どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はハプスブルク家の離宮シェーンブルン宮殿    文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

疑惑のチャンピオン (2015) ★
自転車ロードレースのプロ選手、ランス・アームストロングは癌に冒されながら奇跡的に復活し、1999~2005年にツール・ド・フランス7連覇という超人的な偉業を成し遂げた。後に、全米アンチドーピング機関(USADA)により7連覇すべてがドーピングによるものとして取り消された。実話に基づく映画。DVDで観た。

 ランスだけでなくランスのチームぐるみでドーピングを隠していた。それどころかランスのドーピングに気づいた他のチームの選手たちも口をつぐんで、疑念を口に出すものはいじめられた。ランスの人気で規模を拡大させたUCI(国際自転車連合)もランスの不正を黙認した。
 ランス・アームストロングは1971年、米国テキサス生まれ。少年時代からトライアスロンで活躍し1992年(21歳)にプロ自転車選手となった。

□ 1993年、スポーツ記者のデイヴィッド・ウォルシュはランス・アームストロングと出会う。脚力はあるが3週間のツール・ド・フランス(以下ツール)には向いていないと評価した。
 1994年、ランスはスポーツ医のミケーレ・フェラーリにプログラム(原題)の適用を希望する。しかしフェラーリはランスの身体構造は山向きではないと断る。
 1995年、当時スイスでは自由に買えたエポジェンを使ったランスはツールのリモージュステージで優勝する。
 身体の不調で診察を受けたランスはかなり進んだ精巣ガンで脳にも転移していると宣告される。脳の腫瘍の摘出と過酷な治療が行われた。
 退院後、回復したランスは再びフェラーリ医師を訪ねる。抗がん剤治療の結果体形が変わっていた。フェラーリ医師のプログラムは選手に合わせた科学的なトレーニングに加えてステロイド剤を投与する。フェラーリはこれが倫理に反するとは考えていなかった。
 病み上がりのランスを迎えてくれたチームはUSポスタルだけだった。ツール優勝を目指すランスは監督やエージェントを新たに雇いチームを根本から編成しなおす。一方でガン闘病患者の慰問なども行った。
 1999年、ツールに復帰したランスはすばらしい走りを見せて優勝する。復活したランスを応援していたウォルシュは驚異的すぎる走りに疑念を抱く。
 2001年、ランスはツール3連覇を達成する。青いシャツを着たUSポスタルチームはブルートレインと呼ばれた。ランスは世界的な英雄となり、多くの癌患者に希望を与えた。
 2002年からランスのアシスト役としてフロイド・ランディスがメンバーとなり、ランスは連覇を更新した。
 ウォルシュはランスの疑惑についての記事をサンデータイムズに掲載する。しかしランスは検査で一度も陽性になっていなかった。サンデータイムズはランスに名誉棄損で訴えられて敗訴し賠償金を支払った。
 2005年、ツール7連覇を達成したランスは自転車競技から引退する。
 2006年、フロイド・ランディスがツールで総合優勝する。しかしドーピング検査にひっかかりタイトルを剥奪される。
 ・・・・・


・ 監督: スティーヴン・フリアーズ
・ 原案: デヴィッド・ウォルシュ "Seven Deadly Sins"
・ 出演: ベン・フォスター、クリス・オダウド、ギョーム・カネ、ダスティン・ホフマン

【映画の中のTVドラマ】  ガン治療中で頭の毛のないランスの台詞『スター・トレックの艦長』 : 「スタートレック:ディープ・スペース・ナインStar Trek: Deep Space Nine」のシスコ司令官のことと思われる。

■ 疑惑のチャンピオン THE PROGRAM (2015/2016、英国、英語) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

今週末公開される映画  2017/01/21
【今週末から日本で公開されるおもしろそうな映画】  

 ザ・コンサルタント

裏社会とつながり大金持ちで完璧主義の会計士、実は殺し屋。ベン・アフレック、アナ・ケンドリック、JK}シモンズ

 沈黙 サイレンス

キリスト教が禁じられていた江戸時代。日本で布教していた宣教師フェレイラがキリスト教を棄てたという知らせがヴァチカンに届く。弟子のロドリゴとガルペが長崎の小さな村に潜入する。長崎奉行は隠れキリシタンを探し出させては拷問し改宗させていた。
遠藤周作の著書「沈黙 (1966)」を、 マーティン・スコセッシ監督が映画化。
   アンドリュー・ガーフィールド、アダム・ドライヴァー、浅野忠信、キアラン・ハインズ、窪塚洋介、イッセー尾形、リーアム・ニーソン

 マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ 

マギーは既婚者の小説家ジョンと恋愛関係となる。ジョンは妻ジョーゼットと別れマギーと結婚する。ジョーゼットと親しくなったマギーは、ジョンをジョーゼットに返すことにする。コメディ。
   グレタ・ガーウィグ、イーサン・ホーク、ジュリアン・ムーア

 アラビアの女王 愛と宿命の日々 

20世紀初め、考古学者・登山家、英国情報員でイラク建国に尽力した英国女性ガートルード・ベルの伝記。
 ニコール・キッドマン、 ジェームズ・フランコ



【今週末から米国で公開されるおもしろそうな映画】

 Ther Founder    

マクドナルドハンバーガーの創始者レイ・クロックの物語。1954年、厨房調理器具セールスマンのレイ・クロックがカリフォルニア州サンバーナーディノのマクドナルド兄弟のハンバーガー店を訪れる。その店の客の回転率の良さに驚いたレイ・クロックはフランチャイズ展開をしようと兄弟にもちかけるが兄弟にその気はなかった。クロックは大金を払って、兄弟からマクドナルドという名称の使用とシステムを使ったフランチャイズ展開の権利を得る。
       マイケル・キートン

(掲載しているのは私が興味を持った映画のみ。未見の映画についての記載内容は予告編や公式サイトなどから得た情報を基にした“推測”で、間違っている可能性があります。公式サイトは時間がたつと別のものに置き換わることがしばしばあります。)



テーマ:気になる映画 - ジャンル:映画

どんくら映画関連記事一覧更新
2017年1月17日までに本BLOGに書き込んだ「映画館」「映画人」「映画感想」の記事の一覧を更新しました。題名をクリックすればその記事を見られます。映画については概ねあいうえお順に並べてあります。

==> どんくら映画関連記事一覧  (外部サイトにリンク。)

(注) 記事からリンクしている公式サイトは時間がたつと別のものに置き換わることがしばしばあります。気がつけばリンクを消していますが、とても消しきれません。中には悪質なものの可能性もあるのでご注意ください。
(注) この「どんくら映画関連記事一覧更新」の記事にはコメント/トラックバックはできません。
 

テーマ:映画 - ジャンル:映画

天使にショパンの歌声を  (2015) ★
長い間情熱を注いできた寄宿制音楽学校が閉鎖の危機となり校長のマザー・オーギュスティーヌは存続の方法を探る。
音楽の才能はあるけれど問題児で自分の姪でもある、生徒アリスにも心を悩ます。カナダ映画。

□ カナダ ケベック州のカトリック修道会が経営する音楽学校は校長のマザー・オーギュスティーヌの努力もあって成果をあげていた。
 しかし教会はきびしい時代を迎えていて変革を必要としていた。新しい修道会総長は費用のかさむ音楽学校の閉鎖を考えている。
 オーギュスティーヌの妹マルゴが突然学校に来て娘アリスを置いていく。アリスは乗ってきたタクシーのドアを足で閉めたり、隠れてたばこを吸うような問題児だったが、ピアノがうまかった。
 オーギュスティーヌは学校存続を訴えるイベントを企画する。
 ・・・・・


・ 監督: レア・プール
・ 出演: セリーヌ・ボニアー、リザンドル・メナール

■天使にショパンの歌声を LA PASSION D'AUGUSTINE (2015/2017、カナダ、フランス語) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場 (2015) ★★
ラスベガスの北西50kmにあるクリーチ空軍基地から地球の反対側を飛ぶドローンを操縦して監視や攻撃を行う映画には
ドローン 無人爆撃機  (2013)」や「ドローン・オブ・ウォー (2014)」があるがいずれも米軍内の問題だった。

本映画は英国首相も承認している英米ケニア合同のテロリスト捕獲作戦が成り行きでミサイル攻撃に変わる。
攻撃しなければたくさんの人が自爆テロの犠牲となる。攻撃すれば周辺の人々も犠牲となる。
関係者が多く各所に法律担当もいるし、政治問題、外交問題も絡んでくる。それぞれの立場で決断を迫られるし、結論を他人や上に回そうとする。最初から最後までかなり骨太の緊迫感のある映画だった。

2016年1月に亡くなったアラン・リックマンの出演作としては遺作。声優としては「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅 (2016)」が遺作となった。

□ ケニアのナイロビの過激組織アル・ジャバブ派の家に英国籍のテロリストと米国籍のテロリストが集まるという情報に基づき英米ケニア合同の作戦が展開される。目的はテロリストの捕獲で英国首相の承認もある。
 作戦の指揮を執るのは英国のパウエル大佐。現地の実行部隊はケニアが担当、空からの監視は米国クリーチ空軍基地で操縦されるリーパー(ドローン)で行う。映像からの本人確認はハワイパールハーバーで行う。ロンドンのコブラ(内閣府作戦会議)では軍のベンソン中将、閣外大臣と法務大臣も立ち会う。
 しかし本人確認ができないまま容疑者は車で別の家に移動。小型ドローンで本人たちを確認に成功する。さらに家の中で自爆テロの準備が進められていた。放置すればたくさんの人々が犠牲となる。アル・ジャバブ支配地域のため踏み込めない。唯一の方法はリーパーに搭載されたヘルファイア(ミサイル)による攻撃だけだが、自爆用の爆弾も爆発して周辺の人々も犠牲となる。
 パウエル大佐は攻撃を主張するが、コブラは結論を出せない。シンガポールや北京にいた閣僚の確認も取ってやっと承認が降りる。
 クリーチ空軍基地のドローン操縦士がミサイルを発射させようとした直前、幼い少女が問題の家の塀の外でパンを売り始めた。
・・・・・


・ 監督: ギャヴィン・フッド
・ 出演: ヘレン・ミレン、アーロン・ポール、アラン・リックマン、フィービー・フォックス、イアン・グレン、Aisha Takow (アリア)

■アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場 EYE IN THE SKY (2015/2016、英国)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ネオン・デーモン (2016) ★
田舎から出てきたばかりのモデル志望の少女がまたたくまに栄光をつかんでいく。おどおどした表情の中に悪魔が潜んでいる。
私には子供っぽい印象のあるエル・ファニングがトップモデル役というのが不思議だったが、子供っぽさと腹黒さを両立させている。
かなり派手な映像。冒頭、血だらけのジェシー(エル・ファニング)が映るが、かなり猟奇的な展開となるスリラー/ホラー。
ヌードもあるが、エル・ファニングは下着姿まで。撮影時16歳なので。

□ まだ高校生のジェシーはジョージアの小さな町からモデルになりたくてLAにやってくる。モデル事務所への売り込み用写真をネットで知り合った写真家志望のディーンに撮ってもらったとき、メイクのルビーと知り合う。
 モデル事務所を訪ねるとすぐに契約してもらえる。事務所に言われて有名な写真家のジャック・マッカーサーを訪ねると、ルビーがいた。新人を写すことはないと言われるジャックがジェシーを一目で気に入り撮影する。
 ルビーはジェシーを先輩モデルのジジたちに引き合わせる。ジジたちはいかにもぽっと出のジェシーをバカにするが、ジャックがジェシーを撮影したことを知り穏やかではない。
 ショウのモデルのオーディションで、ランウェイ未経験の素人のジェシーが抜擢される。
 ・・・・・


・ 監督: ニコラス・ウィンディング・レフン
・ 出演: エル・ファニングジェナ・マローンキアヌ・リーヴス、クリスティナ・ヘンドリックス
   アビー・リー、ベラ・ヒースコート、デズモンド・ハリントン、カール・グルスマン
【映画の中のTV】 「地上最強の美女!バイオニック・ジェミー"THE BIONIC WOMAN"(TV1976~1978)」 : 整形外科医が整形だらけのモデルを「バイオニックウーマン」にたとえたというセリフがある。

■ネオン・デーモン THE NEON DEMON (2016/2017、アメリカ/フランス/デンマーク)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ギャラクシー・スクワッド (2014) ★
異星人が最初に襲来するのはたいていニューヨークということになっている。続いてロンドン、パリ、最近は香港。それなのになぜか空飛ぶ円盤がオーストラリアを攻撃するというおバカなコメディ。DVDで観た。

 オーストラリア映画なのに米国大統領に下等国扱いさせている自虐ネタ。タスマニアを仲間外れにしているけれど、エンドクレジットでタスマニアの自虐ソングが流れる。
 主役のアンディはともかくとして、友達のカムがちょっとだけ美人。
 世界核戦争が起きたらまず死滅するのは北半球だろう。
 ちなみにヒュー・ジャックマン、ミア・ワシコウスカ、テリーサ・パーマー、ニコール・キッドマンはオーストラリア出身。
 エンドクレジットの後に映像

□ オーストラリア生まれのアンディ♀は10歳の時空飛ぶ円盤と接近遭遇した。
 17年後、ブリスベンで売れないバンドをしているアンディは相変わらずエイリアンの話をして周囲をうんざりさせている。アンディは自分には超能力があっていつか地球を救うと信じている。

 ある夜突然空いっぱいの空飛ぶ円盤が出現し町を攻撃し始めた。
 アンディのママがエイリアンに誘拐されアンディたちは自宅に向かう。
 同盟国のはずの米国と英国が援軍の派遣を拒否する。米国大統領はオーストラリア攻撃はエイリアンの間違い誤爆と認識、第三世界を攻撃するわけがない。じきに間違いに気づいたエイリアンは北半球の大国(米国)を攻撃するはず。その時に備えて地球の底にある国の援助はしない、と声明。
 エイリアンはタスマニア以外のオーストラリア各州州都を攻撃。オーストラリア以外の国とタスマニアは攻撃されない。
 アンディはママが誘拐されたのは自分に超能力があるせいだと思っている。うんざりしたいとこのキースが本当に超能力があるならUFOを落としてみろと言うので、アンディが念じるとほんとに1機が目の前に墜落した。
 自宅に着くとパパが、エイリアンがオーストラリアを攻撃してママを連れ去ったのは自分のせいだと言う。
 ・・・・・・


・ 監督: ジョー・バウアー
・ 出演: リタ・アートマン、ダグ・ハッチ、タマラ・マクラフリン
> ブリスベン:オーストラリア東端の大都市
> ASIO:オーストラリア保安情報機構(Australian Security Intelligence Organisation)

■ギャラクシー・スクワッド AUSTRALIENS (2014/---、オーストラリア)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ロミオとジュリエット ブラナー・シアター・ライブ2016 ★★
舞台版「ロミオとジュリエット」。ケネス・ブラナー・シアター・カンパニーが、ロンドンのギャラリック劇場で上演した舞台を写したもので白黒・シネマスコープ(16:9)での上映だった。

 ケネス・ブラナー監督のディズニー映画『シンデレラ(2015)』で共演したリリー・ジェームズ、リチャード・マッデン、デレク・ジャコビが再共演している。
 映像は白黒で舞台装置は単純化され服装は現代風だけど、まちがいなくシェイクスピア。ジュリエットが可憐でやんちゃ。
 途中20分間の休憩があって円形の客席を上から映している。9分過ぎからイタリアの小ネタみたいのが映される。戦後の1950年代のトピックスが多いので舞台の時代設定もこのころなのだろう。

□ あらすじはほぼ原作通りなので省略。


・ 演出:ロブ・アシュフォード、ケネス・ブラナー、
・ 作:ウィリアム・シェイクスピア
・ 出演
    ジュリエット:   リリー・ジェームズ
    ロミオ:       リチャード・マッデン
    マキューシオ:  デレク・ジャコビ

■ ブラナー・シアター・ライブ2016 ロミオとジュリエット Branagh Theatre Live: Romeo and Juliet (2016/2016、英国、英語/イタリア語)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この世界の片隅に (2016) ★
すずが生きているとすれば現在約90歳。すずが体験した戦時中の庶民の暮らしを実際に経験した人は少なくなっている。そのころは日本中の人々が似たような暮らしをしていたのだろう。
 広島のすずは戦争末期の昭和19年に呉に嫁ぐ。呉は地方都市といっても軍港だから敵が攻めてくれば真っ先に攻撃目標となる。昭和20年の8月に日本が降伏して戦争が終わった。すずはわずか1年半の間に様々な思いをすることになる。
 軍の病院で敵性音楽のレコードを隠れもせずに聞いているのには驚いた。
 「傘をさしてもいいか?」というのは初めて聞いた。
 エンドクレジット中と後に映像 

□ 広島に住む絵の好きな18歳の浦野すずの家に突然呉の北條周作とその父親が訪ねてきてすずとの婚姻を申し込む。周作はすずの4歳年上ですずには心当たりがなく、親戚や知人の紹介でもなかった。
 昭和19年、すずは呉の町の外れの山を少し登ったところにある北条家に嫁ぎ、周作とその両親と暮らし始める。周作も義父も海軍で働いている。すずは体の悪い義母に教わりながら呉での暮らしに慣れていく。周作の姉が幼い娘を連れてやってきて一緒に住み始める。
 配給制の食べ物が少なくなっていく。すずは野草を摘んで食べ物に加えたり食べ物を増やす工夫をした。
 呉に敵の戦闘機が現れ軍艦や町を攻撃し始める。
 ・・・・・


・ 監督: 片渕須直
・ 原作: こうの史代
・ 声の出演: のん、 細谷佳正、 稲葉菜月、 尾身美詞

■ この世界の片隅に (2016、日本、アニメ) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

荊棘(ばら)の秘密 (2016) ★
原題は「秘密はない」だけどみんな秘密だらけ。嘘つきばかりのミステリー。DVDで観た。

行方不明の娘を探して母親が奔走する。半分くらいまでは娘が自分の意志で姿を消したように思える。その後事態は急展開。解明されたように見える事実が、ころころひっくり返っていく。

□ 来年の大統領選挙の前哨戦ともいえる国政選挙でテサン市シンソン区の韓国党公認となった元アナウンサーのキム・ジョンチャン候補が、4期連続当選の無所属ノ・ジェスン候補に挑む。

 投票日まで15日、友達と宿題をするので遅くなると言っていたキムの娘ミンジンが深夜になっても帰宅しない。ミンジンは過去に素行不良で補導歴もあった。妻のヨノンが調べさせると、ミンジンが書き残した友人ジャヘの電話番号は嘘で、ジャヘという生徒もいなかった。
 教師によればその日ミンジンは遅くまでミオクという生徒と一緒に学校にいて、雨の中、二人一緒に学校を出た。ミオクによればミンジンは知人が乗っているらしい白い車に乗っていった。
 ヨノンは必死で娘を探し回るが手掛かりは得られない。夫のジョンチャンは選挙運動を続ける。
 10日が過ぎ、娘が失踪しているのにかかわらず選挙運動を続けるキム・ジョンチャンに有権者がそっぽを向き始める。
 ・・・・・


・ 監督: イ・ギョンミ
・ 出演: ソン・イェジン、キム・ジュヒョク、キム・ソヒ、チェ・ユファ、シン・ジフン
> 原題"비밀은 없다"の英語直訳="There is no secret."

■荊棘(ばら)の秘密 비밀은 없다 (2016/2016、韓国) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

今週末公開される映画  2017/01/13,14
【今週末から日本で公開されるおもしろそうな映画】  

 ネオン・デーモン    金曜日公開

16歳の田舎娘のジェシーは、モデルになりたくてロサンジェルスにやってくる。事務所と契約したジェシーはトップカメラマンのジャックの目に留まり撮影してもらう。トップモデルへの道を駆け上がるジェシーに先輩モデルたちが嫌がらせをする。純心だったジェシーに野心が広がっていく。

   エル・ファニングキアヌ・リーヴス、クリスティナ・ヘンドリックス、ジェナ・マローン


【今週末から米国で公開されるおもしろそうな映画】

 Live by Night

1926年、禁酒法時代のボストン。武装したギャング組織が勢力を伸ばし、警察は腐敗しきっている。
 ベン・アフレック、 エル・ファニング

 The Book of Love

建築家のヘンリーは大西洋を横断する筏を造ろうとしているホームレスの少女に協力する。
 ジェイソン・サダイキス、ジェシカ・ビール
 少女役はゲーム・オブ・スローンズのアリア・スターク役の メイジーウィリアムス


(掲載しているのは私が興味を持った映画のみ。未見の映画についての記載内容は予告編や公式サイトなどから得た情報を基にした“推測”で、間違っている可能性があります。公式サイトは時間がたつと別のものに置き換わることがしばしばあります。)



テーマ:気になる映画 - ジャンル:映画

愛の監獄 (2016) ★
妻子のいる刑務所長と若い女囚が熱烈な恋愛に溺れていく小説の映画化。DVDで観た。
 物語自体はフィクションだが、刑務所長のフロラン・ゴンサウヴェス(原作者)と Sorour Arbabzadeh の2010年の関係を下敷きにしているらしい。当時男は41歳頃、女は21歳頃だった。
 映画ではアンナ・アマリが犯した犯罪についての説明がなかったが、未成年の犯罪で懲役9年は随分重いと思った。モデルとなった Sorour Arbabzadeh(当時17歳)は、2006年に27人が関与した誘拐拷問殺人事件で被害者の青年を誘惑して誘い出す役割だった。
 「アデル、ブルーは熱い色(2013)」でレズの女子高生を演じたアデル・エグザルコプロスと、所長の妻役のステファニー・クレオがヌードを見せる。

□ フレンヌ刑務所からアンナ・アマリが実家に近いと言う理由でヴェルサイユ刑務所に送致されてくる。
 アンナは未成年の時に犯した罪で裁判を控えていた。アンナは所内の厨房で働き母親に仕送りをしている。
 アンナは刑務所長のフィルミノとの面会を希望して悩みを相談し、フィノミノもアンナを気にかけるようになる。フィルミノには妻と幼い娘がいる。

 裁判の結果、アンナの刑期は9年となる。後、4年以上残っている。フィルミノはアンナにパソコンとネットを使う仕事をさせる。これはフランスの刑務所では初となる画期的な試みとなるはず。
 アンナがフィルミノに愛を告白して、ふたりは関係を持つようになる。
 ふたりの関係が所内でうわさとなる。
 ・・・・・・


・ 監督: ピエール・ゴドー
・ 原作: フロラン・ゴンサウヴェス、カトリーヌ・シグレ "Défense d'aimer"
・ 出演: ギヨーム・ガリエンヌ、アデル・エグザルコプロス、ステファニー・クレオ

■ 愛の監獄 ÉPERDUMENT (2016/---、フランス/ベルギー)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

アンダーワールド ブラッド・ウォーズ  (2017) ★★
ヴァンパイア族とライカン族の戦いを描く5作目。ケイト・ベッキンセイルがヴァンパイア族の処刑人セリーンを演じている。
 ライカン族にカリスマ的なリーダーが登場してライカンの勢いが増してヴァンパイアを脅かせている。しかし、ヴァンパイア族は現実を理解できず過去の栄光が永遠に続くと思っている年寄り、野心のために他のヴァンパイアを平気で殺すもの、裏切り者など内部から崩壊し始めている。

□ ヴァンパイアの処刑人セリーンは長老ビクターを殺したため仲間のヴァンパイアからも追われている。
 ライカン族のリーダー、マリウスがライカンを統率しヴァンパイア族の拠点を次々につぶしている。マリウスはセリーンとマイケルの子、イヴの血を欲しがっている。
 ヴァンパイアの元老院に新しく加わったセミラは、ヴァンパイアの窮状を訴え、最強の戦士セリーンの罪を許して呼び戻し、若くて未熟な処刑人たちを訓練させようと提案。長老のトーマスも賛成し、セリーンは呼び戻される。

 裏切りによってセリーンは新たな冤罪を負わせられる。セリーンと、トーマスの子デビッドはノルウェーのヴァルド一族に庇護を求める。
 ・・・・・・


・ 監督: アンナ・フォースター
・ 出演: ケイト・ベッキンセイル、テオ・ジェームズ、ララ・パルヴァー、トビアス・メンジーズ、ブラッドリー・ジェームズ、ジェームズ・フォークナー、チャールズ・ダンス

■アンダーワールド ブラッド・ウォーズ UNDERWORLD: BLOOD WARS (2017/2017) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状 (2014、オーストリア) ★
300年以上もの間神聖ローマ帝国皇帝として君臨しつづけたハプスブルク家の歴代皇帝たちが集めた膨大な数の美術品を所蔵するウィーン美術史美術館の日常を追ったドキュメンタリー。2012年から大規模な改装工事が行われ近代的なシャンデリアや、LED照明の展示台なども導入される。
 ブリューゲルのマリアテレジアと4人の息子たちなどの絵画も登場するが主役は働いている人たち。IT企業ならともかく美術館の職場でキックボードが使われているのは驚いた。来場者を増やし国の予算を獲得するため、あるいは労働環境などの会議が開かれる。ルーベンス作として知られている絵画の修復で他の人によって描き加えられている可能性があることがわかる。絵を食う虫との取り組み、不足している部分を補うためのオークションへの参加。遺族による歴史的に価値のある遺品の美術館への寄贈。たくさんの巨大な絵から小さな絵、美術品の収納方法なども出てくる。伝統的な美術館もポスターに「最後」と書いて客寄せしようとする。

・ 監督: ヨハネス・ホルツハウゼン

■グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状 DAS GROSSE MUSEUM (2014/2016、オーストリア、ドイツ語/英語)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画