、不審者の声を聞いたり呼び掛けたりすることもでき、自動翻訳も可能。満充電からの動作時間は7時間程度らしい。

 DVDで観た。


□ デトロイトに住むゴードンは恋人に振られて落ち込んでいる。彼の仕事は北アフリカにあるロボットを遠隔操作して砂漠を通る油送パイプラインを監視すること。
 多数のロボットが配置されていて切り換えて操作する。
 不審者が接近するなどの異常事態は自動検知されるため、ゴードンたち監視員の仕事をたまに道路を通る人や車を眺める程度ののんびりしたもの。

 ゴードンは道路を外れて岩山に入ったバイクの少女が気になって尾行した。少女は男と会っていた。少女は親に決められた相手との結婚式が迫っている。恋愛など許されるはずがない。ふたりは国外に逃げる相談をしているがお金がない。ふたりはそれぞれお金を作って3日後に会う約束をする。
 少女は祖母の装飾品を売るつもりだった。男は金の入手方法を話さなかった。

 ゴードンは少女をジュリエット3000とマークして追跡する。ゴードンは少女を勤務先まで尾行するがバッテリー不足で見つかってしまう。少女の名前はアユーシャだった。

 夜間、不審者接近の警報が出る。ゴードンが近づくと二人の男がパイプラインからオイルを盗んでいた。
 ・・・・・・

 

・ 監督: キム・グエン
・ 出演: ジョー・コール、リナ・エル・アラビ、ファイサル・ジグラ、ムハンマド・サヒー、ハティム・セディキ、マンスール・バドリ

> ヴェールギャラン:パリを流れるセーヌ川のシテ島の川下側(西側)先端

■きみへの距離、1万キロ EYE ON JULIET (2017/2018、カナダ/フランス/モロッコ、英語/アラビア語)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ダークサイド (2018) ■
夫婦がモーテルを買って経営を始める。
 モーテルの一室の壁には大きな穴があけられ大きな鏡(原題)が取り付けられている。鏡は片方からは素通しで裏の隠し部屋からはベッドが丸見え。あれだけの大仕掛けをするならバスルームも覗けるようにすると思うのだけどそれはなし。
 映画全体のストーリーに隠し部屋はあまり関係ない。
 覗きが目的で壁も細工できるなら小型カメラをつけたほうがいいと思うけれど、それでは最後のオチに使えない。

 これまたニコラス・ケイジ。
 DVDで観た。


□ 幼い娘を失ったレイとマギー夫婦はアリゾナのモーテルを買いオーナーとなる。前オーナーのベンはいなくてメモだけが残されていた。レイはベンと連絡しようとするがどうしても見つからない。
 倉庫を調べていたレイは隠し部屋を見つける。10号室にかけてある鏡(原題)がマジックミラー"one‐way mirror"になっていて隠し部屋からは中が丸見えだった。
 以前からの常連のトラック運転手のトミーが立ち寄るようになる。トミーは10号室を使いたがった。
 保安官のケラーがやってくる。ベンが突然消えたのを不思議がっていた。
 夜、プールに死んだブタが浮かんでいた。
 トミーによれば、以前塀を乗り越えてかってにプールに入り死んだ女の子がいたそうだ。

 TVのニュースが女性の死体が見つかったと報じていた。マギーは以前に自分が応対した宿泊客だと思った。
 レイがいないとき保安官が訪ねてきてマギーにレイについていろいろ質問した。
 マギーが応対した女性客は、レイを見張っていたほうがいいとマギーに言った。

 レイはやっとベンを見つけ出す。ベンは女房を連れてすぐにこの地域を離れろとレイに言った直後に殺された。
 ・・・・・


・ 監督: ティム・ハンター
・ 出演: ニコラス・ケイジ、ロビン・タネイ、マーク・ブルカス、アーニー・ライヴリー

■ダークサイド LOOKING GLASS (2018/2018)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画